社会人留学

将来なくなる仕事と留学でのキャリアアップを知る!

将来なくなる仕事と留学でのキャリアアップを知る!のイメージ

ココア留学のカウンセラーミーティングで話題に上るものとして『海外キャリアの育成』の他に、『海外や日本の将来における職業事情』があります。

と言うのは、ココア留学の留学では少なくとも将来4~5年先までを視野に入れた留学計画を作るのですが、それは例えば、高校生や大学生であったとしても、海外永住権の取得や海外での正社員雇用、それに日本帰国後のキャリア採用を目指す方がココア留学生の大部分を占めるからです。

そこでここでは、ココア留学のミーティングでよく話題に上る、『将来なくなる仕事』と「留学生がどのようなキャリア育成をしていけば良いのか?」というお話をさせていただきたいと思いますので、もしよければ最後までご覧になってキャリア育成についての現状を学んでいただければと思います。

オックスフォード大学の予想

少し古いお話になりますが、2014年オックスフォード大学でAIなどを研究をしていたオズボーン准教授が予想した『雇用の未来』に、今後10~20年程度でコンピューターにとって変わられる確率の高い仕事が記載されています。

そこで早速ですが、以下の職業リストをご覧になってみてください。

オックスフォード大学のなくなる職業予想

  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険の審査担当者
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係
  • 娯楽施設の案内係・チケットもぎり係
  • カジノのディーラー
  • ネイリスト
  • クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
  • 集金人
  • パラリーガル・弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 電話販売員
  • 仕立屋(手縫い)
  • 時計修理工
  • 税務申告書代行者
  • 図書館員の補助員
  • データ入力作業員
  • 彫刻師
  • 苦情の処理・調査担当者
  • 簿記・会計・監査の事務員
  • 検査・分類・見本採取・測定を行う作業員
  • 映写技師
  • カメラ・撮影機器の修理工
  • 金融機関のクレジットアナリスト
  • メガネ・コンタクトレンズの技術者
  • 殺虫剤の混合・散布の技術者
  • 義歯制作技術者
  • 測量技術者・地図作製技術者
  • 造園・用地管理の作業員
  • 建設機器のオペレーター
  • 訪問販売員・路上新聞売り・露店商人
  • 塗装工・壁紙張り職人

週刊現代より引用

上記のデータが発表されたのは2014年の事ですが、すでにいくつかの職業に関してはコンピューター化されているものが目立ち始めていることが分かります。

特に、当時にはコロナのパンデミック化が起こるような予想は確実になかったはずですが、こうしてリストを眺めてみますと、かなりの精度と速さで人からコンピュータへの置き換わりが始まっていることがわかります。

例えば、リストにも記載されている『スポーツの審判』についてですが、野球の審判に関しても、現在、アメリカのプロ野球では既にコンピューターによるストライクボール判定を下部リーグでは導入、そして早ければ2022年にもメジャーリーグでの導入が既に合意されています(テレビ放送ではストライクゾーンを既に表示)。

また、日本のコンビニやユニクロなどでも『セルフレジ会計』が次々と導入され、先のリストの記載があった『レジ係』がいなくなったり、スマホカメラによるOCR入力の発達により単純な『データ入力作業員』も大幅に減ってきています。

正直、2014年度の予想とは思えないほど、的確な未来、つまり現在が予想されていることが分かるかと思います。

社会人留学は難しい?
社会人留学やワーホリの90%以上が苦しむ理由とは?

外資系企業への就職を考える方は良かったらこちらもご覧ください。実際、日本にある外資系企業の数は皆様が想像されていらっしゃるより、かなり少ないかも知れません。

社会人留学やワーホリの90%以上が苦しむ理由とは?

会計士・税理士は厳しい可能性

そうした中で会計士や税理士と言った職業が将来的に無くなる職業としてリストに挙げられていることに、恐怖を覚えている方も少なくありません。

当然、現役会計士や税理士、それにこれから会計士を目指す方々などからは大きな反対の声が上がっていますが、実は、2020年10月に開催された『ワールド・エコノミック・フォーラム』においても、同様の見解が示されていることをご存じの方は少ないはずです。

特に、2020年に改正されたワールド・エコノミック・フォーラムでは、コロナのパンデミック後の就職状況や企業の動きなども取り入れた上で予想が行われており、その未来予測精度は2014年度のオックスフォード大学発表のものよりもさらに高まっていることが考えられます。

