留学全般

留学カウンセラーほど再評価されるべき仕事は無い!

留学カウンセラーはレベルの高い仕事である?

留学カウンセリング風景

近年になって、留学カウンセラー留学コンサルタントが、留学に関するアドバイスを行う専門家の総称となっています。

これらの仕事は専門知識が必要となり、また英語を使う機会にも恵まれるため、実はかなり人気のある職種だったりします。ココア留学の場合でも一度の求人広告で相当数の応募が集まります。

しかしこの留学カウンセラーと言う仕事ですが、人気のある職種であるにも関わらず、悲しいほど感謝されない職業でもあったりします。

それは一体どうしてでしょうか?

ここでは、そんな留学カウンセラーや留学コンサルタントといった仕事に求められるスキルと、なぜ評価されることが少ないのか?というお話をさせていただきたいと思います。

留学カウンセラーを目指す方だけではなく、これから留学に出る方々にとっての留学カウンセラー選びの参考にして頂けましたら幸いです。

留学カウンセラーのリアルな仕事内容とは?

カウンセラーが働いている様子

一般的な留学カウンセラーの仕事と言うのは、主に相談に来た留学生に対して語学学校や専門学校をご紹介することです。

そのため、一般的に見える職務範囲と言うのは、保険の窓口や不動産屋のスタッフのように、既存にあるサービスを紹介するだけのように思われがちです。

しかしその一方で、相談者側からは見えない、表に出ていない裏側の業務もたくさんあったりします。

カウンセラー自身には保険や不動産屋のような莫大なコミッションボーナス(契約ボーナス)も無い中で、人の人生に1度あるか無いか?と言う大変責任のある「海外教育」という分野に従事しているのです。

本気で留学カウンセラーとして勤務すると、自分の失敗が直接的に自分の担当した留学生に返ってくるため、ミスをした日の夜などは悔しさや罪悪感でいっぱいになり、寝れなくなってしまうこともしばしばです。

手配しているものも、車や家といった、物として目に見えるものではなく、「教育」という、渡航した留学生の努力による協力が必要なものになります。

そのため、カウンセラー自身が必死に努力して留学手配を完璧にこなしたとしても、それだけでは完璧な仕事にはならない、というもどかしさもあります。

また留学に関するクレームは、完璧な手配をした後にも起こり得る、という事実がさらに留学カウンセラーたちを苦しめます。

一見すると華やかなオフィスジョブではありますが、精神面はかなり辛い仕事だったりもします。

留学カウンセラーのステータスが低い理由とは?

壁際に座る猫

そのような中、一般的な留学カウンセラーの給与形態は、低い固定給にプラスされた歩合給となっていることが多く、一見すると仲良くオフィスに座っているカウンセラーたちは、生活のために隣同士で生徒を取り合っていることもしばしばです。

これは多くの留学会社の経営陣も認めてしまっており、求人広告を検索すると留学カウンセラーの求められるスキルとして、営業力といった記載が行われています。

気がつけば、日本の将来を背負っていくべき留学生たちの相談に乗る、教育事業であるはずの留学カウンセラーたちは、いつの間にか教育商売に特化したセールスパーソンになっているのですから、ステータスを低く見られても仕方ないのかもしれません。

しかし、それはあくまで、一般的な留学会社の留学カウンセラーと呼ばれる方々になります。

留学カウンセラーを目指す人たちとは?

では、本来の留学カウンセラーとは、一体どういった人たちなのでしょうか?

留学カウンセラーを志す方々の多くは、当然のことながら留学経験者でなければならないため、必然的に高学歴なケースがほとんどです。

さらにその志は高く、自分自身が留学時に留学カウンセラーに助けられた経験があり、「次は自分が新しい留学生を助ける番だ!」と考えて就職を希望するカウンセラーも少なくありません。

海外経験や語学力のある彼らにとって、外資系を始めとする条件の良い仕事ならばいくらでもあるはずですが、、、。

それでも、留学カウンセラーという職種を選んでいるのです。

理想の留学カウセリングスタイルとは?

留学カウンセラーのスタイルイメージ

そして最後に、理想とされる留学カウンセラーが行うカウンセリングのスタイルについてご案内させていただきます。

理想となる留学カウンセリングのスタイルとは、留学カウンセラーが一対一と言う立場で生徒と向き合い、時には出資者である両親に対しても留学生の味方になり、そして代弁者となり、サポートするカウンセリングスタイルです。

また留学相談者が「こんな留学はどうだろう?」と希望する留学が、プロである留学カウンセラーが見ると、全く良いと思わない、あるいは、その相談者にとってマッチしていないと思われることがあります。

その際は、たとえ相談者の気分を悪くしたとしても、希望する留学がマッチしていない理由を、しっかりと相談者が納得するまで、切々と伝え続けることも理想のカウンセラーのスタイルだったりします。

利益率の高い、フィリピンなどの物価の低い国や地域の斡旋にばかり力を入れるのではなく、世界的な地域や国から相談者の希望する留学を作り上げることこそが、留学カウンセラーの仕事といえます。

どうすれば本物の留学カウンセラーを見極められるか?

留学カウンセラーを見極めるイメージ

答えは非常に簡単です。

・私は俳優女優になりたいです。
・私はプロ野球選手プロサッカー選手になりたいです。
・私は世界で活躍する音楽家になりたいです。
 そして、そんな私に合った留学を作って下さい。

このように相談してみて下さい。

通常、こういった留学を、一般的な留学カウンセラーが特別に作っていることは大変稀です。

「わが社ではこんな留学は作れません!」とすぐに回答があった時点で、その留学カウンセラーは日常から、相談者の留学をゼロから作り出した経験が1度もないカウンセラーさんということになってしまいます。つまりはパッケージ留学の案内だけを行っている人になります。

そんな中で、プロ留学カウンセラーはこうした場合、必ず「時間をください」と相談者に対して伝えます。

そして、考え抜き、調べ抜き、相談した上で、「その留学が自分のスキル内において本当に可能かどうか?」を導き出し返答します。

是非、あなたの将来を任せてもいいような留学カウンセラーを探してみてくださいね!!

そして万が一見つからなかったらココア留学にご相談ください。ココア留学の留学カウンセラーは、間違いなく世界一のスキルを持った留学カウンセラーたちばかりですので!!