社会人留学

ここが変だよ社会人の留学相談!その留学で大丈夫?

ここが変だよ社会人の留学相談!その留学で大丈夫?のイメージ

ココア留学へのお問い合わせでは、これからキャリアアップやチェンジしていきたい、昔からの留学の夢をあきらめきれないなど様々な目的をもってお問い合わせくださる社会人の方々がいらっしゃいます。

その中には、セカンドオピニオンのように別角度からのアドバイスを求めにお問い合わせくださる方もいらっしゃいますが、時折「なぜこの方にこの留学をお薦めしたのかな?」と思わせるような留学プランを計画されている方もいらっしゃいます。

そこで、今日はココア留学がよく出会う「社会人でこの留学?」と思うプランをご紹介していきたいと思います!

もし当てはまった方は、再検討の余地があるかもしれません。

年齢は関係ない!語学留学

外国の会議

英語やその他の言語の学習をセカンドライフの趣味としたり、留学にもシニア留学というジャンルもあったりと、出来る出来ないは別にして、何かを始めることはでき、年齢を理由にして諦める必要はなくなってきました。

そこで、学生の時に諦めていた留学に挑戦してみたいというご希望のもと、社会人の語学留学をご計画されている方も少なくありません。

ここでよくココア留学がお問い合わせいただくのは、「その留学は遊び・休暇ですか?それとも、今後のキャリアを考えてですか?」という質問です。

もちろんこんな質問をすれば、「遊びじゃありません!」とご回答頂くことがほとんどですが、ではその語学留学で何を得られるのかを考えた時に、本当にその後のキャリアについて考えているのかをもう一度問い直さなければいけません。

語学留学は文字通り、語学を学びに行く留学ですが、その他にも異文化交流や価値観を広げるなどの要素も感じることの出来る留学で、大抵の語学留学を考える社会人の方は、「英語をビジネスレベルに引きあげ、帰国後に活かしたい」「夢だった留学を経て、価値観を広げたい」というような目的を持っていらっしゃる方が多いです。

では帰国後、英語を活かした職業でライバルになるのは、有名大学を卒業しTOEIC990を叩き出すような秀才や母国語のように英語を話す帰国子女となるわけですが、一般的な語学留学の期間である6ヶ月~1年渡航しただけの留学生が語学で対抗できるとは思えません。

もっと言えば、採用する企業側としては、価値観を広げるための留学であなたが何をしてきて、何が出来るようになったのかを披露してほしいわけですから、英語が出来るようになりましただけでは戦えない現状があるのです。

この語学留学を、例えば、いよいよ役職が付く20代後半や管理職が多いであろう30代前半にやってしまうと、今まであなたが積み上げてきたキャリアがリセットされてしまう危険性をはらんでいるのです。

何でも始めることは意外と簡単ですが、社会人のキャリアを考えた時には、今の時代語学だけでは戦えない理由があるにも関わらず、このリスクを説明せずに、語学留学を勧める留学エージェントも少なくありません。

自信がある!ワーキングホリデー

談笑する留学生ふたり

「私は語学ではなく、働く経験を海外でしてきます!」とワーキングホリデー(以下ワーホリ)を想定して、ご連絡を頂くことが非常に多いです。

このワーホリも社会人キャリアを考えた時には、大きな落とし穴があるので要注意です。

ワーホリを考えられる方で、海外でも就労するのであれば、キャリアの延長となり、しかも海外での就労経験があれば、帰国後の転職により有利になるのではないかと考えられる方も少なくありません。

ただし、この話が成功するのは本当にあなたのキャリアの延長線上の就労経験が出来た場合のみの話です。

例えば、銀行の総合職でバリバリとキャリアを伸ばしていった方が、ワーホリで1年間ラーメン屋でキッチンを経験してきたとして、帰国後どんな部分がアピールできるでしょうか?

このようになってしまった時に、元々築き上げた銀行でのキャリアをラーメン屋でのアルバイトでストップさせたのですから、次の転職で苦戦されるであろうことは簡単に予想が出来ます。

もちろんすべての方のワーホリがこのようなルートを歩まれるわけではないので、ワーホリ=キャリアの崩壊ではないですが、特に英語が不得手と感じる方が現地のオフィスワークで働けるチャンスは著しく低く、たとえレストランやカフェでの接客業であっても、ローカルのショップで働くことは難易度が高いと多くの留学生が実感しています。

ですから、キャリアを継続させることやキャリアチェンジを考えた時には、ワーホリという制度はかなり不向きな側面があるということを覚えておいていただけたらと思います。

留学生
留学生

私だったら、ワーホリでも大丈夫だと思うんです!

