カナダ留学

コロナウイルスについてのカナダ留学・ワーホリ情報

コロナウイルスについてのカナダ留学・ワーホリ情報のイメージ

カナダのコロナウイルス(2019-nCoV)情報について、現地情報を含めて最新のものを公開させて頂きます。特に、重要な情報が入りましたら直ぐにページ内容が更新されますので定期的にご覧ください。

コロナウイルスについてのカナダ留学・ワーホリ情報

【最新ニュース:3月28日】

以下は、移民コンサルタントの先生方から寄せられている現在のカナダ入国可能な方々の条件のまとめです。(ワーキングホリデービザに関しては、グレーゾーンとする先生と、『OK』を出しているコンサルタントの先生とで意見が分かれています)。

留学情報がかなりの数で錯綜して飛び交っておりますが、基本的にはカナダへの入国は6月30日までは禁止されています。しかし、以下の方々は例外となります。(※ ワーキングホリデービザで渡航し入国することができた方が出ましたら、速報としてご案内させて頂きます

カナダへと入国可能な方々

  • 学生ビザを既に持っている人
  • 2020年3月18日以前の日付の学生ビザ(許可証)を持っている人
  • ワーキングホリデーやワークビザを既に持っている人
  • ワーキングホリデーやワークビザと交換できる許可証を持っている人

カナダ政府発表内容

カナダ政府の発表によると「ワーキングホリデーの人たちはカナダに入国してもOK」という記載では無くて、「ワークビザや政府(IRCC)からのレター(許可証)を持っている人なら入国することができる」という風に記載されているため、現在は、『グレーゾーン』と言う扱いでの対応を致しております。

最悪は、カナダ到着後の入国拒否もあり得えてしまう状況ですので、ココア留学生からは移民コンサルタントの先生の意見が一致するまで渡航推奨は行いません。

Temporary workers

The interim order exempts certain foreign nationals who are authorized to travel to Canada to work.

This includes temporary workers who were already established in Canada or who had made arrangements to come to Canada to work before the travel restrictions were put in place. It also includes new workers who are coming to Canada to be employed in critical industries, such as agriculture, food processing, health, transportation and emergency services.

These foreign nationals can self-identify to airlines at the point of boarding that they are exempt under this provision by presenting

  • a valid work permit, or
  • a letter of introduction from IRCC

トルドー首相は定例記者会見の要旨

27日のトルドー首相は定例記者会見の要旨です。

  • 中小企業に対する賃金補助を10%→75%に引き上げ
  • 貧困層・学生に対する追加支援を発表予定
  • (加米間の国境の軍について)米とは緊密に連携をとっている
  • (首相の14日間の自主隔離帰還)医師が自己隔離を継続するよう助言

カナダのコロナウイルス感染情報

※ グラフをクリックすると人数が表示されます

グラフの操作方法

上のグラフではカナダ(水色)と世界のコロナウイルス感染者数をグラフにしていますが、グラフ上の世界の感染者数(オレンジ)をクリックして頂くと、カナダと世界のコロナウイルス感染者数を比較することができます。

また、感染者が多い10国(ピンク)をクリックして頂くと他の国もグラフ上に比較表示することが可能ですので、コロナウイルスの国別の安全情報としてお使いください。

世界とカナダのコロナウイルス感染者数
  感染者 死亡者 回復者 治癒率
アメリカ 103798 1693 2522 59.8%
イタリア 86498 9134 10950 54.5%
中国 81394 3295 74971 95.8%
スペイン 65719 5138 9357 64.6%
ドイツ 50871 351 6658 95.0%
フランス 32964 1995 5700 74.1%
イラン 32332 2378 11133 82.4%
イギリス 14543 759 135 15.1%
スイス 12928 231 1530 86.9%
韓国 9332 139 4528 97.0%
オランダ 8603 546 3 0.5%
オーストリア 7697 58 225 79.5%
ベルギー 7284 289 858 74.8%
トルコ 5698 92 42 31.3%
カナダ 4757 55 354 86.6%
ポルトガル 4268 76 43 36.1%
ノルウェー 3771 19 7 26.9%
ブラジル 3417 92 6 6.1%
オーストラリア 3378 13 170 92.9%
スウェーデン 3069 105 16 13.2%
イスラエル 3035 12 79 86.8%
チェコ 2279 9 11 55.0%
マレーシア 2161 26 259 90.9%
アイルランド 2121 22 5 18.5%
デンマーク 2046 52 1 1.9%
エクアドル 1627 41 3 6.8%
チリ 1610 5 43 89.6%
ルクセンブルク 1605 15 40 72.7%
日本 1499 49 372 88.4%
ポーランド 1389 16 7 30.4%
パキスタン 1373 11 23 67.6%
ルーマニア 1292 26 115 81.6%
南アフリカ 1170 1 31 96.9%
タイ 1136 5 97 95.1%
サウジアラビア 1104 3 35 92.1%
インドネシア 1046 87 46 34.6%
フィンランド 1041 7 10 58.8%

