英語留学(語学留学)

英語留学の効果がでない人が持つ8の共通点

英語留学の効果がでない人が持つ8の共通点のイメージ

折角、留学に出かけるならば、「しっかりと役に立つ英語を身に着けて、帰国後に家族や友人を驚かせたい!」と考えている留学生も多いはずです。

しかしながら、留学に出かけられる半数以上の人は、英語留学に出かけて多額の費用を使ったにも関わらず、その効果はほとんどなく「留学の意味は有ったの?」と帰国後にツッコミを入れられる方も少なくありません。

そこでここでは『英語留学の効果がでない人が持つ8の共通点』と題しまして、英語留学で効果がでない人に共通する8つの悪い見本から、留学効果が出る方法を学んで頂きたいと思います!

全部読んでも3分ほどの内容ですので、自分自信の「英語に対するやる気」を再確認するためにも、是非、留学前には一読して頂ければと思います。

留学の効果がでない人の8つの共通点

英語を話すのが恥ずかしい人のイメージ

英語を話す事が怖い人・恥ずかしい人

英語というのは、何処までいっても最終的には『語学』と言う学問の分野となるので、やはり『会話』を繰り返し反復する事でドンドンと身に付いていくものであることは間違いありません。

しかしながら、「英語を話す事が怖い人・恥ずかしい人」と言う方は、なかなか自分の意見を言い出せなかったり、相手に伝えようと思った時には他の人が話題を変えてしまったりと、英語を話す訓練を積む機会が少なくなってしまう傾向があります。

加えて、最初から英語を格好良く発音できる人なんて居ませんし、20代以上で英語の勉強をスタートさせた人で完璧な英語を発音するのは不可能に近いにも関わらず、語学学校に通っている日本人に多くは「自分の英語の発音を聞かれるのが恥ずかしい!」と言う悩みを抱えていたりします。

そこで、ここにいらっしゃる皆様は「英語を話すことが恥ずかしい!」なんて思っていないで、下手な英語でも全然かまわないので語学学校の同級生やホームステイの家族、それに町の人達にガンガン話掛けてみてください。

留学先には、せっかく英語を話せる人が周りに沢山いるのですから、それをフルに活用しないなんて勿体ないですもんね!

英語を話すと性格が変わる?

留学生の中には面白い女の子が居て、普段は可愛くて本当に大人しい『女の子!』という感じの子がいるのですが、英語を話すとまるで人が変わったように自分の意見や思っていることを話し出します。

そこで、「どうして英語を話すとそんなに性格が明るくなるの?」尋ねてみると、「英語を覚えるために、内気じゃだめだって自分に言い聞かせて努力している内に、英語を話す時は性格が変わるようになっちゃったんですよ!」と、恥ずかしそうに教えてくれました。

例えば、「車を運転すると突然性格が変わっちゃう人っていますよね?」それと同じ原理で、『英語を話す時に性格が変わる』と言うのは良くあります。

留学中には、少しずつで良いんで「新しい自分に生まれ変わったような気持ちでドンドンと英語で話してみてください!」そうしている内に、結果は必ず付いてきますので!

英語の基礎を無視し続ける人

『英語の基礎を無視し続ける人』は、先ほどの『英語を話すのが恥ずかしい』とは逆に、英会話が得意な人こそ当てはまることが多いのですが、例えば、『単語や文法と言った英語を作る基礎的部分を無視する人』の中には、英語留学を長期間続けても効果が全くでなくなってしまう人もいます。

それは、日本の英語教育が平らに積み木を並べていく物だとしたら、留学中に学ぶ英語教育と言うのは『上にドンドン積み上げていく形式』がメインとなるためです。

そのため、基礎(英語の土台となる部分)がしっかりしていない人の場合、『グラグラした地面の上に建てられたタワー』のような英語になってしまうので、将来、「仕事で英語を使おう!」と考えた時には、単語や文法の勉強を最初からやり直すと言う事になってしまうことも珍しくありません。

日本人留学生の傾向として、文法は良くできるのですが単語を覚えるのが苦手な人が多く、仕事を始めた時に自分の英語力の低さに後悔して、涙を流しながら夜中に1人単語勉強をされる方も少なくありません。

そこで、できれば英語の基礎を大切にして、日本で少しでも勉強してから留学される事をお勧めさせて頂きたいと思います。

留学の目標が留学する事?

