留学全般

留学に靴は持っていく?知っておきたい海外の靴事情

留学に靴は持っていく?知っておきたい海外の靴事情のイメージ

留学生の皆様から時折あるのが、「留学には何足の靴を持っていけばいいですか?」といったご質問です。

加えて留学生の中には「どのような靴を留学にもっていくか?」と悩んでいらっしゃる方も少なくありません。

そこでここでは、留学の靴事情について詳しくご説明させていただきたいと思いますので、もし皆様のお時間が許されるようでしたら最後までお付き合いください。

留学にたくさんの靴は必要ない

海外のハイキングシューズ

留学期間にもよりますが、留学生の中にはスーツケースの中に4~5足も詰め込んで渡航される方がいらっしゃいます。

しかし、実際、留学期間中に必要な靴の数は2~3足で十分だったりいたします。

そこでまずは「どのような靴が必要になるのか?」靴の種類からご案内させていただきたいと思います。

スニーカー

留学生にとって最も必要な靴と言えばスニーカーです。

特に留学期間中は、アクティビティーなど日本にいる頃よりも歩く機会が圧倒的に増えるケースが多いです。

そのため、歩きやすさを重要視したスニーカーは留学の必需品と言えるものとなっております。

まず、「どんな靴を持っていこうか?」と考えたときに絶対にはずしてはいけないものがスニーカーだとお考えいただければと思います。

サンダル

次に「留学に必要でしょうか?」と言うご質問が多いのがサンダルです。

特にカナダやイギリスといった国々に留学予定の方からのサンダルに関するご相談は少ないのですが、フィリピンやオーストラリアといった暖かい地域に留学される方からの質問が集中しています。

サンダルはちょっとした外出等に便利なので、日本から持参していただいても良いものになります。

海外のビーチサンダルは、どうしてもクオリティーが低くかったり、サイズがかなり大きいものしかないこともあるため、必要に応じて日本から持参するのもありです。

パーティー用の靴

日本で経験することはほぼ皆無であったとしても、留学中には様々なパーティーが開催され、そこに足を運ぶことも珍しくありません。

そのため「パーティー用の靴について持参すべきか?」と言うご相談をお受けすることがありますが、正直、パーティー用の靴は、あれば便利ですが現地での調達も視野に入れてみても良いものでもあります。

どうしてもスーツケースに入れてしまうと型崩れが心配になったり、荷物の重量が増えてしまいますので、スーツケースの重さや収納スペースに合わせて、持って行くかどうかを考えていただければと思います。

海外で靴を購入する時の注意

海外の秋の風景とスニーカー

海外で靴を購入するときの注意として、日本の靴と比べて足の甲の部分が比較的低く、そして幅も狭めで作られていることが多い点です。

それは日本人の足の形に合わせた靴が日本国内で販売されているためなのですが、海外で靴を購入される際は、日本で言う海外ブランド店で靴を購入するようなものになりますので、そもそものサイズが違ってくるとお考え下さい。

特に海外に住んでいる日本人の方々もあまり知らないのですが、海外の靴は生形に合わせてサイズを調整されている一方、日本の靴は実際の人の足に合わせてサイズが調整されてあります。

そのため、同じようなサイズであったとしても実際には、海外の靴と日本の靴では誤差が生まれますので、購入する際はサイズにだけはご注意いただければと思います。

留学前に知っておきたいこと
留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

実は、留学から受けるストレスを大きく緩和することができる魔法の言葉『1136』というものがあります!良かったらこちらのお話も合わせてご覧になってみてください!

留学中の悩みを解決する魔法の言葉『1136』とは!?

最近の留学では必要な靴が増えた?

外国の革靴

実は最近の留学生の皆様から、「留学に就活用の靴を持参すべきですか?」と言うご質問をお受けすることがかなり増えました。

ここ数年大学生のインターンシップが盛んになったこともあり、こうしたご相談が急増しているのですが、海外の就職活動は日本とは違うため少し注意が必要になります。

日本と海外の就職活動の違い

日本と海外の就職活動の最大の違いと言えば『面接の方法』と言いますが、実は、服装にも文化の大きな違いがあります。

例えば、日本の就職活動の場合、職種に影響されることなくリクルートスーツやきっちりとした服装に身を包んで上で面接に挑みます。

しかし、海外の就職活動は日本のように皆同じ姿で面接を受けることはなく、希望する就職先に応じてもっと自由な服装が許されます。

パティシエとして海外インターンや就職をしたい方の場合、バリバリのスーツ姿と言うよりも、直ぐにでも料理の技術を披露できるような服装が好まれます。

そのため就職活動用の靴は「留学先でどのような職業につきたいか?」によって大きく変わっていくとお考え下さい。

靴を見る面接官は多い

海外の面接官の多くは、就職希望者の靴を面接の際に必ずと言って良いほどチェックします。

その際、新品の靴である必要はありませんが、やはりきちんと磨かれた靴であり、さらに職業にマッチした靴であると印象が良いです。

特に、海外で営業関連の仕事へ就職を希望される際は、面接官の多くは鏡面磨きをされたような光沢のあるビジネスシューズを履いています。

そういった光沢ギラギラの面接担当官は、特に皆様の靴を意識的に見ておりますのでご注意いただければと思います。

コンサル留学って何?
海外で企業・人材コンサルを目指すコンサルタント留学

最近、ココア留学の方にお問い合わせが多くなっている留学に『コンサルタント留学』というものがあります。こんな質の高い留学をしている人がいるのか!と驚かれるほどの留学なのですが、良かったら合わせてご覧ください!

海外で企業・人材コンサルを目指すコンサルタント留学

ハイヒールは持っていくべき?

黒いハイヒール

女性からよくある靴に関する質問として「留学にハイヒールは持っていったほうがいいですか?」と言うものがあります。

こちら、特に女性に気をつけていただきたいのは、海外に行くと日本人女性のための洋服のサイズや靴のサイズがなかなか見当たらないことが多いと言う点です。

靴のセレクトショップに入ってみても、気に入ったものはサイズが大きすぎたり、ようやくサイズがあった靴を見つけた時には、デザインが全く気に入らなかったりしてしまいます。

最近ではアマゾン等を使って靴を購入する留学生も増えてきていますが、ハイヒールはなかなか自分にぴったりのものを購入するのが難しいため注意が必要です。

もし、スーツケースに隙間があるようであれば一足で良いので忍ばせておくと安心ですね!

靴を明確にする留学準備ステップ

  1. Step.1 留学中に就職・インターンを経験予定ですか?
    経験予定の場合はビジネスシューズの持参を視野に入れる
  2. Step.2 女性 or 足が小さい方ですか?
    小さな目の靴は数が少ないので、日本からの持参を視野にいれます
  3. Step.3 温暖な地域に留学予定ですか?
    少し良いサンダルを持参することをオススメします
  4. Final Step. スーツケースの重さと隙間は?
    スニーカーは履いて行くとして、スーツケースの重さと空き状況に応じて、何足靴を持って行くか決めます
    留学に必要・便利な持ち物リスト【印刷可】

留学に靴は持っていく?知っておきたい海外の靴事情まとめ

笑顔の外国人女性

いかがでしたでしょうか?

留学と靴のお話をしましたが、インターンシップや就職活動まで考えますと、かなり深いお話になっていることを知っていただけたら嬉しいです。

特に、海外で気に入った靴を見つけたとき、その値段のあまりの高さに手を出せないことも珍しくありませんが、それが切っ掛けとなり面接に落ちることだってあります。

そのため靴1つをとっても、渡航前の計画次第で留学費用を節約できることを覚えておいていただけたら幸いです。