留学全般

留学で苦労したことTOP3と予防法!

留学で苦労したことTOP3と予防法!のイメージ

海外へ長期で行くことになる留学では、今日本にいるときには想像もできないトラブルだったり、苦労が待ち受けていることがあります。

留学前にどんな苦労や大変なことがあるのか、わかっているだけでも対処はできますが、今回はその苦労を未然に防ぐための方法に関してもお伝えしていきたいと思います!

滞在先編

こっちを見つめる留学生

ホームステイ先でのコミュニケーション

渡航後すぐは、ほとんどの方がホームステイをご選択されますが、まだ英語が不慣れな中で、コミュニケーションがうまく取れず、苦労することが多いようです。

特にステイ先のルールが理解できていなかったために、ホストマザーに怒られたなんてことはよく聞きます。

もちろん英語が出来ていれば避けられることではありますが、この苦労を避けるためにはご自身の心持を変えることが一番の近道です。

ホストファミリーはホテルではないので、おもてなしをしてくれるところではなく、ご自身が他人の家族に入っていく、住まわせてもらっているという感覚を持つと、多くの場合、物事がスムーズに行くことがあります。

シェアハウス探し

シェアハウスも無限にあるわけではないので、余裕をもって探されることがほとんどですが、それでも、希望の滞在先が見つかるまで、何件も何件も回ったというお話をよく聞きます。

ただ、ネットで見た画像だけを信じて、入居を決めてしまうと、住所の場所に家が無かったとか、お金だけだまし取られたというトラブルもあるので、地道に足を運ぶことは必ず必要な事なのですが、皆さん苦労される点です。

この時、学校の友人コミュニティやバイト先からの紹介などで、不意に良い物件が見つかることがあるので、周りに家を探していることを話してみるのも良い手です。

【番外編】クレジットカードがATMに飲み込まれてしまった?!

海外のATMの性能の悪さは有名で、紙幣を上手く読み取ってくれなかったり、キャッシュカードやクレジットカードを差し込んだら、そのまま戻って来なくなってしまったということまでおきます。

こんな時は、まずは慌てず、カスタマーサービスセンターの電話番号を探しましょう。

問い合わせれば、遠隔でATMを操作してくれることもあるので、その場を離れず電話してみましょう!

語学学校・カレッジ編

留学生カップル

英語力が伸びないことによる精神的な苦労

海外に行けば英語が話せるようになるだろうと思われている方ほど、英語力が期待したほど伸びず、なんで話せるようにならないんだといった苛立ちや焦りとともに、精神的に落ち込んで方がいらっしゃいます。

まずは、英語力が急激に伸びて、いきなりペラペラに話せる方はいらっしゃらないということを前提に思うことと、英語が話せている友人や学校の先生、それこそエージェントでも、様々な勉強方法について聞いてみることをお薦めします。

人によって、合う勉強方法が異なるので、多くを知っておいて損はありません。

ただ、もし精神的に落ち込んでしまう段階まで来てしまったら、勉強することに固執せず、休むことをお薦めします。

大学・カレッジのプログラム選択

留学前に進学先のプログラムをお申込みをされた方でも、渡航後に本当にそのプログラムで良かったのかと悩まれる方がいらっしゃいますし、興味が変わってしまいプログラム選択に幅がでて、選べなくなってしまったということも良くあることです。

悩んだ後にしっかり方向性が決まる方はそこに向かって進んでいただければと思いますが、考えが堂々巡りしてしまう方の場合、ここでいいや!と投げやりになってしまう前に、キャリア相談を受けられることをお勧めいたします。

【番外編】時差の影響で初日に登校できなかった?!

時差が大きく開く国へ渡航する際に、一番最初に直面するトラブルは「時差ボケ」といっても過言ではないでしょう。

多くの生徒さんは学校スタートの直前に現地に到着されますが、登校初日に向けて、ドキドキや緊張して眠れなかったり、追い打ちをかけるように時差ボケで眠気が全く起きなかったことで、前日徹夜をしてしまったという話もよく聞きます。

中には、朝方やっと寝れて、そのまま登校時間を過ぎてしまったという方もいらっしゃるので、時差ボケを侮ってはいけません。

対策法としては、渡航の飛行機の中で良く寝ておくことで、現地に就いた瞬間から現地の時間帯になるべく合わせて生活リズムを整えていくと良いでしょう。

留学生
留学生

時差ボケがなかなか治りません~!

