小学生(キッズ留学)

小学生の短期留学の効果はどれくらい?【英語改訂版】

小学生の短期留学の効果はどれくらい?【英語改訂版】のイメージ

お子様の留学前に多くのお父様お母様から頂くのは「小学生の子供が留学に行っても英語ってあんまり伸びませんよね?」と言う、子供の英語教育についてのマイナス傾向でのご相談やご質問です。

しかしながら、お子様を海外留学に送り出したお父様お母様からいただく感想と言うのは、「小学生だからあまり意味ないかなと思ってましたが、留学のおかげでウチの子は本当に成長しました!」と言う喜びのメッセージばかりだったりいたします。

もしかしてこれは『親たちが子供たちの留学をさせたくないと思っている?』とも取れてしまう大きなギャップがあります。

そこでここでは小学生の子供たちの短期留学について、「データ的に見ると一体どれぐらい差があるのか?」と言うお話をさせていただきたいと思います。

『子供たちを留学に送り出そう』と思っていらっしゃる方々のためのお話がメインになりますが、最後までお付き合い頂きましたら幸いです。

小学生は学校で何時間英語を勉強するの?

子供がぬいぐるみを抱く様子

まず初めに「小学生が学校生活においてどれくらい英語の勉強するのか?」についてお話しさせていただきたいと思います。

小学生は2020年度より英語教育改革によって、小学3年生より外国語教育、小学5年生からは英語の教科化が行われています。

どちらかと言うと小学3年生からの2年間においては『英語を楽しむ』と言う形のレッスンが取り入れられていますが、この授業はもともとは小学5年生および6年生を対象に行われていたものになります。

また小学5年生および6年生が受講してるレッスンは、教科化によりこれまで中学1年生で学ぶ英語と同等のものを『学校授業』として受けることになります。

単純にこれらの授業時間は小学3・4年生がそれぞれ35時間、小学5・6年生がそれぞれ70時間を割り振られておりますので、小学1年生から6年生までの英語の授業時間は、最低210時間が義務教育化されております。

そこで皆様に想像していただきたいのは、これまでの『中学1年生の英語力』についてです。

『中学1年生の授業を全て受けた中学2年生に入る前の英語力を、小学6年生が持つことになる』と考えていただきますと、2020年の英語教育改革により、子供たちの教育には非常に大きな変化となったことが分かります。

政令指定都市『さいたま市』の最先端教育

さいたま市のように、国に先駆けてさらなる英語教育の強化を行っている地域があります。

さいたま市の小学生の英語教育は、小学1年生から始まり、授業時間も全国よりもかなり長い時間を設定されています。

そのため、さいたま市の小学生の場合は、小学6年間には約480時間の英語授業が行われており、同じ小学生でも全国平均の2倍以上の英語学習が行われている地域もあります。

学習について英語試験の英検やGTECで考える!

笑顔で壁に腰掛ける男の子

次に、小学生が6年間で学ぶ英語学習時間210時間と言うもので、『どれだけ小学生の英語が伸びるか?』と言う英語学習時間における指標のようなものがありますのでご紹介させていただきたいと思います。

まず、英語力ゼロの小学生が小学3年生から英語学習をした場合、210時間の英語学習では『英検4級取得レベル』までの英語力を身に付けることができます。

また、GTECに換算した場合は、GTECは英検と違い、年齢に応じて様々なテストがあるのですが、高校受験でも使われるGTEC CBTでは約200点前後になり、本格的に英語を勉強するためのスタートラインについた段階と言うところになります。

こちらは余談ですが、大学入試における民間試験導入で基準になっておりました、CEFRと言う指標ではA1以下になり成績は出ません。

小学生なので当然ですよね!

小学生の英語民間試験について記事

小学生が、民間英語試験である『英検』『GTEC』にて「高校生にも負けないようなハイスコアを取得する鍵が、実は、海外留学にある」と言うお話について、以下の記事で詳しくご紹介しております。

小学生の英語試験と留学について

お時間が許される方は以下の記事も合わせてご覧いただけますと、より小学生の留学についての知識が深まりますのでご参照ください。

小学生がGTEC CBTでハイスコア!留学で高校生を抜く?

小学生が英検2級の難易度とは?留学すると取れる?

小学生の短期留学は期間が違う?

落ち葉の前に立っている女の子

小学生が短期留学を経験する場合、その多くが約2週間と言う期間を設定致します。

留学を作っているものの体感としてではありますが、小学5年生のうち約7割が2週間の短期留学で、そして残りが1ヵ月の短期留学を経験しています。

また、林間学校や修学旅行を経験した小学6年生になりますと、約1ヵ月の短期留学が6割で、残りの4割が2週間程度の短期留学を経験します。

まずは、小学生の短期留学の期間といっても、様々なケースがあることについて知っていただけたかと思います。

小学生の塾に掛かる費用は?

