大学生留学

ジョブ型雇用にピッタリな留学とは?

ジョブ型雇用にピッタリな留学とは?のイメージ

ここ数年、就職活動において『ジョブ型雇用』と言う言葉を耳にする機会が増えてきたかと思います。

そこで「富士通や資生堂が導入しているジョブ型雇用とは一体どのようなものなのか?」また「留学生にとってジョブ型雇用は有利なのか?」そんなお話を詳しくご紹介させていただきたいと思います。

そもそもジョブ型雇用とはなんですか?

海外でプレゼンテーションをしている留学生

『ジョブ型雇用』とニュースでよく聞く機会はありますが、そもそもジョブ型雇用とは一体どのようなものなのでしょうか?

そこでまずは、日本の従来型の雇用方式である『メンバーシップ型雇用』についてご説明させて頂き、続けてジョブ型雇用についての解説もさせていただきたいと思います。

メンバーシップ型雇用とは?

メンバーシップ型雇用とは、いわゆる従来型の日本に根付いている採用方式で、『新卒一括採用』や『年功序列での採用』と言ったものを指します。

例えば新卒採用においては、職業や職種を限定することなく『総合職』として採用し、本人の希望を取り入れながら会社内で部署や部門を入れ替わりながらキャリア育成をしていくことになります。

そのため、昨日まで営業担当していた人が、部署異動をすることになり、次の日から事務担当や研究担当としてキャリアを育成していくこともあります。

また、メンバーシップ型雇用では人材を長期間雇用することを目指しているため、年齢が上がれば給料も上がると言う『年功序列』という昇給方式を採用していたり、長期間勤務をされた方には退職金制度が用意されていたりし、その金額も雇用の長さによって増えていきます。

そして、メンバーシップ型雇用の最大の特徴としては、従業員の長期採用を目標としているため、企業側はゼロからの人材育成、つまり、社会人教育に力を入れる企業が多いことが挙げられます。

ジョブ型雇用とは?

一方で、ここで話題にさせていただいているジョブ型雇用とは、日本に定着している従来型の雇用とは違い『職業やスキル』を固定して、特定の仕事ができる人を採用する方式になります。

そのため、雇用の焦点となるのは「募集している職をこなし成果を上げることができるか?」が最も重要視され、学歴や年齢はそれほど重要視されません。

例えば、ITエンジニアとして採用を受けた方は、雇用契約書により職務内容を限定されることで、ITエンジニアとして勤務する事はありますが、営業や事務員として働くことには、雇用直後はもちろん将来的にもなりません。

またジョブ型雇用の最大の特徴としては、基本的に企業内のポジションに空席が出た場合に採用募集が行われ、そのスポットに求められる人材は『経験者』ということになります。

企業は、チーム型雇用のように長期を見通しての採用も視野に入れていないため、キャリア育成に力を入れると言う傾向もなく、即戦力となる人材が募集されています。

ジョブ型雇用は海外の採用方式

パソコンで仕事をしている人

日本では新しいと呼ばれるジョブ型雇用ですが、実は、実力主義の海外では、当然と言えば当然の採用方式となっており、海外経験者や留学生にとっては非常に好都合の採用形式だったりいたします。

と言うのも、海外では日本のように企業が人材を育成すると言う思いは小さく、「人材育成は学校が行うもの」という感覚が強いためです。

そうした企業からの人材募集に応えるようにして、海外のカレッジや大学では即戦力になる人材育成が行われており、例えばフランスの大学では、『IT学科を卒業するためにフランス語ではなく英語で論文を提出しなければいけない』などの条件が設けられた学校もあり、専門スキルに加え働くことまで想定した教育が行われています。

当然ながらそうした学校を卒業した人材は、年功序列のような給与形態ではなく、ジョブ型雇用のようなスキルや成果によって給料が決められる方式での採用となるため、『新卒採用がマネージャーの給与を超える』ということもゼロではありません。

留学生
留学生

新卒で入った会社で育ててもらう...というものではないんですね!

