留学全般

コロナで留学の価値が大きく変化している?

コロナで留学の価値が大きく変化している?のイメージ

コロナにより最先端の留学の価値は、世界中で大幅な変化を遂げています。

正直、コロナ前とは全くと言って良いほど状況は変化しているので、ここではそんな頃和の留学の価値について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

遊びの留学希望者が激減?

コロナ前の飲食ができたレストラン

まず真っ先にコロナ後で留学の価値が変わったことといえば、1週間~数ヶ月程度のバカンス目的のお試し留学が事実上できなくなってしまったことから、『遊びの留学を希望される方』がゼロになりました。

これは非常に大きな変化で、これまで海外の留学生から「日本人ほど遊びの留学をしている人がいない」と言われてしまうほど、バカンス目的の留学が多かったところから、一気に留学先で何かを身につけようと考えていらっしゃる方が増えたことに感動すら覚えます。

コロナは留学にも学生にも悪いことばかりだと思っていましたが、こうした留学の価値の変化は「非常に良い方向に動いている」と言えます。

また、留学希望者のSNSの利用も増えたことから、留学のリアルを知っていただける機会も増え、相談者の知識量も大幅に増えてきて、時折、私たち留学関係者が驚かされるようなことさえあります。

それほど、「海外でしっかりと勉強して来なければいけない!」と思って頂けている方が、大幅に増えた印象があります。

特に、「英語が嫌い!」とおっしゃられる方からの留学相談や、旅行気分で留学しようとする方からのご相談は「ほぼゼロになった」と言っても過言ではないです。

高校・大学生留学がキャリア志向に

テーブルに置かれたドーナツをシェアする様子

次に、高校生や大学生の間でも留学に対する価値観が大幅に変化していることを感じています。

まず、高校生や大学生はコロナにより留学を全面的に禁止とされてしまっていることから、「完全に日本の学校に対する信頼を失っている」というお話をされる方が物凄い増えました。

「大学は完全にリモートで行われているのに、留学しようとすると学校から留学してはいけないとの連絡が来る」など、かなり複雑な状況に追い込まれている学生も少なくありません。

また、さらに苦しいのは交換留学で、海外の学校からは「いつでも留学に来て欲しい」と言うふうな連絡が来ているのに「日本の大学がNGを出している」と言う苦しいご相談も増え始めています。

そうした学生の多くは、すでに次のステージへと移動し始めており、日本の大学に見切りをつけたり、数年間の休学申請を希望される方も珍しくありません。

海外で職歴を積む

また、海外でインターンシップなど職歴を積むことを希望される学生も増えており、コロナ以前のように『英語を学習するための海外留学』ではなく、『英語を使い海外で働く経験を積む留学』へと留学の価値は変化し始めています。

特に、これまでの高校生は口を揃えて英語学習がメインだったにもかかわらず、コロナ以降の高校生はボランティアを目標に掲げる方も増え始めています。

ただ、大学生は休学してバンバン海外留学に出る印象がありますが、高校生の休学は親の反対を受けるようで、高校生の海外志向の学生はコロナ前までの学生と比較して、経験値はかなり低くなることが心配されます。

留学生
留学生

たしかに就職活動が厳しくなってきたことを知って、正直、就活も焦ってます。

COCOA
COCOA

大学生の内定率はコロナ前と変わりないのですが、留学生が目指す、海外・航空・旅行・ホテル関係などの求人は絶望的になっていて、将来を不安に考えていらっしゃる方が増えています。

留学か就職活動か?
大学生がコロナで就職活動か留学を迷ったら?

「このまま就職活動するか?」それとも「留学やワーキングホリデーなどを利用して、もう少し学生期間を送るか?」と、迷っている大学生がかなりの人数になってきています!

大学生がコロナで就職活動か留学を迷ったら?

