社会人留学

社会人留学やワーホリの90%以上が苦しむ理由とは?

社会人留学は誰にでもできる?

海外に夢を見ている社会人のイメージ

「社会人でも留学に出られますか?」、実は、こうしたご相談をお受けすることは沢山あります。

そんな時にココア留学でいつもお答えしているのは、「社会人でも留学のクオリティさえ求めなければ留学に出る事は本当に簡単ですよ!」と言う一言です。正直、かなり冷たい一言ですよね・・。

しかし、残念なことに社会人が留学のクオリティを求めないと言うことは、『小中学生が行っている留学と同じレベルで留学をする』と言うことを意味してしまいます。

さすがにそんな留学は誰も求めていませんよね?
そこでここでは、社会人の留学での注意点と、社会人が留学やワーキングホリデーで渡航された『その後』について、ご紹介してみたいと思います。

是非、22歳~35歳くらいまでの社会人経験者で、留学やワーキングホリデーを考えていらっしゃる方々に読んで頂けたら嬉しいです。

社会人が日本食レストランでアルバイト?

海外のジャパレスで働くイメージ

さて、まず始めに「社会人留学と言えば!」と言えてしまうほどに良くご相談がある、ワーキングホリデービザを使っての社会人の留学についてです。

ワーキングホリデーは規約により、日本人は30歳までしか利用することができません。

そのため、25歳以上になってギリギリ駆け込みでご相談される方もたくさんいらっしゃるのですが、実は、このワーキングホリデービザを利用することによって著しく社会人の留学の質が落ちていると言う現実があることは余り知られておりません。

それは、ワーキングホリデーが『仕事もできる』『旅行もできる』『遊びもできる』『ボーっと過ごすこともできる』と言う、「余りにも自由が利くビザである」と言う特徴が大きな問題となっているためです。

例えば、良くある留学例として、「日本で社会人として2~3年の勤務を経てルールやモラルなどを教えられ、ようやく会社や社会の戦力になり始めた・・と言う頃に退社し、夢を見て海外まで出たは良いが、結局は現地ローカル企業(留学先の企業)での仕事が見つからずにジャパニーズレストランなどのアルバイトになってしまう」と言うケースです。

これが何故問題なのか?と言いますと、日本では絶対にレストランでの勤務はしないであろう人々が、ワーキングホリデービザを利用すると、何故か海外では居酒屋や日本食レストランでの勤務をすると言う状況に陥っているためです。

最初から海外で調理師やウェイターとして働くことを目標にした留学を設計していたのであれば、こうした留学によって社会人留学として順調なキャリアアップに繋がっていくのですが、ほとんどの場合、『海外で職が選べない』と言う現実の壁にぶつかって仕方なく勤務することになったり、そもそも最初から『学生の頃のアルバイト生活に戻ってみたい・・』と言う考えから、そうした現場で働いているケースが多いのが現実です。

こうしたものは留学を作るプロの目からすると、やはり「避けておいた方が良い」と言うのが本音だったりします。

しかしその一方で、社会人留学を考えていらっしゃる方々に対して、渡航前に「あなたは今回の留学から帰国した後、どのような職につきたいですか?」と尋ねると、皆さん、決まって「レストランなどでは無い国際関係の英語を使った仕事で働きたい」と答えます。

そこで、社会人の皆様には、自分が目指す人生設計(ライフプラン)と取り組もうとしている留学においてどれだけの乖離があるか?について、しっかりと考えておいてから留学に出て頂きたいと思います。

そして続いては、「夢の留学から帰国した社会人の皆様が、いったいどのような状況になっているケースがあるのか?」留学に出た『その後』のリアルな状況についてお話をしてみたいと思います。

社会人留学を終えた再就職がヤバイ!!

留学のその後の将来に驚くイメージ

それでは早速、上記に挙げた例のような留学を行った方が「帰国後どのような状況になっているのか?」その一般的な例をご紹介させていただきたいと思います。

そもそも留学に出られる社会人の大部分は、小中高校で8年以上の英語教育を受けてきていながらも「英語に自信が無い」と言う方々になるのですが、そうした方々の場合、1年間と言う限られた留学期間でどんなに努力して勉強しても「社会人として英語を武器として使えるか?」と言うと、現実はかなり厳しかったりします。

そのような状況の中で多くの方が考えている「外資系企業などの英語を使った仕事や国際関係のある企業での再就職」ですが、こうした企業の採用担当者は一般的な企業の採用担当者とは違い、当然のことですが「海外における日本人のアルバイト状況について熟知」しています。

