留学全般

留学が辛い・日本に帰りたいと思った時の解決方法TOP3

留学が辛い・日本に帰りたいと思った時の解決方法TOP3のイメージ

留学に出発する前までは、パスポートの期限やら学校やホームステイのことやら多くのことに考えを巡らせて期待や不安を持つものですが、「行ってしまえば何とかなるだろう」と、気が付けば楽観的に考えしまい、留学へ対するワクワク感だけで進んでしまう方が多いです。

ただ、当然ですがワクワク感がいつもでも続くことは無く、留学先で不安や挫折を味わう中で、精神的にネガティブになってしまい「留学が辛い!日本に帰りたい!」と思ってしまう生徒さんたちが数多くいらっしゃいます。

今回は、「日本に帰りたい!」という気持ちが生まれてしまった時の解決方法についてご紹介していきます!辛い思いをしていらっしゃる方々の何かのヒントになれば嬉しいです。

帰国を考える

微笑む外国人兄妹

「留学が辛い!日本に帰りたい!」と思ったら、先ずは真っ先に帰国を考えましょう!

「えっ?本当にいいの?」と不意を突かれた方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

でも、「留学が辛いな・・」と感じた時に想定しなければいけない一番の最悪な状況は、『うつ状態になってしまうこと』です。

うつ症状が進行すると、何にも手が付かないようになり、人に会うことや話すことに恐怖を感じたり、ベッドから起き上がれなくなるなど、帰国という手段すら対応できなくなってしまいます。

そこで「辛いなぁ、日本に帰りたいなぁ」と思った時は、まずは「いつでも帰れるんだ!」と思う気持ちを持っていただければと思います。

本気で帰国しようと思えば、明日でも、1週間後でも、1か月後でも、いつでも日本へ帰ることはできてしまいます。

帰りたくなったときはネガティブな思考をストップさせるために、休んで、体力や気力、思考力を回復させることを優先させて頂ければと思います。

ココア留学では、こうした生徒に対して休学制度やバケーションの申請を打診したり、学校の方と調整することもあります。積極的にそのような制度を利用して、何もしないという時間も作ってみるようにしてください。

うつ状態になってしまったら

ココア留学でサポートする中でも、年に数名はうつ症状を訴える生徒さんがいらっしゃいます。

夜、寝つきが悪く、寝不足になってしまったという軽い相談から、人と話すことが怖くなってしまったという方まで様々いらっしゃいました。

そんな方々へ、まずお伝えするのは「何も考えず、休んでください」という言葉です。

このような状態になる方の多くは、なんでこんなことも出来ないんだろうとか、これが出来なかったら将来が不安というように、何かに真剣に取り組もうとした結果、思う様に進まず、反省を繰り返すうちに、負のスパイラルに陥り、ネガティブな思考から抜け出せなくなってしまったというお話を伺います。

そのスパイラルから抜け出すためにも、身体を休め、正常な思考を取り戻すことが必要です。

また、場合によっては症状によっては専門医への受診を推奨させて頂くケースもありますが、「早急に対応することが大切だ」と覚えておいて頂ければと思います。

帰国を思い留まる

思いとどまる留学生女性

結局帰国を止めるのかと思われたかもしれませんが、明日帰国をするのと、1週間後に帰国するのに、それほど差はありませんから、正常な思考を取り戻した際には、帰国をする前に考えて頂きたいことがあるのです。

それは、その時のあなたが、そのまま日本へ帰国したときに何が起こるかということです。

漠然と不安になることは止めて、一旦今の自分が帰国した姿を思い浮かべてみてください。

留学に行く前の自分と今の自分とで何か変わっていましたでしょうか?

ほとんどの方が、何も変わっていないと思うか、むしろ悪くなっていると感じられるのではなかと思います。

それもそのはず、留学が辛いと思った時のあなたは、計画していた留学の志半ばで帰国を考えており、最後までやり切れば何かしら達成できているかもしれない部分にすら到達していないからです。

そして、病気やケガなどやむをえない理由を除き、残念ながら帰国を選択された多くの方が、もう一度留学に行きたいとココア留学へご相談頂くことも少なくないのです。

その思い留まる手段としても、ココア留学やお世話になっているエージェントに連絡してみるというのも1つの方法でしょう。

ココア留学では、渡航した後もサポートが続くため、日々留学中の生徒さんから進路相談やキャリア相談などのご連絡を頂きますが、何気ない会話の中で精神的サポートもさせて頂いているのです。

留学生
留学生

うわーん!!ホームシックってこんなに寂しいのー?!もう耐えられない~!!

COCOA
COCOA

ホームシックは1~2週間、もしくは友達が出来た時点で抜け出せる方がほとんどです。そんな時は、海外にいることを気にせず、家族や友達に電話してみるのも1つの手ですね!

