ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの仕事と帰国後の就活

ワーキングホリデーの仕事と帰国後の就活のイメージ

留学エージェントやワーキングホリデーを斡旋している協会では、教えてくれないワーキングホリデー時の仕事と帰国後の就職について、「留学費用・準備のココア」は真実をぶちまけます。

ここで紹介する内容は、ワーキングホリデーに夢や希望を抱いている方にとっては、非常に辛い物となっておりますので、「打たれ弱い方」には決してお勧めでません。

「ココア留学だから本当に心配をして言ってくれているんだ!」「ココア留学だけが話してくれている」と思って頂ける方を対象とさせて頂きたいと思うので、その他の方はブラウザの「戻る」を押して頂ければと思います。

ワーキングホリデー中にどのような仕事で働けますか?

ワーキングホリデーで様々な仕事に就いている様子

私は多くの方の質問や疑問に今まで答えてきましたが、ワーキングホリデーを希望されている多くの方は「ワーキングホリデー中にどのような仕事で働けますか?」と言う質問をお受けします。

正直なところ、エージェント等のホームページで紹介されているような、スキルアップができるような良い職に就ける方と言うのはワーキングホリデー参加者全体から考えると、ほんの一握りだと言えます。

実際は更に酷く、私の経験上から言いますと、ワーキングホリデービザを使って渡航をしたにも関わらず、全く仕事経験も積まないままに帰国に至ってしまう方も沢山いらっしゃいます。

しかし、余り多くは無いとは言え、もちろんしっかりと働き経験を積まれて帰国される方も沢山いらっしゃいます。

そこで、ワーキングホリデー期間中に、仕事をされている方がどのような仕事としているかリストアップしてみたので、参考に下のリストをご覧ください。

  • レストランバーなどのウェイター(サーバー)
  • 調理師(日本料理店など)
  • 美容師
  • 掃除係(早朝や深夜)
  • 農業(収穫など)
  • 牧場(牧場の手伝い)
  • お土産物屋店員(日本人が多い店)
  • 宿泊施設などの受付
  • 工場関係の作業員
  • スーパーの店員
  • 旅行代理店
  • 家政婦・ベビーシッター

上は、ワーキングホリデー中に働いている方をチラホラ見かけるお仕事ですが、基本的には英語能力を余り必要で無い職業か、日本語を武器として使えるような職業、もしくは日本人としての良さを出せる職業がメインとなってきます。

次に紹介する職業は、私が実際に知り合った方の中で正直「本当にワーキングホリデーですか?」と思わず驚いた、高い英語能力とプラスアルファーな能力が必要とされる職業です。

  • 銀行関係の職員(雑務だと言っていたが、窓口も担当)
  • 企業の会計士(資格を持っていたのかは聞かず)
  • 日本語教師(日本でも教師だったそうです)
  • 小さな飲食店の店長(自己資金で開業)
  • 語学学校のカウンセラー(日本では英語教師)

と言ったところですが、どの職業が良くてどの職業が悪いと言う訳では無いのですが、一番気になる金銭的な面で言うと、上のリストの農業関係・工場関係の重労働となる仕事は、特にオーストラリアの場合には「割りの良い仕事だ」と言える給料を支払ってくれるところが多いですが、他はあまり良いとは言えず、下のリストの職業の方は言うまでもありませんが、それなりの給料となっておられました。

ワーキングホリデーは海外での仕事となるため、どうしても「言葉」と言う大きなハンデを受ける事になります。

そこで、ワーキングホリデーの基本的な概念に従い、「大きく稼いでやる」と考えるよりも、「海外滞在費用の足しとなるバイトをする」と言う感覚で渡航される事をお勧めしたいと思います。

ワーキングホリデー中の仕事の探し方・見つけ方

ワーキングホリデー時にカナダで仕事を探せるサイト

次に、気になるワーキングホリデー中の仕事の探し方や見つけ方について紹介させて頂きたいと思いますが、基本的に海外での就職活動と言っても日本での就職活動と大きな違いはありません。

主な仕事探しの手段としては、現地の新聞・情報誌・掲示板、またはインターネットによる検索などが一般的で、手堅い方法としては直接店にレジュメ(履歴書)などを持ち込み自分を売り込みます。