国際関連の企業が求める人材は即戦力になる人材で、留学後に即戦力になる人材は、必ずと言って良いほど自身の社会人留学と言う立場について理解をし、計画的に自身の留学を組み立て渡航しています。

そのため、専門学校や大学進学などの留学であれば学位を期待できるため海外での職歴を求められることは無いのですが、ワーキングホリデーでの留学を経験したとなると、やはり海外での勤務状況が審議の対象になるため、日系レストランなどでアルバイト経験をしたと言う経験そのものが、逆に、その人物の評価を落とすこともあるので注意が必要です。

また、「労働者不足だ」と言われている日本ですが、毎年何万人もの人々が留学に出ているような状況ですので、国際関連の仕事については大変な人気があり、募集をかけさえすれば世界中のカレッジや大学卒業者からの応募が寄せられるような状況となっています。

「社会人の方々が留学経験後にどのような状況に陥りやすいのか?」その状況についても頭の片隅に置いておいていただければと思います。

社会人留学はどのようにすればいいのか?

パソコンで仕事を探しているイメージ

最後の社会人留学はどのように構築すれば良いのか?と言う事についてご案内させていただきます。

社会人留学を検討される場合、「そもそも自分には何ができて何ができないか?」また、「これまで何をやってきてこれから何をするのか?」について、渡航前にしっかりと設計しておく必要があります。

社会人の場合、高校生や大学生の留学のように「留学先に行ってから考えよう!」や「自分が何をしたいかを見つけたい!(異文化交流や自分探しの留学)」と言うものは、帰国後に大きな壁にぶち当たる傾向があります。

学生ではなく社会を経験してから出る留学ですので、「社会人として経験したことを伸ばす」もしくは「キャリアチェンジをすると言うのであれば、確実に何かしら英語力以上のスキルを身に付け、持ち帰ってくる必要がある」と言うことを事前にしっかりとプランニングしておく必要があります。

しかしながら、こうした社会人のキャリア育成をする留学の構築は『学校選び等々のレベル』では無く、『かなり高いレベルでの留学カウンセリングが必要』になるため、留学をアドバイスする人間もまた、少なくとも3~4年先の世界経済や政治情勢までを見通して言葉にできる程度のスキルが必要になります。

そのため、こうしたキャリア構築を行う留学会社は国内には存在しておらず、人材派遣会社やキャリアコンサルタントと言った方々が、こうしたキャリア構築の代理をしているのが現状となっているのですが、残念ながら彼らの仕事が日本国内においての就業斡旋することが収益ベースになっているため、社会人留学希望者に対して厳しい対応をとっていたりします。

そうしてキャリアコンサルタントの方々に厳しく言われ、最終的にココア留学へと逃げ込まれるケースも散見しております。

正直言って、コンサル関係の方々に社会人留学について冷たい指摘をされる場合、「そのほとんどは正しいことを言っている」と思うことが大部分なのですが、それは一般的な留学を例にしているため、その一方で、留学のプランニングレベルさえ引き上げてしまえば、「社会人留学であっても状況はいくらでも打破できる」と言うのが本音です。

是非、社会人の皆様には「自分には何ができて、何ができないか?」しっかりと考え、留学プランニングして頂けたらと思います。

社会人留学の90%以上が苦しむ理由まとめ

さて、ここまで色々とお話して参りましたが、社会人留学は学生の留学と違ってかなりレベルが高いものを求められる留学になることに気づいて頂けましたでしょうか?

「自分の好きなおかずだけを先に食べてしまって、残ったものが自分の嫌いなおかずしかない・・・」と言うふうにならないよう、「留学先でも大きな苦労をしておいて、帰国後に良い思いができる!!」、そんな留学を渡航前にしっかりと計画して頂けたらと思います。

特に、社会人が行う1年程度の短期留学では、帰国後に「給与が下がった」や「前の職場より待遇が悪くなった」と、渡航者の90%という大部分が嘆くように(ココア留学調べ)、安易な渡航後のキャリアブランクを後悔される方々をたくさん見て参りました。

外資系企業の採用担当者にとって、アルバイトは日本であっても海外であっても同じです。『海外フリーター留学』にならないような社会人留学を1人でも多くの皆様に経験して頂けましたら幸いです。

そして、万が一困ったことなどがありましたら、ココア留学にもご相談頂けましたら幸いです。最後までご覧頂きましてありがとうございます。