大学生留学

大学生でも留学すると効果があるの?英語力アップ計画!

大学生でも留学すると効果があるの?英語力アップ計画!のイメージ

「これから留学に出よう!」と考えていらっしゃる大学生の皆様から、「私の留学がどれほど意味がありますか?」と言うご質問をしばしばお受けいたします。

こうした質問を大学生の皆様からよく受けする要因として、企業の採用担当者によると『日本の約27%の企業は留学や休学が就職活動時のマイナス評価になる(文部科学省発表)』と答えているためです。

そこで実際に、大学生の皆様にとって重要な「どれほど海外留学が効果があるのか?」そんな話をここではさせていただきたいと思います。

大学までの英語学習時間ってどれくらい?

自然が溶け込んだ大学

まず初めに、皆様が最も気になっている「留学に出ることでどれほど英語が伸びるか?」と言うお話をさせていただきたいと思います。

そこで「大学生に入るまで皆さんがどれほど英語に触れてきたか?」と言う英語についての根本的なお話からさせていただきたいのですが、イメージすることができますでしょうか?

実は、2020年度より小中学生の英語学習規定が変更されていたり、さいたま市のように特別な英語教育を行っている地域を除いて、今の大学生の皆様は『旧英語教育』を受けています。

この旧英語教育においての小中高の学校での英語学習時間は、1日も学校休まなかったと仮定すると、1015時間の授業時間となっており、例えば家庭での英語の宿題や塾などの英語学習時間を合わせると、皆様の多くは約1500~1800時間ほどの英語教育を受けています。

この1500~1800時間という数字について、頭の片隅に置いておいていただければと思います。

大学生の短期留学での英語学習時間は?

次に、留学と言っても様々な種類があるのですが、留学に出る大学生の大多数は1~2週間程度の短期留学を選択し渡航しているのですが、その効果を実際に確かめてみたいと思います。

短期留学生の多くが、フィリピンやオーストラリアそしてカナダやイギリスにアメリカなどで様々な英語環境に浸るわけですが、留学期間中に英語に浸っている時間を、睡眠や生活時間である約10時間以外と仮定すると、1日に付き約14時間の英語学習時間があると言えます。

この14時間については、例えば、机に向かって英語を勉強していたり、英語のテレビ番組を見ていたり、また街中の外国人の友人と英語で話しているなど様々ですが、全て英語を話したり聞いたりするために頭を使っている状態だとお考えください。

そこで、例えば1週間や2週間の留学であれば英語に触れる時間と言うのは以下のようになります。

短期留学の英語学習時間

1週間の留学の場合

14時間×7日=98時間

2週間の留学の場合

14時間×14日=196時間

学校での英語学習時間(単位: 時間)
  勉強時間 合計
高校 525 1,015
中学校 420 490
小学校 70 70

※ 2020年度の改定前の英語の学習時間です

英検を使って短期留学の効果を考える!

勉強する海外の女子大生

それでは早速ですが、大学生の大部分の方が受験経験のある英検で、短期留学の効果を確かめてみたいと思います。

まず、単純に英検2級取得に必要な英語学習時間は約1600時間だと言われており、英検準1級になると合計約3200時間の英語学習時間が必要だとされています。

先に皆様に覚えておいていただいた1500~1800時間と言う小学生~高校までの英語学習時間について考えると、高校3年生のうち『英語塾なので学校にプラスして英語を勉強している子は英検2級を持っている』と言う一般的な感覚と一致していると思います。

そこで、先ほど一緒に計算してみた短期留学における英語の学習時間を、高校3年生までの学習時間である1500~1800時間と言うデータに足してみたいと思います。

しかしながら高校生までの英語学習時間に差があるため、高校まで英語をあまり勉強してこなかった大学生を『英語学習の合計時間を1500時間』、英語をしっかり勉強してきた方々を『英語学習合計時間1800時間』としてみましたので、ご覧ください。

英語を勉強していない大学生の短期留学

1週間の短期留学の場合

1500(高校までの英語学習時間)+98時間=1598時間

2週間の短期留学の場合

1500(高校までの英語学習時間)+196時間=1696時間

英語を勉強してきた大学生の短期留学

1週間の短期留学の場合

1800(高校までの英語学習時間)+98時間=1898時間

2週間の短期留学の場合

1800(高校までの英語学習時間)+196時間=1996時間

このように英語学習時間を英検で考えてみると、非常にわかりやすくなるのですが、たとえ1~2週間の短期留学であったとしても、英語あまり勉強してこなかった大学生が短期留学に出ると、『英検準2級レベルの英語力から2級レベルへと引き上げることが可能』になります。

しかしその一方で、高校時代にしっかり英語を勉強してきた大学生の場合、英検2級の次のステップになる英検準1級の英語勉強時間が3200時間となるため、1~2週間の短期留学では全く届きません。

英語と言うのは、英検2級程度までであればドンドンと伸びていくのですが、だんだんレベルが上がってくるに従い伸びそのものを感じることがなかなか難しくなってきたり、どんなに勉強していても「英語力が落ちているのではないか?」と錯覚してしまうことさえあります。

これは、英検準1級の壁の高さを感じる瞬間でもあります。

※ グラフをクリックすると詳細が絞り込めます

英検の取得に必要な学習時間(単位: 時間)
  勉強時間 合計
英検1級 1600 4800
英検準1級 1600 3200
英検2級 800 1600
英検準2級 400 800
英検3級 200 400
英検4級 100 200
英検5級 100 100

※ 英検2級以上での学習時間は全体の75%を軽く超えてしまいます

就職活動やビジネスに有効な英語力とは?