COCOA
COCOA

ココア留学では、あくまでもこれまでのサポートに基づくアドバイスをさせて頂いています。そういったケースもあるとわかって行くのと、分からず行くのとでは全く違った経験も出来るはずなので、頑張ってください!

資格を取るぞ!カレッジ留学

アイデアを出す留学生

社会人の方からのご相談では、帰国後の転職に有利になるような資格を身に付けたいといったご希望をよく耳にします。

実際、検索エンジンで「留学 資格」と検索すると、TOEICやIELTSのような英語のスコアだったり、FITTといわれる貿易の資格だったりと、目指す業界によっては使える資格を取得できる留学が見られることでしょう。

この他にも、エージェントによっては、バリスタ留学や国際応急救護の資格が取れる留学などを打ち出す珍しいものもございます。

行ったからには何か形に残るものをと考えての資格なのだと思いますが、海外で取った資格が日本でどこまで活かせるのかをよくよく考えておく必要があります。

例えば、日本で有効といわれるTOEICスコアも、転職においては目安にはなるものの採用基準には無かったり、FITTでいえば歓迎条件にも見当たらなかったりと、転職求人条件を見ると意外に必要のない資格だったりするのです。

ただ、不安や焦りに急かされ、何かしら目に見える実績を求めている転職を控えた社会人の目の前に、転職に役立つ〇〇資格留学と出てきたらどうでしょう?

無いよりはあったほうがましと、先行き考えず、資格に合わせて留学プランを立ててしまう方もいらっしゃるのです。

留学プランを立てる際は、将来何の役に立つかもわからない資格を取りに行くのではなく、目標に必要であれば資格取得を目指す方が効率的です。

海外で取る資格は役に立たない?

国際公認会計士やMBAなど国際的にどこでも通用する資格がある中で、日本への帰国を前提としたときに全く使えない資格もあることも念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

例えば、国際公認会計士になる前の会計士の資格は、法律や会計ルールが異なる為、基本的にその国でしか役に立ちません。

他にも、その資格を取得するための努力は認めるけど、資格自体は帰国後に使えないといったケースがありますので、留学前にしっかり調べておくことが必要です。

留学・ワーホリしたい社会人の皆様へ
留学・ワーホリしたい社会人の皆様へメッセージ

こちらでは社会人の皆様のための動画メッセージとして、最新の社会人留学に対する考え方や留学・ワーホリの形を簡単にご案内させて頂いております!!参考になれば嬉しいです。

留学・ワーホリしたい社会人の皆様へメッセージ

社会人留学の成功ルートを作る

国境を越えた留学生

これまで、社会人が留学を検討する際に、注意するポイントを含めご紹介してきましたが、失敗しないためのルート設計についてお伝えしていきますね!

社会人留学の失敗しないためのルート設計

  1. Step.1 目的の設定
    社会人留学において、目的・目標が無い留学は行ってから後悔するケースが非常に多いです。
    何のための留学なのかを再確認する必要があります。
  2. Step.2 転職求人の下調べ
    ご自身が目標とするキャリアへの情報を得るときの大きな情報源が求人情報です。
    すぐの転職でなくても、参考になる情報が得られます。
  3. Step.3 必要スキルや資格の把握
    なんとなくイメージに合ったスキルや資格ではなく、取得目的のある資格の方がモチベーションに繋がります。
  4. Step.4 留学のプランニング
    目的目標をもって、帰国時の目的を果たすにはどのプランが最適なのかを考えていきましょう。
  5. Step.5 プランニングした留学へ出発
    後は綿密に計画された留学に出発し、経験を積んでくるだけです!
理想と現実のギャップ!?
留学・ワーホリしたい社会人の皆様へメッセージ

この記事が、将来の留学について考えていらっしゃる皆様の少しでも助けになり、そしてまた何か困ったことがありましたら、ココア留学とお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

あなたの留学には理想と現実でギャップがあるかも!?

ここが変だよ社会人の留学相談!その留学で大丈夫?まとめ

留学相談をする女性

さて、ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました。

ご覧頂いた方の中には、これは私の留学では?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何度も留学に行ったことがあり、プランニングに関して自分でも立てられると自信がある方以外は、どんな留学が自分に合っているのかやどんな留学が出来るのかということはわからないものです。

ここをサポートしていくのが留学エージェントであるわけですが、学校紹介のみのサポートだったり、見当違いなプランが紹介されるケースもあったりしますので、最低限留学の目的・目標はご自身で決められると安心かと思います。

ココア留学では、そういった目標・目的設定のサポートもカウンセリングで必要であれば行っていきますので、留学プランニングの枠に限られないご提案が出来ています。

これから留学を検討される皆さんに素敵な海外経験をして頂けるよう、ココア留学ではサポートをしてまいります。

改めまして、最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。