COCOA
COCOA

海外では学生のうちにスキルを付けてから就職活動するのが一般的ですね♪

最悪なこれからの大学生の就活

図書館で勉強している留学生

正直、リーマンショック時代の採用が最悪だと言う教育専門家もいらっしゃいますが、コロナによりジョブ型雇用が加速した今、就職を考える時期となる今の大学生は最悪な状況といえます。

これまでであれば、高校までしっかり勉強して良い大学に入り卒業さえ無難に行えば、それなりの一流企業へ就職が決まり、それ相応の給料や将来設計が約束されていました。

そのため、将来的に何の職業に就くか悩んでいた学生の多くは、『とりあえず経営学部』や『いちおう法学部』という風な進路設計を、親や兄弟だけでなく、学校や塾の先生からも受けて進学先を決定しました。

しかし苦しい受験戦争を勝ち抜き、自分が就職活動するタイミングになった途端、有効求人倍率はリーマンショック以降の最悪レベルまで下がり、さらには求人形態まで変わってしまおうとしています

正直、留学相談者の皆様からは、毎日のように悲鳴にも似た現在の就職活動についての状況をお伺いしています。

大学卒業後の留学で就職活動を攻略できるのか?
大学卒業後の留学で就職活動を攻略できるのか?

大学卒業後の留学は基本的にアウトローになり、大学在籍中よりも求められるものが高くなることをご存じでしたでしょうか?大学生の皆様には、宜しければこちらもご覧いただけたらと思います。

大学卒業後の留学で就職活動を攻略できるのか?

ジョブ型雇用に対応した留学とは?

海外でパソコンを使っている留学生

そうした中、日ごろからアンテナを立てている学生の中から、留学を見直す動きが始まっている事はご存知でしょうか?

これまで大学生の留学と言えば、フィリピンなどに1ヵ月間、バケーション感覚で行く短期の語学留学がメインでした。

その統計を取っても、大学生の留学の内、一年以上の長期留学を経験した学生の割合は約1.9%で、1年以内の留学が98%を占めると言う状況になっていました。

しかし、情報通の学生の中には、「日本の学校生活では職業に直接影響するような教育が行われないが、海外のカレッジや大学であれば職業に直結する教育が行われる」ということを知り、わざわざ今の就職を目指すのではなく、1年後や2年後にジョブ型雇用を目指す学生も増え始めています。

そこで以下に、モデルケースとなる大学生のジョブ型雇用を目指すフローチャートを作ってみたのでご覧いただければと思います。

大学から留学しジョブ型雇用を狙う流れ

  1. Step.1 大学を休学もしくは卒業する
    まずはいつ留学ができるか?時間を確保します。
  2. Step.2 何のための留学かを考える?
    学生が望むキャリア達成のためには最低でも1年半の留学期間が必要になります。 多くの場合、想像していたよりも留学期間が長くなるので注意が必要です。
  3. Step.3 望むキャリアと時間調整
    学校のオンラインテスト(民間の英語試験)などを受講して英語力を診断します
    (※ 英語力を明確化することで語学学校期間やカレッジ期間、さらに就労までの期間も分かります)
  4. Step.4 現実とのギャップを埋める
    将来を考えるのであれば高いキャリアを目指すことをオススメしますが、留学前に決断ができない学生も少なくありません。 そうした場合、目指す「キャリアを妥協するか?」もしくは「諦めずに最後まで戦う決意をするかる」選択が迫られます。
  5. Step.5 採用までの期間設定
    ここまで進んでくると、将来自分が就職したい企業への就職活動のタイミングも見えてきます。 多くの留学生は海外からの就職活動を行うことになります。
  6. Step.6 企業と対等に語れる人材へ
    そのため、当然のことながら企業と人材は平等で、自分に合わない企業ならば気にせず蹴ってしまいましょう。

ジョブ型雇用にピッタリな留学とは?まとめ

オフィスで仕事をしている外国人2人

さて、これまでジョブ型雇用について様々なお話をさせていただきましたが、『大学生がジョブ型雇用を目指し海外留学をした場合、一体何が変わるのか?」その最大の違いについて最後にご紹介させていただきたいと思います。

その最大の違いとは、就職先を日本国内から選ぶのではなく、世界中の国々の中から自分に合った会社や自分の理念に合った会社を選べると言うことです。

留学経験のない人に比べ、留学経験がある人が就職先として考えられる企業の数は、その何百倍にもなります。

世界中でリモートワークが進む中、海外の企業で就職しながら日本で働くと言うことも現実的になりつつあります。

「なぜ今留学しなくてはいけないのか?」と聞く人がいらっしゃれば、「なぜ今こそ海外に目を向けないのか?」という風に答えていただければと思います。

偉そうに語ってしまいましたが、就職難で苦しんだ人間の1人として、今の大学生にあのような苦労はして欲しくないと思っている者の1人としてお考えいただければ幸いです。