社会人留学

留学ではキャリア育成が出来ない?ホントの話。

留学ではキャリア育成が出来ない?ホントの話。のイメージ

留学会社が「留学でキャリア育成はできない」と言うと自分で自分の首を絞めてるようにも感じられます・・。

しかし、無茶苦茶なことを言ってるような気がしますが、本当の話なので、海外でキャリア育成を考えていらっしゃる方には、是非、留学会社が語る本音をご覧になっていただければと思います。

海外と日本の仕事の差

将来に悩む社会人留学生

まず初めに、キャリア育成を海外で考えていらっしゃる方に知っておいていただきたい、『海外と日本における仕事の差』についてご紹介させていただきたいと思います。

海外にも日本同様に数多くの仕事がありますが、日本で一般的に言われるような人気な職種と言われる職業で海外勤務されていらっしゃる方は、実は、日本ではいわゆるエリートと呼ばれる方々しかいらっしゃいません。

というのも、例えば、日本における女性からの人気の職種として『事務職』がありますが、海外の事務職で勤務されていらっしゃる方というのは、日本ではトップクラスのハイステイタス人材となります(少なくとも日本語と英語の2ヶ語が話せるバイリンガル人材ですので当然と言えば当然ですね)。

また、最近人気になってきているカウンセラー職ですが、日本人が海外で何かしらのカウンセリング職に就いているとしたら、数万人に1人の逸材レベルとなってきます(国によっては大学や大学院の卒業資格とカウンセリング実績などが必要です)。

他にも、海外で看護資格を持っていらっしゃる方や実際に看護師として勤務した経験がある方と言う意味で見てみても、日本人看護師は数えるほどしかおらず、国内に150万人いる正看護師と准看護師がいらっしゃる中、多く見積もってみても世界に数百人程度しかいらっしゃいません。

海外で働く日本人

「そうした中で日本人が海外でどのような仕事をしているのか?」と言いますと、実は、日本ではいくらでも採用が取れるコンビニの店員のアルバイトも海外ではやっている方はおらず、もしコンビニの店員として働いている日本人がいれば、周りの留学生から「凄い!」と称賛される状況となっています。

そのため、海外に出ている多くの日本人の職業と言えば、英語やコミュニケーションがほとんど必要とされないような職業、例えば『日本食レストラン』や『清掃員』もしくは『農作業員』となるとお考え頂けたらと思います。

「海外で職業キャリアを積み上げることは、どれだけ難しいか?」少しだけ頭の片隅に置いていただければと思います。

学位のない語学留学は研修扱い?

お花を見つめる学生のイメージ

次に、留学から帰国後の就職活動において、語学留学を『留学経験』として履歴書に記載していらっしゃる方が散見されることについてのお話をさせて頂きたいと思います。

留学の正式な定義として『海外で学位を修める』必要があり、語学留学のように学位や資格が取得できないような海外渡航については、実は、語学研修と呼ばれるものになります。

語学留学は、留学業者が旅行業法の適応範囲となる『研修旅行』との差別化をするためにも便利な言葉で、そもそも「語学留学は留学ではない」と言う位置付けになるため注意が必要です。

社会人留学の履歴書に語学留学

そのため、社会人が退職をして語学留学をした場合、『語学留学期間1年』との記載は「正式にできない」と言うのが日本の履歴書の基本的なルールとなっています。

また、人事担当によっては語学留学期間が『キャリアのブランク』または『キュリア構築の失敗』と判断することも珍しくないため、留学そのものが就職活動にマイナスとなることもあると覚えておいていただければと思います。

留学生
留学生

例えば、語学学校で半年間の留学をした場合も留学にはなりませんか?

COCOA
COCOA

残念ながら正式にはなりません!ただ、英語を使う可能性のある職業や留学エージェントなどの場合は、留学経験で評価が上がるので履歴書に記載するようにしてください!

転職キャリア留学とは!?
絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

ココア留学では転職・キャリアアップ留学に関してですが、職業別にご案内をお作りしております!様々な転職等にご興味が御座いましたら、是非、ご覧ください!

絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

企業は即戦力を求める時代に

海外で働く留学生の様子

次に、コロナ以降の日本企業が求めている人材についてのお話をさせていただきたいと思います。

コロナ以前から、中小企業の採用と言えば『即戦力となる人材の採用』がメインに行われていましたが、その傾向は更に加速しており、大企業においても『ジョブ型雇用』と呼ばれる採用形態をとる企業が増え始めています。

ジョブ型雇用とは?

