留学費用・予算

お金がないのに留学!それって逆に損してない?

お金がないのに留学!それって逆に損してない?のイメージ

「私は留学のために十分なお金がないのですが、海外でアルバイトをしながら留学できますでしょうか?」

実は、このようなご相談を毎日いただいているのですが、こうしたご相談をされる方のほとんどは『膨大にあふれる留学情報に完全に騙されてしまっている』というケースがほとんどです。

そこでここでは、お金がない方々にも本当の留学を経験していただけるよう、『リアルな留学』と『将来に不安だけが残るハリボテ留学』の違いについてご紹介させていただくとともに、留学情報に踊らされないための本当のお話をさせていただきたいと思います。

お金がないまま留学に出ようとしている方々の大部分は、逆に大損してしまっていることが本当に多いのでご注意いただければと思います。

お金が無い人への留学案内が酷い!

世界地図とカメラがおかれている様子

まず初めにこちらにいらっしゃる皆様の大部分が「留学への十分なお金がない!」と考えていらっしゃる方々だと思いますが、正直言って留学のプロの立場からすると、皆様のための留学案内ほどひどいものはありません。

特にウェブ上の情報は本当にひどく、例えば「私は数十万円程度の留学費用で〇〇留学を1年間しました!」と言ったものほど無責任なものはありません。

そういった情報を提供していらっしゃる方の大部分は「こんな自分でもできたから、あなたでもできる!」と言うニュアンスで訴えていますが、正直言ってしまえば、それができるのなら誰も苦労しないというのが本音です。

留学は旅行とは違ってあくまでも教育ですので、100人に1人の成功者の話を参考にすれば良いのは、日本で努力を積み重ねてきたたった1%の留学生だけで、残りの99%は地道に積み上げていく必要があります。

たった1%の可能性に人生をかける留学を行ってしまい、そのままガレキの下に埋もれてしまう人たちが99%もいらっしゃることを忘れてはいけません。

特に、メディア関連で発信するインフルエンサーたちは、それだけでも何千人に1人の逸材なので勘違いしないようにしてください。

留学カウンセラーがヤバい?
無料の留学カウンセリングの内容がヤバすぎる!?

留学カウンセラーによる留学案内が、かなりヤバいことになっている現状についてご案内しています!驚くことにアルバイトが活躍する世界になってしまっているほどなのですが、詳しくは以下をご覧ください。

無料の留学カウンセリングの内容がヤバすぎる!?

節約のために動機は完全に放置?

海岸線で海を眺める女性

次に、よくある例として『海外留学の節約術』として、学費を削るために、学校期間を極限まで短くする留学についてアドバイスをしている人を見かけます。

そうしたアドバイスを鵜呑みにしてしまいそうになっていた方は、本当にご注意ください。それこそが失敗留学のスタート地点になっています。

留学における学校期間は、走り幅跳びで言う『助走の長さ』と同じで、その長さは短すぎては大きく跳び出せませんし、長すぎてはジャンプするまでにバテてしまいます。

最初は大きくゆっくりとした動きで足場を固めていき、いざ跳び出すタイミング時に最大の速度が出るようにすることで、大きなジャンプを生み出すことになります。

これは海外留学も全く同じで、留学後はゆっくりと自分の生活リズムを作っていきながら、英語を中心としたコミュニケーション能力を磨き、海外の人脈を作っていきます。

そして海外で働くことができる(帰国して就職することができる)ようになるために、海外企業のインターンシップや英語を使ったスキルアップを行い一気に加速していきます。

「お金がないけど留学はどうしよう!」と検索する前は、どのような理想の留学を思い描いていましたか?

そもそもの留学をするための動機だけは忘れないでください。

そして皆様の想い描いていた1人1人のゴールは、何かに縛られながら達成できるほど甘いものでは無いはずです。

社会人のお金がない留学生へ
絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

社会人の皆様のために転職・キャリアという留学プランというルートもあります。以下には沢山の職業が掲載されているので、自分に合った職業を事前に探してみてください!

絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

実は大損している可能性が高い!?

岩場で横を向く海外の女性

さてそれではいよいよ本題となる、「お金がないけど留学がしたい!」という皆様が、実は大損している可能性があると言うお話をさせていただきたいと思います。

最近ニュースで技能実習生と言われるビザで、日本へと出稼ぎに来ている東南アジアの方々をご存知でしょうか?

正直言ってあまりの仕事の辛さに失踪者が続出しており、たびたび政府機関による工場の抜き打ち検査などが入っている様子が報道されています。

こうした方々のニュースを見て、「日本人の俺はこういう風なことにはならないだろうな~」と思って留学にでた人の多くが、海外で自分も同じような状況になっていることに気づきます。

日本の深夜のビルで清掃員として活躍している外国人のように、海外では日本人の若者たちが外国のビルを深夜に掃除して回っているということを皆さんも知っておいていただければと思います。

実はしっかり学べばこんなに違う!

次に外国でアルバイトをするにしても、「しっかりと準備をすればこんなに違うんだ!」というデータをお見せしたいと思います。

以下は、海外でしっかりとしたカリキュラムで学習し、その後、インターンシップを経て1年間の就労をした人と、何も考えずに海外に行ってそのままジャパニーズレストランで働いて帰国した人の5年間の収入を比較したグラフになります。

留学期間を含めた5年間の収支は?

