大学生留学

大学を卒業して留学すると就職がヤバいリアルな訳!

大学を卒業して留学すると就職がヤバいリアルな訳!のイメージ

ここにいらっしゃる大学生の皆様の中には「私は大学卒業後に新卒枠を捨てても留学に出よう!」や「留学費用が無いから卒業後にアルバイトしてから留学に行きます!」と言うかたもきっと多いのでは無いでしょうか?

しかし、注意して頂きたいのは「皆様が考えていらっしゃる以上に大学卒後の留学にはリスクと危険性がある!」と言う点です。

そこでここでは、大学卒業後の留学におけるメリット・デメリットを含めて、「卒業後の留学がどうしてリスクが大きくなるのか?」という理由と、「留学前に絶対に知っておいて頂きたいポイント!」について詳しく解説してみたいと思います。

留学前に新卒・既卒・第二新卒を知る!

悩んでいる留学生の女の子

まずはじめに大学生の皆さんに知っておいていただきたいのは、大学生の就職活動に関する基礎的な知識についてです。

大学生の就職には募集枠が大きく分けて3種類用意してあり、それぞれ『新卒採用枠』『既卒採用枠』『第二新卒採用枠』と言う3つのカテゴリに分けられます。

そして、採用枠にはそれぞれの『メリットとデメリット』があり、この3種類の知識が無ければ「大学生は留学後に就職活動において大きな失敗をしてしまう危険性がある」ということを心に留めておいて頂く必要があります。

そこで、まずは以下の3つの採用枠の特徴についてご覧ください。

大学卒業後の採用枠について

新卒採用とは?

新卒採用とは、多くの方が既にご存知だと思いますが『主に高校や大学など在学中に就職活動を行う方が対象になる採用枠』で、企業インターンシップを経験したり、企業説明会に参加して、企業へのエントリーシート(応募用紙)を出しているのが、もれなく新卒採用枠の方々となります。

ただし、2012年に「卒業後3年以内の求職者を採用すると奨励金がでるよ!」という政府の指針を受け、大手企業を中心に『卒業後3年以内を新卒枠として採用する』という動きが大きくなりました。

そのため、最近では多くの企業で『新卒』は「一般的に高校・大学卒業から3年ぐらいの人たち」が対象になります。

既卒採用とは?

次に既卒採用についですが、既卒採用とは『大学を既に卒業してしまってフリーター・無職(ニート)をしている方が対象となる採用枠』で、既卒者の中でも、卒業後2~3年以内であれば新卒採用枠の応募が可能になりますので、たとえ既卒でも新卒枠での就職活動が可能です。

一方で、既卒採用枠の中でも学校卒業後3年以上経過してしまった方は『新卒採用枠へは応募ができない』ため、就職活動時には『中途採用枠の中でも既卒採用枠へと応募」となります。

つまり、既卒者の中には『新卒採用枠の方』『既卒採用枠の方(中途採用)』の2種類のかたがいらっしゃるとお考え下さい。

第二新卒採用とは?

第二新卒採用とは、既に大学を卒業しているのですが『新卒枠などを利用して企業への就職経験がある方の中で学校卒業後3年以内の方を対象にした採用枠』です。

特徴として大学を卒業して1~2年勤務して心が折れてしまって退職をした方や、更なるキャリアアップを目指して転職活動をした方などが混ざっていますが、『同じ中途採用枠の中でも、既に社会人教育を受けているため既卒者枠とは違って採用が優遇される』というポイントがあります。

新卒・既卒・第二新卒採用のメリットとデメリットとは?

