社会人留学

社会人留学で大学進学を目指す難しさとは?

社会人留学で大学進学を目指す難しさとは?のイメージ

ココア留学は、業界で屈指の社会人留学のキャリアカウンセリング実績を持っていますが、その中でも難しいのが大学進学についてです。

キャリアを生かすも殺すも『留学カウンセラー次第』と言うのが本音なところ。ここではそんな社会人の大学進学留学について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

社会人の大学進学留学は難しい

大学進学を目指して勉強する子供たち

ココア留学では、下は小学生から上はシニア層や会社経営者まで、様々な方々に様々な留学を留学をご提供させていただいておりますが、その中でも最も難しいのが『社会人の大学進学留学』についてです。

それもそのはず。

こちらにいらっしゃる皆様に「社会人留学で海外大学に進学されてた方が身の回りや知人にいらっしゃいますか?」とご質問すると、そのほとんどの場合において「いえ、おりません」とお答えになられるからです。

「身の回りに海外大学進学をした社会人の人がいない」ということは、海外大学進学をする社会人の人と言うのは『とても少ない』ということになり、それは日本社会において社会人が海外大学進学をするのがアウトローになるということを指します。

つまり、小中高大、そして社会人と決められたレールの上を歩んでこられた皆様にとって、海外大学に進学するということは『社会的マイノリティ』になることを意味し、これまで生きてきた人生で初めて道を踏み外すことを意味しています。

社会人が道を踏み外すこと、それが「どれほど日本社会で生きづらくなるのか?」、是非、留学に出られる前に知っておいていただければと思います。

キャリア崩壊も?退職と年齢が怖い

自分の将来へのゴールのカギがどれか見失っているイメージ

例えば、大学を卒業後に新卒採用にて世間的に見て名前の通っている大手企業への就職が決まった方が、3年間勤務した後、海外留学をして大学進学を考えていらっしゃったといたします。

年齢にすると『25歳前後の社会人』の方ですね。

その25歳前後の社会人で海外留学を考えていらっしゃるかたの英語力と言えば、TOEICスコアが500~700点(英検なら準2級~2級)くらいの方がほとんどなので、どうしても海外大学に進学するには英語力が足りない方がばかりとなります。

そのため、海外大学に進学する前に、語学力を伸ばす必要が生まれてきます。

大学進学に必要な時間

社会人留学生のほとんどは海外大学へと進学までに語学留学を経験されることになるのですが、その期間は持っている英語力や才能それに目指す大学やコースによって大きく左右されますが、平均して約3~12ヶ月となります。

特に、日本の学校と海外の学校では授業スタイルが大きく異なっており、日本の学校の定番とも言える『先生が独り話して生徒は黒板のメモを取る』という受け身姿勢の授業ではなく、海外の授業は『生徒にバンバン発言の機会がある完全参加型』となっています。

そのため、語学学校ではそうした海外の授業スタイルに慣れるための時間も含まれているとお考え下さい。

大学へ進学し帰国

いよいよ語学学校を卒業し、2年制のカレッジや4年制の大学または大学院へと進学し学ぶことになると、予習復習に追われる毎日となり、毎日、分厚い教本を片手手にした日々が始まります。

そして何とか大学を卒業するころには、日本を離れて約3年という月日があっという間に過ぎて行ったことにお気づきになられます。

いよいよ、海外から帰国し「就職活動だ!」と考えた留学前に25歳前後だった方は、就職活動者の年齢は留学期間3年をプラスした28歳前後では無く、留学前の準備期間、そして帰国後から就職前の手続き期間などを含めると29歳前後になっています。

想像以上に大きな年齢ギャップ

『29歳、帰国後無職』。正直、海外のカレッジを出られて帰国されたとしても、それ相応の準備をしておかないと、いけないことについて、何となくでにもご共有していただけたらと思います。

29歳にもなると同級生たちは、企業でも相応のポジションについたり、責任のある仕事をバンバン任され始め、当然ですが部下も抱えるようになってきています。

これまで一緒に食事に出かけると1人1500~2000円の予算だったのが、20代後半にもなると平均給与は入社時から100万円ほど上がっているので、2000~3000円と交際費も跳ね上がっています。

社会人の大学進学留学。ちょっと気合を入れて準備していかないといけないですよね。

留学生
留学生

私は8ヵ月の学校期間を予定していてるから?学生ビザかな?

COCOA
COCOA

その通りです!半年以上の学校期間があるにも関わらず、観光ビザで入国しようとしてビザ却下処分となってしまった子も報告されているから気を付けてくださいね!

留学あっせん会社とは?
留学あっせん業者・エージェントの利用について

留学斡旋業者(留学あっせん業者:留学エージェント)のお仕事やその利用について詳しい内容に関してご存知でしょうか?詳しくご案内させて頂きます!!

