大学生留学

大学生の留学で奨学金が使えますか?【5分で簡単理解!】

大学生の留学で奨学金が使えますか?【5分で簡単理解!】のイメージ

大学生の皆様が留学を考えるとき「留学費用がめっちゃ高い!!」とビビッてしまうかたが本当に多いのですが、次に皆様が考えるのは『もしかして奨学金のルートがあるのでは・・』と言う淡い期待です。

そこで、奨学金を調べてみると「はい。意味不明・・。」。

ここにいらっしゃる大学生の皆さんは、この段階の方々ばかりですよね?w

かしこまりました!!メンドクサイ長い解説は一切排除して、ここにいらっしゃる皆様が奨学金を得て海外留学に出ることができるか5分、いや3分で理解して頂きましょう!!

いきなり留学奨学金へ最大の壁『英語力』!

いきなり大学生が留学に出るために奨学金をゲットしようとした時に、最大の壁となる『英語力』についてです!!

皆様、国際英語資格テストである『IELTS』を受験したことがありますでしょうか?

受験したことが無い方は、まずテスト受験から始まりますが、奨学金を受けるための英語力としては『IELTSスコア6.0以上』が目安で、英検で言うと準1級~1級レベルになるとお考えください。

でも、IELTSの平均スコアは『5.8』ですので、IELTS6.0以上を持っていない大学生が大部分になりますよね・・。次を読み飛ばしてください!

IELTS6.0以上で海外短大大学に進学される大学生へ

■日本学生支援機構JASSO

独立行政法人の日本学生支援機構が紹介している奨学金で、基本的に『あぁ。あの人なら奨学金貰えるの分かる・・』と言う方が対象となるような奨学金を検索できます。

日本学生支援機構JASSOの奨学金募集ページへ

IELTS5.5以上(理系5.0以上)で海外短大大学に学部留学される大学生へ

■業務スーパージャパンドリーム財団

あの業務スーパーが行っている奨学金で、余り知られていないですが国内名門大学の留学部門の方々の間では、後でご紹介する『トビタテ!留学JAPAN』より審査も簡単で自由だと有名ですが、知らない人きっと多いですよね?

海外大学への学部留学などで12カ月以内の留学に最適です。

業務スーパージャパンドリーム財団の奨学金募集ページへ

トビタテ!留学JAPANと言う奨学金とは?

次に、ほとんどの大学生はご存知かと思いますが『官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム』と言うプログラムについてです。

簡単に言うと民間企業と政府が協力して「海外留学に出たい大学生に対して奨学金を提供しよう!」と言う制度なのですが、こちらの倍率は約3倍とそこまで高く無く、英語力など問われていないので狙い目です!

しかし、その一方で英語力アップなどを目的とした留学では残念ながら奨学金が出ないので、例えば「一芸が有って、それを海外で広めてくる!」と言ったものや「理系でロボット開発やITを学びたい!」と言うことができる方ならば応募チャンス有りです!!

海外で一芸とか、知らない人とボランティアとかって、自分で全部計画して海外に電話してってできる訳ないじゃん!」と言う方は次です!

英語力は無いけど行動力が凄い大学生へ

■トビタテ!留学JAPAN

周りの友達の中でも「私が一番行動力がある!」という方ならば、審査が厳しく長くなりますが奨学金チャンス有りです!

トビタテ!留学JAPANの奨学金募集ページへ

学生の奨学金の利用率(単位: %)
学種 貸与割合
2007年 2017年
大学・短大(通信除く) 29.9 37.5
大学院 39.6 30.0
高等専門学校 11.3 7.3
専修学校専門課程 23.4 41.3
利用率 29.2
(3.4人に1人)
37.2
(2.7人に1人)

※ 高校生が減ったのは高校授業料無償化による。それでも3人に1人が奨学金を利用しています。
(日本学生支援機構:2017年度調べ)

あなたには対象になる奨学金がありません・・

正直。ここまで読んで頂いている大学生の方が大多数だと思うのですが、残念ですがここまでくると留学を希望する大学生の皆様に対して可能性が高い奨学金制度はありません・・

ええええ!!ウソでしょ!奨学金のリストとかに色々書いてたよ!」と思っていらっしゃる方も多いですよね?

そうおっしゃられる方も時折いらっしゃるのですが、上記に加えて「各大学が行っている奨学金や県や街などが行っている自治体の奨学金などを見ると、これまでご案内したように厳しい募集条件」となってしまっております。

「世知辛い世の中ですよね・・。」

ただ、それでもやっぱり社会人の留学はリスクが大きくなってしまうので、「なんとしてでも大学在学中での留学を経験しておきたい!」と考えていらっしゃる方がほとんどだと思います。次へお進みください。

社会人留学のリスクに関する記事(お時間があれば!)

