留学全般

留学とワーホリは同じじゃない!?気づいて欲しい3つのこと

留学とワーホリは同じじゃない!?気づいて欲しい3つのことのイメージ

「留学に行きたい!」と思われた時に、思い浮かぶ手段として皆さんの中では何が思いつきますでしょうか?

ココア留学ではよく「ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)しか知らなかった!」というように、「留学するならワーホリで行くものだ!」とお考えになられている方からお問い合わせを頂くことがあります。

しかし、これからお伝えする『3つのこと』に気付かずワーホリで渡航してしまうと、「帰国した後に行かなきゃよかった!」なんてことになってしまうことも珍しくありません。

そこで今回は『ワーホリに行くまでに知っておいてほしい特に3つのこと』についてお伝えしていきたいと思います!

ワーホリはホリデーなの!?

花をこちらに見せる留学生2人

海外渡航のためには、パスポートやビザ(査証)が必要になりますが、観光ビザには観光目的、学生ビザには学習目的、就労ビザには仕事目的というようにそれぞれのビザにはそれぞれの使用目的があります。

ここで質問ですが、ワーキングホリデーの使用目的は何目的と定められているかご存知でしょうか?

ワーホリは簡単にご説明すると『1年間(延長が可能な場合もあり)働きながら海外に移住できるビザ(または方法)』として認知されていることが多いですが、実は、ワーホリは『ホリデー(休暇)目的』として政府機関により目的が定められています。

日本人以外の海外の方がワーホリを利用する際には、会社の休暇や休職期間に利用されることも少なくなく、長期休暇中になんとなく働けて、海外も楽しめるし、一石二鳥というような感覚だそうです。

そのため、ワーホリを受け入れている国からすると、ワーホリで来た外国人は日雇い労働者や遊びに来た人として認知されており、日本人でワーホリで渡航された方がジャパニーズレストランや居酒屋系レストラン、国によっては農場での就労に当たることが多いのも、そのためです。

ワーホリに行くほとんどの方が、ローカルのレストラン(渡航先の国のレストラン)やカフェで働いているキラキラした海外生活をイメージして渡航されますが、そうした現地レストランでアルバイト雇用されることは、最低でもTOEIC800点以上が必要になることがほとんどです(実際は800点程度では英語力不足を感じることがほとんどです)。

また、ワーホリでレストランや居酒屋で働いた経験を海外で身に付けてきた方の帰国後の転職活動においては、企業側からはやはり「遊んできたんでしょ?」と判断をされてしまうので、安易に「海外に渡航するのであればワーホリだ!」と思いこまないことを強くオススメさせて頂きます。

英語力はマイナスになる!?

こちらを見つめる美しい女性

ワーホリでも何でも、「海外に行くのだから、英語が使えるようになるだろう・・」とお考えの方がいらっしゃれば要注意です。

前述でも申し上げた通り、もしジャパニーズレストランや居酒屋系レストランで働くことになってしまった時には、渡航する前よりも英語が出来なくなって帰ってくる危険も大いにはらんでいます。

なぜなら、日本食レストランの同僚はもちろん日本人になりますし、日本人同士で話す言語は日本語になります。

職場以外にコミュニティが無いワーホリ渡航者は、職場の人間関係だけが全てになり、結果、自分自身で日本語環境を作り出してしまっているのです。

もちろん、日本食レストランで働くほとんど方は日本食レストランをステップアップと考えて、日本食レストランの就労だけで終わらず「ローカルで働きたい!」という志を持っていらっしゃるのですが、今度は、日本食レストラン勤務では英語力がなかなか上がって来ず、ローカルで働けるようになるまで英語力を引き上げるには至難の業となります。

「それなら日本食レストランで働かなければいいのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、それはその通りで、そこで働かなければいいだけの話なのですが、ワーホリを検討される多くの方が英語に対して苦手意識を持っていたり、これから英語力を高めようとする方が多い傾向にあるので、必然的に英語力が求められない就労現場に採用され、そこから抜け出せないジレンマが続いています。

また、海外にいる間は少なくとも買い物や観光で英語を使う機会があるので、ご自身の英語力の伸びに関して疑問を持つ機会があまり多くなく、我に返るのは日本帰国後であることがほとんどです。

もし本気で英語力をあげたい、英語を使って仕事が出来るようになりたいと考えるのであれば、ワーホリを一番最初の手段として考えてしまうのは危険かもしれません。

「数ヵ月語学学校に通います!」は間違い?

「ワーホリの最初の3~4ヵ月は語学学校に行って、英語力をあげてから働くつもりだ!」とおっしゃられる方はとても多いですが、このルートのワーホリも注意して頂きたいルートの1つです。

3ヵ月で伸びる英語力は皆様が思っていらっしゃるよりも大きくはないことがほとんどで、むしろ自分の英語力のなさを痛感させられる期間といっても良いほどです。

渡航前の英語力にもよりますが、正直、3ヵ月の勉強では『海外旅行が少し安心して出来る程度の英語力を身に付けること』で精いっぱいになるかたが大半です。

そして、旅行が出来る程度の英語力で、日本語環境の職場に入ってしまった時には英語が出来なかった自分に戻ってしまう可能性も少なくありません。

人間、自分の意思を持ってしっかりやって行こうと思っていても、よほどの強い意志が無ければ、やはり弱い方に流されてしまうのは言うまでもありません。

留学生
留学生

海外で生活するんだから、英語力は伸びるでしょう!