友達と学ぶ大学生

大学生の就職活動において英語力の目安としてよく使われる英語民間試験としてTOEICがありますが、『一般的な就職活動であれば650点以上』のスコアが求められます。

また人気の企業や少し英語に携わる機会のある仕事であれば『最低でも750点以上』が必要になり、大企業を目指すのであれば『少なくともTOEIC800点以上』が求められます。

英検2級レベルは、大体TOEIC550~600点ほどに換算されることを考えると、高校時代に英語を勉強してこなかった大学生は、短期留学にプラスして英語学習をしてTOEICのスコアを伸ばしておかない限りは、就職活動時に『留学経験有り』と履歴書に記載するのが少し恥ずかしくなりそうです。

それもそのはず、大学生で『留学経験有り』なのに『TOEIC600点』では、逆を返すと「大学時代に英語勉強を全然してきませんでした!」と言う意味や、「留学に出たけど英語を勉強してきませんでした!』と企業の採用担当者に伝えていることになるためです。

こうして考えていただければ、冒頭に述べた企業の採用担当者の27%が「留学や休学が就職活動時のマイナス評価になる」と答える意味もわかってきますよね?

大学生に読んで欲しい留学記事
大学生の夏休み短期留学!普通の留学はしたくない!

2020年はどうしてもコロナウイルスの影響で留学に奥手になってしまっている大学生もいらっしゃいます。ただ夏休みの留学が気になる方は良かったらご覧ください!

大学生の夏休み短期留学!普通の留学はしたくない!

大学生の理想の留学とは?

笑顔でほほ笑む女性

そんな大学生の皆様にとって『理想の留学』とは一体どのようなものなのでしょうか?

本来であれば、半年留学や1年以上の長期留学を盛り込むことで大幅に留学のクオリティを上げることができたりするのですが、今回は短期留学のみで考えてみたいと思います。

その留学プランは以下のようになります。

大学生の留学準備ステップ

  1. Step.1 留学相談をスタートさせる【大学1年生(秋~冬)】
    留学相談のスタートさせて、留学に関してある程度のプランニングを考えていきます
  2. Step.2 留学計画を立てる【大学1年生(秋~冬)】
    『語学の計画』や『将来のライフプランの設計』を行います
    留学費用を大学生はどうしてる?やっぱり親が出すの?
  3. Step.3 英語力を測定して留学期間と時期を決める【大学1年生(秋~冬)】
    学校のオンラインテスト(民間の英語試験)などを受講して英語力を診断します
    (※ 英語力を明確化することで語学学校期間やカレッジ期間、さらに就労までの期間も分かります)
  4. Step.4 学校の申し込みを行う【大学1年生(冬)】
    学校に願書・入学申し込みを行い入学証明を受ける
  5. Step.5 ビザ手配をスタートさせる【大学1年生(冬休み)】
    カウンセリングのプランに合わせて必要なビザを手配し完了させる
    (※ 基本的に短期留学は観光ビザでOKな国が多い)
  6. Step.6 退職調整や航空券・荷物の準備をする【大学1年生(春休み)】
    会社の退職時期の調整と航空券や保険の手配
  7. Step.7 荷物をパッキングして出発!【大学1年生(春休み)】
    荷物の最終チェックをして留学に出発します!
    留学に必要・便利な持ち物リスト【印刷可】
  8. Step.8 大学2年生の夏の留学を計画!【大学2年生(春)】
    3年時に長期留学に出るか?も合わせて考える
    大学生の留学にベストな時期!3年生ではもう遅い!?
  9. Step.9 大学2年生の夏の短期留学【大学2年生(夏)】
    可能であれば短期インターンシップ・ボランティアを盛り込む
    大学生が留学中に経験すべきはインターンorボランティア?
  10. Step.10 企業のインターンシップなどを経験【大学3年生(夏)】
    短期留学を2度重ねているので英語も伸びてきており、就職活動はかなり有利です
  11. Step.11 内定【大学4年生】
    大学1年生から計画的に行動しているので、希望の会社への就職も濃厚です

大学生でも留学すると効果があるの?英語力アップ計画!まとめ

大学生のノート

こうして大学生の短期留学の効果を実際に時間数で見ていくと、正直言って『短期留学ではダメだ・・』と言う現実に気づいて頂けた大学生の皆様もきっと多いはずです。

最近では、ほぼ毎日のように高校を卒業して日本の大学へと進学はせずに、海外のカレッジや4年生大学へと進学するようにカリキュラムを組み込むことで、『ディプロマ』や『バチェラー・マスターディグリー』などを取得して帰国してくるコースで留学をお作りしております。

そうした子達が、皆さまの後輩として将来的には会社へと入ってくることなる訳ですが、やはり高校卒業して直ぐに海外へと出て行った子達の『英語力』や『人生経験の幅』は、短期留学経験だけの方々とは比較して、決して埋められるものではありません。

そのため、大学生の皆様には効果のある留学を経験して頂くために、『留学と言うのは必ず準備をしっかりしてから出るんだよ!』と言うことを心に留めおいて頂けたら嬉しいです。

そして、万が一にでも留学を計画して行くのに困ったならば、ココア留学をご利用頂けたら嬉しいです。特に、『大学生の皆様の斜め上を行くような留学ばかりを作り続けております』ので、もしかしたら驚かれるかと思います。