留学中に何も目標が定まっておらず「留学の目標は留学することだw」なんて言い切ってしまっている人は、留学途中に自分がすべき事を見失ってしまい、気が付けた完全に遊びに走ってしまっている人が多いです。

留学中には様々な自分を成長させてくれるような出来事が沢山あり、その1つ1つが将来の自分や自分が守りたい大切な人たちにとって、とても大きな宝物になっていきます。

留学生の中には、留学中に身に付けた大道芸人のスキルを使って、オーストラリア一周を大道芸一本で成し遂げた人もいます。

英語の点数アップや美容師や介護士、それに保育士や英語教師の資格取得など、何でも良いので『留学中に必ず達成する目標』と言うのを1つ決めて留学する事が、大きなポイントになるとお考え下さい。

留学の目的が必要?
留学目的と留学理由の設定がなぜ必須なのか?

留学の目標についてはこちらで詳しくお話をさせて頂きました!なぜ留学には目的が必要なのか?と悩んだ時にご覧ください!

留学目的と留学理由の設定がなぜ必須なのか?

日本の友人と長電話してしまう人

長電話をしているイメージ

近年では、LINEやメッセンジャー(スカイプ)などのインターネット使った無料通話を利用できるようになり、留学中であるにも関わらず、ついつい日本の友人と長電話をしてしまう方がいらっしゃいます。

留学の最初1~2ヵ月は、ホームシックに掛かってしまうような非常に寂しい時間となるため、「日本語を使って友人達と繋がっていたい」と思う気持ちは良く分かるのですが、この日本に掛けている電話の時間は、英語を効果的にレベルアップさせるにはマイナス材料で、留学先の時間の使い方としては『とても勿体無い』と言うのが本音です。

そこで、「日本への通話時間や日本語を話している時間はできるだけ少なくするんだ!」と言う気持ちを少し持って頂ければ、英語留学の効果は鰻登りでアップしてくるとお考え下さい。

カナダに電話をかける?
カナダと日本の国際電話のかけ方と節約法

日本・カナダ間の国際電話の安いかけ方についてはこちらでご紹介しているので、良かったらご覧ください!

カナダと日本の国際電話のかけ方と節約法

短期留学での効果を期待しすぎている人

特に1~3ヵ月程度の英語留学に出かけられる方に多いのが、短期留学なのに留学効果を期待しすぎてしまって逆に英語が伸びないと言うパターンです。

留学と言うのは、始めの1~2ヵ月は『英語を学ぶ』と言うよりも、『生活に慣れること』がメインになってくるので、どうしても英語まで手が付けられないかたが大部分になります。

3ヵ月の留学の場合には、生活に慣れてきたので「語学力の向上に力を入れよう!」としたところで、今度は帰国が近くなってきてしまい、周りの留学生達とのイベントが忙しくなってしまい、また「勉強どころでは無くなってしまう・・」という流れになりやすいです。

しかしながら、そう言った短い期間にも関わらず焦って効果を期待しすぎてしまうと、思ったより英語が伸びない自分に対して腹が立ってきたり、イライラが爆発してしまい、楽しく英語を伸ばすはずの留学が気が付けば英語が嫌いになってしまうなど、完全に逆効果なものになってしまうケースも少なくありません。

スポーツや習い事で考えて頂ければ分かると思うのですが「3ヵ月一生懸命やった時の効果と言うのは、3ヵ月分しか返ってきませんよね?」、英語力はこれと全く同じで、焦らずゆっくりと伸ばしていくことこそが、英語上達への近道となるとお考え下さい。

語学学校の外で努力をしない人

語学学校の外で努力をしている人

語学学校内では「English only policy(英語しか話していけないルール)」が設けられているので、英語を使って会話をするのに『いざ学校の外に出てしまうと途端に日本語ばかり使ってしまう人』と言うのは、やっぱり英語の伸びが遅い傾向にあります。

語学留学に折角出かけたのだから、できるだけ日本語を使わないで、外国の友人を作り、学校の外でも英語を自然に話す環境を是非作って行きたいところです。

特に、日本人はアジア圏から来た留学生と一緒になって遊ぶ傾向が有りますので、できるだけ日本から遠い国から来た留学生と行動を共にする事でもっと早く英語を伸ばす事ができます。

それは、『相手の国が近ければ近いほど英語の間違い方が似通ってくる』『相手の国が遠ければ遠いほど英語の間違いた違ってくる』ためで、たとえば、一緒にいる留学生が韓国人や台湾人と言った場合、どうしても間違った英語を話していたとしても誰も指摘してくれないのですが、日本から遠い国の人たちと一緒にいると「なんでこんな間違いをお前は繰り返しているんだ!」とキッチリと指摘してくれます。

