留学全般

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?のイメージ

留学生の中には自信を持って留学計画を立てたにもかかわらず、留学中にたくさん悩みを抱えてしまう方々がいらっしゃいます。

そうした方々に対してココア留学では『1・1・3・6』と言う魔法のキーワードを唱えて、留学生を励ましていますが、こんな言葉を知っている人は流石にココア留学生以外にはいませんよね?w

それでは「魔法のキーワード『1・1・3・6』とは一体どんな意味のある言葉なのでしょうか?」ここでは、ココア留学を使わずに留学に出てしまい1人悩んでいらっしゃる皆様のために、魔法の言葉についてのお話をさせていただきたいと思います!

留学1週間で悩むのはみんなだよ!

悩んでいる黒髪の女性

留学生の多くは勢いよく飛行機に乗り込み海外留学に出ていたにもかかわらず、渡航後1週間でものすごい不安との戦いになります。

全く知らない場所、知らない人、知らない学校、知らないお家と言う環境へと到着したのは良いのですが、「この先、本当に1人でやっていけるのか?」と言う、信じられないほどのプレッシャーがのしかかってきます。

特に、このプレッシャーについては男女差関係なくやってきて、学校に疲れて眠ろうとした瞬間に波のようにして押し寄せてきます。

そして、体はクタクタなはずなのに「時差ぼけがあるからか?」それとも「目をつぶると不安が頭をよぎるためか?」、ベッドの中に入ってもゆっくりと眠ることすらできません。

こうした留学に出て1週間で押し寄せてくる何とも表現しにくい不安と言うのは、大小はありますが必ず留学生全員の誰しもが共通している経験ですので何もあなただけが感じている特別な感情では無いとお考え下さい。

特に1週間がハードルになる人とは?

特に、留学後『1週間がシンドイ』と感じてしまう人の特徴として、他の世代と比較すると圧倒的に10代の子達に多く、中には留学後1日で「帰国したい!」と口にすることも珍しくありません。

もし、あなたが留学に出て1週間で不安を感じている10代だったとしたら、私に騙されたと思って、あともう少しだけで良いので頑張ってみてください。

そして、万が一、留学後12日間が経って「それでも本当に辛くて耐えられない!」と思ったら帰国の準備をしてしまいましょう。もちろん、帰りの航空券についてはご家族の負担が大きくならないようにココア留学でできるだけ安くなるように手配を致しますのでご安心ください。

1ヵ月で悩むのはがんばった証拠!

森の中で目をつむる外国の女性

1週間のハードルを乗り越えた皆様に、続いて、もれなくやってきてしまうのは留学後1ヵ月と言う大きめのハードルです。

留学1ヵ月で悩む人たちの多くは、1ヵ月の間に自分の体を海外の生活に順応させようとして頑張ってきましたが、生活のリズムを少し掴めたことにより張り詰めた緊張から解放されたのは良かったものの、今度は緊張の中でも頑張ってきた自分の体に重圧が掛かりすぎていたために悲鳴をあげ始めていたりします。

よくあるケースとしては、日本では誰かと会話をする際に、いつもいつも集中力MAX状態で話をすることは無いと思うのですが、海外では英語をなんとか聞き取ろうとして、毎日毎日、相手の唇の動きに集中する生活を送っていたため、留学開始後の1ヵ月目くらいになったころに『目のケイレンが止まらなくなる』と言うケースです。

また、20代中盤以降に留学に出られた方によくあるケースとして、自分自身に掛かっていたストレスに全く気付いておらず、日本では「大人しいね・・」と言われていた人が、急に小さな不満に対して感情を爆発させてしまうこともあります。

しかし、こうした気持ちが不安定な状態になっているのは「1ヵ月もの間あなたが本当に頑張ったから」で、平々凡々と1ヵ月過ぎてしまった方には決してやってこない気持ちの状況になります。

もし、留学してから1ヵ月経って、こうした感情がやってきましたら、是非、今とても頑張ってる自分を褒めてあげて、自分自身に小さなご褒美で良いのでプレゼントしてあげて頂けたらと思います。

マイナスな感情の継続時間は?

