留学全般

「日本で英語を勉強します!」は難しい?その理由は?

「日本で英語を勉強します!」は難しい?その理由は?のイメージ

「英語力を上げてから海外へ行こうと思ってます!」「日本で英語を学べば留学費用の節約になりますよね?」最近はそんなご相談が増えてきています。

しかし、実際のところ『留学』という明確な目標があるにも関わらず、日本で英語力を伸ばせる方はそう沢山はいらっしゃらないのですが、こちらにいらっしゃる皆様はその理由をご存知でしょうか?

そこで今回は「日本にいながら英語を身につけることができるのか?」ということに注目して、解説・ご案内してみたいと思います。

私たちは英語が苦手?

考えている外国人女性

SNSやオンラインゲームなどで自宅にいながら簡単に海外と繋がることができる昨今、相手とコミュニケーションを取るために「世界共通語の英語くらいはできるようになりたい・・」と感じる方も増えてきています。

しかし、一度皆さまに試してみて頂きたいのですが、まず皆さまにとって身近な人たちであるご家族や友人、同僚などを頭の中で思い浮かべてみてください。

さらに、その中でも「外国語を話せる人」を思い浮かべてみてください。

今ここにいらっしゃる皆さまの中のほとんどが「あれ?外国語を話せる人ってあんまりいないな・・」と思われたのではないでしょうか。

これは不思議なお話なのですが、皆さまの多くは今までの人生の中でも数年間の英語の授業を受けていらっしゃるはずなんですね。

街を歩けば『英会話スクール』があり、本屋に行くとたくさんの『英語学習教材』が置かれていますし、YouTubeを始めとする動画サイトやTwitter・InstagramなどのSNSでも『英語学習に関する情報』が毎日のように更新され、Netflixなどの動画配信サイトでも『英語学習に使える洋画』がたくさん見つかります。

お住まいの地域によって差はあれど、これまでの学生生活や日常生活の中で英語を学ぶ方法は山のようにあるはずで、振り返ってみると今までも意外と英語に触れてきていたのではないでしょうか。

日本で暮らしていても英語を学ぶチャンスがある中で、英語を話せるようになるのが難しいと感じてしまうのはなぜか?その理由をお話していきたいと思います。

日本と海外の英語学習どう違う?

夕日を眺める外国人女性

「日本で英語力を伸ばしたいな」「どうして留学がいいの?」とお考えの皆さまの為に、日本と海外で英語の学び方がどのように違うのか?ポイントを絞ってお話させていただきます。

英語を使う頻度や量が圧倒的に少ない!

英語が公用語の会社で働いていたりインターナショナルスクールに通ったりしない限りは、英語を使って話したり読んだり書いたりする頻度・量がとても少ないことは皆さまにもイメージして頂けるかと思います。

もしこちらに「これから毎日英文法を学ぼうと思っています!」「週末には英会話教室に通ってます!」という方がいらっしゃったら是非一緒に数えてみて頂きたいのですが、1日24時間のうち8時間を睡眠時間として、残りの16時間をどのように過ごしていらっしゃいますか?

さらに1週間として考えた時に、1日24時間x7日間=168時間のうち、英語に触れているのは何時間くらいになりそうですか?

また、その勉強時間は毎週必ずキープできていますでしょうか?

へとへとに疲れていて「今日はもう英語の勉強はいいかな・・」とベッドにダイブしたり、机に座ってみたはいいもののスマホを触ってしまいあっという間に時間が過ぎていたことはありませんでしたか・・?

ドキッとした方も多いと思いますが、やはり厳しいお話をさせていただくと、多くの方にとって『英語』というのは義務教育の数年間で数百・数千時間におよぶ学習をしてきても身につけることのできなかったものなのだと思います。

しかも大人になってからの英語学習は勉強以外にもやることがたくさんある中での『優先順位』との戦いになります。

今の段階であなたが海外にポンッと放り出されることを想像してみて頂くと「ちょっと日本で勉強してみた!」で学んだ英語がどのくらい自分を変えてくれるのか、どのくらい役に立ちそうかと考えてみていただけるかと思います。

その一方で、海外留学して英語圏で生活しているとどうなるか?と言いますと、街中にいてもホームステイをしていても『英語』で意思を伝えないと何も始まりません。

英語を使わないとどうしようもない!という場面に毎日遭遇することになりますので、強制的に英語を使う頻度や量、そして英語を勉強しなければならない優先順位がぐっとあがります。

スクール等に通うにしても、例えば日本で英会話スクールに通う場合は授業の設定や手続きなどは全部日本語で行い、スクールに向かうまでの間も日本語で生活し、教室に入って授業が始まってからやっと英語を学ぶ時間が得られます。