余談になりますが、小学校6年間に掛かる塾費用は公立・私立共に大きな費用となっており、特に、私立の小学生に掛かる費用があれば『3~5カ月の海外留学』も十分可能になります。特に、学費無償化が始まったいま、小学生の海外留学に注目が集まっています。

※ グラフをクリックすると塾費用の詳細を表示できます。

小学生の『塾』費用について?(単位: 円)
  小学1年生 小学2年生 小学3年生 小学4年生 小学5年生 小学6年生 合計
公立 25,392 27,448 32,626 62,453 98,413 94,813 341,145
私立 110,390 101,022 136,661 229,963 323,654 431,565 1,333,255

※ 小学生の塾費用は留学費用の何倍にもなっている。
(文部科学省:2015年度調べ)

小学生の短期留学の効果とは?

椅子に腰かけてる海外の男の子

そして、いよいよ本題となり小学生の短期留学の効果について、留学は子供たちにとって様々な面に大きな影響与えますが、今回は『英語力』というポイントだけに注目してお話しさせていただきたいと思います。

先に述べたように小学生の短期留学期間は様々ですが、今回はその中でも1番短い部類に入る2週間の短期留学の効果についてお話させていただきたいと思います。

単純に小学生が短期留学に2週間に出ると、子供たちの活動時間は、睡眠時間を省いて約16時間になります。

実際、16時間のうちで英語に触れている時間を約10時間と考えた場合、単純に

10時間(英語に触れる時間) × 14日(短期留学期間)= 140時間(短期留学における英語学習時間)

と言う計算が成り立つことになります。

「この140時間と言う時間が一体どれほどの意味を持つか?」といいますと、単純に小学5・6年生の2年間で小学校の義務教育で受ける時間と全く同じと言うほど凄い意味を持ちます。

たった2週間の短期留学で、これほどまでの時間英語環境に浸ることになるわけですから、正直言って効果がないはずがありません。

また、小学6年間の英語学習時間に、短期留学における学習時間で140時間をプラスすると、合計350時間になります。

この合計350時間の英語学習時間は、それぞれ『英検3級』の学習時間、『GTEC CBTで270点』に届くかどうかの英語力になり、中学受験はもちろんですが、高校・大学入試でも一定の意味を持つ『CEFR A1』にもあと1歩というところまで迫ることができます。

「小学生の短期留学恐るべし!」ですよね?

小学生の子供を持つ社長のお話

先日、ある社長のご家族での海外旅行でのお話をお伺いいたしました。

「うちの子供は、関西でも最も優秀な私立中学校に通っていて、英語も私なんかより全然できる。」

「それにもかかわらず、海外旅行でハワイに一緒に行くと、ホテルのフロントと英語で話すことに自信が無いのか、自分たちだけで部屋の鍵すらもらうことができない」

「日本の英語教育は、心を強くすることもターゲットにしなくてはいけないのではないでしょうか?」

実際に、海外に短期留学を経験した子供たちは、残念ながら『半強制的に英語を話さざるを得ない環境』へと入っていきます。

海外留学と海外旅行や修学旅行とでは『旅行とは言わない以上は中身が全く違う』と言うことも、ぜひ一緒に覚えていただければと思います。

小学生の春の短期留学in 2020!

小学生の短期留学についての効果が気になったなら?良かったら今までに聞いた事も無い留学プログラムも合わせてご覧ください!

体験型キッズ留学~シドニーの消えた秘宝を探せ!~

小学生の短期留学の効果はどれくらい?【英語改訂版】まとめ

姉妹で抱き合って喜んでいる外国の女の子

今回は小学生の短期留学について、【どれほど効果があるのか?』と言うお話を、学習時間をターゲットにしてお話しさせていただきました。

こうしたお話をさせていただきますと、やはりお父様お母様も、すごい興味を持っていただいて私どものお話を聞いていただけます。

しかし、短期留学の費用についてのお話になると、突然皆様の表情が暗くなってしまいます。

やはり、小学生の海外留学・短期留学費用は、他の年代の留学と比較してトラブルが多く、少し高めに設定されているためです。

しかしながら、ココア留学のように完全に個別に作り上げる留学の場合、「海外滞在スタッフの誰と話をして留学を作り上げるか?」によって、一般的な留学の半額程度で留学をお作りすることができてしまうこともあります。

そのためには、どうしても皆様のご協力と『ココア留学への早めの相談と決定の徹底』が必要になります。

もし、お考えの留学が8ヶ月以内に迫られるような場合には、今すぐにご相談いただければと思います。

また、ご家族の皆様からは費用が安いは当然ですが、満面の笑みを浮かべた子供たちと一緒に写真を送っていただけることも、多々ございます。

留学の醍醐味は正直言って英語ではなく、『親のありがたみ』や『自分がいかに恵まれているか?』と言うことに、小学生のうちに気づいてもらうことでもあります。

この記事をご覧になった皆様のうちの1人でも多くに、『小学生の海外留学の効果がいかに大きいか?』そして『子供たちの未来にどれほど大きな影響与えるか?』、実際に体感していただければと思います。

小学生の留学の効果は、少なくとも子供たちの将来や未来、10年20年先にまでに影響を与えますので。