留学生がぶつかる5つの悩み
留学から帰国後にぶつかる5つの悩み

他のみんなはどんな悩みにぶつかるんだろう??悩んでるのはあなただけじゃない!!絶賛お悩み中のあなたへ「5つの例」をご紹介します!

留学から帰国後にぶつかる5つの悩み

留学が嫌だと思う理由を考える

考える留学生たち

留学先に一旦留まることを選択されたあなたが次にしなくてはいけないことは、原因の究明です。

今、あなたに留学が辛いとたらしめている原因は、まだあなたの中に残っているのですから、これを根本的に解決していかなくてはなりません。

留学が辛いと思ったことには、必ず原因があるはずです。

英語力が上達しないことへの苛立ち、友人関係が上手くいかないことへの不安、家族から離れたことへの不安や心配など人によって様々だと思います。

ここで大切なのは、イライラした感情やモヤモヤとした不安を帰りたい要素として一緒くたにするのではなく、細かく分けて、それぞれ書き出してみることです。

例えば、英語力が上達しないことへの苛立ちであれば、勉強方法の見直しや時間の経過によって落ち着くことがほとんどです。

友人関係が上手くいかないことへの不安については、クラス替えや最悪、転校により、付き合う人を変えてみたり、進学で環境が変わることによって、不安が消えていくことがあります。

留学生のほとんどが漠然とした将来への不安や現状への苛立ちによって、留学を断念するまでの精神状態に陥っていますが、しっかり細かく要因を見ていくことで、対処法が見つかる要因もあれば、本当に悩むべき部分は何なのかがわかり、不要に悩む必要がなくなります。

この時も、留学カウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。

留学カウンセラーは多くの留学生と接する中での共通点や悩みやすいポイントを熟知しているものです。

言葉に出してみると楽になる原因もありますから、一度誰かにすべてを話してみるというのも不安解消の方法です。

1136の法則

前述で要因を細かく分けて分析することをあげましたが、時には悩みや心配など関係なく、精神的に落ち込む時期があります。

ココア留学では、これを「1136の法則」と呼んでいます。

詳しくは下記に紹介する記事をご覧頂きたいのですが、要は留学に対するワクワクした気持ちには上がり下がりがあり、モチベーションに影響する『時期』が留学にはあるということです。

この時期は、いくら要因を考えても、不安に陥るだけだったりするので、目の前のことに集中することを心がけてみてください。

魔法の言葉『1136』とは!?
留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

留学中はたくさんの悩みを抱えてしまうものです。ココア留学では『1・1・3・6』と言う魔法のキーワードを唱えて、留学生を励ましています!ぜひ、ご覧ください!

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

解決するまでのステップ

手を取り合う外国人の子供たち

これまで、留学をやめたい!帰りたい!と思った際の解決方法について、順を追ってお話してきましたが、解決するまでの1つのステップをご紹介していきますね!

解決するまでのステップ

  1. Step.1 いつでも帰国できる心持ちを持つ
    前述の通り、心に余裕を持つためにもこの気持ちを持っておくととても気楽になれます。
  2. Step.2 休む
    とにかく休んでください。
  3. Step.3 一旦帰国を思い留まる
    冷静に次の進路を考えるためにも、一旦立ち止まってみてください。
  4. Step.4 自分の体力や精神状態について把握する
    辛いと思う気持ちや帰りたいという気持ちが落ち着いたら、その時に自分の健康状態が少しネガティブなっている軽いものなのか、身体にも影響が出るほどの重い状態なのか、一度ご自身と向き合って確認してみてください。
  5. Step.5 留学が嫌だと思う理由を考える
    漠然とした不安を抱えるのではなく、細かく要因を分けて、対処法を考えてみてください。 この際エージェントに相談してみると、別の視点からアドバイスを貰えるかもしれません。
  6. Step.6 帰国するべきか、残るべきかの判断
    やっとここで、最終判断をしていきましょう。今帰ることのメリット・デメリットを今一度考えてみると、モチベーションにも変化があるかと思います。

留学が辛い・日本に帰りたいと思った時の解決方法TOP3まとめ

ここまでご覧頂きまして、ありがとうございます。

少し精神論的なお話になってしまいましたが、留学に何か目標や目的をもって行かれた方は常に全力投球だったりするので、一旦立ち止まる時間を作ると、少し心の余裕が出来ることもあります。

逆に立ち止まることによって焦りが出てくる方もいらっしゃいますが、疲れた思考では、適切な判断も出来ませんので、立ち止まるというよりは休んでいると思い、リフレッシュする自分のための時間を作ってあげると良いのではないでしょうか。

留学は人生の中でも大きな自己投資の一つになりますので、何か選択する際は、不安や心配などの衝動的な気持ちによるものではなく、考えた上で行動されて下さいね。

考える際のサポートや落ち込んだ時の話し相手にココア留学カウンセラーが居ることを覚えておいてくださいね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。