留学全般

AI・ロボットと共に働くことを見据えた留学とは?

AI・ロボットと共に働くことを見据えた留学とは?のイメージ

初めて留学に出る方はご存じないかと思いますが、実は、ほとんどの留学生が将来を見据えた留学計画を作る事はありません。

そこでここでは、AIやロボットなど最先端の見通しを踏まえながら、留学生の将来設計や留学設計に役立てるようなお話をさせていただきたいと思います。

将来の仕事はどうなるの?

まず初めに、皆様は10年後、今ある職業がなくなる可能性、または増える仕事があることについてご存知でしょうか?

例えば、2~30年前であれば当たり前のように乱立していたカメラのフィルムの現像店も、今では見る事は全くありませんし、中古のファミコンソフトショップもありません。(もしくは既にこうしたお店があったことさえ知らない人のほうが多いかもしれませんね)

一方で、数年前まで立ち食いのステーキ屋さんが乱立していましたが、コロナの影響を受け、その姿が次々となくなる中、街のあちらこちらにはテイクアウト販売を行うキッチンカーや食品を販売するUber Eatsの姿を頻繁に目にするようになりました。

このように時代の流れとともに、今は当然のようにたくさんあったとしても、10年後には全く無くなる職業と、その反対に今は全くないけれど、突然、町中に溢れる職業が出てきます。

そうした中で、留学生の多くはこうした現在と将来の仕事や環境の差を全く意識することなく、ただ単に語学留学のために海外に出ていってしまっているのが現状です。

海外でせっかく一生懸命学んだ学問なのに「日本に帰国した時には、既に学んだ学問に対する需要は全くなく役に立たなかった・・」では余りにも勿体ないです。

特に、今後はAIやVR(仮想現実)またはAR(拡張現実)さらにはロボットと共に暮らす時代がすぐそこに見えてきています。

少し難しいかも知れませんが、是非、「世界はどのように発展していくのか?」そして「何を学べば時代についていくことができるのか?」ここでのお話も参考にしながら考えていただければと思います。

無くなる仕事と増える仕事とは?

さてそれでは皆様には、これからなくなる仕事と増えていくであろうと考えられる仕事について、お話をさせていただきたいと思います。

先ず、実はこうした将来の仕事に関する予想は、世界中の大学で研究されており、中でも最も有名なのはオックスフォード大学が2014年に発表した職業予想です。

そこでは、将来なくなる仕事として、『ネイリスト』や『カジノディーラー』それに『ホテルの受付係』など現在でも現役で活躍している方々の多い職業から、『レジ係』や『スポーツの審判』など現在進行形でなくなりつつある職業がリストアップされています。

また、ワールド・エコノミック・フォーラムにおいても職業予想が発表されており、そこでは『会計士』や『データ入力担当』などが将来的に減っていく職業としてリストアップされている一方で、『データアナリスト・サイエンティスト』や『AI・機械学習スペシャリスト』が将来的に増えていく職業としてリストアップされています。

こうした将来の予想は、そのほとんどがAIやロボットの導入により、現在、人が担当している職業が機械に置き換えられることが前提となっています。

日本のコンビニなどでもすでにセルフレジが多数導入されていることを考えますと、確かに今後はレジ担当のスタッフもドンドンといなくなることが、何となく予想できてしまうだけに、将来の職業について真剣に考えなくてはいけないと思ってしまいますよね?

留学生
留学生

私が好きなSF映画の世界が本当に実現するんですね!

COCOA
COCOA

そうなんです!だからこそ、今後の職業選択がとても重要になってくるんですね。
そこにどう留学を活かせるかもポイントです!

将来なくなる仕事って?
将来なくなる仕事と留学でのキャリアアップを知る!

AIの台頭により、多くの仕事がAIにとってかわられていきます。ますます加速するグローバル化の中で、どのような留学が求められてくるのでしょうか?
一歩上のレベルの留学は、こちらをチェック!

将来なくなる仕事と留学でのキャリアアップを知る!

AI・ロボットと生きる時代

そうした中、台湾のオードリー・タン・デジタル担当大臣によると「AIやロボットと人間の将来は、ドラえもんとのび太くんの関係になる」と述べています。

つまりAIやロボットと人間は共に生活するようになり、ドラえもんがのび太君を支えるように、AIやロボットは人を支える存在となります。

ただし、その一方で、ドラえもんがのび太くんの代わりに宿題をしないように、AIやロボットが人間の代わりになって宿題をすることはないというわけです。

AIやロボットは、あくまでも『人間をサポートするための存在であり、代わりにはならない』、ただ『人の代わりにはならないけれども、皆様が想像する何倍も身近な存在になる』と言うわけです。

AIやロボットと共に働くこと

将来AIやロボットが身近な存在になることを知っていただけたところで、それでは、職業はどのように変わっていくのでしょう?

