留学費用・予算

留学費用を借りる?教育ローンを賢く使う方法とは!

留学費用を借りる?教育ローンを賢く使う方法とは!のイメージ

留学相談にいらっしゃる皆様の中には、理想とする留学モデルや目的があっても、どうしても留学予算が足りない方がいらっしゃいます。

そうした方々は必ずと言っていいほど「どうすればいいでしょうか?」と、留学費用について相談を留学カウンセラーにされます。

そこでここでは、留学費用が足りない方々のために、教育ローンを賢く利用する方法について詳しくご案内させていただきたいと思います。

留学費用を集める3パターン!

留学に行こうと思ったけど思った以上に留学費用が高くて、「どうしよう?」と思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるはずです。

そうしたときに皆さまに考えていただきたいのは以下の3パターンのうちのどれをチョイスするかです!

  • 働いて留学費用を貯める
  • 奨学金やクラウドファンディング等の融資を受ける
  • 銀行などの教育ローンなどを利用する

しかしながら、実は、それぞれにはそれぞれのメリット・デメリットがあるので、皆様には簡単に知っておいていただければと思います。

働いて留学費用を貯める

メリット

まさに安定の行動で、お金を貯めることができなかったら留学を諦めることができますし、周りから心配されることもありません。

留学費用を貯めるには、正社員やアルバイトとして働く事はまさに王道となることは言うまでもありません。

デメリット

留学費用を貯めるまで膨大な時間がかかり、気がつけば歳を重ねてしまっていることが多い。

特に、英語の伸びと年齢は非常に大きな関係があるため、20歳以降の留学やワーキングホリデーの際には要注意となります。

奨学金やクラウドファンディング等の融資を受ける

メリット

返済不要の奨学金を受けることができるのであれば、特に経済的な負担なく留学に出ることができるようになります。

特に社会的弱者やシングルマザーやシングルファーザーなどの貧困層のご家庭の場合、地方政府からの補助金がある場合などもあります。

デメリット

奨学金の対象として選ばれるには非常に多くのハードルが設けられており、そもそも数が非常に少ないので選ばれるのが困難です。

特に、当然のことながら数に限りがあるため成績優秀者から順番に選ばれていくため、一般の方々にとっては絶望的です。

銀行などの教育ローンなどを利用する

メリット

教育ローンは比較的に誰にでも留学費用を貸し出ししてくれ、その審査もさほど厳しくはありません。

また借入先によっては、住宅や車など他のローンと比較して金利も非常に安いので、大きな負担を感じることなく利用ができます。

デメリット

教育ローンは必ず返済が必要になるため、そもそもの将来的な返済計画が必須になります。

特に留学で利用する場合には、必ず4~5年先まで見据えた返済計画が立てられるような留学カウンセラーに相談する必要があります。

教育ローンは賢く利用する!

笑顔でカメラに映る女性

さて、ここにいらっしゃる皆様にはそもそも3つの留学費用を賄う方法についてお話しさせていただきましたが、それぞれには一長一短があることについて、お気づきになっていただけたのではないでしょうか?

特に、留学費用を貯めるための王道となる、『働いて留学費用を貯める道』を選択される方の場合、そもそも働くことで時間を失うことになるため、実はその多くの方々が公開されます。

それもそのはず、社会に出て留学費用を貯めようとすると、続けようと思っていた英語学習はあまりの仕事の疲れでできなくなってしまったり、当然のことながら社会には様々な誘惑があるため、大切に貯めようと思っていた留学費用を使ってしまったりするためです。

そこでまずは教育ローンについて賢く利用する方法についてご案内させていただきます。

教育ローンの借り入れ先には注意する

教育ローンと一括りに言っても、実は、借入先は様々で『日本政府が運営している教育ローン』から、『銀行等』が運営しているもの、さらには『クレジットカード会社』が運営しているローンまであります。

当然のことながら、借入先の機関が日本政府や大銀行など大きければ大きいほどローンの際の返済金利や手数料が安くなり、小さな会社やクレジットカード等の教育ローンになればなるほど、返済金利はものすごいことになります。

そのためここでいらっしゃる皆様に覚えておいていただきたい教育ローン先として、日本政府が運営している『日本政策金融公庫』という名前を覚えておいていただければと思います。

日本政策金融公庫の教育ローンは、当然のことながら日本政府がバックアップをしている金融機関になりますので、他の教育ローンとは圧倒的に安定感が違います。

また、一般的な教育ローンには担保等の信用の提示が必要になる場合もあるんですが、日本政策金融公庫の場合は間逆で『一定以下の世帯収入であること』という条件が用意されており、逆に貧困家庭の方々を中心とした皆様が融資対象者になっています。

そこで、留学費用で困った時は、まず第一に日本政策金融公庫の存在を思い出していただければと思います。

日本政策金融公庫の借り入はいくらまで?