しかし、日本での就職活動と大きく違う点が1点だけあります。それは、自分自身の売り込みです。

海外企業と日本企業の違い

世界地図を背景に海外企業と日本企業での違いを表す

まず日本の企業についてですが、御存じの方も多いと思いますが、現在での企業体質として「終身雇用」「企業 > 被雇用者」と言う2点が特徴だと言えます。

人材を採用する際にも「終身雇用」を基本としているため、「雇用後に能力を育てれば良い」と言う長い目線での企業益について考えた採用がベースとなり、自ずと重宝される人材と言うのは「変に癖が無く、使いやすい人材」となる傾向にあります。

また、被雇用者の能力を白紙の状態から企業側が育て上げるため、他企業でも通用するような能力を育てるのでは無く、自企業に特化した専門的な能力育成を行うケースが多く、被雇用者の転職は他企業でも通用するような能力が無いため困難になります。

そして、転職が難しい被雇用者は会社を辞める事ができないため、さらに「企業 > 被雇用者」と言う関係が強くなる傾向にあります。

一方で海外企業の場合は日本の企業のように「終身雇用」と言う形態を取らず、被雇用者は何時仕事を辞めるか分からないため、「企業が人材を育てる」と言う意思は無く、「能力は個人が育てる物」と言う形態を取っています。

そのため、求められる人材と言うのは常に「即戦力」であり、「能力が無い者に対しての雇用は無い」と言う厳しい考えが根本になります。

しかし、自分自身のスキルアップに務め、能力を高めた者には、能力に応じた他企業からの「引き抜き」・「スカウト」などが有り、給料も上がっていく事になります。

また、被雇用者はいつでも会社を辞められるように、他企業でも通用する能力を自信で考えながら育成しているため、転職が比較的容易で、企業側としてもその姿勢を尊重しているため「企業 = 従業員」となる傾向が有ります。

海外での就職活動は面接で売り込む

厳しそうな面接官と面接を受けている女性

日本での就職活動の場合、中途採用枠での面接でない限りは、それほど強く「自分を売り込む」と言った行動を取らないのが一般的で、それは日本人としての民族性と、先に紹介したように日本の企業が「使いやすい人材を欲している」と言う側面も影響しているためでしょう。

しかし、海外の企業は日本の企業と違い「終身雇用」は考えず「即戦力となる人材を欲している」ため、日本様の面接スタイルでは「自己表現力不足」と受け取られてしまい、どうしても高評価を得る事は難しくなります。

そこで、面接の際には外国企業に対して好印象を与えるような方法で望む必要が生まれてきますが、ここでキーポイントとなるのが「企業 = 被雇用者」と言う海外の雇用スタイルです。

海外企業の場合、「企業と被雇用者は対等な立場である」との認識があるため、自分自身もまた一つの企業だと考えられ、被雇用者側にとっての企業は「一定期間中の取引相手」と言う認識になります。

つまりは、企業に対して「自分」と言う対等の企業が「自分自身」と言う商品を売り込み、そのリース代(レンタル代)としての対価(給料)を得るための「商談場所」と言うのが「面接」と言う事になります。

面接が商談場所と言う事は、自分と言う商品を実際の価値より著しく安く借りようとする企業であれば「この商談は無かった事に・・」と、被雇用者側から切り出す事も可能ですし、その際、企業側から「どうしても君の能力が欲しい・・」と言う日本では考えにくい反対の流れさえ有り得てしまいます。

外国に長く滞在している日本人に良く見かける傾向として、「英語を話すと人格が変わってしまう」と言う現象が有りますが、それは海外では自分を売り込まないと職(仕事)が得られない事にも深く関係しているように思います。

海外で面接を受ける際は、自分自身がプロモーター(興行主)となり、「如何に自分が他より優れているか?」「自分を雇う事で店にどう言ったプラスな面が生まれるのか?」をしっかり説明し、「自分自身が即戦力である証明」を見せるよう心掛ける事で企業へ好印象を与えやすくなります。

現地企業で実際に採用を受けた面接の話

私がオーストラリアに居る時に知り合った知人の話ですが、彼女はある大手ブランドの小売店でショップ店員として働いていました。

「凄い良い職に就けたもんだなぁ」と私は感心しきりだった訳ですが、それもそのはず、実は、彼女の英語力は決して高いとは言えず、まして大手ブランドのショップの店員なんて言う圧倒的なコミュニケーション力を必要としている仕事を手に入れていたからでした。

