社会人留学

Co-op経験者が語る社会人留学のホンネ

Co-op経験者が語る社会人留学のホンネのイメージ

大学や専門学校などを卒業し働き始めた社会人の皆さんからお問い合わせを頂くと、『Co-op(コープ)』プログラムを検討していますとご連絡頂くことがあります。

そもそも、Co-opプログラムとは何なのか、なぜ社会人が興味を持つのか、そして、このプログラムで渡航した社会人は帰国後にどんなルートを歩んでいるのでしょうか?

実際にCo-opプログラムを経験した筆者の実体験も含めて、悩むことが多い社会人の留学について、実際のところCo-opプログラムは有効なのかどうかについてもお話していきたいと思います。

そもそもCo-op留学とは?

本を読む留学生

Co-opプログラムとは、カナダ独自の留学方法であり、日本でいわゆる短大・専門学校に分類されるカレッジ以上で受講できるプログラムです。

このプログラムは、プログラムの半分の期間を座学で専門知識を取得し、残りの半分を実際に現地企業に就職し、実践で専門知識を身に付けていく構成となっているため、本来は就労ビザやワーキングホリデービザを所持していないと就労できませんが、学生ビザでも就労経験が積めるという特別なプログラムなのです。

よくCo-opプログラムの実習期間をインターンと言われる方がいらっしゃいますが、日本のインターンのように企業見学やお仕事体験とは全くことなり、自分自身で求人を探し、履歴書やPRを提出、書類選考後、面接を受け、晴れて採用という様に何ら就職活動と変わりないのです。

もちろん、海外就職は容易いものではないので、面接対策をしっかり行ったり、いくつもの企業に直接アプローチにいったりと、たくさんの生徒さんが大きな努力を積み重ねています。

なので、このプログラムを経験された留学生は、自信を付けられて帰国される方も多く、海外での就職活動や海外就労の経験が出来るので、その経験を強みに就職活動に挑む大学生や社会人が増えてきています。

中には、思ったような成果を得られなかったという方も、もちろんいらっしゃいます。

なぜなら、元々スキルや経験がない場合、Co-opプログラムの座学期間のみが就活の時の武器となる為、特に学生はアピールできるポイントが少なく苦戦され、海外就職に高層ビルのオフィスでスーツを着て・・という理想をイメージされていると、そのギャップは大きなものとなるようです。

このようなこともあり、、就職経験のある社会人は、実はCo-opプログラムにおいては有利なポジションで始めることができるのです。

社会人留学の現実とは?

本とりんご

社会人で留学を検討される方の多くは、長くても2年、短いと数か月の留学を検討され、現地で帰国後の就職活動に活かせるスキルや経験を身に付けて帰ってきたいとお考えの方が多いように見受けます。

先程も話しましたように、経験やスキルを身に付けるにはCo-opほど効率の良い留学方法はないのではないかとCo-opプログラム経験者である私もそう思います。

ここで、Co-opプログラムを検討される社会人の方に考えて頂きたいのは、【留学期間】【何を学ぶのか(方向性)】ということです。

中途採用では「業界経験3年以上」「営業経験5年以上歓迎」なんていう採用条件をよく見る中で、海外で6ヶ月~1年働いただけの職歴をどれくらい日本の企業が評価してくれるのかをイメージしてみてください。

働くだけであれば、Co-opプログラムを利用して、大学生でも出来るのですから、社会人ともなれば、それ以上のことを求めらることとなります。

特にキャリアチェンジを考えられている方で、知識ゼロから始めるとなれば、それなりの時間は掛かりますし、それを英語で学ぶのですから日本で学ぶよりも時間が掛かるとお考え下さい。

留学を検討される際に、「○○大学でプログラミングを学ぶにはどれくらいの期間が掛かりますか?」というご質問を頂くことが多いのですが、それはあくまでも学校のプログラム期間であって、ご自身が知識を習得するための時間ではありません。

多くの学生が現地の授業についていくのが必死で、寝る間を惜しんで勉強されるような分野もありますから、ご自身が目指そうとしている分野がどれくらいの学習時間を必要とするものなのかを、まず日本の学校で調べてみて、それから十分な期間設定をされることをお勧めいたします。

また、私も含め、現在社会人で留学されている生徒さんも「必ず方向性を定めてから留学してください」ということをお伝えしたいのです。

例えば、新卒入社3年働いて、留学に2年、就職活動に数か月となると、次のキャリアを始めるときには28歳となるので、進路やライフプランニングなども考えなければならず、留学で得てくるものがかなり重要になります。

とりあえず、行ってから考える、やりながら考えるで方向性が決まっていないと、折角Co-opプログラムで働けるのに、全然違う業界に就職してしまい、結局帰国後に役に立たなかったと、意味のない留学となってしまう方も少なくは無いのです。

留学生
留学生

ずっと興味のあったデザイン系で、就労体験をつんで、転職に活かしたいな~

COCOA
COCOA

今まで全く職業経験が無い状態で、いきなり海外の就労体験ですか・・!高い英語力はもちろんですが、日本とは比べ物にならないと努力と費用が必要になることだけ心に留めておいてくださいね!