COCOA
COCOA

時差ボケの対策は先ず飛行機内で電気が落とされたらできるだけ寝ること。実は、到着時に時差ボケが無くなることを考えて消灯されています。そして、到着先では数秒とかで良いので太陽の光に当たること。体内時計をリセットしてくれます!

留学が辛い・日本に帰りたいと思ったら
留学が辛い・日本に帰りたいと思った時の解決方法TOP3

「留学が辛い!日本に帰りたい!」と思ったら、先ずは真っ先に帰国を考えましょう!自分の気持ちにうそをついても、余計辛くなるだけです。

留学が辛い・日本に帰りたいと思った時の解決方法TOP3

キャリア・仕事編

悩める留学生女性

就職までの道のり

「ワーホリで海外で働きたい」という希望をよく伺いますが、就職に結びつけるための道のりに皆さん苦労されるていらっしゃることをご存知でしょうか?

日本食レストランや居酒屋などは別ですが、まず求人募集を探す時には、もちろん英語で探すことになりますし、履歴書も英語で準備、海外ではカバーレターという書類も必要になりますし、最も、面接では英語です。

海外の採用市場は、未だ学歴や年齢にこだわりを持つ日本とは違い、実力主義になりますので、ご自身の能力について語れるだけの英語力が必要になります。

なので、しっかりと仕事を見つけていきたいと考えるのであれば、事前に高いレベルの英語力を身に付けておくことが必要でしょう。

突然の解雇の可能性

苦労して見つけた就職先でも、解雇の可能性をはらんでいます。

日本の場合は、契約期間中の解雇は正当な理由がない限りは認められていませんが、海外では明日から来なくていいよと言われたご経験を持つ方も少なくないはずです。

この時、解雇されてしまわないようにオーナーとのコミュニケーションをよく取っておくとか、その会社に必要な人材になっておくといった備えが必要です。

万が一、解雇されてしあったとしても、次を探せるだけのスキルがあることが望ましいです。

留学先でそのまま就職を目指す3つの鉄則?
留学先でそのまま就職を目指す3つの鉄則とは?

「海外で働きたいです!」「大学卒業後、すぐに海外就職を目指します!」そんなあなたは、こちらの記事をまず読んでみてください!!!

留学先でそのまま就職を目指す3つの鉄則とは?

困った時の対処方法

見上げる白人女性

様々な場面で、様々な苦労があるがあることを知って頂いたところで、困ったことやトラブルが起きた時の対処方法をお伝えしていきます。

困った時のフローチャート

  1. Step.1 まず落ち着く
    慌てていては、考えられるものも考えられません。まずは落ち着いて、何が出来るのか考えましょう。
  2. Step.2 助けが必要か、自分で解決できるか
    『緊急事態の場合は、助けが必要なことが多いかと思いますが、時間が解決してくれることや自分自身で解決できることもあります。
  3. Step.3 必要に応じて、各所に連絡・相談
    誰かに話すことで考えがまとまったり、アドバイスを貰えることがあります。

留学で苦労したことTOP3と予防法!まとめ

外国人親子の背中

さて、留学に向けてワクワクされている皆さんも、こんなことがあるんだと初耳な事柄もあったのではないでしょうか?

海外では日本ではあり得ない!と思うビックリするようなことが起きたりします。

今まで直面したことが無い事柄に対して、慌てないということが難しいかもしれませんが、兎にも角にも「落ち着く」ことが一番なので、落ち込んでいるときも、焦ってしまっているときも、まずは落ち着いて考えるということだけ覚えておいて頂ければと思います。

もし自分だけでは解決できないという時は、誰かに相談するということも考えてくださいね。

その時のために、相談できる友人を見つけておくとか、相談しやすいエージェントを利用するというのも検討されると良いでしょう。

一番良いのは、何もかもスムーズに進んでくれることですが、何かしら苦労されることや悩まれることがあるかと思いますので、しっかり対処しながら素敵な留学経験をされて下さい!