そこで、どうしても気になってしまった私は、大変失礼と知りながらも彼女がショップの店員になるまでの経緯を尋ねてみることにしました。

すると、彼女は大変親切にも仕事に就くまでの話を丁寧に教えてくれました。

「面接まではインターネットで応募するだけだから、いくらでも辿り着けるんです。でも、面接になると『英語ができない事』と『経験が無い事』と言う理由で何度も落とされました。」

「でも、正直落とされても余り大きなショックは無かったんです(笑)。実は、本当に働きたかった場所と言うのが今のショップ(仕事場)だったからなんですよね(笑)。」

「内緒の話ですが、他のショップを何回も受けてたのは、面接の練習のためだったんですよね(笑)。面接で聞かれる事ってある程度決まっているでしょ?何個も受けていると何となく傾向が見えてくるんですよね(笑)」

「今のショップは、全身をブランド(彼女が働いている店のブランド)で固めて直接レジュメ(履歴書)を持ち込んみました。すると直ぐに面接をしてくれたので、『ここのブランドが好きだぁ~』て店長(当時の面接官)相手に静止されるまで褒めちぎり続けました(笑)。」

「たぶん、私が一方的に話していたから、あの時店長は私の英語レベルがここまで低いとは気が付かなかったのかも(笑)。」

その時、私は「店長は英語力に気が付かなかったんじゃなくて、彼女の頭の良さに気が付いて採用したんだな」と1人関心していた訳ですが、こう言った練りに練られた作戦を使って採用を受ける方と言うのも中にはいらっしゃいます。

もちろん、彼女が働いている環境はバリバリのローカル(地元企業)ですので、2ヵ月が経った頃、英語力は信じられないほどの上達ぶりを見せていて、「この子なら世界中何処でも飯を食えるんだろうなぁ」と尊敬の眼差しで見つめていました(笑)。

ワーキングホリデー先での仕事の裏事情

ワーキングホリデーでの仕事風景

ワーキングホリデーに夢を抱いている方にとっては少し酷な内容となりますが、続いてはワーキングホリデー先での仕事の裏事情について紹介していきたいと思います。

ワーキングホリデー斡旋を行っている業者の中には、「美容師さんなら大丈夫。手に職があればいくらでも仕事有りますよ」と言うような甘い勧誘文句を使うケースがあります。

確かに専門職の仕事募集が他の職種と比べ圧倒的に多く、見つけやすいと言うのも事実なのですが、実際は、仕事は有っても日本で得ていたような給料を想像していると「えっ?本当にこれだけ?」と思わず突っ込みを入れてしまうような結果になる事が非常に多いです。

それは、「ワーホリ = 英語ができない = 仕事が無い」と言うケースに当てはまる方が非常に多く、安い賃金で募集を出しても「英語力レベル不問」とするだけでワーキングホリデー参加者から沢山の応募が集まるためです。

もちろん国や地域によるのですが、ワーキングホリデー参加者に人気のある都市部などでは、ほとんどの場合に雇用の需要と供給のバランスは崩れてしまっています。

また、更に悪い事に、経営者の中には1年間で帰国してしまうワーキングホリデー参加者を「使い捨ての労働力」と考える人も少なく無く、「国が定めている労働者の最低賃金を下回る給料」で雇用をしているようなブラック企業も珍しくありません。

もしもここに、「現地に行ってから英語を勉強すれば大丈夫」と安易に考えておられる方がいらっしゃいましたら、どうぞ少しでも良いので英語の勉強をされてからワーキングホリデーへと出かけてください。

ワーキングホリデー渡航者の全体的な英語レベルが上昇すれば、現地企業(ローカル)で働く方が増え、ブラック企業へと働きに行く人が減り、それは、雇用の需要と供給のバランスが改善に繋がります。

雇用の需要と供給のバランスが改善は、ブラック企業が無くなる事を意味し、次にワーキングホリデーで来られる方の助けともなります。

どうぞ、ご自身の安いワーキングホリデー実現のためにも、今後の新しいワーキングホリデー者のためにも、日々の生活や仕事で大変お忙しいとは思いますが、渡航前に少しでも英語の勉強をして頂けれる事を「ココア」は心より願っています。

