社会人留学

あなたの社会人留学を現実逃避とは言わせない

あなたの社会人留学を現実逃避とは言わせないのイメージ

学生時代を終え、社会に出て、働き始めると、学生時代には無かった責任やプレッシャーなど様々なストレスがあるかと思いますが、そんなストレスと戦いながら現代の社会人の方々は毎日を生活されていることでしょう。

そんな中、『海外に留学に行ってしまおう!』と思い立たれた方の中には、「退職して留学なんて、逃げだ」「キャリアから外れるルートは現実逃避になる」といったマイナスのレッテルを恐れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、なぜそんなレッテルが存在して、実際の社会人留学はどんなものなのか、そして、現実逃避と言われない留学とはなんなのかをお伝え出来ればと思います!

社会人留学の理想と現実

悩める留学生女性

社会人留学と言いましても、新卒入社したての23歳が留学に行くのと、バリバリキャリアを積んだ38歳管理職の方の留学とでは、もちろん立場や経験が異なりますから、プランや留学に対する重みも変わってくるはずです。

それにもかかわらず、多くの社会人の方が理想とする留学が似通ったものになっていることをご存知でしょうか?

多くの人の理想は?

「語学学校3ヵ月で、その後貿易関連の会社で働いて、経験を積んで帰国します。」

「1年の期間で、インテリアデザインを学んで、半年ぐらいは現地で働きたいです。」

上記のように、英語や専門知識を学習した後に、海外での就職をして、経験をすることで、帰国後のキャリアに活かしたいというご希望をよく頂きます。

帰国後は転職活動となり、経験やスキルがものをいう市場になりますので、お考えの通り、海外で就職してきた経験があれば、大きなアピールポイントとなることは間違いないでしょう。

しかし現実は厳しい

皆さんは、語学学校3ヵ月で伸びる英語力はどのくらいとイメージされていますでしょうか?

元々英語力がある方は別として、多くの留学生が海外生活に英語力として支障がなくなってきた、先生の言うことが理解できるようになってきたと思うタイミングは『6ヵ月目~』なんです。

そこから、ビジネスで必要になる英語力にまで上げる必要もありますし、海外での就職活動が初めてとなれば、理想の就職先を得ることは至難の業です。

さらに、例えば、半年間就労できたとして、「6か月間の職歴」がどれだけのアピールポイントなるかをお考えいただければと思います。

これらを踏まえると、理想のイメージがキャリアに繋がるかをよく考え直さなければいけない方々も多く、帰国した時には少し海外旅行を楽しんだだけの人にもなりかねない可能性もあるのです。

壁になるのは費用と時間

空を仰ぐ留学生女性

留学には学費に限らず、航空券代、保険など様々な費用が掛かりますが、多くの社会人の方々が今までのキャリアで稼いできた貯金をご予算として考えられていらっしゃいます。

限られたご予算の中で、より費用は抑えて渡航されたいというお気持ちももちろんわかるのですが、キャリアを崩させないような留学をプランニングした時には、最低でもかかる費用と時間があるのです。

留学費用は安くない?

英語圏の国々への留学を考えた時に、生活費は大体10万円くらいとなります。

そして、キャリアを考えた時には、就労に繋げたい。

就労に繋げるために、海外で専門知識を身に付けようと思うと、学校に通うことなり、ある程度の語学力が必要になります。

となると、語学学校+専門学校+生活費+渡航費などなどキャリアや帰国後の就職を考えると安く抑えようと思っていても、最低でもかかる費用はあるのです。

何よりも時間が足りない・・

「お金があっても、時間がない」のが社会人。

留学においても、ブランクとならないようなるべく短い期間で、大きな成果を収めようとされる方が多いように見受けられます。

ただ、よく考えてみてください。

日本で過去に6ヵ月の事務職の経験がある方と3年の経験がある方だったら、基本的には経験が長い方の採用の確率が高くなるはずです。

少なくとも年単位での経験がキャリアアップには必要になりますし、ご自身にスキルが身に付くまでにどれくらいの期間が必要なのかを今までの経験をもとに考えてみて頂ければと思います。

このスキルアップの期間を省略してしまうと、帰国時には渡航前と変わらない自分で転職活動に挑んでいくことになってしまうのです。

留学生
留学生

仕事に復帰したり、休職していきたいから、留学期間は長くても1年かなあ。。。

COCOA
COCOA

それこそスキルもキャリアも中途半端にならないといけないですね!休職は職歴を見るとブランクに見えてしまうので、「何かをやり遂げた!」と言う実績が欲しいところです!