植物の新芽を持っている海外の社会人

次に、皆様に知っておいて頂きたいのは、先ほどの説明でも少し触れていますが、『新卒採用』『既卒採用』『第二新卒採用』に関するメリットとデメリットについてです。

新卒採用

■新卒採用のメリット

新卒・既卒・第二新卒の3つの採用枠の中でも、新しい人材を欲しがっている会社にとって一番有利なのが『新卒採用』です。

特に、入社後の社会人教育を行う余裕のある安定した大企業は『新卒採用枠』に力を入れており、逆にいうと、超が付くような老舗大手企業は新卒枠で無ければ就職できないというケースもあるので注意が必要です。

その要因として、大手企業の多くが求めているものは「やる気・素直さ」と「将来性」で、採用のポイントとしているのは「長く働き・仕事を引き継いでくれる人材を採用すること」となっているためです。

そのため、既卒者はどうしても1度、離職を経験しているため離職率が高いので、「自社の社員教育でしっかりと育成してから長いスパンで考えて会社に貢献してもらおう」という余裕のある会社が新卒採用枠での採用を行っています。

学生時代にインターンシップやアルバイトなどを通じて社会人のマナーやルールを覚えてこなかった方でも、給料を貰いながら長期間の人材育成期間を設けてくれるのは『新卒採用』以外にはありません。

■新卒採用のデメリット

新卒採用のデメリットとしては、正直言って他の採用枠と比較すると無いに等しいのですが、たとえば「学生時代にアルバイトなどをバリバリしていて学生起業経験もある!」と言った方や「集団行動やレールの上の人生が苦手だ!」と言う方にとって、横一線に並んで育成される期間が長期間となる新卒採用枠での入社はあまりマッチしていないと言えます。

そういった方々であれば、新卒採用枠が無くても「自身で自分のスキルやキャリアを伸ばして行くことができる」ので、カリキュラムに沿った教育が、逆に個性を潰す可能性があることまでを考えると、無理に新卒採用を選択する必要はありません。

既卒採用

■既卒採用のメリット

次に、既卒採用のメリットですが、今度は新卒採用のメリットと比較してメリットと呼べることがあまり多く無いというのが現状です。

強いて挙げるとするならば、既卒の中でも中途採用枠では無くて新卒採用枠で応募ができる方は、就職さえできれば、学校を卒業してから時間が経っているにも関わらず社会人教育を受けられるメリットがあります。

また、外資系企業や海外の企業、それに即戦力を欲しがる中小企業は、新卒採用を行って社会人教育を行うほどの余裕や体力が会社に無かったり、そもそもの採用募集が中途採用をメインにしている会社ばかりになります。

そのため、特に、平均的な社会人教育を受ける段階をスキップしてしまって即戦力として働きたかったり、「就職したい会社に対して強い思い入れがあって、その会社で使われる有効な専門的なスキルや技術を学びたい」と言う方には既卒採用がマッチして就職後のメリットも大きいです。

余談ですが、海外企業ですと「そもそも教育は学校で受けてくるもの!」と言う認識が強く、新人教育そのものの概念がかなり薄いため、中途採用が採用の主軸になっていたりします。

■既卒採用のデメリット

既卒採用のデメリットは言うまでも無いのですが、「即戦力ではない方にとっての採用や内定を貰うことが非常に厳しい」という点が挙げらます。

既卒者の中でも新卒枠を外れてしまった人は中途採用での応募をしなくてはいけませんが、中途採用で採用された方は「基本的に社員教育は1カ月程度の短期でまとめてしまって、あとは実戦で伸ばして行く」というスタンスが取られます。

そのため、学校を卒業後にフリーターや無職(ニート)として、日々の生活をしてきた方々にとって、いきなり余りにも厳しい社会へと突き落とされる感覚となるので、離職者がかなり多いのもこう言った中途採用の特徴となります。

中には、採用後1日で辞めてしまう・・と言う方もいらっしゃるので注意が必要です。

第二新卒採用

■第二新卒採用のメリット

次に、第二新卒採用のメリットについてですが、第二新卒対象者は同じ中途採用でも既卒者とは違って会社から「既に社会人教育を受けてきている」と言う目で見られるため、「既卒者と比較して圧倒的に就職に有利」です。

また、第二新卒者の多くが、1社目で社会人にとって基礎的な知識や能力を伸ばしてきているため、転職後の会社で行われる実践教育によって、深い専門性のあるノウハウやスキルをスパルタ式で身に付けていくことができます。

これは新卒採用で大企業でずっと働き続けている方々とは違い、大企業に良くある同じことの繰り返しとなる精神的な苦痛からの解放と、刺激のある毎日を選択できる喜びを感じることができるのも、第二新卒採用を利用しての転職の大きなメリットと言えます。