※ グラフをクリックすると詳細が絞り込めます

グラフの操作方法

上のグラフで計画的な留学(ピンク)をクリックしてください。一般的な留学と計画的に作った留学とで収支がどれほど違ってくるか?比較できるようになっています!

5年間の収支差は大きい!

さて、上のグラフを見ていただければ直ぐに分かりますが、たった5年の結果で収支はしっかりとした留学をした方がプラスの幅が大きくなります。お金や準備計画がないまま無理に留学へ出ることが、どれほど勿体ないことになるか?少し気づいていただけたのではないでしょうか?

この後、10年で比較したら本当に大きな差になってきますので、是非、留学は時間を掛けて自分を伸ばす方向で考えてみてくださいね!!

留学期間を含めた5年間の内訳

一般的な留学に出た時の費用
  1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
外国 日本 日本 日本 日本
ステータス 学生+フリーター フリーター 正社員 正社員 正社員
収入 150万円 200万円 300万円 300万円 300万円
支出 学費 -30万円 - - - -
生活費 -120万円 -120万円 -120万円 -120万円 -120万円
航空券 -15万円 - - - -
保険料 -20万円 - - - -
雑費 -30万円 -30万円 -30万円 -30万円 -30万円
小計 -65万円 +50万円 +150万円 +150万円 +150万円
合計 -65万円 -15万円 +135万円 +285万円 +435万円

※ 3ヵ月の語学学校の後に海外でアルバイトをした場合

計画的な留学に出た時の費用
  1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
外国 外国 日本 日本 日本
ステータス 学生 正社員 正社員 正社員 正社員
収入 0万円 340万円 360万円 360万円 360万円
支出 学費 -120万円 - - - -
生活費 -120万円 -120万円 -120万円 -120万円 -120万円
航空券 -10万円 -10万円 - - -
保険料 -20万円 -20万円 - - -
雑費 -30万円 -30万円 -30万円 -30万円 -30万円
小計 -300万円 +160万円 +210万円 +210万円 +210万円
合計 -300万円 -140万円 +70万円 +280万円 +490万円

※ 留学経験者は正社員で約1.2倍の給与になるとのデータがあります。
(朝日新聞: AERA調べ)

少なくとも最低限の費用と計画を!

海外のお金がテーブルに置かれた様子

続いて、ここにいらっしゃる皆様には、お金がない人たちでも計画的に留学へと出られるスケジューリングについてです。

ここまで読んでいただけた方々は「とりあえず留学に行ったら何とかなるよ!」というのが、あまりにも大きな賭けになっているということにお気づきになっていただいていると思います。

是非、以下のスケジュールを参考にしながらしっかりと準備していただければと思います。

お金がない人のための留学準備ステップ!

  1. Step.1 留学相談をスタートさせる【留学8~9ヵ月前】
    理想に一番近い留学が現実的にできるか?カウンセリングします
  2. Step.2 留学計画を立てる【留学8~9ヵ月前】
    『具体的な計画』や『奨学金や教育ローンの設計』『融資の相談』をします
  3. Step.3 英語力を測定して留学期間と時期を決める【留学8ヵ月前】
    学校のオンラインテスト(民間の英語試験)などを受講して英語力を診断します
    (※ 英語力を明確化することで語学学校期間やカレッジ期間、さらに就労までの期間も分かります)
  4. Step.4 学校の申し込みを行う【留学8ヵ月前】
    学校に願書・入学申し込みを行い入学証明を受ける
    (※ 奨学金や教育ローンが必要な方は、学校の入学証明を持って申請します)
  5. Step.5 金融機関から融資を得る!【留学7ヵ月前】
    融資を受けた直ぐに学費の納付を行います
  6. Step.6 ビザ手配をスタートさせる【留学6ヵ月前】
    カウンセリングのプランに合わせて必要なビザを手配し完了させる
  7. Step.7 航空券・荷物の準備をする【留学6ヵ月前】
    このタイミングで手配することで大きな費用の節約が可能です
    留学・ワーキングホリデーで得する安い航空券の活用術
  8. Step.8 住民票を抜くなど役所の手続きを済ませる【留学1ヵ月前】
    会社や学校によって役所での手続きが幾つか発生します
  9. Step.9 荷物をパッキングして出発!
    荷物の最終チェックをして留学に出発します!
    留学に必要・便利な持ち物リスト【印刷可】

お金がないのに留学!それって逆に損してない?まとめ

高台で風を感じている外国の女性

今回お話しさせていただいたお話は、万人受けするお話ではなく、1%の天才を除く99%の人のためのものになります。

そのため必ずと言っていいほど、1%の人たちからはクレームが入る内容となっているのは否めません。

しかしながら、そうした1%の方々に対して思う事は、「こんなに天才な人がしっかりと準備をして留学したとしたら、どれほど大きな成果をもたらしたのだろう?」という純粋に見てみたかったと言う気持ちです。

留学をサポートすると言う事は、マラソンランナーのコーチングをすることに似ており、練習計画や大会での戦略、またはコンディション調整については携わることができるのですが、実際に走り出すのはランナーである選手たちです。

自分ができなかったことや、あのときこうすればもっと良かったという思いを持って、留学と言う教育業界に携わっておりますので、どうぞ心広く受け止めていただけたら幸いです。

そして最後まで読んでいただけたことを心より感謝いたします。