大学生留学

留学は就活に有利は本当!でも実は100%不利!?

留学が就職活動に有利は旧石器時代の話!?

古い電話と新しいパソコンで新旧就職活動のイメージ

数年前までは、海外留学行ってたと言うだけで就職活動にかなり有利な時代がありました。

しかしそれは、ドラえもんの声が変わる前、Windows 95が世界中の噂になり、一家に1台のパーソナルPCが広まる前の子供たちの話だったりします。

そんな懐かしい時代もありましたが、現在は「人材不足だよ!!」と叫び続けている日本ではあるのですが、必要とされている人材は海外から毎年のように何万人単位で入ってきている「日本語ができて老人への介護ができる優秀な人材」で有り、「英語がカタコトレベルでビジネス英語レベル未満となっている日本人では無い」と言うのが現実です。

しかしなぜ、「留学が就職活動に有利!!」と言うような恐竜時代のような昔の話が、なぜIT時代の21世紀になっても日本人の多くの間でささやかれ続けるのでしょう?

それには実はこうした理由があります!!
これから留学に出られる方、そして帰国後に就職を考えていらっしゃる皆様にぜひ読んでいただければ幸いです。

1ヶ月も100年留学も帰国したら留学経験者!

沢山の留学生たちが勉強している様子

タイトルを読んでいただければ、ここにいらっしゃる皆様は、既にご理解していただけた方が多いのではないでしょうか?

そうです。
夏休みの1ヵ月間のような超短期留学体験者も、高校を出てから大学卒業までの4年間に渡るような長期留学経験者も、日本ではみんなまとめて『留学経験者』と呼ばれてしまいます。

そのような中で面白いのが、「長期海外滞在者になればなるほど英語の資格試験を受けなくなる」と言う傾向があり、「短期留学体験に出ようと考えている人になればなるほど、英語の資格試験にこだわる」と言う現実がある点です。

海外に長期間滞在していると、周りにいる人々もまた海外に長期間滞在している方々ばかりになるため、「英語を話すことができる!」と言う状況が当然の環境になってきます。

そのため長期海外滞在者や海外永住権取得者の日本人に対して、「英語はやっぱり得意ですか?」と質問すると、みんな決まって「苦手だと思います。もっと勉強しておけばよかったと思っています」と言うふうに返答されます。

その一方で、短期語学留学で英語試験に対するテクニックだけを身につけ、TOEICなどの英語試験でハイスコアを収めただけの『ペーパー英語力保有者』に同様の質問をすると、「私は英語が得意だと思います」と言うふうに回答されます。

環境が大きく返答を左右してしまうと言う、日本人らしさが出ていて面白い回答の差ですよね?

最近の就職現場の最前線とは!?

Find Jobと言うパソコンのキーボード

実は、最近の外資系企業や一流企業の人事担当者は、先ほどご案内した『留学経験者』の状況をよく理解しており、「海外留学経験者が全てコミニケーション能力が高いと言うふうには見ていない」と言うのが就職トレンドとなっていたりします。

それもそのはずです。

もう何年にも渡って、1ヵ月の超短期留学体験者の履歴書には、『日常会話レベルの英語は可能』と書かれてきた歴史があるためです。当然、あなたのお父さんも短期留学体験者ならば、同様に記載していたはずです。

その一方で、海外長期滞在者の履歴書にも次のような問題が有ったりします。
それは、海外長期留学経験者の履歴書にもまた、「自分の英語は日常会話レベルは可能です」と書いてあることです・・。

「ええええ!!何故?」って思いますよね!!

このように、両者の英語力には大きな違いがあるのに海外長期滞在者もまた短期留学経験者と同様の履歴書になっているのは、海外長期留学経験者にとっての日常外国語会話は「政治・経済・科学・天体・数学・法律」と言ったトピックで、その会話自体のレベルがそもそも高かったりするためです。

そして履歴書を混合してしまう原因として、海外長期留学経験者にとって一般的な英語の資格試験そのものが、「何年も前の進学時に受けたし今更英語の資格試験の勉強するのも面倒くさい」と言った感情や「海外の就職活動では全く意味無いよ!」と軽視している傾向があるため、英語関連の資格試験を受けないまま就職活動へと望んでいる学生が多い点です。

つまりは「履歴書ベースではどちらがコミニケーション能力において優秀か全く分からない」と言う風な状況になっています。
(実は、ココア留学にこれまで寄せられるた何百通と言う履歴書もまた、上記のような状況になっていたりするんですよ!!)

企業はどのように優秀な人材か見抜くか?

海外で学位を収めた大学生のイメージ

上で述べさせて頂いた通り、現在のトレンドでは「海外留学が就職に有利と言う安易な発想は企業採用担当者には全く無い」と言うの本音です。

そこで最近ではさらに一歩進み、『留学経験者』を高評価とする傾向は無くなって、『海外インターンシップ経験者』や『海外カレッジ卒業者』それに『海外大学卒業者』と言った、海外でしっかりと成果を収めた上で帰国した留学生を評価するようになりました。

そして、そうした海外高学歴者の採用が進んでいる中で、最近の外資系企業や大企業は就職斡旋会社を通じて、「卒業時期が日本とは違う海外に滞在している日本人大学生専用の就職説明会」を、日本ではなく海外現地で開催するようになってきています。

さらに、こうした動きはデータとしても出てきています。

日本経済新聞によると、「海外で学位を取った学生(短期留学経験者を除く)は、男性で約70万円、女性で約109円万円も平均給与が高くなる」との発表を行いました。

会社が「どのような留学生が優秀だと判断しているのか?」、そして「どのような留学生を積極的に雇用しようとしているか?」皆様にも少し感じて頂けたのでは無いでしょうか?

留学は就活に有利は本当!でも実は100%不利!?まとめ

パソコンを使って就職活動をしている部屋

就職や留学について考えていらっしゃる皆様。就職の最前線のリアルはいかがでしたでしょうか?

「このように留学に出さえすれば就活が有利になる!!」と言うのは、何十年も前の迷信で、21世紀では残念ながら現在では全く通用しないんですね。

特に、海外を志す学生の多くは「英語を使った職場環境や国際色豊かな仕事」を選んで面接へと進むため、そうした仕事の採用担当者の目は既に鍛えられており、間違いなく優秀な人材を見抜ぬくようになっております。

もし、留学で就職活動を有利に進めようと思っていらっしゃる方がこちらにいらっしゃいましたら、1度で良いので「人生を掛けた本気の留学されること」について検討していただければと思います。

特に社会人になってから留学に出ようとすると、そのリスクは大学生の留学の何十倍、何百倍にも膨れ上がります。

学生のうちの決断がいかに重要なのか?」心の片隅に置いておいていただければと思います。

ココア留学には、日本の大学を中退して海外を志す若者たちがたくさん集まっていますが、こうした本気の留学に興味がありましたらココア留学にお気楽にご相談いただけましたら幸いです。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。