大学生留学

大学生が留学するメリット・デメリットを就職を忘れて解説!

大学生は就職活動を忘れる必要がある!

大学生の女の子が勉強している様子

大学生活の4年間は長いようで短いもの。実は、勉強や部活ばかりの高校生活までと違い、大学生という社会的地位は自由な時間が永遠にあるようでそんなにも余裕はありません

そのため少し難しい言い方になりますが、社会人までの間に自分が得られるかけがえのない経験値を積むチャンスは多くはないため、戦略的に計画を立てねばならなかったり致します。

これまで経団連が推し進めてきた大学生の就職活動に関する指標では、おおよそ大学3年生の冬から説明会などの広報活動を企業が行い、大学4年生になった段階で面接などの具体的な選考活動が行われていました。

しかし2018年に、「2021年春の入社を予定している新卒者を対象とする就職・採用活動のルールを廃止する」ということが正式に決定されました。この背景には、就職活動のルールがあることによって、大学生の本来の目的である学業に支障があると懸念されていたからです。

確かに、大学生活の本来の目的であるはずの学業が、就職活動によって阻害されることはあまり良いこととはいえませんよね!そこで経団連は「これまでの就活ルールを廃止しましょう!」と提唱したのですが、これが意味するものは「企業がどのタイミングで採用活動をしても構いませんよ!」ということだと思って頂ければと思います。

就活ルールの廃止に伴い、就職活動のスケジュールは大きく変わります。ざっくりと言えば『就職活動の時期は人それぞれになる!』と思って頂ければと思います。

早くに就職活動を終えてしまう人もいれば、卒業間際まで就職活動をしてこなかった人、ずっと就職活動をしている人なども出てくることが予想されていますが、そうなると、楽しい大学生活もずっと就職活動のことばかり考えてしまうようになりませんか?

最終的に社会に出ることを考えると、就職活動はとても重要なプロセスに違いありません。しかし「就職活動ばかりを気にしてしまい、就職に打ち勝つための行動だけで終わってしまっては、その後の社会人生活、ひいては自分の人生にも大きな影響が出る」と懸念している専門家もいらっしゃいます。

留学するかどうかを検討されている方の中には、きっと「自分の人生をより充実した良いものにしたい」と考えている人も多くいらっしゃることと思いますが、留学生活には語学力や国際感覚を身に付ける以外のメリットも数多く存在します。

そこでここにいらっしゃる方で「留学したい」と考えていらっしゃる方は、「一度、就職活動のことは忘れてみませんか?」、就職活動を忘れることで留学を選択するメリットが分かりやすくなります。是非、「大学生が留学するメリット・デメリットがあるのか?」ご覧ください。

大学生が留学する最大のメリットは経験

海外の若者

まず、大学生が留学をするにあたっての最大のメリットとは何だと思いますか?

それは、一言で言ってしまえば「他では得ることができない圧倒的な経験」に尽きます。

日本は島国という陸地の特徴もあり、比較的異人種や異文化が入りにくいという傾向があり、東京などの都市部以外では外国の人が珍しいという場所も少なくありません。そこで先ずは島国日本を飛び出して、「留学で得られる具体的な「経験」とは何か?」と言うことについて見ていきたいと思います。

大学生が留学する最大のメリット

やはり真っ先に留学するメリットとして挙げなくていけないのは『世界中の人々と出会うことができる』ということです。

先に述べたように、日本には外国人が増えてきたと言っても世界の人々と出会うチャンスはどうしても限られてきますが、その中で、たまたま外国人と友達になったとしても、日本の文化に慣れ親しんでいる外国人は海外にいる外国人と違って「少なからずとも日本文化や日本人に対してリスペクトの精神を持っていたり」します。

しかし海外に住んで、その国の文化や空気のみで生きている人々は日本にいる外国人たちとは全く違います(日本にも「俺は海外になんか絶対にいかないぞ!」って言っているお父さんとかいますよね!!)。

では、こうした自分のバックグラウンドとは違う外国人との出会いが一体何を生みだすと言うのでしょう?

それは価値観の変化です。

価値観とはその人が生きてきた背景や文化、受けてきた影響が反映されるもので、他との比較をすることによって感じられるものです。

「あなたは何ラーメンが好きですか?」

と言う質問に対して、「私は塩ラーメンが好きです!」や「いやいや豚骨ラーメンが!」と言った意見を持つことができるのも、他のラーメンを食べて比較することで得られた回答だったりします。

自分が育ってきた文化の中で感じるものと他国の中にある同一のものは、同じように見えて決して同じものではないことがあります。

それを知ることができるのが異文化体験による価値観の違いです。「外国の人々や暮らしと接する異文化体験はあなたに自分の価値観はどのようなものなのか?」を身を持って体験させてくれる最高の時間となるでしょう。

異文化交流による将来の武器

異文化交流により、自分の中で当たり前だと思っていたことが覆されることがあるかもしれませんが、それは「あなたの視野が広がった!」ということを意味しています。

視野を広げるということは物事を見る視点が増えたということでもありますが、物事を多角的に見ることができるということは、実は、社会に出てからも大きな武器になったりします。

それは例えば、商談相手とのビジネストークにおいて「自分が考えいている、こう感じるから、こうしないといけない!」ということを伝える時、自分が発信者として一方的であっては、相手からは多少の理解さえも得られませんよね?