こうした留学生との国の関係も少しだけ覚えておいて頂ければと思います。

英語と日本語のスイッチを持てない人

英語が話せるタイプの人は、大きく分けて3種類のパターンがあります。

  1. 何も考えなくても英語がスラスラ出てくる理想形である『ネイティブタイプ』
  2. 日本語と英語使い分けを行うスイッチがある『スイッチャータイプ』
  3. 日本語と英語が混ざってしまう『ルー大柴タイプ』
英語と日本語のスイッチ

3に関しては、少し笑ってしまうかも知れませんが、私は大真面目に3つの英語を話す人のタイプを紹介しています。

まず、1の『ネイティブタイプ』についてですが、これになる為には最低でも10代、できれば10歳までに留学をされる方でなければ、正直、到達することが非常に難しいので説明はカットしますね。

そこで残りの2と3ですが、留学生が英語を話す場合、実は、多くの方に見られる傾向が3の「ルー大柴タイプ」になります。

例えば、「あのイグザミネーション(テスト)って難しかったよね♪」何て言う、英語と日本語が混ざってしまっている話し方をする人がいらっしゃいますが、このような英語の覚え方をしていると、実は、英語の伸びをとても遅くしてしまいます。

このような話し方をする人となってしまっている方の原因は、日本語で英語を覚えようとしているためで、英語を話す際、頭の中では日本語の「カタカナ」が文章を組み立てた後で話しているため起こります。

つまり、買い物で言うならば、買い物カゴの中に肉も魚も野菜もごっちゃ混ぜになってしまっているために起きる現象とお考え下さい。

当然、こう言った『ルー大柴タイプ』の方の場合、日本で英語を発音している訳ですから、特に『リスニングや英語発音の伸び』について大きなマイナスポイントが見られる傾向にあります。

しかしながら、『ネイティブタイプ』の人は日本語も英語も同等に考えて話すので、一見すると『ルー大柴タイプ』と勘違いされる方もいらっしゃるのでご注意ください。

スイッチャータイプの英語とは?

やはり、言語と言うのは現地の言葉で現地の言葉を覚えていく事が理想なので、できれば頭の中にスイッチを持つ『スイッチャータイプ』の方の方が英語の伸びが断然早く、到達できる英語レベルにも大きな差が生まれるとお考え下さい。

このような『スイッチャータイプ』のようになるコツはとても簡単な事で、実は、英和辞典を一切使わないで英語を勉強するだけです。

たったそれだけの事ですが、慣れてくると徐々にではありますが、確実に英語を話す時には『カタカナ』ではなく『英単語』を並び替えて話すようになってきます。

特に、ある一定レベル以上の専門用語などになってくると、日本語で聞いても難解な単語などが数多く登場してくるようになるため、英和辞書では少し厳しくなってくる傾向があるため、できれば英英辞書を使って英語の伸び白を伸ばして頂ければと思います。

最初は少々抵抗が有ると思いますが、慣れてくれば自然に英英辞書だけを使って単語を覚えていくようになり、例えば「英語単語で意味は説明できても、完全一致する日本語の単語が思いつかない(もしくは存在しない)」と言う事が多々起こるようになるのも『スイッチャータイプ』の特徴になります。

新しい挑戦をしてみない人

留学先では、これまで日本では決して参加する事の無かったような、新しいイベントやアクティビティが用意されています。

このような現地イベントには多くの現地住民の方々や、他国からの移民者、それに留学生なども参加しており、多くの出会いのチャンスが転がっています。

例えば、ヨガクラブやボランティアクラブなどに所属して、現地の方々との交流しながら英語を学ばれる方は、語学学校だけで英語を勉強する方と比べ留学の効果を最大限発揮される傾向にあります。

もしも効果的に英語を伸ばしたいのであれば、現地の地域住民が参加するような交流イベントが用意されている場合には、是非とも参加して頂ければと思います。

英語留学の効果がでない人まとめ

英語留学で勉強しているイメージ

さて、8つの英語留学の効果がでない人の共通点を紹介させて頂きましたが、ここにいらっしゃる皆様には「自分を変えて留学してみよう!」と少しでも思って頂けてたら幸いです。

しかしながら、日本での下積みについてのお話になると、「英語を使う機会が全く無いのに英語の勉強なんてやってられない!」と思われる方が大半だと思いますが、「日本で辛い思いをして留学に行ってから楽をするのと、日本で楽をして留学で辛い思いをするのではどちらが大変か?」を肝に銘じて頂けたらと思います。

本当に毎日の小さな努力で良いので、少しでも英語学習をされてから留学をして頂ければ、その小さな努力が留学先で大きな違いになって返ってくることだけは保障させて頂きたいと思います。