大学生留学

英語ができない大学生が半年の留学するとどうなる?

英語ができない大学生が半年の留学するとどうなる?のイメージ

「英語が話せるようになりたい!!」と思っていらっしゃる大学生は物凄い沢山いらっしゃいますが、正直、「わざわざ高いお金を払って留学して勉強する?」と聞かれると、「私は今の生活と英語力で満足しているのでw」と答えてしまいますよね?

ここではそんな大学生の皆様や新大学生となる高校生の皆様のために、「ちょっとだけ留学に行きたくなるお話」と「大学生にとって半年の留学が人生にどのような影響を与えるのか??」と言うお話をさせて頂きたいと思います!

宜しければ通学途中のバスや電車の中でお座りになってお読みください!歩きながらだとのめり込んじゃって危険ですのでw

半年が人に与える影響とは?

カップルが草原にたっている様子

まず留学のお話へと入らせて貰う前に、皆様に「半年と言う期間がどれほどの期間になっているのか?」という時間について考えて頂きたいと思います。

例えば、「半年の間。私は毎日4時間英語の勉強をしました!」と言う方がいらっしゃったとしたら、以下のような計算になります。

半年間の英語勉強時間

4時間(勉強時間)×180日(約半年)=720時間

しかし、この720時間を時給1,000円のアルバイトしたらどうなるか?単純に72万円の収入になります。

そして、72万円はどれほどの価値があるか?例えば、友達や彼氏・彼女と一緒に3万円の高級ディナーを食べたら、合計24回ものプチリッチ体験が味わえます。

  • 6万円の温泉旅行なら12
  • 20万円の高級腕時計ならば3
  • 36万円のバイクなら2

想像するだけでも半年の学習時間と仮定した720時間と言う時間が、多大な価値を持ち、人生に及ぼす影響が大きいと感じて頂けるかと思います。

しかし、これが英語力を伸ばすという意味での720時間となると、一転、かなり厳しい時間になることを、皆様は何となく過去の経験を通じて知っていらっしゃるのでは無いでしょうか?

そうです。例えば、中学や高校生生活での6年間で、皆様が学校および家庭や塾などを含めた全ての英語学習時間は、3,000時間を軽く超えていますが、英語を話せるようになったという実感が全くわかないからです。

「英語を身に付ける!」と言う道のりが「どれほど険しい道のりなのか?」何となく想像して頂けたのでは無いでしょうか?

英語ができる世界とできない世界の違いとは?

次の人生の旅を考えるカップル

次に、「英語が話せる人と英語が話せない人って、どれくらい違うか?」というお話へと入っていきたいと思いますが、「その違いがどれだけあるのか?」と言うと、正直、無数にあって挙げきれません。ざっと考えただけでもこれだけになります。

  • 映画が字幕なしで見れる
  • 英語の本が読める
  • 外国人の友達ができる
  • 外国人の彼女ができる
  • 英語ができるとカッコいい
  • 英語を使った仕事に就ける
  • 海外旅行を怖がらずにできる
  • 外国人観光客とも触れ合える・・

本当に例を出すとキリがないのですが、その中でも、ここで皆様にお伝えさせて頂くのは『将来性の収入と安定性』についてです。

先ほどお話させて頂いたように、半年間、4時間毎日勉強しても身に付けることができない英語ですので、「英語を身に付けることは簡単なことではない」訳ですが、逆に言うと「英語を身に付けてる人と言うのは本当に貴重な人」というのは何となくイメージできますよね?

貴重な人⇒会社が欲しい人材⇒給与が高い

そうなんです。実は、英語力がある人と無い人と比較して、例えば、TOEIC400点代と900点代ならば、平均年収が70万円以上も違っています。

先ほどお話した70万円でできること・・温泉旅行に換算したら6回分。それほど英語ができるできないで差が出る訳です。

TOEICスコアと能力レベル
  スコア 評価
A 860 Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。
B 730 どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
C 470 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。
D 220 通常会話で最低限のコミュニケーションができる。
E   コミュニケーションができるまでに至っていない。
TOEICのスコア分布状況(単位: 人)
  Listening Reading   TOTAL
470~ 4,964 1,016 895~ 3,929
445~ 5,851 1,619 845~ 4,781
420~ 6,825 3,099 795~ 6,683
395~ 8,380 5,678 745~ 8,202
370~ 9,608 7,491 695~ 9,483
345~ 12,440 7,536 645~ 10,827
320~ 12,861 8,505 595~ 11,535
295~ 13,357 9,401 545~ 12,364
270~ 10,305 9,940 495~ 11,979
245~ 9,957 11,587 445~ 11,173
220~ 10,077 11,996 395~ 9,827
195~ 5,688 8,504 345~ 7,877
170~ 3,859 9,462 295~ 5,126
145~ 2,069 8,292 245~ 2,804
120~ 1,163 7,389 195~ 1,187
95~ 536 4,236 145~ 234
70~ 84 1,913 95~ 28
45~ 8 297 45~ 10
5~ 42 113 10~ 25

※長文読解などが弱いとされている日本人の特徴が出ています。
(:2019年9月調べ)

半年の留学で英語力がどれだけ伸びるか?