木陰に微笑む外国の女性

留学生の中には日本政策金融公庫を使って留学費用を捻出する方々が増えてきていますが、日本政策金融公庫の借り入れはいくらまで可能なのでしょうか?

実は、日本政策金融公庫教育ローンは、学校期間や留学期間さらに留学先などによって違うのですが、留学の教育ローンは上限を450万円としています。

さらに教育ローンの対象となる費用については以下の通りになっています。

  • 学費
  • 飛行機代
  • 滞在費用(1年分まで)
  • 食費(1年分まで)

そのため、留学生によっては留学先でカレッジ進学までを考えられる方もいらっしゃいますが、基本的に『留学費用の全てがカバーできる』とお考えいただければと思います。

また、学校の入学許可証等についての提出についても審査が降りてからの提出で問題ないため、先に審査申し込みだけを行うことも可能です。

ただし実際に融資の振り込みを受ける際には、必ず入学許可証や見積もり書の提示が必要になるため注意してください。

お金が無い留学は注意!
お金がないのに留学!それって逆に損してない?

「お金がない!」と言って中途半端な留学に出ることを希望される方もいらっしゃいますが、良かったらこちらをご覧ください!

お金がないのに留学!それって逆に損してない?

教育ローンの賢い使い方!

大きな将来の橋を渡ろうとする女性

教育ローンは、どのローンも必ず最後には返済しなくてはいけませんので、最も大切な事は返済計画になります。

そのため間違っても「語学留学等への進学ためだけに教育ローンに手を出すようなことはない」ようにしていただければと思います。

そこで日本政策金融公庫の融資を受け、留学に出て、返済を完了するまでの流れをフローチャートにまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

留学から返済までの流れ!

  1. Step.1 留学相談をスタートさせる【留学6~8ヵ月前】
    留学相談のスタートさせて、留学に関してある程度のプランニングを考えていきます
  2. Step.2 留学計画を立てる【留学3~5ヵ月前】
    『語学の計画』や『将来のライフプランの設計』を行います
  3. Step.3 英語力を測定して留学期間と時期を決める【留学3~5ヵ月前】
    学校のオンラインテスト(民間の英語試験)などを受講して英語力を診断します
    (※ 英語力を明確化することで語学学校期間やカレッジ期間、さらに就労までの期間も分かります)
  4. Step.4 学校の申し込みを行う【留学3~5ヵ月前】
    学校に願書・入学申し込みを行い入学証明を受ける
  5. Step.5 留学して英語力の底上げを行う
    少なくとも希望の職でインターンシップを経験できるレベルまで英語力をアップさせる
  6. Step.6 海外企業インターンシップ
    海外の企業ではインターンシップは必須になります
  7. Step.7 海外企業で正社員就職する
    レベルはかなり高いですがインターンシップ先の企業でキャリアを作ります
  8. Step.8 キャリアを持ち帰り就職!
    帰国するルートに入ったならば給与が跳ね上がります!

留学費用を借りる?教育ローンを賢く使う方法とは!まとめ

テーブルの上に置かれた英語のメモ

ここでは教育ローンについて詳しくご案内させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

特に、日本政策金融公庫については、借り入れ名義人として、必ず留学生の6親等以内の親族名義でなければ許可が下りません。

そのため留学希望者本人ではなく、そのご家族やご親族からの協力が必須になるため、少しだけ覚えておいていただければと思います。

また、銀行口座を共同名義人とすることで、ご家族の方に迷惑をかけることなく銀行からの融資返済を行うことも可能ですので、もし留学費用で悩んでいらっしゃる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。

ココア留学の方では返済ができるような、レベルの高い留学プランニングを立てることができる留学カウンセラーがおりますので、留学生のご家族にとってもご安心していただけるかと思います。