■第二新卒採用のデメリット

一方、第二新卒採用のデメリットは、どうしても採用希望のある会社からすると『即戦力』という話が飛び出してきてしまい、「新卒時に入った会社で何をしてきたのか?」が重要になってしまう点です。

大企業でのマニュアル化されてしまった仕事の中、精神的に疲れてしまっての転職を考えていらっしゃる方の場合、たとえば第二新卒採用で入った会社が『勢いのあるベンチャー企業』だとすると、会社の社員たちの余りの元気さに蹴落とされてしまうことも考えられます。

既卒者よりも有利な就職条件となる第二新卒採用ですが、1社目の企業で学んできたことがとても重要になるとお考え下さい。

※ 年を押すと自分の職種に合わせた業種の募集割合が表示されので、是非、ご利用ください。

卒業から新卒枠への応募可能期間(単位: %)
  ~1年 ~2年 ~3年 3年以上
建設業 16 13 61 11
製造業 14 20 61 6
情報通信業 14 23 55 9
運輸業・郵便業 23 9 55 14
卸売業・小売業 20 16 58 6
金融業・保険業 7 13 67 13
不動産業・物品賃貸業 15 40 40 5
学術研究・専門技術サービス業 5 17 64 14
宿泊業・飲食サービス業 26 17 48 9
生活関連サービス業・娯楽業 24 18 47 12
医療・福祉 23 9 64 5
サービス業 18 18 59 6

※ 卒業後3年を超えると90%の会社で新卒採用の権利を失う。
(労働経済動向調査:2017年度調べ)

採用枠によってライバルが違ってくる!?

海外で笑っている外国人の女の子

次に皆様にお伝えしたいのは「採用枠が変わってくることで、実は、一緒に就職活動をするライバルもまた変わってきてしまう?」という点についてです。

同じ会社を目指すライバルが変わると言うことは、「自分が就職を目指す会社の内定取得難易度も変化する」と言うことになりますので、詳しくご説明させて頂きたいと思います。

新卒採用時のライバルとは?

新卒採用時の一番のライバルは、同じく「新卒」の求職者になりますが、単純に言うと『自分と同じ学生』もしくは『就職浪人(就職が決まらないまま卒業した既卒の方)』や『就職留年(就職が決まらなったから大学をあえて卒業せずに新卒枠を残した方)』になります。

もちろん、大学による学歴や英語やパソコンが『できる・できない』と言ったスキルも問われますが、グループ内での『発言力』や『リーダーシップ能力』も採用の基準になっています。

しかしながら、単純にライバルは年齢にしても同じ年ぐらいで、同じスキルぐらいの学生たちなので、ライバルと言うよりも同じ就職面接を耐える同士と言う関係にもなりやすいです。

「昨日の見方が今日の敵」というような関係が、新卒の就職活動ではあるとお考え下さい。

また、自分が応募する企業は自分と同じような人たちが多いので、仮想の自分がライバルになってくるとお考え下さい。

■既卒採用のライバルとは?

次に、既卒者の中でも新卒採用枠でのライバルとなる方は、新卒枠のライバルと同じで主に元気いっぱいの学生達になります。

しかし、既卒者の場合、同じ新卒枠だと言っても学校を卒業してから時間が経っているため、大学生たちと同じような雰囲気や勢いだけで立ち回わらないようにすることが重要です。また、自分と同様の既卒者の中でも新卒枠での応募となっている方は、スキルや能力が非常に高いこともあるので強敵になりやすいです。

他に、年齢的に完全に中途採用枠での応募になった方のライバルは、大企業でバリバリ仕事をこなしてきた30代から、アルバイトとしてリーダーシップを発揮してきたなど、かなり尖った経験を持った方々になります。

自分自身が既卒となった理由や、「学校を卒業してから何をやってきたのか?」が、とても重要になるとお考え下さい。

■第二新卒採用のライバルとは?

