留学費用・予算

留学費用はコスパが全て!渡航期間で考えるな!!

本当の留学費用の計算方法ってどういうこと!?

古い電話と新しいパソコンで新旧就職活動のイメージ

『留学費用について掲載されたサイト』というのは調べさえすればたくさん見つかりますが、「その全てのサイトが留学期間のみに必要になる費用だけが記載されている」と言うことに、違和感を覚えた方はいらっしゃいませんでしょうか?

しかし残念ながら、留学費用と言うのは旅行のように渡航期間だけを考えれば良いものでは無く、留学前や留学後も考えて費用計算しなくてはいけないものだったりします。

「そんなことって考えたこと無いよ?」と思った皆様へ、ここでは『本当の留学費用の計算方法について』しっかりとご案内させて頂きたいと思います。

特に、「これから留学に出よう!」と考えていらっしゃる学生や社会人の皆様、または、「ご子息やお嬢様の留学費用負担することになる!」と言う保護者の皆様に、正しい留学費用に対する考え方を身に付けて頂けましたら幸いです。

留学費用はそもそも人によって大きく違うべき!

沢山の留学生たちが勉強している様子

例えば、「私の娘は、CA(フライトアテンダント)になりたいと言う夢があるんだけど、それを実現させるためには、どれぐらいの留学費用がかかりますか?」と言う相談があった場合、即答できる人はいません。

それは、ご相談者のお嬢様についての情報が全くないためです。

しかし、留学サイトには「〇〇留学は、1年間で200万円です」といったパッケージ的な見積もりが当たり前のように掲載され続けているのが現状ですが、このように1人の例を出しただけでも「この見積もりが渡航者全員に対しての目安になるのはおかしい」と気づいて頂けますよね?

そうです。実際は、「1年間で200万円と言うパッケージ留学の中身」は、180万円で同様の留学が可能になる方や、100万円程度で可能になる方など様々なバックグラウンドを持っている方々が入ってしまい、そこにさらに『留学会社として利益が出る金額』に設定されていたりします。

留学はどれほど一人一人に合わせて作ることが大切なのか?」と言う事実について、こうして留学費用についてサラリと考えただけでもご理解いただけたかと思います。

特に留学は旅行とは違って、『一生に一度』となる方がその大部分を占めますからね!!

わが社の留学プログラムは他よりも安いんだよ!

Find Jobと言うパソコンのキーボード

次に、留学費用について掲載しているサイトでは、「わが社の留学プログラムは他よりも安いんだよ!」と、値段ばかり強調されたものをよく見かけます(ココア留学もその一社だったりもしますが・・)。

しかし不思議なことに、そうした留学会社が記載しているサイトには留学期間中に必要な費用にだけ書いて有って、留学前や留学後の費用については一切触れられておりません。

それは一体どうしてだか分かりますか?

答えは簡単です。
留学を旅行の延長線上として考えているからです。

実は、クオリティの高い留学プログラムには「そもそも参加することが可能かどうかの事前判断システム」が設けられており、そのプログラムをこなすことで「現在かかっている英語塾の費用をゼロにする!」や「現在の給料を2倍にする!」と言った、留学生を成長させることによる対価と個人の目標が必ずセットとして設定されています。

例えば、高校や大学に進学しようと考えた時に「進学希望する学校を卒業することによって、その後の人生がどのように変わっていくのか?」と、必ず考えて進学先を選びますよね?

そうで無ければ、期間や学費が他の学部と比較して高く設定されてある私立大学の医学部への進学希望者はゼロになるはずですので・・・。

そうした考え方と同様に、海外留学もまた同じように渡航前・渡航後の人生について、考えて留学費用の計算をする事が必須となります。つまり「海外留学はあくまでも海外旅行の延長線上ではないよ!だから学校期間だけで費用を考えては絶対にダメなんだよ!」と言う認識が、必要になるので注意していただければと思います。

本来であれば『留学』が強調されるべきは「帰国後はこんなに英語が伸びるよ!(スキルが伸びるよ!)、だから帰国後は〇〇ができるようになる!そして、さらに加えて安い留学プログラムです!」と、質が先で無ければいけない訳ですね。

留学費用の目安についての注意!

海外で学位を収めた大学生のイメージ

次に、『留学生の成長や変化について』や『留学における出発点と終着点の個人的な違い』について考慮しないで留学を作り上げると、留学はいつの間にか『パッケージ旅行』のようになってしまいます。

「個人を伸ばすために留学に出たい!」と考えていたはずが、気がついたら費用にばかり目が行ってしまって、いつの間にか『既存の留学プランに自分を当てはめること』を意識するようになり、気が付けば自分を伸ばすことが目標だったにも関わらず、海外で滞在することが目標になってしまったりします。

周りのみんなの費用は関係ない。『現在の自分が目標となる自分になるための留学費用』を考えなければいけないと思っておいてくださいね。

例えば「小学1年生に対して因数分解ができるようにして欲しい!」と言うケースと、「中学生3年生が高校受験のため因数分解を解けるようにして欲しい!」と言うケースでは、当然、掛かってくる時間もコスト全然違いますもんね?

留学費用の考え方はこうします!まとめ

パソコンを使って就職活動をしている部屋

最後に、留学費用を計算する際、必ず考慮しなくてはいけないのは『費用対効果』です。

特に社会人の場合には分かりやすいのですが、「自分が帰国した後に一体いくらのお給料で働くことができるようになるのか?」を、計算の対象に加えるようにします。

つまりは渡航期間だけではなく、その前後で1~2年まで考えておくと良いです。

例えば、「留学期間が3年で、2年間の学生期間に必要になった費用が400万円で、3年目の就労期間には年収600万円の仕事に就けるようになる!」というような留学計画を立てた場合、3年間の学費や生活費を差し引いてもプラスで帰国できる場合、『留学費用は実質0円』と言う風に計算します。

また小中高生の子達が留学に出る場合は、留学に出た期間によって『受験勉強対象となる英語科目の学習時間を実質0時間』にすることも可能です。

その場合、子供たちの将来にわたって「一体どれほどの価値があるのか?」と言う、時間的だけでは無くて精神的な苦痛からの解放についても留学費用を考える判断材料にすると良いです。

しかしながら、やはり留学の費用については金銭的な目安をやっぱり知りたいですよね?

その場合、1番簡単なのは、
「学費: 10万円/月・生活費: 10万円/月」と言う計算です。

加えてこの金額に
「保険料18万円/年~ + 航空券10万円~」
を足せば、世界中どこの留学費用でも出せます。

当然、渡航予定先の物価や学部等の専攻により留学費用は大きく変わってきますが、上記の金額さえ頭に入れておいて頂けると、一般的な海外留学であれば作り上げることが可能だったりします。

あとは、上記の学費で「何処までクオリティの高い留学を削り出していくことができるか?」といった部分が留学会社の努力だったり、留学カウンセラーの能力によって大きく分かれてくる部分だったりします。

しかしながら、「上記の学費で、私をCA(フライトアテンダント)へと育ててみてください!」と言う挑戦的な留学相談が入って喜ぶ留学会社は、おそらく世界中探してもココア留学だけだと思います。

やっぱりパッケージ留学のほうが作る側からすると、個別に留学を作り出すよりもマニュアル作業で楽ですからね・・。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます。もし宜しければ、これからの留学生を助けるためにSNSなどでの拡散や、ご質問などココア留学にお気軽にご相談頂けましたら幸いです。