留学あっせん業者・エージェントの利用について

予算と時間が計画の肝

朝の時間に追われている女性

そうした社会人の大学進学の中で、最も難しいのが予算と時間そして留学計画を作り上げることです。

特に、留学予算と時間に関しては言うまでもなく上限がありますので、「その限られた資源をどのように使っていくか?」本当に難しいポイントになってきます。

そうした中で多くの社会人は、自分自身の留学費用を節約することばかり意識してしまい、そもそも留学に出る目的を忘れてしまいそうになってしまっている方も少なくありません。

「今より少しでも良い暮らしをしたい!」と思い留学を決意したにもかかわらず、その決意が、海外に出ることで大きなマイナスに働いてしまっては意味がありません。

留学計画は、慎重に作り上げることが社会人の大学留学では必須であると覚えておいていただければと思います。

専門性のある学位かトレンドを追う

そうした中で社会人留学生にお薦めさせていただきたい留学としては、STEM分野と呼ばれる分野で学位を習得する留学です。

STEM分野とは『Science、Technology、Engineering、Mathematics』つまり科学・技術・工学・数学の教育分野のことを指し、コロナのパンデミックなど関係なく世界的に人材不足となっている分野になります。

特に、男性だけでなく女性の就職にとっても、かなり魅力的な教育分野となっており、こちらの学部を卒業し日本の四年制大学卒と同等となるバチェラーの学位を取得しておけば、日本だけでなく海外の就職先も非常に多くなります。

また、他にもMBA(経営学修士)を取得されることを目指されると、特に日本の場合、『女性経営者が著しく少ない』という背景があるため、将来、女性のさらなる社会進出を受けて、その価値は大幅に上昇することが考えられています。

ちなみに、アメリカの女性MBA保持者の平均給料は既に1,000万円を超えておりますので、「その価値や可能性がどれほど大きいか?」金銭的な意味でも実感していただけるかと思います。

帰国後の就職もココア留学
帰国後の就職で英語を使う仕事を見つける方法

実は、ココア留学は人材紹介業の免許を持っている数少ない留学会社です。一般的な留学会社のキャリアカウンセリングと訳が違うのは理由があります!

帰国後の就職で英語を使う仕事を見つける方法

社会人の大学進学留学の流れとは?

ソファー上で将来を思い悩む女性

さて、それでは最後に社会人の大学進学留学について、一連の流れについてご紹介させていただきたいと思います。

今回は先にご紹介させていただいた25歳の社会人が、会社を辞め大学進学留学を志した時をモデルケースとして、ご案内させていただきたいと思います。

25歳社会人の留学までの流れ!

  1. Step.1 留学を決意する【25歳】
    社会人3年目、会社を辞めて転職も意識した海外大学進学留学を志します
  2. Step.2 留学計画を立てる【25歳】
    留学カウンセリングの元、海外での大学進学を目指す留学計画を立てます
  3. Step.3 いざ留学へ【25歳】
    会社を辞めて3ヶ月、留学にようやく出発できました
  4. Step.4 語学留学期間【26歳】
    大学進学のために毎日英語の勉強から
     →この時点でTOEIC800点は最低でも取得できるようにします
  5. Step.5 大学生活スタートです【27歳】
    もちろん専攻は将来につながる職
     →STEM分野への進学になると寝る間もないほどの勉強が必須です
  6. Step.6 大学を卒業【29歳】
    しっかりと留学カウンセリングを受けていたおかけで迷いなく真っすぐに大学を卒業
     →帰国か海外就職のカウンセリングを行うこともあります
  7. Step.7 帰国へ【29歳】
    ココア留学のキャリアカウンセリングを受けて頂きます
     →優秀な人材であればあるほどご紹介できるお仕事はゴロゴロあります
  8. Step.8 新生活スタート【30歳】
    気が付けば再就職スタートの年齢が30歳になったけど、素敵な転職、そして留学を無駄にせずスタートができた!

社会人留学で大学進学を目指す難しさとは?まとめ

大学に進学した海外の社会人女性

今回は社会人の大学進学留学について詳しいお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ココア留学は他社が得意としている短期留学や旅行の延長線上のような留学をお作りすることは、とても苦手です。

正直、こういうお話をするととてもお恥ずかしいのですが、あまりにも苦手なため、キャリア志向ではない社会人の方の留学に関しては、サポートをお断りさせていただくことが大半となっております。

ココア留学は、日本では数少ないキャリア志向の社会人の皆様のキャリアを守り抜くことに特化してる留学エージェントとなります。

他の留学会社とはサポートの質や範囲が大きく違いますが、もし皆様の中に海外留学での本気のキャリア育成を考えていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ココア留学へとご相談いただければと思います。

365日休みなく全力で留学サポートにあたらせていただきたいと思います。