そして、語学を身につけるためにはたくさん話すことが大切!とわかっていて「語学を学びたい」という共通の目的を持ってそこに来ている仲間であるにもかかわらず、他の生徒の方とは授業が終わった瞬間に日本語での会話に戻ってしまう・・なんてことも多いのではないでしょうか。

その点、海外で語学学校に通う場合は、生活面の手続きも語学学校に向かう道のりも、休み時間や授業後に友達と話すのも英語を使わなければなりません。

日本にいると外国語で話す機会をがんばって自ら作りださなければなりませんが、外国にいると語学学校に入学するとき・買い物をするとき・道に迷った時、あらゆる場面でがんばって英語で話さないと何もできなかったりします。

語学力を上げるためには、実際に話す量・使う量を増やして頻度を上げることが圧倒的に大切なので、海外で生活をしてどうしても英語で話さなければ生活に困ってしまうという環境に自分の身を置くことは語学を上達させる近道となるのです。

勉強する環境が違う!

日本と海外では英語を使用する量・頻度が違いますよ!ということをお話しましたが、授業中の勉強環境も当然ながら違います。

外国語を身につけるために必要なこととして、インプット(単語やフレーズを覚えること)とアウトプット(覚えたことを実際に話すこと)があります。

日本で実践できるアウトプットの方法としては英会話スクールに通ってグループレッスンやマンツーマンレッスンを受けたり、海外にいるネイティブの先生とオンラインで英会話の練習をしたりするという方法があります。

日本語では言いたいことが浮かぶのに、それを英語でどう表現するのかわからなかったりしてはじめは全然話せなかった方も、回を重ねるごとにだんだんと英語で自分の考えを伝えることができるようになります。

実は留学される方のほとんどが「まず日本でアウトプットの練習をしてから海外に行こう」とお考えになり、実際に「前よりも英語を話せるようになった気がする!」という実感と自信を持って留学される方もいらっしゃるのですが、いざ海外で語学学校に通ってみたら「授業で全く発言することができなかった・・」というお話もよく聞きます。

日本ではもう少しうまく話せていたはずなのに、海外に来てみたら今までの成果を発揮できない!というふうに感じてしまうんですね。

もちろん初めての海外で緊張していたり、環境の変化に慣れていないという理由もあるものの・・・もっと大きな要因として「日本での勉強環境が恵まれすぎていた」ということが言えるのではないでしょうか。

日本での英語レッスンでは、言葉につまっていても生徒が話し始めるのを先生たちは根気よく待ってくれますし、あまり発言できていない生徒には話す機会を与えてくれて分からないところや間違っているところは丁寧に説明してくれます。

それに対し、海外に出ると他の国からきている留学生にも揉まれるので、他の人たちがどんどん積極的に発言する中で自分が話し出せずにいると、そのまま自分の発言のチャンスが失われてしまうこともあったりします。

そういうリアルな英語環境で学ぶからこそ、生きた英語を身につけることができるのです。

このように、日本にいても学んだ外国語をアウトプットする機会はつくれるのですが、それは英語を話しやすいように周りの人が配慮してくれている恵まれた環境なのかもしれないという可能性を、頭の片隅に置いていただけたらと思います。

まだまだ、こんな違いもあります!

PCを使っている外国人女性

海外と日本の文化が違う!

当然ながら、新しく語学を学ぶ時にはじめからスラスラと話すことはできませんが、私たち日本人の傾向としてどうしても「間違えたら恥ずかしい!」と考えてしまいがちです。

英語でも仕事でもスポーツでも、最初は失敗や間違いを繰り返しながらだんだんと上達していくものですよね。

それを頭では分かっていても気持ち的に抵抗があり、間違うことを恐れてあまり話さなくなってしまうということが日本人の英語のスピーキングが苦手とされている理由のひとつでもあります。

この「間違えたら恥ずかしい!」は文化に近いものなので、日本の中で日本人に囲まれて生活をしている中でどのように英語力を伸ばしていくか?と考えると悩みどころになってきます。

先ほど、海外の語学学校でなかなか発言ができない日本人のお話をしましたが、まさにこの理由は「失敗を恐れ・間違いを恥ずかしいと思う考え方」を持っていることにあるのです。

しかし、海外で語学学校に通っていた生徒さんからよく聞くこんなエピソードがあります。

留学生
留学生

同じクラスの外国人のクラスメイトが意見をどんどん発言してるのに、私は全然発言できなくて『他の子よりも語学力が低いんじゃないか?』と最初は本当ショックでした。。

でも学校にも慣れてきて、授業を落ち着いて受けられるようになったら、彼らが話している英語が・・実は文法などがそれほど正確なわけじゃなくて勢いでバーッと話しては先生に訂正されて・・・という学習の仕方だったことに気づいたんです(笑)

大人になるとより一層「間違うのは恥ずかしい」というふうに思いがちで、単語をたくさん知っていて文法もちゃんと理解している人でも『正しく話さなきゃ』と思ってしまって人前で発言することを躊躇してしまいがちです。

もちろん正しさを追求することはとても良いことで、間違っていても伝わればいいや!ということではありませんが「正しい方法で話したい」と思いすぎるとそれはそれで英語力、特にスピーキングの力を伸ばすことを阻んでしまうのではないでしょうか?

