留学全般

MBA留学とは?将来の給料が跳ね上がる学位!

MBA留学とは?将来の給料が跳ね上がる学位!のイメージ

皆様も1度は聞いたことがある『経営学修士』、通称『MBA』について詳しくご紹介させていただきます。

特にこちらでは、あまり外では語られることのない最新のMBAの可能性と、リアルなお金のお話を交えながらご案内させていただきます。

そもそもMBA留学とは?

学生たちがパソコンをみて盛り上がっているようす

さて、MBA留学といっても「そもそもMBAって一体何なの?」と思っていらっしゃる方もきっといらっしゃるはずです。

MBA留学とは、Master of Business Administrationつまり『経営学修士』の取得を目指す留学のことを指します。

海外MBA資格は、1970年~1980年代終わりにかけて大手商社やメーカー、金融・証券業者などの業種間でブームとなり、社費や公費を使って社員をアメリカのビジネススクールに競って送り込んだ時期もあり、バブル世代の方々には非常になじみの深い留学スタイルになります。

「意味の無い」と言われたMBA留学

そうした中で、海外のMBAを取得した人材の多くが、帰国後、日本社会において成功を収めることができなかったため、現在ではMBAの取得について否定的な意見を述べる人も少なくありません。

と言うのは、当時、学校によってはお金を積みさえすればMBAの取得が可能なところも有ったため、単にMBAといっても学校によってそのレベル差は非常に大きかったためです。

忘れ去られたMBAに再び脚光が?

しかしながら日本で忘れ去られたMBAですが、世界では引き続き非常に有益な学位として認められており、その流れを受け日本でも再び見直しの動きが始まっています。

それもそのはず、海外でMBAを取得した人たちは、学校卒業後にはマーケティングや広告分野または経営コンサルティング事業などで活躍しており、その給料も取得前と比較して大幅に上がることがわかったためです。

MBAは給与の跳ね上がりが凄い!

笑顔でミーティングする学生

それでは実際に、「MBA取得前と取得後でどれほど給料が上がるのか?」と言う話をさせていただきたいと思います。

「日本人がMBA取得留学に出るとどれほど給料が上がるのか?」と言うと、単純に初回の転職で500万円以上上がった割合というのが37.9%、300万円以上の上昇した割合ならば57.1%にもなります。

また、40歳時点のキャリアでは80.7%年収が1000万円超、45歳のキャリアでは60.9%が年収1500円超となっています(2021年4月リリース:キャリアインキュベーション株式会社調べ)。

MBAで給与が上がる職種・人脈?

通常では考えられないほどの年収アップとなる米取得ですがその最大の要因と言えるのは、MBA取得後の就職先にあります。

先にご紹介させていただきました通り、MBA取得者の大部分はコンサルティングや士業または金融関連の分野で活躍することになるため、そもそもの平均給与が高いと言われる職種になります。

また、MBA取得者にはMBA取得者同士の人脈が作られるため、そのルートによって大きな人生の転機のきっかけとなっている方も少なくありません。

一流の人材の人脈が一流の人材を育てる』という構図ができあがっているわけです。

留学生
留学生

MBAって持っているだけでこんなにも年収がアップするんですか?

COCOA
COCOA

そうなんです!だから海外ではMBAはかなり投資(学費)に対してリターン(給与)の良い学位だと言われていて、金融関係者の多くが取得しているんですよ!

留学の価値が変化?
https://55a.info/contents/study-abroad/general/value.html

コロナによって留学の価値は大きく変化しています。コロナでキャリア志向が加速している留学相談の現場をご覧ください!

コロナで留学の価値が大きく変化している?

女性にとって将来性も凄い?

ミーティングルームでの真剣な様子

次に、女性のMBA取得者にも非常に大きなメリットがあることをご紹介させていただきたいと思います。

アメリカでMBAを取得した女性のうち5年以内に給料が上がったと回答した方は約55~65%になります。

約半数以上が年収アップを報告しているわけですが、その平均給与は79,000ドル(約860万円)にもなります。

アメリカの男性MBA取得者の年収が1,500万円を軽く超えていることを考えると、少し寂しい数字に感じられるかもしれませんが、女性のMBA取得者はアメリカ人男性の平均年収を上回る資格となっておりますので、その取得メリットは非常に大きいと考えられています。

日本で求められる女性MBA取得者

さらに日本社会では、世界と比較して女性経営者の数が著しく少ないことから、今後、著しい需要が出る事が想定されています。

と言うのも、そもそも女性でMBA取得をしている日本人が非常に少ないため、対外的に女性の経営者割合を気にするような大企業では、MBA取得者の積極採用が行われています。

今後、こうした動きがさらに加速していく事は世界的に見ても間違いない動きですので、もしアンテナの高いビジネスレディや学生の方がこちらにいらっしゃいましたら本気で取得を目指すことをオススメさせていただきます。

社会人留学の留学について
社会人留学で何を学ぶべき?英語はNGと気づいたら!

社会人が留学先で何を学ぶべきか?こちらでも女性のMBAについて語らせていただきました。同じような内容ですが他に学ぶものが無いか?という方は併せてご覧ください!

社会人留学で何を学ぶべき?英語はNGと気づいたら!

MBA留学ルートはどんな感じ?

自由な形式で行われているミーティング

そこで気になるMBA留学ルートについてですが、モデルケースをご用意させていただきましたので以下をご覧ください。

MBA留学モデルケース

  1. Step.1 大卒の学位を取得する
    当然のことですがMBAは修士の学位ですので取得には4年生大学卒業の学位が必要です
  2. Step.2 英語力を上げる
    海外の大学院進学レベルまで英語力を上げます(目安としてTOEIC900点以上、IELTS6.5レベル)
  3. Step.3 進学先を検討する
    学校によっては年間500~600万円ほどの学費となるため、予算を考えながら進学先を検討する
  4. Step.4 スケジューリングをする
    学校により9月スタートもしくは1月スタートなど様々なので、入学に合わせたスケジューリングをする
  5. Step.5 語学学校期間などを挟む
    英語力が足りない方は語学学校期間なども盛り込む
  6. Step.6 大学院へ願書提出・試験
    大学院の入学規定に従い願書の提出もしくは試験を受ける(語学学校のパスウェイと言う制度を使い無試験での進学ができる可能性もあるので場合によって留学エージェントに相談する)
  7. Step.7 MBA取得留学へ!
    準備が整ったらいよいよMBA取得留学へ

MBA留学とは?将来の給料が跳ね上がる学位!まとめ

MBAを取得したイメージの卒業式の帽子投げ

女性のMBA取得者は本当に少ないですが、ベンチャー企業の女性経営者の経歴を見るとその多くの場合に『MBA取得』という肩書が目につくようになってきています。

ココア留学では他社とは違って語学留学では止まらない、様々な留学の形を留学生に提供させていただいておりますが、女性のキャリア構築の1つの完成形としてMBA取得留学を目指す留学について、熱い思いがあります。

将来、日本を背負って立っていただける女性人材がココア留学の卒業生から出ること、そして、ココア留学生の卒業生の人脈がMBA取得者を支えること、大きな夢を持ってMBAのご紹介を続けています。