社会人全般

留学で外資系企業への就職はかなり難しい?

留学で外資系企業への就職はかなり難しい?のイメージ

多くの留学希望者から「私は留学して外資系企業に就職したいです!是非、留学のサポートをお願いします」と言うご相談をお受けいたします。

しかし、実は皆様が思っていらっしゃる何倍も外資系企業への就職ルートは狭いものだったりいたします。

そこでここではGoogleやAmazonそしてAppleといった、大手企業の中途採用情報をご紹介させていただきながら、本格的な外資系企業就職と海外留学についてご紹介させていただきます。

外資系企業の数はどれくらい?

車から外を眺める海外の犬

まず初めに外資系企業への就職を考えていらっしゃる皆様に、実際「外資系企業は日本国内においてどれぐらいの数があるのか?」皆様には知っていただきたいと思います。

日本の外資系企業の状況

日本における令和元年の外資系企業の数は5748社(日本企業は約280万社)で、従業員数は約51万人となっています。

日本の就業者数が6733万人であることを考えると、日本国内で外資系企業で働いている人は全体の約0.76%になり、およそ130人に1人と言う割合になっており、就職ルートの狭さが分かります。

外資系企業の就職は難しい?

留学に出る大多数の方が希望する外資系企業への就職ですが、こうしたデータをご覧になっていただければわかるように、外資系企業への就職は決して簡単なものではないことがわかります。

また、近年では日本における優秀な人材の確保が難しく、給与が高騰していることから日本への進出を取りやめる企業も増加しており、コロナで特に欧米関連の企業は減少しています。

大手外資系企業の中途採用条件を知る

海外の女性

そうした中で、留学生の多くが希望する就職先として挙げられているGoogleやAmazonそしてAppleでは、「どのような求人募集が行われているのか?」ご覧になっていただきたいと思います。

大手外資系企業の求人募集要項

Google

職業:インダストリー ヘッド、アクセラレーター、第一広告営業本部

●必要な条件/経験:

  • 学士号を取得していること(同等の実務経験でも可)
  • メディア、マーケティング、ブランド管理、または広告セールスに携わった10年以上の経験
  • 日本語および英語による、文書および口頭での優れたコミュニケーション能力

●望ましい経験/スキル:

  • MBAの学位
  • 部下を持つ管理職としての3年以上の経験、またはチームワーク力が高いチームを主導した3年以上の経験
  • セールスまたはコンサルティングの経験
  • 担当地域において自身のプレゼンスを確立しており、広範なコネクションがあること
  • 効果的な販売 / 業務管理と戦略的プランニングの実績
  • セールスチームや他のマネージャーを効果的に主導した実績

Google採用ページ

Amazon

職業:リクルーティングマネージャー

●基本条件(下記項目全てに当てはまる方):

  • 大学卒業またはそれに準ずる社会人経験
  • 採用に関わる実務経験5年以上(企業人事採用経験以外でも、人材紹介業、求人広告業、採用業務委託業等での実務経験者も対象となります)
  • 採用業務に携わる3名以上の部下(正社員)の管理監督業務3年以上
  • 日本語・英語ともにビジネスレベル以上

●歓迎条件

  • インクルーシブなカルチャーへの貢献や多様性に富んだグループで働くことに対して前向きであること。

Amazon採用ページ

Apple

職業:Business Data Analyst

●学歴・経験:

  • Bachelor’s degree is required.
  • 5+ years of experience working with Tableau
  • English and Japanese language proficiency required.

●必要なスキルと能力:

  • Self-starter with innovation, integrity and good attention to details
  • Solid ability to continuously improve and find opportunities for improvement in the business
  • Require excellent analytic and presentation/communication skills
  • Flexibility and ability to deal with ambiguity
  • Proactive, self-starter with strong business analysis skills - understanding business impacts and proposing solutions with the ability to translate data into insightful business intelligence
  • Team player who enjoys collaborating with others

Apple採用ページ

難易度の高い外資系企業の募集要項

上記は特に個別に選んでピックアップした募集要項では無く、どの職種を選んでも外資系企業の中途採用の募集要項では、かなり高いレベルの職業経験が必要であることがわかります(良かったら他の募集要項もご覧ください)。

つまり外資系企業を視野に入れた留学を考えるのであれば、学位の取得はもちろんのことですが、海外での就業経験つまりキャリアの部分を伸ばしておかなければいけないことがわかります。

留学生
留学生

外資系企業へのルートって、経験みたらビックリするくらいルートが狭いんですが?