その答えは、皆様がそれぞれ就いていらっしゃる職業について、『アルバイトや、経験やスキルの無い人物に置き換えられるか?』を考えて頂けたら簡単に分かります。

もし、「はい、置き換えることが可能です!」と言う職業であれば、高い確率で将来的にはロボットやAIに置き換えられています。

その一方で「いいえ、難しいと思います!」とお答えになられた職業に関しては、将来、ロボットやAIの助けを借りて業務の効率化やスピードアップが行われているとお考えください。

AIやロボットと共に働く

そして、これから留学を検討されていらっしゃる皆様には、もしかしたら今から学ぼうとする知識は、「のび太くんがドラえもんに質問やおねだりをして一瞬で解決してしまうような形で、専門的な地位を失い、将来的には無くなる可能性がある」ことも視野に入れておく必要があります。

例えば、ホテルの受付担当は、今後ロボットへと置き換えられ居なくなることが予想されています。

そのため、ホスピタリティを学ぶ際には、その業務がアルバイトに置き換えられないこと、つまりロボットには置き換えられない分野に対して、全力を注ぐようにしてください。

例えば、予約の管理や繁忙期の予想、食品の在庫管理やロス管理などは、人間よりもAIの方が優れているので、AIの使い方や導入方法、またはAI教育方法を学ぶことをオススメいたします。

ホテリエからキャリア留学!?
ホテル留学で外資系ホテルor転職してキャリア留学!?

ホテル業界に興味をお持ちのあなた!!日本のホテル・宿泊業にいったい何が起きているか、気になりませんか?ホテル留学はこちらをチェック!

ホテル留学で外資系ホテルor転職してキャリア留学!?

将来を見据えた留学設計方法

さてこれまでAIやロボットと将来の職業について詳しくお話しさせていただきましたが、正直こうした知識を持った留学作成はなかなか一般的には難しいです。

つまりは、留学作成をアルバイトに依頼することはできないため、我々のようなプロの留学カウンセラーが将来も存続しているということの裏付けにもなっています。

ただ、全ての留学生に対してココア留学がカウンセリングできるわけではございませんので、今回の記事でご案内した内容を踏まえ留学作成方法の手順をご紹介させていただきたいと思います。

将来を見据えた留学作成の方法

  1. Step.1 自分に何ができるかを考える
    現在の自分の立場を明確にします。社会人留学では「何ができるか?」が重要で、何がしたいかが重要ではないとお考え下さい。
    学生の場合は「何がしたいか?」や「何が得意か?」も視野に入れます
  2. Step.2 将来の目指す方向に留学すると確認
    例えば、寒いからといってプロのスキー選手を目指す人が、南国に留学することはありません。
    留学の先に将来があるように設定します
  3. Step.3 その道の将来はロボットと共存?
    もしその留学の将来がロボットに置き換えられてしまうならば注意です。
    留学生が目指すは共存の世界です
  4. Step.4 個別の留学ルート作成
    他の人と全く同じような留学プランとなっているとするならば、その留学計画は怪しいです。
    人はそれぞれ別人です
  5. Step.5 理想を叶える形の留学計画を作成
    留学計画作成することができたらば、それをなぞるだけで完成します。当然、無駄な期間や費用もありません。全ては自分のための自己投資とします

AI・ロボットと共に働くことを見据えた留学とは?まとめ

さて今回はAIやロボットと将来の仕事について詳しくご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

留学会社のお話としては、外では絶対に聞くことができないような内容だったのではないでしょうか?

つまり、こうしたお話ができるという事もまた、ロボットやアルバイトなど、他のモノでは置き換えられることができない留学を提供しているからに他なりません。

ココア留学では、完全に個別の留学をお作りしている以上、どうしても一度にご相談をお受けできる留学相談者数には制限がございます。

カウンセリングまでお時間をいただくことが増えておりますが、その分、丁寧にカウンセリング・留学計画をお作りしておりますので、もしそれでもお許しいただけるようであればココア留学までご相談いただければと思います。