社会人留学

25歳以上の女性必見!大人の留学はこれで差を付けろ!

25歳以上の女性必見!大人の留学はこれで差を付けろ!のイメージ

日本政府が2020年までに「指導的地位に占める女性の割合30%」まで引き上げることを目標にしていたことを皆さんご存知でしょうか?

しかしながら、2021年となった今もこの目標は未だ達成されず、帝国データバンクによると、政府目標である女性管理職30%以上を超えている企業は日本全国でたったの8.6%とのことで、世界の先進国の中でも著しく低い結果が出ています。

就業人口の減少や共働き世帯の増加などの影響が大きくなるこれから、25歳以上の女性の力がより多く必要になってくる中で、今留学に行って何をしてくるべきなのか、今後の動向も踏まえつつ、ご紹介していきたいと思います。

大学院進学ルート

伸びをする留学生女性

日本では50%以上の高校生が大学に進学し、進学した内の大部分の方が大学卒業資格(学士)を取得しています。

そして、学士を取得し、職歴を積まれた方が次のステップに進むのであれば、「大学院進学」が視野に入ってくることになります。

大学院に進学すれば、日本で活躍しようと思った時には学歴も上がり、知識も深まるのですから申し分ありませんし、海外で活躍していこうと考えたときも、大学院で勉強できるだけの英語力をもってすれば、就職に困ることは無いでしょう。

特に、国によっては、卒業後に就労ビザが取得できるようなところもあり、海外就職も目指しやすくなりますから、挑戦できるのであれば、大学院へ進まれることも大いに検討いただきたいです。

また、違う分野を最初から学んでいこうとしたときに、大学を検討される方も少なくないですが、海外大学は安くても年間200万円~という所が少なくありませんので、既に職歴を積まれた25歳以上であれば、これまでの経験をさらに伸ばすことを第一に考えるのが得策です。

その時も大学院進学を視野にいれてみてもよろしいかと思います。

MBAも視野に

ココア留学では今後特に女性が注目すべきプログラムとして、『MBA』をあげています。

MBA(Master of Business Administration)とは、経営学修士と呼ばれるもので、文字通り経営や経営をサポートするための知識を身に付けていくものとなります。

経営者を目指しているような方ではなくても、現在の世界的な情勢を見ていますと、今後は確実に女性の管理職が必要となってくることが予想されるため、MBAを取得しておくことでキャリアに磨きをかけることができることが可能になります。

また、MBAを取得する際には数多くの経営希望者や金融・不動産関係者、またはTOPレベルの営業・マーケティング担当など、日常では出会うことがなかなか困難な友人たちと一緒に学ぶことになります。

つまり、女性で海外MBAを目指す日本人は本当に少ないので、“今が狙い目”ということは間違い無さそうです。

これから日本や市場を引っ張るリーダーを目指す方にとっては必須の学位といっても過言ではないでしょう。

海外就職ルート

目力のある外国人女性

働く=ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)と検討される方も多くいらっしゃいますが、ワーホリへ行かれる多くの方の就職先は日本食レストラン(ジャパレス)や居酒屋系レストランでの勤務となってしまっているのが現状です。

しかしながら、残念なことにやはり海外とは言え、日本で高校生がアルバイトで出来るような仕事を経験してきたからといって日本で評価されることはありませんし、25歳以上でこれまでキャリアを積まれてきた方がワーホリに行ってしまうことで、キャリアが崩壊し、一生アルバイトや派遣労働者生活になってしまったというような話も珍しくありません。

もちろん、「アルバイトや派遣でゆっくり生きたい!」という方の場合はそれで良いのですが、実際には「海外でスキルアップしてバリバリ働きたい!」という方に経験して頂きたい海外就職は、キャリアの延長線上にある就職となります。

キャリアの延長線上にある就職とは?

例えば、人材会社で営業として4年のキャリアを積んできた方であれば、海外でも人材業界で就職を経験してみたり、業界は違えど何かしらの営業を経験してくることが出来れば、キャリアにプラスになることは間違いありませんよね?

しかしながら、そうしたキャリア育成が可能なポジションに海外で挑戦していくためには、中途半端な経験やスキルでは挑戦できませんからキャリアを積まれてきた25歳以上の方こそおすすめしたい留学でもあるのです。

ただ、どれだけの経験やスキルがあったとしても、英語力が無ければ話になりません。

この海外就職ルートの留学を実現させるためには、英語で会議に出席できる、英語で上司の指示が聞ける、英語で営業ができるなど、身に付いている英語力が高ければ高いほど、経験できる質が上がっていくことになります。

また、ご自身で求人を探し、履歴書を書き、書類選考を通過させ、面接を経て・・という就職までのステップを海外で英語で行ってくるのですから、それだけでも力の一部となるはずです。

必要なビザは?