COCOA
COCOA

残念ながら、現在はPCやスマホの普及により、海外から日本語に触れられる機会を気軽に作ることが出来てしまうんです。なので、もし短期間で英語力をあげたいと考えられるのであれば、スマホの使用時間を減らすなどしてみてはいかがですか?

英語力をあげるなら日本それとも海外?
英語を勉強するなら日本それとも海外?留学の価値は?

日本でも英語が勉強できる機会が作れる今、わざわざ留学に行ってまで英語を学ぶ価値はあるのでしょうか?英語力向上だけではない留学の本当の価値とは。

英語を勉強するなら日本それとも海外?留学の価値は?

帰国後のキャリアが崩壊!?

トレッキング中に飛びあがる外国人

他にも「日本食レストランではなく、ローカル(現地企業)で働きたいし、日本語環境で働くことは絶対にしません!」と思われている方もこちらにいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ローカルで働くためには、ネイティブとしっかりと意思疎通ができるだけの英語力が必要になりますし、それ以下の英語力では働くことはもちろんですが、やはり採用はかなり厳しいというのが現実です。

そんな理想と現実のギャップを経験し、日本に帰国した人たちを待ち受けるのが『就職活動』です。

これからの人生を接客業やサービス業で働いていこうと考えていらっしゃる方は、ワーホリでの経験を就職活動に活かすことができます。それはワーホリ時の勤務内容と帰国後の希望先のキャリアが一致するためです。

しかしながら、ワーホリに行く前にオフィスワークをしていた、営業をしていたという方にとっては、ワーホリがキャリア崩壊の最初の一歩になってしまうことを念頭においておいてください。

というのも新卒採用後にオフィスワーカーとして勤務されてこられた方の多くが、ワーホリ経験後に日本国内の外資系企業や英語を使った仕事を希望されますが、そこで求められている英語力やキャリアが海外の飲食店で勤務した経験とはマッチしないためです。

そこで、今この記事を読んでいただいている皆さんには、ワーホリに行く前に、ご自身のキャリアや人生にどのような影響を与えることになるのか、その影響のプラス面だけでなく、マイナス面もよくよく検討いただいてから海外留学に出ることを強く推奨させて頂きます。

キャリアアップろ考えた時の留学とは?
社会人留学におすすめしたいキャリアアップできる留学とは?

キャリアップのための留学は実はものすごーく難しいんです!それでもキャリアに留学を活かしたいと思った時のお勧めプランとポイントについてご紹介していきます。

社会人留学におすすめしたいキャリアアップできる留学とは?

期待した結果を出すには?

考え事をしながら歩く留学生

海外に行こうと志すからには、何かしらの目的や目標があるかと思います。

その目的や目標を目指していくために、ワーホリではなく、留学を検討したほうが良い人の特徴をお伝えしていきます!

留学を検討すべき人の特徴

  1. Step.1 今後のキャリアが不安な人
    帰国後のキャリアや渡航後のキャリアに少しでも不安があるのであれば、プランの再検討が必要かもしれません。
  2. Step.2 費用を抑えたいと思っている人
    ワーホリは費用が掛からないと思われている方がほとんどですが、帰国後の収入を考えると、リターン率が低いのもワーホリです。
    しっかり帰国後の収入も視野にいれることが出来れば、留学費用を十分稼ぎ直せるキャリアを作ることも可能です。
  3. Step.3 永住権を目指したい人
    ワーホリを受かってしまったことによって、永住権が遠のく方が大勢います。
  4. Step.4 日本の働き方に疑問を持っている人
    日本での働き方に疑問を持っているにもかかわらず、結局アルバイト生活で進ことになる海外生活になってしまうというのは避けたいところです。

留学とワーホリは同じじゃない!?気づいて欲しい3つのことまとめ

屋上で遠くを見つめる留学生

ここまで長い記事でしたが、ご覧頂き、ありがとうございます。

長らく留学生をサポートしていると、どんな留学に行った方がこういう人生を歩んでいるという傾向が見えてきます。

その中でワーホリを上手く人生に活かせている方はほんの一握りの方しかいらっしゃいません。

もちろん多くのワーホリ経験者が行って良かったと思っていることも事実ですが、その経験を100%キャリアに活かせているかというと多くはないでしょう。

ココア留学はワーホリを否定しているわけではなく、「使い時」をしっかり検討してから、ワーホリに行ってほしいと考えています。

その使い時は人それぞれ異なりますので、自分がいつワーホリを使うべきなのかを知りたい、失敗したくないという方がいらっしゃれば、ぜひ一度ココア留学にご相談頂ければと思います。