社会の大部分は相互のコミュニケーションで動き成り立っているのですが、海外留学中に行う異文化交流は、他者との相互コミュニケーションそのもので、相手が同じバックグラウンドを持って無いためその難易度は日本のビジネスシーンの何倍も難しいケースもあります。

この経験は、将来の皆様の一生において、コミュニケーションやアイデア、交渉など、ビジネスでもプライベートでも大いに役に立つことは言うまでもありません。

文系大学4年生の就職への不安調査
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
就職予定 81.8 81.4 83.6 85.4 85.1 86.4 86.0 86.6 85.3 87.2
就職に不安を感じている 90.6 89.9 89.1 90.0 90.2 90.4 89.7 90.2 88.6 89.9

※ 文系大学4年生の就職に関する意識調査ですが、ほとんどの大学生が就職について不安を感じてます。
(全国大学生活協同組合連合会:2018年度調べ)

異文化交流は旅行でもできるのでは?

世界中の気球に夢をのせて

次に、そうは言っても「異文化交流などの経験は旅行でもできるんじゃないの?」と思われる方もきっと少なくはないではずです。

単発的に海外へと飛び、その国を知ることを目的としているバックパック1つで、外国のユースホステルに泊まり、海外の旅人や学生と酒を酌み交わすバックパッカーたちは、同様の意味を持つ『異文化交流の1つの方法』と言えるでしょう。

では、異文化交流を考えた場合、「大学生が留学する意味とはどういった点にあるのでしょう?

旅行やバックパッカーは留学とは違い『エンターテイメントや娯楽と言う位置づけ』になり、「短い期間の中で外国の非日常的な楽しい部分に触れる」と言う意味では確かに良い体験といえます。

しかし留学における異文化交流では、キャリアアップを視野に入れながら将来や自分の人生にかかわるような点を突き詰めることが、自分の価値観や存在を改めて見つめなおすことができると言う体験を超えた経験レベルで見出すことができます。

そうしたことができるのも、一期一会の出会いでは無く、1日1日の生活を共に学び共に生活する家族や仲間と分かち合うことで、切磋琢磨したり共感や影響を受けたりすることで得られようになります。

社会に出てからの異文化交流

よく聞かれる言葉に「一旦社会に出てからでもできるのでは?」というものがありますが、それと同じくらい聞かれるのが「学生のうちに留学や異文化体験をやっておけばよかった」という言葉です。

「大学生と社会人では時間について何が違うと思いますか?」

その答えは、「社会人は大学生と違ってとにかく忙しく自分と向き合う時間が本当に取りにくい」と言う点が挙げられます。

一度社会に出て経済的に自立すると、安定した収入を断って自分と向き合うためだけの時間を作ることは簡単そうにみえてなかなか難しいことだったりします。

社会に出てみたら分かるのですが「大学生という立場を利用し、やりたいことを突き詰め挑戦できることはとても貴重で贅沢な時間」と言うことを少しでも多くの大学生にも知って頂けたらと思います。

大学生が留学するデメリットは質が求められる

海外に渡航するための国際空港

「大学生が留学する上でのデメリットは何だと思いますか?」

それは小中学生が行う留学のように、海外を体験して帰ってきたり、軽く異文化交流をしたり、英語を勉強して帰ってくるような一般的な留学では無く、留学そのものの質についても求められてしまう」と言う点になります。

「私は海外留学に行ってきます!」と言うのは完全に高校生までで、大学生の留学になると「私は〇〇をするために〇〇と言うコースを経て、〇〇と言うことを行って帰ってきます!」と言うところまで留学を作り込んでおく必要があります。

「そこまでやらないといけないのか・・・」と意気消沈される方も多いと思いますが、逆に言うと、それほど『大学生が留学に出る!』となると周りが期待しているとお考え頂けたらと思います。

「私は留学して英語を勉強してきました!」と大学生が胸を張って言える時代では無くなってきたのだと、心の片隅においておいて頂けたら幸いです。

大学生が留学するメリット・デメリットを就職を忘れて解説!まとめ

学生生活の最終地点は社会に出ることです。しかし現代ではとりあえず進学し、就職活動を経て社会に出たけれど、本当に自分のやりたいことは何だったのか、生きる人生とは何なのか改めて考えてしまう人が少なくありません。

留学をするメリットは「英語力を上げる」「就職活動のアピールになる」などと言う表向きに見えやすいものから、「社会に出て自分のやりたいことが見つかった!」や「自分に自信がついた!」など、内面的な人間力を養うこともできることも大きなメリットだったりします。

「私は留学に出ても良いのかな?」

もし、答えが出ないような時は、留学をするメリットやデメリットを書き出してみて、「あなたにとってメリットがデメリットを上回る場合は、今すぐにでも留学に行くべき」だと考えてみてくださいね。

それは、皆様が「留学に出ようかな?」と考えていることは、「いつでも誰にでもできることではない特別に恵まれたことなんだよ!」と言うことだからです。

色々と留学の準備をしていると、どうしても帰国してからの就職活動のことを考えてしまうことがあると思いますが、「留学そのものに集中して、良い留学生活にすることで、就職活動などを超えた留学の本質にたどり着けることになる」と言うことを、是非、皆様にも感じて頂けたら幸いです。