ワーキングホリデーに有利な看護師・調理師

続いて、日本での職業がワーキングホリデー先で有利になりやすい職業について紹介させて頂きたいと思います。

先ほども少し紹介させて頂きましたが、やっぱり専門職の方と言うのは、日本での再就職についてもそうですが、圧倒的に有利だと言えます。

調理師

仕事探しに使える資格と言うのは、「日本での再就職とほとんど変わらない」と言えばそれまでなのですが、まず、一番有利な資格は、日本での調理師資格でしょう。

日本料理屋での調理師としての仕事は世界中何処でもゴロゴロ転がっており、特に四季を選ばない職業なので仕事探しのチャンスが1年中有ります。

私も調理師経験が5年ほどあるので、試しにフレンチレストランの面接を受けた事が有りますが、10分ほどの談笑の後、即採用で「明日から来てほしい」とお願いされるほどでした。

美容師

美容師についてですが、美容師の仕事も季節を選ばないため年中何処でも有ります。

しかし、先に紹介したように店にもよって違うとは思いますが、私の知り合いの美容師で給料に対して文句を言わない人は1人も居ません。

その1番の要因として、カナダの例となりますが、美容師と言うのは「店に雇われる」と言うより個人事業主として「店の設備を借りて営業する」と言うスタンスになります。

つまり、1人の髪の毛を切った場合、その人から受け取った代金の中から、1人分の設備使用料として美容室へと支払いが行われる事になります。

知人によると、給料については、固定給は無く、お客さんの髪を切った人数に応じての収入が出ると言うシステムですが、設備使用料が異常に高く、はさみの手入れ料金などのメンテナンス費用も自腹なので、「正直チップが無ければやってられない」と愚痴をこぼしておりました。

歯科技工士

歯科技工士について驚くかも知れませんが、カナダでは意外にも強いニーズが有って、季節に関係の無い職種なため1年中募集を見かけます。

しかも、その給料が割りと良いので「私もこの資格があれば・・」と何度思ったことか(笑)。

そこで、なぜこんなに給料が良いのか?と知人に尋ねたところ、「日本の歯科技工士の技術力と言うのは世界的に評価されているため、少々高給だろうと欲しがる医院が多い」との事でした。

WEBデザイナー・プログラマー

これも意外と驚く方もいらっしゃると思いますが、WEBデザイナーやプログラマーの需要と言うのはオーストラリアもカナダも比較的高いです。

その理由として、「英語と日本語のホームページ作成ができる人材が少ないため」とカナダのSE(システムエンジニア)方がおっしゃっておりましたが、プログラマーの仕事についても日系企業を中心にデータベース管理などの募集は見かけます。

看護師

意外に持っていれば良い資格として看護師資格が上げられます。

それは、看護師資格と言うのは、その資格自体を使い看護師として働く事はできませんが、ベビーシッター(ナニー)や家政婦(オーペア)などで働く時に大きな後押しとなります。

ベビーシッターや家政婦と言う仕事は、永住権の獲得にも大きな役割を果たす仕事で有りながら、住居まで付いてくると言う非常に人気の高い仕事ですが、その時、「日本で看護師をやっていた」と言う実績が役に立ちます。

世界中どこでもそうですが、医師や看護師などの医療従事者と言うのは、他業種の経験者と比べ信頼度が圧倒的に高いのが特徴で、面接などでも一目を置かれる事が多くあります。

友人がワーキングホリデーから帰国後1週間で、「3つの医院から内定出たよ」と再就職の話をする様子から考えても、やはり医療従事者は強いと言えると思います。

看護師・介護師のワーキングホリデー先での注意

老人が病気になっているイメージ

「看護師」や「介護師」の方から一番良くある質問は、「看護師(介護師)として働きたいんだけど、どうやったら仕事を見つけられの?」と言うものです。

職業柄だと思うのですが、特に看護師の方の多くは、事前にキッチリと調べあげてからワーキングホリデーに出られるので、多くの方は「看護師として働くのは難しい」と言う事実を私が回答する前に知っていらっしゃいます。

つまり、再確認のために質問をされる方が、ほぼ100%となるのですが、私はその度に、「無理とは言いませんが、3年勉強してどうかと言う狭き門ですよ」と返しておりました。

