留学全般

永住権を目指す留学に出る前に知っておきたいTOP3

永住権を目指す留学に出る前に知っておきたいTOP3のイメージ

世界には移民の受け入れを積極的に行い、日本人に対しても永住権資格を提供してくれる国があります。

そうした中、海外永住権を目指すために留学へと出る人が増えているのですが、ここではそんな永住権を志す留学生の皆様に、ぜひ知っておいていただきたいことをご紹介させて頂きたいと思います。

永住権留学の相談者が急増中?

友達と一緒に永住権に向けて勉強する様子

コロナのパンデミック以降、ココア留学への留学相談者の約80%が、海外永住権を志す留学生となりました。

それもそのはず。

永住権留学を作る難易度は非常に高く、1国だけならまだしも、世界中の英語圏の国々の永住権留学をサポートすることができる留学会社が他にはなかなかないためです。

しかしながら、その留学相談者の数は非常に多く、現在まだ「コロナの感染でワクチン接種ができるかできないか?」と言っているような状況にも関わらず、コロナ前を含めた過去の留学相談実績を軽く超えてきてしまっているほどにもなっています。

日本の将来性が心配になった

このように海外へ移住を希望する留学相談者が急増した最大の要因として、『日本の将来が不安になったから』と言うものがあり、コロナやオリンピックに対する日本政府の対応についての不満を口にされることも少なくありません。

ただ注意していただきたいのは、海外で永住権資格取得の留学を考えていらっしゃる方の多くは、永住権と言う『権利』を黄金のチケットのように考えていらっしゃいますが、その先の人生の方が圧倒的に長くなると言うことです。

永住権がゴールになる留学生

将来を見据えて不安になっているイメージ

永住権取得を目指す留学生のほとんどは「私の夢は海外で永住権を取得することです」とおっしゃられます。

そうした方は、是非一度、自分に対して「たとえ海外生活が貧乏生活と隣り合わせだったとしても永住権を目指すのか?」と問いかけてみてください。

永住権取得者の生活は厳しい

実際に海外で永住権資格を持っていらっしゃる方のお話を聞けばわかると思うのですが、その多くは永住権資格を持っていても選挙権などは持っておらず、海外で外国人として生活をしています。

当然、日本のコンビニやUber Eatsの配達員として働いている外国人を見れば分かると思いますが、海外での『外国人』としての生活は非常に厳しく、『生活水準が高いです』と言う日本人海外永住者は非常に少ないというのが実情です。

中にはアジア人差別を受け仕事がなかなか得られない方もいらっしゃいますし、海外でのゆっくりした生活を考えていたのに、日本人としてのアイデンティティを買われ就職したことから、休みが日本以上に無いと言う方も少なくありません。

ゴールが永住権の危険性?

そうした中でどうしても「永住権がゴールです」とお話になる方の多くは、永住権資格取得のみが目標になってしまい、その後の長い生活までを意識されて留学を計画される方はほとんどいらっしゃいません。

海外永住を志される場合には、必ず海外永住の良い部分だけでなく悪い部分に対して注目し、永住権を取得した後の生活まで意識して留学に出ることを考えていただければと思います。

例えば、永住権資格取得のために肉体労働系の仕事についたとして、資格取得後に転職する場合、日本とは違い、そのキャリアは全く活かせないことが多いので注意が必要です。

留学生
留学生

私は外国人と結婚して、海外ドラマのようなお家に住みたいです!

COCOA
COCOA

もちろん、そんな感じで生活している方もいますよ!ただ、運だけに賭ける留学は、リスクも高いので気を付けてくださいね!自立して生活するスキルの取得が重要ですよ

最新留学はどんなの?
語学留学から海外永住権取得留学まで最新留学とは?

みなさん、永住権取得にはどのくらいの時間がかかると思いますか?おそらく多くの方は短くない期間を想像すると思います。永住権取得のための、最先端の留学をチェック!

語学留学から海外永住権取得留学まで最新留学とは?