社会人が留学すると不安になってしまう3つの重大要因!
社会人留学やワーホリの90%以上が苦しむ理由とは?

奨学金と言う名の教育ローンに手を出す!

日本には先に紹介したような返済が一切不要となる『給付型と呼ばれる奨学金』と『返済型と呼ばれる奨学金』の2種類有り、最終手段として返済型の奨学金を利用して渡航する方法です。

こちらは最終手段になりますが『日本政策金融公庫』と呼ばれる国の教育ローンを利用して渡航します。

日本政策金融公庫で教育ローン対象になるのは世帯年収が一定以下となるので注意が必要ですが、銀行などが行っている教育ローン金利よりもかなり安く設定されているので、返済型の奨学金を利用するならばこの方法より良いものは無いです。

ただ、「教育ローンと聞くとハードルが上がってしまうよね・・」と思われる方もいらっしゃる方がほとんどですよね・・。

次は、いよいよ『大学生の奨学金に関してのまとめ』になりますがお進みください。

教育ローンでも留学したい大学生へ

■日本政策金融公庫

日本の高校や大学進学などに利用されている国の教育ローンで、利用件数は年間11万件以上にもなります。

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)募集ページへ

大学生の留学で奨学金が使えますか?【5分で簡単理解!】まとめ

大学生の奨学金について、いっくら調べても最終的に求められるのは「英語力」「学校の成績」「今までやってきたこと」「スキル」と言ったものになり、結局、留学を希望者される大学生の内、95%以上の方が受けられる奨学金は無いと言うのが現実です。。

「そこでどうするのか?」

そこで大学生が留学奨学金を目指すことができるのは以下のような方法になります。

  • めちゃくちゃ英語を勉強する(⇒やれるならやってる感・・)
  • 行動をしまくってアピールできるものを増やす(⇒バイト忙しいよ・・)
  • アルバイトでお金を貯める(⇒貯まらないから奨学金探している)
  • 教育ローン(⇒返済するくらいなら留学に行きたくない)

正直、言って『奨学金ってほとんどの方にとって絶望的』ですよね・・。

そこで、ここにいらっしゃる大学生の皆さんに考えて頂きたいのは「どれだけ本気で留学をしたいか?自分の心に聞いてみる!」と言うとても重要なポイントです。

そして、本気で在学中に留学に出たいと思うのならば、短期・長期の留学などをガッツリと組み合わせて『留学奨学金を狙うための留学を作る!』と言う方法を考えてみるのも1つの手だったりします!

大学生のための留学奨学金を狙うための留学とは?

「留学奨学金を狙う留学って何?」となると思いますが、ココア留学は『そもそもが完全手数料無料で完全オリジナルの留学を1人1人のお作りしている留学会社』なので、留学奨学金を狙った留学を作成することが可能だったりします。

例えば、「最初から留学を2度に分けて計画して、1回目の留学費用としては短期(1~3カ月)の50万円留学でスタートして、『1回目の短期留学で奨学金留学金を狙う留学』にして、『2度目の長期留学を返済不要の奨学金留学』にする!」と言う方法を作ります。(費用50万円で1年以上の長期留学までをお作りします)

ただし、こちらの留学は誰にでもお作りできるものでは無く、時間的に有限な大学生活の中に織り込むには、初回の留学から作り込んで狙わないと絶対に達成できないレベルの高い留学になりますのでご注意ください。
(※ 私は既にフィリピン留学に行ったので、2度目の奨学金を使った留学だけを作ってください!は残念ながら手遅れのNGになります)

大学生の留学奨学金について

こちらのお話を読まれて、「あぁ・・私、やっちゃったな・・」と思われた方もきっと少なく無いはずです。

人生のリカバリーはいつも大変ですので、やってしまった方は振り返らずに、次のステップを全く新しい形で留学をゼロから作っていくことを考えて頂けたらと思います。

そして最後に家庭環境の問題で大学を諦めるものの、最終的にアメリカで実業家として成功したアンソニー・ロビンズの言葉をご覧ください。

『お金さえあれば、人生の問題はすべて解決すると思っているなら大間違いだ。
あらゆる問題の原因は、あなたの内面にある。
まずはそれに気がつかなくてはならない。』

1人でも多くの大学生の皆様に「最高のレベルで少しでも安い留学を!」ご提供させて頂くこと。皆様とご一緒に私どもも毎日奨学金についての勉強や見直しを行っておりますので、最新の奨学金留学についてはカウンセラーまでお気軽にご相談ください。