国によっては就労に必要なビザは大きく変わってきますが、例えば、オーストラリアのような就労ビザの付与を受けることが難しい国の場合、ワーキングホリデービザでのキャリア育成はほぼ不可能だと思っておいて頂けたらと思います。

海外の企業等へのアンケートを取っていますと、『ワーホリビザ』というだけでキャリア育成が可能な仕事はドンドンと落とされてしまうので注意が必要です。

留学生
留学生

海外就職はあこがれるけど、英語力がネックになりますよね・・・。

COCOA
COCOA

社会人留学で海外でキャリアアップを考えるのであれば、ビザの問題はおいておいたとしても英検準1級以上(TOEIC850点以上)を視野に入れておいてください。
ただ、このレベルで就労されても全く英語力が足りないと感じられることにはなります。

キャリアチェンジルート

髪をかき上げる留学生女性

本来であれば、キャリアを積んできた25歳以上の方であれば、そのままキャリアを積んでいただきたいところですが、『キャリアチェンジ』を考えて、思い切って留学も検討される方もいらっしゃいます。

因みに、転職業界から見ても、25~30歳辺りが転職の可能性をあげる時期でもありますので、転職だけでなくキャリチェンジも含めて考える方が少なくありません。

ただ、キャリアを積んできた25~30歳の方のキャリアチェンジで注意しなければいけないのが、高いスキルを要する職種へのキャリアチェンジはかなりリスクがあるということです。

特に最近お問い合わせとして多いのがIT分野ですが、未経験からプログラマーを目指したいという方がプログラミングで生きていけるくらいの技術を身に付けるためには最低5年以上の経験(2~4年の学習期間+2~3年以上の実務経験)が必要になる分野なので、それだけの期間が掛かるという覚悟が必要です。

つまり25歳でプログラミングの勉強を始めた方であれば、30歳からが1年目くらいの感覚になる分野となるのですから、リスクとなるということも分かって頂けるでしょう。

キャリアチェンジのリスクを下げる?

次にリスクを回避したキャリアチェンジをする方法についてですが、その方法として最も良いのは異業種、同職種での就労を目指すということです。

異業種、同職種での就労を目指せれば、今までの経験を活かしつつ、新しい環境に挑戦してしていけるスキルだけを集中的に留学でカバーして、修業証書や学位を取得することで海外でキャリアチェンジができる可能性を大幅に上げることができます。

退職して進んだ留学だとしても、キャリアの延長線上の留学を行うことで、キャリアを中断させずに済むことも忘れないようにしてみてください。

社会人のIT転職留学は失敗しやすい?
社会人のIT転職留学が失敗しやすい理由とは?

他社に相談された生徒さんが、IT未経験であるにもかかわらず『海外の有名カレッジのセキュリティ対策分野』で学ぶ留学を進められていると知りました。ココア留学の必死の訴えが実ったのか?ぜひ、この記事をお読みください。

社会人のIT転職留学が失敗しやすい理由とは?

遊びの留学にさせないために

こちらを見つめる留学生女性

おすすめのルート3つをご紹介いたしましたが、これらのルートを成功させるためのプランニング方法についてお伝えしていきます!

キャリアのための留学の作り方

  1. Step.1 留学後の将来ビジョンを明確にする
    その場限りの目的ではなく、留学を終えた後のご自身がどういった仕事について、どんなポジションで働いていたいのか、どんな人生を歩んでいきたいのかを出来る限り明確にしましょう。
  2. Step.2 ビジョンに対して必要な学ぶ内容を検討する
    将来ビジョンに対して留学中に学ぶべきことを検討してみる。
  3. Step.3 国を検討する
    学びたい内容が決まれば、どこの国で学ぶことが一番なのかも見えてきます。
  4. Step.4 学校を検討する
    語学学校、私立・公立カレッジ、大学、大学院、ビジネススクールなど様々な学校が存在します。
  5. Step.5 お申込み⇒渡航準備
    学校さえ決まってしまえば、具体的に準備を進めていくだけです。
留学の見積が簡単に分かるのはおかしくない?
留学のお見積もりが簡単に分かるのはおかしくない?

お問い合わせの段階で、「お見積りが欲しいです」とご連絡いただくことがありますが、その段階ではお見積りを絶対に出せないはずなんです。ココア留学では、合見積りをしておりません!その理由とは?!

留学のお見積もりが簡単に分かるのはおかしくない?

25歳以上の女性必見!大人の留学はこれで差を付けろ!まとめ

笑顔の留学生女性

どんな留学をするべきなのか悩んでいらっしゃる方にとって、ご参考となるお話となっていましたでしょうか?

古い体質が徐々に新しくなってきて、転職もしやすくなってきたと感じる反面、キャリアを求めようと思うと求められる能力が高くなっているのも現状で、英語ができるだけでは、戦えない転職市場となってしまっております。

加えて、これからは女性管理職が求められるようになるので、より高い能力が求められることになるのは必然です。

更に、特に女性の場合は出産や育児などのライフイベントの影響を大きく受けやすく、キャリアアップを考えるときも、切っても切り離せない状況がございます。

それらを踏まえても、留学に行きたいと決意されたからには、後悔しないキャリア留学をして頂ければと思います。

そのプランを考えるご参考になっていれば幸いです。