永住権留学に必要なTOP3

永住について聞き入っている様子

さて続いては、いよいよ『永住権を目指す留学に出る前に知っておきたいTOP3』についてのお話をさせていただきたいと思います。

これからお話しさせていただくTOP3は永住権取得に最も関わってくる3つの要素であり、永住権取得後の生活にも大きく影響するものになります。

是非、留学前にご覧になっておいていただければと思います。

3位:時間(年齢)

まず初めに「自分の年齢が何歳なのか?」そして「永住権取得までにどれぐらいの猶予があるか?」または、万が一永住権を取得できなかった場合、もしくは権利を放棄した場合、「日本に帰ってきた時の年齢は何歳になるのか?」について考えておいてください。

例えば、30歳で海外永住権の取得を目指す場合、万が一途中で挫折したり、海外の生活に合わないなどの状況になったとすると、帰国時の年齢は34〜35歳になっています。

当然、30代中盤になってくると中堅社員からベテラン社員の領域へと入ってくるため、海外生活中にキャリア育成ができていない場合、帰国後は思わぬ苦労をされることになります。

特に、30代中盤以降は表向きには募集されていても、裏の採用規定では年齢で引っかかってしまうため、募集される仕事数が減ってくるので注意が必要です。

2位:スキル(英語力だけじゃない)

次に、先程のキャリアに通ずる話になるのですが、例えば永住権申請のために海外で英語のみに注力をしていた場合、帰国後の就職先はかなり絞られてくることになります。

といいますのも、日本国内において英語を使った仕事や英語を活かすことができる仕事と言うのはかなり数が限られているためです。

また、海外永住権取得後に給料が高い仕事へと就職するには、英語は話せて当然なため、就職のためのスキルとしては使えません。

例えば、年齢を重ねてきて、将来、肉体労働系の仕事からオフィスワークへの転職を考える場合、永住権申請時にスキルを磨いておかなければ、30代中盤からのスキル磨きはかなり困難になることも頭の片隅に置いておいていただければと思います。

1位:費用

そして、もっとも大切なものは言うまでもなく費用つまり『お金』についてです。

永住権取得を目指されることのほとんどは、永住権を目指すことのみに注力してしまうため、費用はそこで底を尽きてしまいます。

例えば、給料の良いお仕事に就くことができずに、毎月、少しずつ貯金を切り崩して生活をしていると、当然のことながら海外生活は困窮していってしまいます。

永住権取得後も安定した収入が得られるように、留学に出る前から自身のスキルに投資できるような準備をされることを強くお勧めさせていただきます。

留学費用、どうやって用意する?
なにかとかかる留学費用!どうやって用意する?

せっかくお金を稼ぐなら、ただ働いて消耗するのではなく、出来るだけ留学に役立つような、有意義な時間にしたい…そんなあなたは必見!「自分のスキルアップにつながる仕事」とはどんな仕事でしょうか?

なにかとかかる留学費用!どうやって用意する?

永住権取得留学の流れ

海外に住んでいる女性

それでは最後に永住権取得留学の流れについて、1つのモデルケースをご案内させていただきたいと思います。

永住権取得留学の流れ

  1. Step.1 永住権留学を個別に作りあげる
    永住権留学はどうしても個別にオリジナルの留学を作らなければ不可能です
  2. Step.2 留学先で英語力を上げる
    少なくとも海外で勤務できるほどの英語力を身に付けます。
    (目安TOEIC 850点以上、IELTS6.0以上)
  3. Step.3 資格や学位を取得する
    永住権取得先の国での資格や学位は就職や将来の生活にとって非常に有益なものになります。
  4. Step.4 海外で勤務経験を稼ぐ
    留学で取得した資格や学位を使い海外で就労経験を稼ぎます
    (ワーキングホリデービザは、万が一、永住権取得が厳しくなった場合の最後の切り札として置いておきます)
  5. Step.5 永住権取得後は?
    永住権を取得した職業でのキャリアを伸ばすような留学計画にします
    (取得した資格と伸ばしたキャリアと別の仕事に就職した場合、今度は金銭的に生活困窮者になる可能性を避けるため)

永住権を目指す留学に出る前に知っておきたいTOP3まとめ

テーブルに置かれたコーヒーと教科書

今回は永住権取得を目指している皆様に、実際に永住権留学に出られる前の心構えについてお話しさせていただきました。

留学される国によっては、当然のように職業差別や人種差別といったものに巻き込まれる可能性があります。

例えば、経営者によっては「日本人はビザのために安い賃金でも働く」と言うことを知っており、法律で定められた給与よりも低い賃金で雇われながら永住権を目指していたり、劣悪な環境にて働かされている日本人は、物凄く沢山いらっしゃいます。

しかしながら、ビザのためとは言え、当然ですが、こうした状況に対して納得しながら働いている方は1人もいらっしゃいません。

こうした状況を避けるため、もしくは少なくとも日本と同等の生活水準を移民後も目指すため、留学計画に関しては慎重に作っていただければと思います。

そしてもし、留学計画作成に困ることがありましたら、ココア留学へとお気軽にご相談いただければと思います。