そこで、続いては以下にワールド・エコノミック・フォーラムにて、将来的に減少すると考えられる職業のランキングをまとめましたのでご覧になってみてください。

ワールド・エコノミック・フォーラムの将来減少する仕事予想

  • データ入力作業員
  • 管理、執行秘書
  • 会計、簿記、給与係
  • 会計士と監査人
  • 組立、工場労働者
  • ビジネスサービスおよび管理マネージャー
  • 顧客情報管理者とカスタマーサービスワーカー
  • ジェネラルマネージャー、オペレーションマネージャー
  • 機械、機械修理業者
  • 材料・記録、在庫管理者
  • ファイナンシャルアナリスト
  • 郵便局員
  • 営業担当者、卸売・製造(技術・化学製品)
  • クレーム担当者
  • 銀行員
  • 訪問販売員・路上新聞売り・露店商人
  • 電子通信の設置業者、修理業者
  • 人事スペシャリスト
  • 社員教育者
  • 建設労働者

ワールド・エコノミック・フォーラムより引用

ワールド・エコノミック・フォーラムの予想でも、データ入力の作業員や会計士(税理士)のような職業は並んでいることがわかります。

留学生
留学生

確かに最近は、会計士や税理士の資格取得を目指す人が減ってるって聞きました。

COCOA
COCOA

会計士や税理士資格の取得を目指して受験される方は、既にピーク時より40~50%ほどにまで落ちています!

転職キャリア留学とは!?
絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

ココア留学では転職・キャリアアップを目指す留学をかなりの数で行っております!一般的な留学会社ではサポートしないキャリア育成が得意な留学会社です!良かったらご覧になってみてください!

絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

留学先でITへの転職の可能性は?

そうした『無くなる職業』が数多くある一方で、今後ますます需要が膨らむであろう職業リストも同様にワールド・エコノミック・フォーラムでは発表されています。

そのリストは以下の通りです。

今後需要が高いと予想される職業リスト

  • データアナリスト・サイエンティスト
  • AI・機械学習スペシャリスト
  • ビッグデータスペシャリスト
  • デジタルマーケティング・戦略スペシャリスト
  • プロセスオートメーションスペシャリスト
  • ビジネス開発スペシャリスト
  • デジタルトランスフォーメーションスペシャリスト
  • インフォメーション・セキュリティ・アナリスト
  • ソフトウェア・アプリケーション開発者
  • ITスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャー
  • ビジネスサービス・アドミニストレーションマネジャー
  • データベース・ネットワークプロフェッショナル
  • ロボットエンジニア
  • ストラテジック・アドバイザー
  • 経営・組織分析者
  • フィンテックエンジニア
  • メカニック・機械修理工
  • 組織開発スペシャリスト
  • リスクマネジメントスペシャリスト

こうして見ていただけると分かるように、並んでいる職業は完全にIT関連やコンピューター関連の職業ばかりですが、実際に社会人の皆様が留学を機に転職ということは可能なのでしょうか?。

IT留学での転職は可能か?

こうしたIT技術者が世界中で求められている現状について、アンテナの高い社会人の皆様は既に気付いらっしゃって、ここ数年ですが、ココア留学にはIT留学での転職を考えたご相談が後を絶ちません。

ただ、こうしたIT関連への転職を考える皆様に注意していただきたいのは、海外でIT進学を目指される場合、一般的なITの専門学校であったとしても日本のように0から覚えようと言う人のレベルではなく、最低限のプログラミングはできる経験者ばかりが集まっています。

また、ITコース卒業者には将来的に高額な給料も約束されていることから、学校によっては進学希望者が殺到しており留学生の入学がほぼ不可能な学校さえあり、そうした学校に入学を決める日本人はゼロに等しいのが現実です。

加えて、海外のITスクールでは授業は当然ですが英語で行われるため、『第二言語でレベルの高い分野を学ぶ』と言うハードルも加わるため、その難易度は跳ね上がっています。

もし、海外でIT関連の業種へとキャリアチェンジを希望される際は、日本で『Python』や『JavaScript』などのコンピュータ言語を用いてシステムが動く程度のプログラムは書けることを目安にしてとくと良いです。

デザイン関連の職業も?
海外でプロダクトデザイナー?英語で転職キャリア留学?

海外へデザイン関連の分野を伸ばすことも目標に留学されるかたも少なくありません。当然、海外で学ぶのはレベルが高い分野ではありますが、日本企業には足りていない分野でもあり、政府が後押ししている分野もあります。

海外でプロダクトデザイナー?英語で転職キャリア留学?