諦めた時のリスクは無限大?

語り合う留学生たち

とはいえ、長い期間の海外生活や学習期間で今後の将来について不安になったり、自分が思うように進まなかったりして、悩まれる社会人の方々を多く見てきました。

ココア留学では、身体的・精神的に健康に及ぼしている場合を除きなるべくその方々が諦めず、当初のプランを全うできるように精神的なサポートも行っていきます。

なぜなら、その時感じる不安や悩みはその時の感情や状況に対してものであって、ここで諦めてしまった時の将来イメージを冷静に考えられていないことがあるからです。

冷静に考えられない中で、決断してしまうと、折角留学を通して計画していた人生プランもそこから計画し直しとなり、多くの社会人の方にとっては、留学がブランクにしかならなくなってしまいます。

途中帰国してしまった時のマイナス

ただ、残念ですが、志半ばで帰国してしまった社会人の方々が帰国後どのような生活を送っているかというと、少しでも留学経験を活かすために、外国人の多くいる地域のレストランサーバーとして働いて、英語を使う機会を増やそうとしていたり、キャリアを積んできた業界に戻って、同じ職業で働いている方がほとんどです。

そのような経験をされた一部の方は、後悔した留学経験を留学で取り戻そうと、再度渡航を検討される方も少なくありません。

魔法の言葉『1136』とは!?
留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

ココア留学ではおなじみの魔法の言葉『1136』。できないものはできない、と言える人は、本当にすごい人です。逃げるな、弱い、負けるな・・そんなことを平気で言える人は無責任です。弱い人の気持ちが分からない強さ、それが社会人の責任の取り方だというのなら、そんな責任は放棄しましょう!

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

社会人の理想的な留学スケジュール

多国籍な留学生たち

さて、ここまで現実逃避の留学と言わせないためのポイントについてお伝えしてきましたが、実際にプランを立てる際のスケジュール感についてお伝えしていきます!

社会人の理想的な留学スケジュール

  1. Step.1 社会人の理想的な留学スケジュール
    社会人の理想的な留学スケジュール
  2. Step.2 留学の目的と方向性を再確認【渡航9か月前】
    検討した人生・キャリアプランの達成のため、留学で到達すべき目標や目指す方向性を明確にしていきます。
  3. Step.3 留学エージェントに相談【渡航8か月前】
    ある程度明確になった目的が留学に行って実現可能なのかどうかの確認の為、留学エージェントに相談してみるのも良い手でしょう。
  4. Step.4 プランの決定【渡航6か月前】
    ご相談の上、またはご自身で考えられたうえで、どういった渡航プランで留学するのかを決定していきます。
  5. Step.5 渡航準備【渡航まで】
    プラン決まれば、後はビザやパスポートの準備、荷物の用意など、渡航に向けて実際に準備をしていくだけです!
留学準備いつから始める?
留学準備いつから始める?1年以上前は超NG!

いつから留学準備すればいいですか?はい、そんなあなたはこの記事よんで~!!私たちがプランを組み始めるのは、8か月前です!

留学準備いつから始める?1年以上前は超NG!

あなたの社会人留学を現実逃避とは言わせないまとめ

前を向く留学生男性

現在社会人留学を検討されている皆様にはご参考になる話となっていたでしょうか?

ココア留学から渡航された多くの社会人の方とお話して、よくアドバイスを頂くのですが、皆さん口を揃えて、「これから来る留学生の方には、絶対に目指す目標と将来についてしっかり考えてからこっちに来るように伝えてください」と仰います。

勉強して、学校に通っているだけでよかった学生時代とは異なり、社会人は自分自身で道を決め、将来を切り開いていかなければなりません。

ココア留学ではこの目的や方向性を一緒に考えるサポートは致しますが、それを決めてあげることはできません。

社会人留学の目的や方向性の決定には、常にご自身の人生に対する責任が伴いますが、一度きりの人生なので、一度は悩みに悩んでみてもよいのではないでしょうか。

逃げたくなる時もある社会人生活ですが、逃げだといわせない留学を一緒に作っていきましょう!

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。