※ グラフをクリックすると詳細が見えます

グラフの操作方法

上のグラフでマイナスな感情(ピンク)をクリックをクリックしてみてください。グラフ上にマイナスな感情がどれほどの継続時間になっているのか?表示されるようになっています。

2014年に発表されたルーヴェン大学の実験結果によると、最大に長く続く感情でもたった5日間と言う結果になっている。

留学生
留学生

意外にマイナスな感情が継続する時間⏰は短いんですね?🤔

COCOA
COCOA

この感情の継続時間🤔を知っていると、これからどれくらいの間を我慢すれば良いか分かりますよね?😊

感情の継続時間はどれくらい?(単位: 時間)
  継続時間   継続時間
悲しみ 120時間 罪悪感 3.5時間
憎しみ 60時間 ストレス 3時間
喜び 35時間 誇り 2.6時間
絶望・希望・心配・失望 24時間 触れ合い 2.5時間
満足 24時間 怒り・退屈・驚き 2時間
嫉妬 15時間 いらだち 13時間
安心 8時間 同情 1.3時間
熱狂 6時間 屈辱 0.8時間
関心・感謝 5時間 恐怖 0.7時間
くつろぎ 4.3時間 羞恥・嫌悪 0.5時間

※ ベルギーの大学教授フィリップ・ヴァーダイン教授の研究。
(ルーヴェン大学:2014年度)

理想と現実のギャップ?
あなたの留学には理想と現実でギャップがあるかも!?

留学後に早めに埋めておきたいものとして『理想と現実』のギャップがありますが、こちらは留学前に読んでおいて欲しかったですが、まだご覧になっていらっしゃらない方がおりましたら是非!

あなたの留学には理想と現実でギャップがあるかも!?

3ヶ月の悩みは慣れてきた証!

海外のベンチに座る女性

3ヶ月に入った頃に出てくる悩みは、『現在の生活の悩み』ではなくて『1~6ヶ月ほど先の将来の自分』について考えた悩みになってきているのでは無いでしょうか?

例えば、3ヶ月もの間、寝る間も惜しんで勉強してきた方は、毎日、遊んでばかりいる同級生やクラスメイトたちを見て「あの子は、どうして不安を感じないんだろう?」と言う気持ちでいっぱいになってきます。

そんなある日、遊んでばかりいた子がいつの間にかクラスの中心になっていて「どう考えても自分より英語を話しているんじゃない?」という到底納得ができない光景が目の前で起こります。

こんな時、ほとんどの方が感じるのは「私はあんなに頑張ってきたのに、このままでは私は一体どうなってしまうんだろう?」という、誰にも当たることができないイライラと不安です。

また、ワーキングホリデーで留学に出られたかたは、3ヶ月経った時点でもう就職活動が目の前に広がってしまっているため「もうアルバイトを始めないといけない・・」と言う、猛烈な向かい風の中、想像していたより全く伸びていない自分に心が折れてしまいそうにもなります。

しかし、こうした感情を感じてしまっている皆様は、絶対に深く思い詰める事だけはやめてくださいね!

実は、こうした感情になる事には理由があって、「今現在の生活に対してこれといった不満がなくなり、ようやく将来の自分を考える段階までやってきた」から起きる感情だったりします。

そして周りと比べることなく思い出して頂きたいのは、そうした段階にまで到達しているだけでも、留学前の自分から考えてみると大きな成長が出ていることに気づかれると思います。

そして、もしここに留学後3ヵ月が経過してイライラと不安でいっぱいの方がいらっしゃいましたら、今度の週末の日曜日だけは、少しペンと教科書を机に置き『新しく覚えた単語を1つだけ』握り締めて友人達と街に出かけてみて下さい。

その友達と過ごす数時間の間に握りしめていた単語を使う機会があれば、その単語は『あなたにとっての一生忘れることのできない宝物になる』はずです。

英語を伸ばすイメージも!
留学で英語力を伸ばして就職活動を完全攻略せよ!!

「なかなか英語が伸びないない!」と感じてしまったらストレスになるのは当然です。それは「留学中に自分の英語力がどれくらい伸びるのか?」全くイメージができていない証拠なので、是非、こちらをご覧ください!!

留学で英語力を伸ばして就職活動を完全攻略せよ!!

6ヶ月の悩みはリアルな将来!