なぜこう言った回答になるのかと言うと、それの理由は簡単で、「命を預かる仕事では非常に高い英語が必須」だからです。

中には、「1年間留学して、それから現地の看護師専門学校に通えば看護師として働く事ができますか?」と言う相談を受けた事があるのですが、正直、専門学校への入学基準が「看護資格保持」「4年以上の実務経験」「大学入学レベルの英語力」となっており、1年では相当厳しいのが現実だと思います。

私の知り合いに1人看護師として働いていた方が居ましたが、普通に「この人は日本人だけど、現地で生まれた人なんだろうなぁ」と間違ってしまうほど綺麗な英語を話されていたのが印象的でした。

しかしながら、ここで看護師の方が夢を諦めてしまうような情報だけを提供するような事は、「留学費用・準備のココア」のポリシー違反となり、私も納得がません。

そこで、海外で看護師や介護師を目指される方にとって朗報となる話を紹介させて頂きましょう。

看護師・介護師を目指すならインターンシップ制度は必見

インターンシップで看護を勉強する様子

専門職の中でも「看護師・介護師と言った生命に関わる仕事に就く事は難しい」と言う事を紹介してきましたが、「インターンシップ制度」と言う制度を利用する事で、夢への扉が現実的な物になります。

まず、そのインターンシップ制度についてですが、インターンシップ制度とは、「一流企業などで、給与(お金)を目的としない研修生として働き、将来の職における体験と職業経験を積む事ができる制度」です。

インターンシップ制度は、基本的に「給料が無い」もしくは「小額」となりますが、それは正規雇用者と比べて「仕事へのプレッシャーが小さい」と言う事を意味し、責任重大な仕事に従事するための最初のステップとして、正直これ以上の方法はありません。

つまり看護師・介護師を目指す場合、まずはインターンシッププログラムを利用して、プレッシャーの緩和された状態で医療現場で働きながら医療の専門的な英語や知識を身に付け下準備をし、その後、本格的に看護師としての専門学校や国家試験の受験を模索すると言う方法です。

しかし、ここで問題なのが、英会話能力・英語理解力に不安が有る方の場合、「そもそもインターンシップ先が見つからない」と言うケースがほとんどで、最初の1歩目から踏み出せないのが現状となってしまっている事です。

そこで、近年、将来の可能性の芽を摘んでしまっている状況を重く考えた教育界は、インターンシップ専門学校を開設し、インターンシップ参加希望者のバックアップを始めました。

例えば看護師の場合、インターンシップ専門学校では、コースによって異なりますが、期間の前半で専門分野に特化した医療アシスタント(メディカルアシスタント)としての英語や知識を学び、残り3ヵ月は実務経験を積みながら、「分からない事や困った事については学校と連携を取る」と言うスタイルとなります。

看護師・介護師などを目指される方は、ワーキングホリデーだけでは無く、インターンシップ制度についても参考材料に考えて頂くことで、将来の選択肢が大きく広がる事になります。

また、インターンシップ専門学校にお考えの方は、ココア留学にて無料カウンセリングを受けるなどし、情報収集をして頂きまして、実際にご渡航の準備を行って頂ければと思います。

ココア留学相談フォーム

看護師の再就職

看護師の再就職を助けてくれるサイト

看護師資格保有者の場合、再就職が比較的容易だと言う話を先に紹介させて頂きましたが、多くの看護師の方はワーキングホリデー・留学・インターンシップへと出かける前に、看護師専用の職場案内サイト等を使って帰国後の再就職状況をチェックしておられます。

看護師の方の多くは職業柄とも言えると思いますが、完全な渡航計画を立てられる方が特に多いため、渡航者を業種別にすると、群を抜いて「現在の自分の置かれている状況」や「渡航後の就職情報」などの詳細な質問をされる傾向にあります。

そこで、就職状況などに調べられる、費用が一切掛からない看護師専門サイトを幾つか紹介しておくので、気になる方は再就職情報の収集等に使ってみてください。

「ナースフル」の公式ホームページへ
「ナースパワー」の公式ホームページへ
「ナースではたらこ」の公式ホームページへ

また、国際看護師を目指される方や短期看護留学をお考えの方は、以下のページも参考にしてください。
国際看護師・看護留学を目指す人のための留学情報

帰国後の英語を使った仕事探し

帰国後に英語を使った仕事探すときに重宝する「英語検索が可能な求人募集サイト」をまとめているので、他の仕事を探されている方は以下のページも参考にしてください。

帰国後の就職で英語を使う仕事を見つける方法へ