留学全般

留学を失敗する詰め込みすぎる人の特徴!?

留学と観光・旅行は完全に別モノ!

留学と旅行に出ようとしているイメージ

実は、留学を失敗する人の多くは、大きく分けて2種類のパターンに分けられていたりします。

それは単純にいいますと、「留学を詰め込みすぎている」もしくは「留学の中身がない」と言う2つのパターンです。

ここではタイトル通り「留学を詰め込みすぎている人への注意」について語っておりますが、1番危ないのは『全く無計画な留学』だったりいたしますのでご注意ください。

無計画は「バックパッカー」や「旅」といったものであれば、非常に魅力的な出会いや瞬間を演出するものになることも多いのですが、「留学は計画が全て」なので旅行と留学の違いについてはご理解ください。

留学は海外に滞在することが目的ではなく、何かを修学・取得して帰国することが目的になることを事前に頭の片隅に置いておいてください。

留学期間に関しての要望が多すぎる!

退屈しているイメージ

それでは「詰め込みすぎた留学」が失敗する理由についてご案内させていただきたいと思います。

留学希望者の多くは、どうしても留学費用削減のために、ワーキングホリデービザ等を使ったアルバイトを考える方々が多いです。

その一方で掲げている目標といえば「英語がペラペラに話せるようになること」に加えて、「国際的な資格の取得」や「サーティフィケートやディプロマ」だったりします。

ただ、上記のように国際的な資格を目指される方の場合は、比較的高い目標を掲げていただいているため、時間的なものに関しても長めに設定してらっしゃる方が多いので大きな問題にならない場合が多いです。

しかし気を付けて頂きたいのは、英語力向上に加え、『異文化交流』や『海外生活を体験してみたい』といった方々だったりします。

異文化交流を留学の目標として掲げられる方々は、その多くの場合、日本で少なくとも英語を必死になって勉強している方では無く、海外旅行を経験して「もう少し英語を話せたら旅行がもっと楽しいのにな?」といった感覚で留学に出られる方々だったりします。

そういった方がこのような目的を立ててしまうと一体どうなるのか?と言うと、想像できてしまいますよね。

そうです。
英語学習・海外のアルバイト・文化体験・異文化交流・海外ボランティア・海外インターンシップなど、全てが中途半端になってしまい、結果、帰国時に持ち帰るものも全て中途半端になってしまったりします。

しかし、こうした事態になってしまうのは、何も海外留学について浅く考えてらっしゃる方々だけではなく、実は深く思い悩んでいる方々にとっても重要な落とし穴があったりします。

それがこれから話す留学期間中の体感時間についてです。

留学の体感時間は日本の約3~5倍!?

見ザル聞かザル言わザル

一般的に、留学経験のない方が個人で留学を設計される場合、日本での自分のスキルや実績をベースにして「自分が一体どこまでできるのか?」をイメージしながら留学を構築します。

しかし残念なことに、これが非常に大きな問題になります。

日本では、そのほとんどの場合において日本語を使って何かを学んでいるため、例えば数学や社会といった教科についても、漢字やひらがな生まれ育った環境で、日ごろからよく目にしているものを利用して学ぶことになります。

これが「第二、第三言語である英語を使って何かを学ぶ」と言う環境になりますと、本当に「自分がバカになってしまったんじゃないか?」と自身の能力を疑ってしまうほど学習に関する伸びが失われます。

これはおそらく、脳の記憶に関するプロセスの問題で、日本語で物事を理解する際であれば、10%の能力を理解力にして90%を記憶にすると言う事ができているかと思います。

しかしその一方で留学生に起きる現実は、90%が理解力で、10%が記憶になっていたりします。

例えば、アルファベットで羅列された海外の歴史上の人物の名前より、カタカナで記載された名前のほうが覚えやすかったりしませんでしょうか?

これが留学生が留学プランを作るに際し、詰め込みすぎてはいけないと言う理由です。

さらにドイツの心理学者である、マーク・ヴィットマンが唱えている体感時間についての法則によると、「脳に刺激がたくさんあれば時間は遅く感じる」、しかし「予定が詰め込みすぎてしまっていると時間が早く感じる」という理論です。

つまりは、留学に出て1~2ヶ月は本当にやることが多いため生活に慣れるだけで必死です。

そのため、あまりの忙しさからかなりのスピードで時間が過ぎて行きます。

しかし4ヶ月目以降になりますと、今度は留学生のほとんどが日本におけるストレスから解放された入学生活を送るため、時間が飛ぶように過ぎて行きます。

ダラダラした1日を過ごした週末が、あっという間に終わってしまうのも、日々のストレスから解放された時間を過ごして脳に刺激がない状態になるためです。

ですので留学経験者の皆さんに聞くと、平均して「留学生活は日本の時間の3~5倍のスピードで過ぎていく」と皆さんお答えになられます。

留学を詰め込みすぎることが、いかに大変なことになるのか?理解していただけたかと思います。

留学経験3カ月以内・3カ月以上の意志の違い
質問 3カ月以内 3カ月以上
異文化でもリーダーシップが取れる 54.4% 62.5%
将来が明確になった 46.1% 54.9%
語学へのモチベーション 49.5% 42.7%

※ 長い留学期間を経験した人ほど語学へのモチベーションは下がり、他の事柄へと挑戦できるようになる
(文部科学省 平成29年度調べ)

留学を詰め込み過ぎないようにする方法

留学先を楽しんでいる様子

それではどのように留学を設計すれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

まず自分の能力を評価して、今の自分であれば月給20万円くらいは稼げるだろう?と考えたのであれば、今と同じように留学先で生活すると、自分の実力はその半分以下程度の月給6~10万円程度になると思っておいてください。

またどんなテストでも良いのですが、例えば数学のテストで80点取る人であれば、こちらもその半分以下の30~40点位の実力になると考えておいてください。

そうやって自分の力量を判断した上で、例えばキャリアチェンジを目指す留学を構築する場合、「コンピュータについての基礎知識の無い自分がIT留学をすることは本当に可能だろうか?」や「ビジネス経験が全くない自分が、海外におけるビジネスやマーケティングをすんなり受け入れることができるだろうか?」と心の中でシュミレーションしていただければと思います。

留学のプランニングって、本当に奥が深いですよね?

ココア留学では、留学生たちが海外で常にこうした事態になることを想定して、ここに合わせた留学をお作りいたしております。

こうしたものは、なかなか留学経験者であったとしても作り上げる事は困難だったりいたします。

今回こちらでお話しさせていただいたことを通して、少しでも多くの方に「留学にどれほど詰め込めば良いか?と判断するのは非常に難しい」ということを知っていただけましたら幸いです。

そして万が一ココア留学の力が必要になったときはお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

皆様に素敵な留学生活が訪れますように。