コロナウイルスからの治癒率は回復した患者の割合(ココア留学:2020年3月28日調べ)

カナダと日本のコロナウイルス状況の比較

※ グラフをクリックすると日本とカナダで比較ができます

カナダのコロナウイルス感染者数の推移
  カナダの感染者 日本の感染者
3月27日 4,743人 1,349人
3月26日 4,018人 1,254人
3月25日 3,385人 1,160人
3月24日 2,751人 1,095人
3月23日 2,061人 1,057人
3月22日 1,429人 1,015人
3月21日 1,281人 981人
3月20日 1,055人 928人
3月19日 846人 892人
3月18日 690人 853人
3月17日 569人 809人
3月16日 425人 794人
3月15日 324人 762人
3月14日 250人 699人
3月13日 196人 659人
3月12日 157人 604人
3月11日 117人 567人
3月10日 96人 513人
3月9日 78人 487人
3月8日 67人 454人
3月7日 60人 407人
3月6日 54人 348人
3月5日 47人 317人
3月4日 34人 284人
3月3日 30人 268人
3月2日 27人 254人
3月1日 24人 239人
2月29日 20人 230人
2月28日 14人 210人
2月27日 13人 186人
2月26日 11人 164人
2月25日 11人 156人
2月24日 10人 144人
2月23日 9人 132人
2月22日 9人 105人
2月21日 8人 93人
2月20日 8人 84人
2月19日 8人 73人
2月18日 8人 65人
2月17日 8人 65人
2月16日 7人 51人
2月15日 7人 46人

(ココア留学:2020年3月28日調べ)

グラフの操作方法

上のグラフではカナダ(ピンク色)でコロナウイルス感染者の推移を表示していますが、日本の感染者(水色)をクリックして頂くと、カナダの感染者数と日本の感染者数を日別に比較することができます。