その点、海外へ留学に出てさえしまえば色んな留学生に揉まれて勉強する中で「間違えるのは当たり前!」という考えが染み込んでくるので、その分英語の成長も早くなりますし、長い目で見たときに結果的に時間の節約にも繋がったりします。

モチベーションが違う!

留学先で英語を学んだ生徒さんにお話を聞くと「本当に行ってよかった」「大変だったけど楽しかった」と仰る方がほとんどです。

日本で勉強していると、語学の勉強が学生の頃にしていた試験勉強や受験勉強の延長線上にあるもののように感じてしまいがちですよね。

でも海外で勉強していると語学を学ぶことは日常生活に直結してくるので、「勉強」という感覚だけでなく楽しいことにも変化します。

また、中学や高校で勉強していた内容は実際に大人になってからどこで使うのかわからないこともたくさんあったように、日本で学んだ英語はすぐに使える機会がなかなかありませんが、海外で英語を学ぶことで覚えたての英語を実践の場ですぐに使うことができます

知らない土地での生活・文化の違う友達との交流は新しい発見がたくさんあり、大変なことや辛いこともちろんありますが、それも含めて充実した留学生活になります。

英語を身につけたい!と思っている方には、早いうちに日本から飛び出して海外という新しい世界で刺激を受けながら生活し学び、その経験を今後の人生に活かしていくことをお勧めします。

英語学習に興味のある方へ

海外オフィスの会議

留学するなら、まず『最短スケジュール』を検討しよう

ここまで「日本で英語を学ぶこと」と「海外で英語を学ぶこと」を4つの観点から比較をしてきて、語学は現地のほうが学びやすいということが伝わったのではないかと思います。

今まで留学を希望されている方のご相談にたくさんお応えしてきた中で、ご相談者が時々仰る言葉があります。

「でも、やっぱりもう少し勉強して英語を話せるようになってから留学します!」

もちろん海外で生活しながら英語を身につけたほうが良いことは、ご相談者の皆さまにもご理解頂いていて、少しでも早くスタートさせたほうが良いのは明らかです。

それでも海外生活への不安から「実際に留学へ行くのはもう少し英語を話せるようになってからにしよう」とお考えになる場合があります。

もちろん、海外で生活をするためにはたくさん用意しなければならないことがあり、現地での勉強を少しでも充実させるためにしっかり準備していくことは大切です。

ただ、英語についてはいつまでも「準備万端」になることはありません

もう少し話せるようになってから行こう!と思っていると、このご時世では留学へ行くタイミングを逃してしまうこともあります。

「あの時に海外へ行ってしまえば一番良かったのに・・・」というお悩みを聞いて、胸を痛めることもあります。

英語力・お仕事・学校・費用など悩むポイントはたくさんあれど、どうしても『時間』だけは戻ってこないので・・

海外に行くにはそれなりの覚悟が必要な場合もありますが、「今の自分のまま海外に行く!」という勢いや決断も、英語を話せる自分になる為には必要かもしれませんね。

英語ができなくても留学できる?
英語ができない人のための海外留学

英語が苦手だけれど留学してみたい!という方もいらっしゃると思いますので、留学中の心構えについて是非合わせて読んでみてください!海外生活や語学留学を最大限に活かして英語力を上げるためのポイントが見つかります。

英語ができない人のための海外留学

「日本で英語を勉強します!」は難しい?その理由は?まとめ

学習ノートと筆記用具

今回は英語学習についてお話してきましたが、最後に留学を考えている皆さまにお伝えしたいのは「言葉はコミュニケーションをとるための道具である」ということです。

誰もが一度は目にしたことがあるほどよく使われているフレーズですが、この言葉の『本当の意味』を実感できるのは日本語が通じない環境で生活する時だと思います。

道具はいくら使い方を勉強しても、手に取って実際に使う練習をしないと上手に使いこなせるようにはならないように、英語もたくさん話して伝えて実際に使うことで上手に扱えるようになります。

野球でいくら素振りの練習をたくさんしていても、実際に飛んでくるボールを打つ練習をしないとホームランを打てるようにならないですよね?

それと同じで、英語の勉強においても単語やフレーズをたくさん覚えたり綺麗に発音できるように練習することは通過点でしかなく、実際に話して使うことで『語学力』は養われていきます。

特に、海外就労や海外移住などを希望されている方は高い英語力が必要になりますので、いつどのように英語を学ぶか?を是非しっかりとご検討頂けたらと思います。