ジョブ型雇用とは、ITインフラエンジニアであればITインフラエンジニアの募集、ウェブデザイナーであればウェブデザイナーの募集と言う風に、職業ベースでの採用が行われることを指します。

つまり、ITインフラエンジニアとしての学位や職歴がない人は仕事が無かったり、ウェブデザイナーであれば過去のホームページ作成実績やポートフォリオが無ければ採用どころか応募につながらないことさえあります。

そのため、海外留学を経験し英語を伸ばした上で帰国し、そして英語力を活かした仕事を見つけようとした場合には、留学前の職が何をしていたか?によって就職先が決まってしまうとお考えください。

例えば、留学前の職業がホテルスタッフであれば、帰国後のお仕事では、外国人が来る頻度が高いホテルが次の就職先として視野に入ってきます。

しかしながら、留学前のキャリアがホテルスタッフであった人が、帰国後に英語力を伸ばしたからと言って『IT業界へ転職』と言う事は、ほぼほぼ不可能に近いとお考えいただければと思います。

また、海外でITエンジニアとして勤務することは、先にお話しさせていただいた通り難しく、その難易度は、日本の第一線で活躍されていらっしゃったようなエンジニアさんでも「正直に言って海外の就職舐めてました。厳しいです・・」という感想を述べられるほどとなっております。

ジョブ型雇用の留学?
ジョブ型雇用にピッタリな留学とは?

大学生向けのお話になりますが、ジョブ型雇用についての留学に関して掲載させて頂きました。気になる方は良かったら一緒にご覧ください。

ジョブ型雇用にピッタリな留学とは?

留学でキャリアを作るには?

留学生がキャリアを考える人

さて、それでは海外留学でキャリアを作るにはどのような留学を経験すれば良いのでしょう?

正直、人によって、日本におけるキャリアや将来目指す方向、また英語力や持ち合わせたスキル、それに人間性や適性など様々な条件が違うため、キャリア留学は必ず個別に作成していく必要があるものになります(一般的に紹介されているような留学プログラムでは高い確率でキャリアダウンになってしまいます)。

そのため、1つの留学の例としてのご紹介しかできませんが、ざっくりと言うならば以下のような流れで留学をされると、少なくとも最低限のキャリア育成が可能になるとお考え頂ければと思います。

キャリア留学の流れとは!?

  1. Step.1 留学相談・プランニング
    留学相談を行って出来るだけ成功ルートを作り上げます
  2. Step.2 留学先へ到着
    作り込んだ留学ルートに従って将来ルートを歩み始めます
  3. Step.3 英語力をアップさせる
    海外でキャリアを構築するには最低限英語が必須です
    (英語力は高ければ高いほど良いですが最低TOEIC850点を意識)
  4. Step.4 キャリア構築に入る
    コロナで就職活動が厳しい国ではカレッジ進学やインターンなども模索する
  5. Step.5 キャリアアップ期間
    実際に就労やボランティア、インターンを経験し職歴に加える
  6. Step.6 スキルアップ期間
    仕事に慣れる期間から自身のスキルとして磨く期間
  7. Step.7 帰国を視野に入れ始める
    日本で同様の職種であればTOPレベルとなれることを確信できるようにする
  8. Step.8 帰国!
    帰国前に留学先での銀行や賃貸契約などを全て切ってから帰ります
    (※ 帰国後には面倒ですが役所の手続きなども済ませます)
  9. Step.9 企業面接!【帰国2週間以内】
    帰国前に手配しておいた企業との面接を受けます
    (※ 転職の場合も現地就労経験+英語力になるので、面接も順調に手配できます)
  10. Step.10 就職していよいよ日本での新生活スタート!【帰国1ヵ月以内】
    滞在先の相談もココアで合わせて手配しているので新生活がスムーズにスタートします!
社会人の留学は難しい?
社会人の留学目的がこれならヤバいTOP3

もし皆様の留学したい理由が次の3つだったらヤバい?直球勝負のお話になっているかもしれませんが、社会人の皆様には是非ご覧になって頂きたい内容です!

社会人の留学目的がこれならヤバいTOP3

留学ではキャリア育成が出来ない?ホントの話。まとめ

将来を楽しむ女性

今回は、「留学でキャリア育成をすることがどれだけ難しいのか?」と言うお話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?ちょっと厳しいお話が連続してしまい大変申し訳ございません。

ただ、社会人の皆様の中には、日々の激務によって体調や心のバランスを崩されて留学を希望される方も、正直言って少なくありません(コロナによって看護師さんなど確実にそうした方が増えております)。

そうした方々の場合には、キャリア留学をお勧めするよりも『キャリアを落とさないような留学』『職場復帰ができやすい留学』に作り上げていくなどして工夫をする必要があります。

一般的な留学会社では、どうしてもキャリアカウンセリングには膨大な知識と時間が必要になるため、ただ単に学校紹介することしか行われていませんが、ココア留学ではこうした個人のキャリア育成に真剣に取り組んでいる留学会社となります(そのためどうしても人数制限があり全ての人がカウンセリングに進めません)。

そして、もし本気で将来のことが不安になってしまったり、留学により自分を伸ばしたいと考えていらっしゃる方であれば、業界では考えられないことですが、365日、1日も休むことなく10年以上もの間、ココア留学のサポートはオープンしておりますので、以下よりご相談いただければと思います。