英語を使える有資格者の強さ

さて、ここでは会計士や税理士の皆様にとって、または会計士や税理士を目指す皆様にとって耳の痛いお話をさせていただいたかと思いますが、これからは、そんな皆様の気分が一気に晴れやかになるお話をさせて頂きたいと思います。

と言うのは、イギリスのオックスフォード大学の発表やワールド・エコノミック・フォーラムでアナウンスされた『将来的に少なくなる職業』をご紹介させていただきましたが、このご案内させて頂いたどの職業においても、留学生の場合には全く恐れるに足らないためです。

もう少し詳しくご説明させて頂きますと、実際に会計士や税理士としての仕事がどんなに少なくなったとしても、海外で活躍できるようなトップ数%の人の職がなくなる事は絶対に無いためです。

例えば、日本とアメリカにおいての税金関係を一手に取り扱うことができる税理士の先生であれば、正直、AIの全盛期となったとしても、その人材に取って変わる事は非常に難しいです。

また、会計士の先生も同様で、単にデータを読み、そのデータから企業にアドバイスするだけであれば、AIの精度はどんどん上がっていくためいつかは勝てない時がやってきてしまいます。

しかし、将棋のプロ棋士のようにAIが示す情報から、更なる知識を深め、そのデータを活かす形で、企業に対し的確なアドバイスや注意喚起を行うことができる会計士の先生であれば、確実に仕事がコンピュータに置き換えられる事はないといえます。

そして、更に留学生の場合には『英語でのクライアント対応が可能』と言うところまで目指せるため、これからグローバル化が更に加速していく中、世界展開を考えている企業からのオファーは止むことは無いでしょう。

また、もう少し言うと日本では何かしらの世界的に利用できる資格を持ち、さらに英語ができる方と言うのは、本当に数えるほどしかいらっしゃいません。

それは、英語ができる人材そのものが少ないためですが、海外留学でキャリアを育成する場合、こうしたTOP数%の人材になることまでを視野に入れて留学ルートを設計すと、留学を終えた後の将来設計が、非常に楽になることを知って頂ければと思います。

海外留学から帰国して派遣社員やレストランでアルバイトと言う方が圧倒的に多いのが、今の日本人の留学における現状ですが、これからは一歩上のレベルでの留学を経験して頂ければと思います。

IT留学を目指すステップ!

  1. Step.1 留学相談をスタートさせる【留学6~10ヵ月前】
    留学相談のスタートさせて、留学に関してある程度のプランニングを考えていきます
    (※ SE・プログラマーの留学!IT技術者として海外勤務!!)
  2. Step.2 留学計画を立てる【留学3~8ヵ月前】
    IT経験が無い場合、留学期間の延期や英語学習期間中にIT学習を取り入れるなども考えます
    (ココア留学には国内のITアカデミーとの提携もございますので必要に応じてスケジュールを組み込みます)
  3. Step.3 英語力を測定して留学期間と時期を決める【留学3~8ヵ月前】
    学校のオンラインテスト(民間の英語試験)などを受講して英語力を診断します
    (※ ITカレッジに進学するまでの期間も分かります)
  4. Step.4 学校の申し込みを行う【留学3~8ヵ月前】
    学校に願書・入学申し込みを行い入学証明を受ける
    (面倒な手続きなどココアがサポートして留学生は準備に集中します)
  5. Step.5 いよいよ留学へ
    カウンセリングのプランに合わせた留学に出ます
    (現実で考えることが無いので成長速度がかなり早いです)
  6. Step.6 現地勤務や帰国後の就職活動もサポート
    海外での就労もカリキュラムに組み込んだりステップを設けるのでスムーズです。帰国に向けた就職カウンセリングも受けます
  7. Step.7 世界中から自由な進路先を選択
    帰国も就職も海外移住も永住権取得も、世界中からの選択肢を選べる人材を目指します

将来なくなる仕事と留学でのキャリアアップを知る!まとめ

さて、今回はココア留学のカウンセラーミーティングで、よく上がる話題についてお話をさせていただきました。

ココア留学では、日々、海外の失業率や外国人雇用者の動向、それに若者の就職状況に、雇用先の多い職業などのデータを追い続けており、そのデータ量は軽く経済アナリストが分析しているレベルほどの蓄えとなっております。

もし、こちらにそうしたデータ分析が好きだったり、他社のキャリア育成をお手伝いしたいような方がいらっしゃいましたら、是非ココア留学でのカウンセラーとしてのお仕事も視野に入れて頂ければと思います。

ココア留学のカウンセラー職の倍率は、約300倍となっていますが、いつも皆様の留学サポートを楽しみながら行っております。

また、留学のご相談がご希望の方も以下よりお気軽にご相談いただければと思います。