そして最後に第二新卒採用でのライバルですが、第二新卒採用でのライバルは完全に自分と同じ第二新卒採用で応募できる人です。

正直言って、近年の企業は第二新卒採用に対してかなり気合を入れて採用に取り組んでいるので募集数は多いですが、一方でライバルもまた自分と同様に社会人教育をしっかり受けてきている人たちになるため、ライバルのレベルは高めになります。

そのため、「どれほど自分が社会適応能力があり、面接先の企業で即戦力となりえるのか?」をしっかり説明・アピールする必要があります。

立場によって大きく違う卒業後の留学へのアドバイス

海外のカフェに集まる留学生

『人材会社』や『リクルート企業』は、自社の利益を考えると、どうしても日本での就職をおすすめする内容になりますし、一方で『留学会社』や『旅行代理店』は日本での新卒枠や就活を軽視する内容ばかりが目立ちます。

ですがココア留学は、留学会社ではありますが「卒業後の留学はあくまでも社会において1%未満の方が行うアウトローな選択肢である」と言うことを前提にして、「それでも卒業後に留学に出たいならば」と言う思いで正直に卒業後の留学について語らせて頂きたいと思います。

大学卒業後に1年間の留学するとヤバい!?

大学卒業後の1年間の留学を経験する新卒枠

上記は大学卒業後にアルバイトで半年程度留学費用を貯めて、1年の留学を経験したあとで新卒採用枠に応募するケースですが、帰国の就職活動期間を考えますと社会人スタート年齢が26歳になってしまうことが分かります。

帰国して直ぐに留学生採用枠を利用して就職活動をしたら良いんじゃない?」とお考えになられる方もいらっしゃいますが、その場合、就職活動でライバルになるのは『海外大学・大学院・カレッジの卒業生たち』になってきます。

海外大学・大学院・カレッジの卒業生たちは、少なくとも大学に入学できる程度の英語力やコミュニケーション能力(英検準一級・TOEIC850点・IELTS6.5以上)を持っているため、留学で得たものが『英語力』ならば太刀打ちができません。

そのため、留学生枠では1年間の留学が逆に採用時マイナスポイントになってしまう可能性があるため、もし「留学後も新卒採用枠で入社して企業によるしっかりとした社会人教育を受けるたい!」と考えるならば、留学生枠では無く、一般の大学生と同じ時期の就職活動期間を経て同じ時期に入社をする必要があるとお考え下さい。

また、新入社員としての入社の年齢が26歳となりますので、現役で大学を卒業した同期からすると既に3年間の遅れになってしまいますので注意が必要です。

大学卒業後に留学に出るメリットは無い?

留学会社が「大学卒業後に留学に出るメリットは無い!」と言い切ってしまうのは変な話ではありますが、正直いって「新卒で入社した企業において新人教育を受けること」ほど有益なものはありません。

正社員としてお給料を受け取りながら社会人としての長期間の教育まで受けることができる・・」こんなことは欧米では全く考えられません。

■海外の就職活動は違う!?

欧米の文化を持った国々は、実は、就職活動は比較的に簡単で、面接にパスすると「じゃ、明日からお給料出すからインターンとして出社して!」と言われます。

そして出社すると「君のデスクはあそこだから、後は会社に利益をもたらしてね!それじゃあ!」と言う感じで、「初めて入った会社であったとしても全く仕事を教えてもらえない」というのが一般的になります。

そこで、インターン生は寝る間を惜しんで、自分から進んで周りのスタッフさんや同僚たちに仕事内容を聞いたりノウハウを勉強したりしながら『インターン期間中に自分が有能であると示す』ことを目的とします。

しかし、結果が全ての文化ですので、どんなに頑張っていたとしても『利益を出せない人は会社からは認められない』ので、インターン期間終了と同時に首を宣告されてしまいます・・。