壁に足を付け考えこむ外国の女性

留学を6ヶ月も経った頃に生まれてくる悩みと言うのは、完全にリアリティがこもった自分の2~3年後の将来についての悩みです。

6ヶ月滞在した今の滞在している国も好きですし、この街も好きです。

そして、この街であと2~3年暮らしていこうと思ったら、充分に「自分自身の力で暮らしていける!」と言う自信も生まれてきました。

「ただ自分の将来は本当にこれでよかったのだろうか?」または「自分の留学計画は本当にこれで良かったのだろうか?」と言う、今までに感じたことのないような、常に頭の片隅1%にあるような悩みが始まってしまいます。

そんな時に思い出して欲しいのは、「留学に出る時、自分はどれほどの強い思いを持って飛行機に乗り込んだのか?」という初心の気持ちです。

留学をこのまま続けていくことの難易度が自分にとって大きなハードルでは無くなってしまった瞬間、今度は留学を途中で投げ出すことについても気づかない内にハードルが低くなってしまっている可能性があります。

「何のために自分は日本の生活を中断してまで海外に出たのか?」または「何のために自分は会社を辞めてまで海外留学と言う大きな壁に立ち向かっていったのか?」もう一度だけ考えていただければと思います。

そして考えた結果、それでも万が一、自分のモチベーションが上がってこないようであれば、あと2ヵ月だけ歯を食いしばってみて下さい。

その2ヶ月は、あなたの人生を考えてみると、そんなに長い期間では無いはずですが『あなたの人生に与える影響は本当に大きな期間』になります。

そして、その2ヶ月間ゆっくりと考えてみて、もう一度、自分の方向性を見つめてみると、6ヶ月と言う見えないハードルを乗り越えた瞬間に、次のステージへと入っていっている自分に頼もしさを感じる時がきっとやってきているはずです。

また、1年留学を計画されてきた方は、現地の生活に充分慣れたこの期間以降が『本格的な自分を伸ばす期間』と入っていくことになります。

特に英語力は、これまでの交友関係のあった友人たちが次々と帰国する中、現地滞在のネイティブイングリッシュスピーカーの友達が一気に増え始め、これからの半年こそが大幅に伸びる時期になるので、少しだけ自分の未来に期待しておいてください!

留学の不安を解消する『1・1・3・6』!

  1. No.1 留学1週間でやってきた不安
    「あと数日間だけ頑張ってみる!」と言う気持ちを持つ
  2. No.1 留学1ヵ月後にくる疲れ
    疲れている自分は、これまで頑張った自分の反動!
  3. No.3 留学3ヵ月後にくる近い将来の不安
    未来を考えられているのは、生活が整った証拠!
  4. No.6 留学6ヵ月後にくる長い将来への思い
    自分がこれまでやってきたことを簡単に捨てようとしてしまっていないか?
将来の仕事も考える
絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

社会人の皆様の中には不安の原因がお仕事やお金となっているケースがほとんどです。こちらは留学前に知っておいて欲しかったですが、ココア留学生で無い方は全く知らないままに渡航されていると思いますので合わせてご覧ください。

絶対に知りたい『転職キャリア留学』とは?

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?まとめ

夕暮れを1人眺める海外の女性

ここでは、留学中の皆様の悩みについて『1・1・3・6(1週間・1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月)』と言う魔法の数字を用いて詳しくご説明させていただきましたが、皆様の段階はどの段階となっていますでしょうか?

留学生によっては3ヶ月目に来る悩みが2ヶ月目に来てしまったり、6ヶ月後に感じる悩みが、まさかの2ヶ月前倒しで来てしまったりすることもあります。

そうした方々と言うのは、日本で英語の学習や仕事がかなり優秀だった方や、海外の適応能力がとても高い方ばかりで、例えば、お仕事の営業でいうと営業分野の中でもレベルの高いとされる『飛び込み営業』をされてきたような方々が、早めに悩みがやってきてしまう傾向があります。

しかしながら、皆様が伸ばしたいと考えていらっしゃる英語力と言うのは、筋肉と全く同じで、短期間で鍛えたものは、必ず鍛え続けなければ短期間で衰えてしまいます。

是非、自分の悩みがここでお話させて頂いた期間よりも少し早いタイミングでやってきていたら、「それは自分が日本で頑張ってきたからだよ!」と素直に誉めてあげてください。

しかしながら、「もう本気でダメだ!」と思ってしまった時は、深く考えること無く全力で逃げ出して下さい。

留学の最低条件であり絶対条件となるゴールと言うのは「無事に帰国すること」です。体を壊しては何にもなりませんので、「本当に疲れたら全力で逃げること」これだけは絶対に忘れないでいただければと思います。

そして、しばらくして、また何かの悩みが生まれたときには『1・1・3・6』と言う魔法の呪文を唱えて頂いて、お気に入りやブックマークしておいて頂いたこのページへと戻ってきて、「自分自身がその期間に当てはまっていないかどうか?」その度にご覧になっていただければと思います。