COCOA
COCOA

その通りです!こうした背景を知らずに留学される方がほとんどなので、しっかりした留学計画を立てないと、本当に今まで積み上げてきたキャリアが全て壊れてしまうので注意が必要です!

大学進学もあり?
社会人留学で大学進学を目指す難しさとは?

外資系企業へと就職するには間違いなく学位が必要になってきます。もし、学位を持っていらっしゃらない方がこちらにいらっしゃいましたら、こちらも一緒にご覧ください。

社会人留学で大学進学を目指す難しさとは?

英語力の無いワーホリは良くない?

海外の観覧車

そうした中で大きな問題になってくるのが、英語力のない状況でのワーキングホリデーについてです。

近年では、海外のアルバイトの方が日本のアルバイトと比較してかなり給料が良いことから、ワーキングホリデーを出稼ぎのように利用される方が増えてきています。

そうした出稼ぎワーキングホリデーでは肉体労働の仕事が主軸になり、例えば、日本食レストランでのアルバイトや農場での収穫作業、または深夜の清掃作業員と言ったものに携わる方がほとんどになります。

こうした仕事は、日本国内のアルバイトでも人材不足となっている職業で、日本国内においては外国人労働者の積極採用が行われている分野でもあります。

英語とキャリアが無いワーホリ

もし本格的なキャリア育成を考え、将来日本で外資系企業の就職までを視野に入れるのであれば、ワーキングホリデーの1~2年の期間が大きなブレーキになることも視野に入れておいていただければと思います。

特に、コミニケーション能力がないままにワーキングホリデーとして出られてしまいますと、どうしても仕事の選択肢が少なく、必然的に『日本食レストランでの皿洗い』となってしまう方も少なくありません。

もしワーキングホリデーに出ようと考えていらっしゃって、さらに海外でキャリアを積もうと思っていらっしゃる方がこちらにいらっしゃいましたら、最低でもTOEIC 850点ほどを持っておいていただければと思います。

それくらいのスコアがあれば、ワーキングホリデー先で人脈を作ることができ、そうしたコネを利用しながらの就職が行えるようになります(海外は日本以上のコネ社会です)。

語学留学に注意?
社会人留学でキャリアが崩壊する?語学留学に注意。

社会人がキャリア育成を考えた留学に出られるとき、必ず大きなハードルとなってくるのが語学力です。安易な語学留学がどれほど大きなマイナスになるのか?ご覧ください。

社会人留学でキャリアが崩壊する?語学留学に注意。

外資系企業就職ルート

ノートに留学のルートを書いている様子

それでは皆様に、外資系企業に就職するための留学について、そのモデルルートをご案内させていただきたいと思います。

今回はかなりレベルの高いGoogleへの就職を意識したものを、簡単にですがご案内させていただきたいと思います。

Googleへの就職留学ルート

  1. Step.1 自分のキャリアを見つめなおす
    キャリアが無ければ外資系企業への就職は留学をしてもかなり厳しいです
  2. Step.2 留学計画を立てる
    キャリアと将来のビジョンに合わせて留学計画を作ります
    (海外でのキャリア育成は日本の何倍も費用と時間が必須です)
  3. Step.3 留学先でキャリア育成
    学位やインターンまでは最低限行えるようにスケジューリングをします
  4. Step.4 卒業後に就職(数年)
    学校卒業後には海外企業でキャリア育成のために正社員就職をします
  5. Step.5 帰国後に外資系企業の面接を受ける
    最低でも3~4年間を目安にして、海外でのキャリア育成を行ってから帰国します
    (3~4年のキャリアでは短い可能性も高いですが、上手くキャリア育成すれば就職ルートは残せます)

留学で外資系企業への就職はかなり難しい?まとめ

将来について不安を感じている海外の女性

こうして外資系企業への就職について具体的なデータや募集要項をご覧になっていただければ、留学を慎重にしなくてはいけないことについて、少しは感じていただけたのではないでしょうか?

ココア留学では『本気の留学』のみを対象にした留学サポートを行っていますが、その最大の要因として、『遊びの留学』をされてしまうと、その後の将来に大きな影響が出てきてしまうためです。

「留学して失敗だった・・」とは言わせたく無い。

もし、外資系企業の就職をお考えになっていらっしゃることがこちらにいらっしゃいましたら、ココア留学にご相談いただければと思います。