「日本の新卒枠がどれほど良い制度なのか?」これは海外に出ていて新卒枠として就職できなかった人に聞いたら、喉から手が出るほど大きな採用枠になっていたりします。

大学卒業後に留学に出るならば・・

とは言っても、幼い頃から海外留学経験やワーキングホリデーに行くことを夢見ていて、それなのに「そのまま就職・・」というのは余りにも辛いですよね・・。

そのため「私は就職活動をせずに卒業後に留学へ行きます!」と大学生は凄い多いです。

そこで、ここにいらっしゃる皆様に、是非、知っておいて頂きたいのは「大学を卒業したら直ぐに留学に出ること」です。

■大学卒業後の留学が良くないモデルケース

良くあるケースとして「僕は大学を卒業したらアルバイトを数カ月間して、10月頃から1年もしくは2年海外留学に行きます!」という留学の作り方をご相談される方がいらっしゃいます。

しかし、先にご案内しているように、例えば、卒業後の10月から1年留学に出て新卒枠を考える場合、大学生の就職活動と合わせた動きになるため、就職活動は大学卒業後の3年目から始まり、社会人スタートは大学卒業から4年後になってしまいます。

当然ですが、自分の同期は既に社会で3年以上働いているので、部下も何人も抱えているようになっていて、正直、『非常に大きな金銭的な格差』が生まれてしまいます。

そして、残念ながらこの差を日本社会において埋めることは非常に難しいのが本音です。

そのため、1年で計画していた留学は、気が付けば帰国後にまたワーキングホリデー制度などを利用して『オーストラリア』に『カナダ』、それに留学中に彼女や彼氏ができたからと『韓国』や『台湾』などを目指す方もいらっしゃいます。

しかしながら、ワーキングホリデー参加者の大部分が行う仕事はどうしても『アルバイト』になってしまうため、残念ながら2度目の留学に出てしまうと新卒採用をされた同期と差を埋めるどころか、帰国後にはさらに厳しい現実が待っています。

特に皆様に知っておいて頂きたいのは、海外でのアルバイトは仕事に就いている本人からすると「日本の何百倍何千倍も大変なことをやっている!」と感じているのですが、日本の就職面接ではフリーター扱いになるので、学生以外が行うと評価がかなり低いという点です。

大学卒業後に留学に出たリアルなお話

実際に、大学卒業後に留学に出る人はたくさんいらっしゃいますが、留学に出た中の大部分の大学生が、その後『日本ではアウトロー』と呼ばれる存在になってしまいます。

アウトローとなりながら海外を転々として27歳で帰国した時、ある友人は会社を継いで何人も部下を抱えていたり、研修医だった友人は医師として勤務を始めていたり、塾講師をやっている知人は塾を開業していたりと、海外と日本の時間の早さの違いを実感してしまいます。

大学を卒業して海外に出るならば、やはり世界で学んだコミュニケーション能力や知識やスキルなど、全てを使って就職活動を行っても「自分の理想が高くなってしまっていて就職できない」ということも多いにあります。

そのため、海外留学をした方の多くが、不安定ではありますが個人事業や会社などを起業する人が多いという実情もあります。当然、企業した会社の90%以上は数年で倒産すると言われておりますので、「日本社会の現実がどれほど大変か?」についても事前にしっておいて頂けたらと思います。

大学を卒業して留学すると就職がヤバいリアルな訳!まとめ

海外のビーチに佇む留学生の女の子

さて、いかがでしたでしょうか?

「大学卒業後の海外留学が以下に難しいものなのか?」皆様に感じて頂けたのでは無いでしょうか?

もしここに「それでも私は大学卒業後に夢を追いかけて海外留学に絶対行くんだ!」とおっしゃられる方がいらっしゃいましたら、是非、ココア留学へとご相談ください。

少なくとも3年以上の計画を完璧に立て、『海外永住権を視野に入れた留学プラン』や『キャリアアップへと繋げて外資系企業へ入れるような留学プラン』または『特殊な技能を海外で身に付けてオンリーワンを目指す留学プラン』など様々なルートで留学をサポートさせて頂きます。

大学生の中には、「どうしても将来に迷ってしまって・・就職するか留学するか・・」という方もいらっしゃるはずです。

ココア留学では、留学の計画は当然ですが、帰国後の就職のサポートまでを完全に無料で行っている唯一の留学会社ですので、お気軽に留学のプロへとご相談頂けたらと思います。

『No man is free who cannot control himself.
自分をコントロールできない者に、自由はない。』
ピタゴラス

大学生の皆様に良き留学ライフを!