CEFR比較表

次に、いよいよ「大学生が半年留学した時にどれだけ英語力が伸びるか?」と言う本題に入らせて頂きたいと思います。

先ほど、「半年英語を勉強しても英語が話せる感覚にならない!」と言うお話をしたところなのに、再び「半年の留学が英語力にどれほど影響を与えるか?」と言うお話に戻ってきた訳ですが、「なんで?」って思いますよね?

答えは簡単です。「大学生ならば半年の海外留学で英語力がかなり伸びるため」です。

それはなぜか?再び計算してみましょう!

半年間の留学での英語に触れ合う時間

16時間(活動時間)×180日(約半年)=2,880時間

この計算を見て驚かれるかたも多いと思いますが、中学生から高校生に掛けて英語を学習した6年分の英語学習時間に迫る2,880時間にも及ぶ訳ですから、この半年での英語力の伸びは凄いことになるのは言うまでもありません。

例えば「Is Am Are」と言う初歩中の初歩から留学に出られた方ならば、『関係代名詞』や『倒置表現』に『時制の一致』などを学ぶレベルまで一気に到達できるとお考え下さい。

たった半年で6年分になるわけですから留学の怖いほど大きな影響力について感じて頂けるはずです。

大学生の半年留学における具体的な英語力の伸び

半年の留学は、英語が全くできない人を高校生レベルの英語力まで伸ばしてくれました。

また、大学生の中で英語が苦手という方は中学生2~3年生レベルは理解しているケースがほとんどですので、その場合は、TOEICや英検にIELTSにGTECなどのスコアをCEFRに置き換えると、だいたいの方が半年で1~2ランク上がるとお考え下さい。

例えば、英検準2級レベルだった大学生は半年で2級や準1級レベルまで伸びますし、IELTSですと一気に5.0~6.0と言ったカレッジ進学が見えてくるかどうか辺りまでの英語力を期待することが可能です。

留学の半年は人生そのものまでを変えてしまう

英語を勉強する様子

ただ、実は、留学がもたらす影響はこんなもので終わりません。留学は人生そのものを大きく変えてしまいます。

例えば、これまで字幕を付けて聞いてみていた映画を字幕なしで楽しめたら?世界が大きく変わってくると思いませんか?

留学から帰って来ると、今までの生活が嘘だったかのように日々の生活が違ってきます。

「日記なんて小学生以来一度も書いて無い」って人が、留学中に身に付けた習慣で帰国後も「片言の英語で日記を書いている!」なんてことも珍しく無いです。

また、自分の価値感そのものも、海外での出会いや友人が変えてしまいます。

たまたま、同じクラスで隣の席に座ったドイツからきている女性に恋に落ちた。そして、その女性に対して、自分の考えていることを具体的に伝えたいためだけに英語を必死で勉強した。

留学とは、自分が変わる瞬間にも出会うものだとお考え下さい。

英語ができない大学生が半年の留学するとどうなる?まとめ

年をとっても仲良しの夫婦

「僕は昔から英語が余り得意では無いんですが、海外の生活に憧れてまして・・、やっぱり英語が話せるとカッコいいなと思って留学に行きたいんです・・」

「私、英語が全くできひんねん!だから留学までに頑張って英語を勉強して伸ばすんよ!」

「将来の日本はグローバル社会でしょ?だから英語くらいできないとなって?でも英語勉強とかってしたことないし、今からやる?って言われても何から始めるの?ってなりますよねw」

大学生や高校生は「英語・コミュニケーション・勉強・恋愛・友達・バイト・将来・お金・ファッション」など、様々なものに振り回される生活で、「私、こんなことしたいな!」と思っても、次の日には昨日のことを忘れてしまって「やっぱり私はこれがしたいんだ!」と全く違うことがやりたくなっている人も珍しくありません。

いろいろな大学生がいて、いろいろな人生や考え方があって当然ですが、その中でも1つだけ間違いなく言えることがあります。

「50歳60歳になって若い頃の留学を後悔している・・」と答えた人に1度も出会ったことが無いこと。

『If you can dream it, you can do it.
夢見ることができれば、それは実現できる』
ウォルト・ディズニー

もし良かったら半年の留学で自分自身を大きく変えてみてください。