理想の社会人留学

PC画面と留学生たち

では、そんな中で社会人が留学するのであれば、どんなプランを検討するのが良いのでしょうか?

まずはご自身の留学後のビジョンやキャリアイメージをはっきり持ち、何をするために、何を得るために留学をされるのかを考えてみて下さい。

もしかしたら、留学に行かなくても目指せる将来だったり、留学というのは名目だけで、実は旅行でも出来るようなリフレッシュが目的だったとなるかもしれません。

社会人の留学は、それなりの結果を得るために、大きな金額が動きますし、学生時代とは違い、ご自身で費用を準備される方がほとんどですので、その費用をどう有効に使うかを留学だけでなく、広い視野で考えてみても良いかもしれません。

一番方向性として考えやすく、活かしやすいのは、今までご自身が経験してきた分野です。

例えば、今まで営業として働いてきた方が、看護師になるために留学したいですといわれたら、えっ?!っとなりませんか?

看護師になるにはIELTS7.0を目指さなくてはいけませんし、まず日本で目指す方がよくないですか?と思われる方が多いのではないでしょうか。

中途採用では今までの経験分野や勤務年数、スキルなどが重視されるので、その分野を伸ばしていくために、海外就職を目指すことが帰国後のキャリアに活かせる経験となります。

中には、今までの業界や職種が嫌なんだと言われる方もいらっしゃるかと思います。

その場合でも、今までの営業経験を活かして別の業界で頑張るとか、同じ業界でも営業から営業事務を目指すとか、全く別のことをやることがキャリアチェンジではないので、色々な可能性を考えてみると良いでしょう。

方向性が決まれば、あとは帰国後の就職活動のため、留学中は“武器”を身に付けなければなりません。

そこで考えられるのはCo-opですが、Co-opプログラムとはいっても様々なプログラムがありますから、エージェントに相談したり、学校に問い合わせてみたりなどして検討してみると良いでしょう。

Co-op留学で英語力は上がるのか?

カレッジのプログラムであるCo-opプログラムなので入学には、おおよそIELTS5.5-6.0の英語力を求められます。

ただ、やはりあくまでもスコアなので、そのスコアがあれば、ビジネスレベルの英語が話せるようになっているかというとそうでもないのが現実です。

やはりご自身にどれだけ英語を使う機会があって、多くの表現を使い、常に英語力の向上を目指しているかどうかで、同じ留学でも英語力に大きな差が生まれるでしょう。

留学中に英語力を著しく上げる方法TOP3
海外留学中に英語力を著しく上げる方法TOP3

海外に行けば英語環境だし、自ずと英語力が上がっていくだろうと漠然としたイメージをお持ちの皆さん。それなら教育は必要ありませんね!!あなたの英語力が上がらないのはなぜでしょう?こちらを要チェック!

海外留学中に英語力を著しく上げる方法TOP3

失敗しない社会人留学

ショートカットの留学生

さて、ここまでCo-op留学の現実についてお伝えして参りましたが、社会人留学を検討する際のポイントについておさらいしていきましょう!

プランニングのポイント

  1. Step.1 留学の必要性・方向性を考える
    まずは、何のための留学なのか、なぜ留学したいのか、留学の必要はあるのかなど、今一度ご自身が留学を検討されるきっかけとなったことについて思い返してみてください。
  2. Step.2 留学後のキャリアやビジョンは?
    留学を経たご自身の帰国後のキャリアプランはどのようなものでしょうか?
  3. Step.3 留学の期間と予算
    人によってはどうしても期間や予算に限りが出てしまいますので、ご自身が最大で検討できる範囲を把握しておきましょう!
  4. Step.4 何を何処でどれだけ学ぶ?
    どこの国で、どの学校で、どんなプログラムで学ぶのか検討していきます。
  5. Step.5 具体的な留学プランニングうや準備
    期間や内容が検討出来たら、渡航のための準備を始めていきます。
現実逃避とは言わせない
あなたの社会人留学を現実逃避とは言わせない

社会人なら自分自身で道を決め、将来を切り開いていかなければなりません。逃げたくなる時もある社会生活ですが、逃げだといわせない留学を一緒に作っていきましょう!

あなたの社会人留学を現実逃避とは言わせない

Co-op経験者が語る社会人留学のホンネまとめ

夕日と海

日本の教育では、まるでエスカレーターに乗っているように、進学するのが当たり前、大学に行くのが当たり前のような風潮がありますが、社会人になった途端、自分で考えて行動しなさいと考えることを余儀なくされます。

もちろん今後ひとりの大人として生きていくためには、考える力が必要になりますので、必要な力ではあるのですが、考えることにつかれてしまった社会人が留学を検討されることも少なくありません。

ただ、ココア留学としては、留学を逃げ道としてではなく、しっかり人生の糧となるものとして考えて頂きたく、一緒にキャリアを考えるサポートもしています。

このままではダメなんだけれど、上手く考えられないと悩んでいらっしゃる方がいらっしゃれば、一度ココア留学にご相談頂ければと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。