社会人のキャリア育成相談が急増

社会人が人生を掛けた留学と言うダイブをするイメージ

社会人の留学としては完全に2極化の様相となっており、1つ目はコロナにより心が疲れてしまった方のバカンス留学相談、そして2つめ目は、自身のキャリアを海外で育成することを目指した留学です。

コロナ前までは、キャリア育成を口にする留学生はほとんどいなかったことを考えますと、コロナにより社会人の留学に対する価値は大きな進歩をしたように感じています。

と言いますのも、海外に出て日本食レストランや清掃員としての仕事してしまうと、『自分自身のキャリア崩壊につながること』について、留学前から危機感を感じていただける方が非常に多くなったことです。

これまでは「適当に留学をしてしまうと英語も中途半端、将来の方向性も中途半端となる可能性が高くなりますよ!」と口が酸っぱくなるほどお伝えしても、伝わらないことが非常に多くありました。

それは、一般的な留学会社が提供している『楽しいバカンス留学』の方が、魅力的に感じていらっしゃる方が多かったためです。

ただ、最近は「私は建築士として活躍しているのですがどのように将来設計をしていけば良いですか?」や「看護師として海外で生活することはできますでしょうか?」、または「介護士として働いていますが、このまま働き続けると体が持ちそうにありません。キャリアチェンジをすることが可能でしょうか?」と言うご相談に変わりました。

この社会人にとっての留学の価値の変化が起きた理由は、コロナにより企業の明暗が別れたことと、日本の将来に限界を感じる人が増えたことなどが挙げられます。

特に、海外永住を志す方からのご相談は、既に爆発的な人数になっております。

コロナワクチン2ヵ国留学プログラム
コロナワクチン接種ができる2ヵ国留学プログラム!

ココア留学では余分な費用を一切排除し、さらにコロナウィルスのワクチン摂取が可能な2カ国留学プログラムをご用意することができました!

コロナワクチン接種ができる2ヵ国留学プログラム!

コロナ前とコロナ後の変化と予想

コロナによって変わったことを見つめるイメージ

さてそれでは最後に、コロナ前とコロナ後の留学の価値がどのように変わっていくのか?

留学の流れと変化についてフローチャートにまとめてみましたのでご覧ください。

コロナ前とコロナ後の変化

  1. Step.1 【コロナ前】遊びの留学が主軸
    フィリピン短期留学や2カ国留学が人気
  2. Step.2 【コロナ発生】遊びの留学は全て不可に
    フィリピンなどの発展途上国では軍隊が出て帰国するなどパニックなった
  3. Step.3 【コロナ直後】留学の諦め発生
    学生のうちに留学が絶望的になった生徒からの相談が増える
  4. Step.4 【2020年後半~】オンライン授業などが人気
    英語学習はオンラインで行いカレッジは留学で行うハイブリット型の留学が人気に
  5. Step.5 【2021年~】留学再開が本格化
    留学に出ることだけでも難しい中、オンラインではなく実際の海外留学が再評価
  6. Step.6 【2021年からの相談】留学は貴重な経験に
    遊びの留学が無くなり、クオリティの高い留学経験をされる方が増えたため、留学の価値が一気に上がる
  7. Step.7 【今後の留学予想】遊びの留学が増える
    再び遊び目的の留学が増えるが、キャリア留学の学生と仕事の質や貧富の差が広がる

コロナで留学の価値が大きく変化している?まとめ

将来、どちらに漕ぎ出すか迷っているイメージ

コロナにより、大企業など安定的な立場にいらっしゃる方ほど自分自身への危機感(会社を辞めないとやばい)を話され、つぶれそうな会社にいらっしゃる人ほど会社へのしがみつき(このままでは会社をクビになってしまう)について話されます。

本来であれば逆であることが望ましいのですが、これもコロナによって世界中の仕事が一気に減ってしまった事が原因です。

留学カウンセリングでは、銀行員に対してカスタマーサービスの提案や、学校の先生に対してホスピタリティ関連の学習などを提案など、素人でも耳を疑うような留学提案が溢れています。

正直、海外でキャリアを育成すると言う事は日本で行うより何十倍、何百倍も難しいことですが、もし本気でお考えの方がこちらにいらっしゃいましたら、是非、ココア留学とご相談いただければと思います。