日本とカナダの状況を比較して留学のタイミングの設定や中止・延期などの決定にお役立ていただけたらと思います。

カナダのコロナウイルス情報の流れ

  • 【ニュース:3月22日】
    カナダ政府から『学生ビザを18日に既に取得した人の入国が許可される』とアナウンスがあります。ただ、14日間の隔離が必須・保険適応は?など問題が山積みなので週明けの続報をお待ち下さい。
    また、移民コンサルタントの先生方に確認を取ったところ、政府発表のレターには許可対象者としてワーキングホリデービザも含まれるようなニュアンスで書かれていますが、現在、状況が目まぐるしく変化しているので渡航はお控えくださいとのことです。
  • 【ニュース:3月18日】 ジャスティン・トルドー首相は「カナダ市民ならびに永住権保持者以外の入国を禁止する」と発表を行いました。その発表により、3~4月に留学を予定していらっしゃる皆様は個別に延期案内を行って頂くことになります。
    なお、現時点ではカナダ政府は入国制限の終了予定日を伝えていませんが、弊社では3~6ヵ月の延期で対応を行うことになり、延期後もコロナウイルスの状況に応じて柔軟に対応させて頂きます。
    また、『新型インフルエンザ薬アビガンがコロナウイルスに効果がある』との発表が行われており急激に事態が好転することも十分に考えられますので、引き続き弊社留学生に対しては最新ニュースに合わせた個別のご案内させて頂きます。
  • 【ニュース:3月16日】 現地時間の休み明け(日本時間3月17日)に各学校の方から留学生・ワーキングホリデー者向けの対応案内が行われます。
    留学生(旅行者を含む)の自主隔離措置が政府より要請されたことを受け、休校やオンラインレッスンでの対応など学校によって様々な対応状況になっております。
  • 【在バンクーバー日本国総領事館発表ニュース:3月13日】
    ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は,新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として,米国を含め不要不急の海外渡航の中止やカナダ国外からカナダに入ってきた全ての人に対する14日間の自己隔離の自主的な実施を本12日付(日本時間3月13日)で要請しました。
    また,同じく本12日付で,屋内・屋外を問わず,250人以上が集まるイベントの中止も主催者側に要請しています。
    ただし,公立学校などの閉鎖は現時点では行わないとしています。
    BC州では新型コロナウイルス感染者が53人(3月12日現在)と日々増加しており,状況も刻一刻と変化していますので,手洗いの励行などの感染症対策をこれまで以上に徹底するとともに,州政府及び各保健局の最新情報を収集するなどして,引き続き感染予防及び最新の渡航情報の入手に努めてください。
    トロントに関しては、公立学校が春休み1週間+2週間のコロナウイルスに関する休暇が発表されました。
  • 【カナダ政府関連ニュース:3月13日】
    トルドー・カナダ首相のソフィー夫人に、新型コロナウイルスの陽性反応が出たとのアナウンスが行われました。夫人の感染確認を受けトルドー氏は14日にわたり隔離されることになりました。
  • 【ニュース:3月12日】
    カナダ探鉱者開発者協会(Prospectors & Developers Association of Canada、PDAC)は3月11日、3月2~3日にトロントで行われたPDACカンファレンス参加者に新型コロナウイルス感染者が見つかったと発表した。
    本カンファレンスは例年世界各国から天然資源関係者、投資家らが集うイベントで、トルドー首相らの政府要人を含め、2万3,144人が参加していた。
    トロント市公衆衛生局は、本カンファレンスを含め、大型集会への参加者は、参加後、38度以上の高熱や、咳、息苦しさなど、新型コロナウイルスの兆候が出ないか経過観察をするよう呼びかけている。
  • 【ニュース:3月6日】
    ジャスティン・トルドー首相は、カナダがCOVID-19の発生に取り組んでいる国からの外国人旅行者を禁止することはないと発表。これに伴いカナダへ留学・ワーキングホリデーに出られる方は入国禁止になる心配は大幅に削減されましたのでご安心ください。
    なお、当然アップデートが御座いましたらこちらのページで直ぐにご案内させて頂きます。
    Prime Minister Justin Trudeau says Canada won't ban foreign travellers arriving from countries grappling with COVID-19 outbreaks, adding that "knee-jerk reactions" won't help to stop the spread of the virus.
    University Canada Westの学生にコロナウイルスの感染が確認され、3月6日と3月7日に渡り学校は閉校となり完全消毒が行われることになりました。現状、大きな影響は出ていませんが、万が一、感染が広まったなどのニュースが出た場合に、直ぐにご案内させて頂きます。
  • 【ニュース:3月4日】

    3月3日より韓国経由の飛行機の欠航が増えることが決定し、これからカナダに向かう留学生およびワーキングホリデー参加者の航空券についての振替えが3月4日に急ピッチに行われています。韓国経由便を手配してしまっている留学生はご注意ください。

  • 【ニュース:3月2日】
    ココア留学のコロナウイルス統計データによると、未確認のデータではありますが気温が高く湿度も高い国での回復率が非常に高くなっていることが分かります。参考データとして以下のグラフを含めてご覧ください。
    しかしながら、ハーバード大から出された研究では『湿度および気温と感染力に関係がない』との結論が出ており、コロナウイルスの感染拡大とは無関係ですので、留学生の皆様は、WHOによるアナウンスおよびカナダの各スクールから推奨されている通常の風邪予防を心がけて頂けたらと思います。
  • 【ニュース:2月29日】
    世界保健機関(WHO)、新型コロナウイルスの危険性評価で世界全体『高い』から最高の『非常に高い』に引き上げ。一方、「パンデミック(世界的な大流行)の宣言ではない」と強調。
  • 【ニュース:2月28日】
    28日、カナダでオンタリオ州でコロナウイルスに陽性反応が出ていて隔離中の女性の旦那にもまた陽性反応が出たと発表。
    25日、カナダでバンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州で、7人目のコロナウイルス感染者が確認されました。
  • 【ニュース:2月24日】
    カナダで最初に確認されたコロナウイルス感染者が回復したとBC州政府が発表しました。コロナウイルスの潜伏期間は最大14日間と言う風に考えられており、その期間後に2つのウイルステストにパスした結果です。
  • 【ニュース:2月19日】
    カナダの中国系のビジネスが風評被害で70%レベルの落ち込みが発生しているとのことです。中国圏の旧正月を直撃しているため、被害の大きさは深刻です。詳しくは、ページ下部のニュースページ(英語)を参照してください。
  • 【ニュース:2月17日】
    カナダへの経由便がある大韓航空にて、2月17日付で『中国人および韓国に無ビザでの入国ができない国籍の国民は韓国ビザなしで韓国内での乗り継ぎ禁止(中国から出発する場合に限る)』とのアナウンスが行われています。
  • カナダ政府【2月12日発表】
    2月12日、カナダ政府により、中国旅行に対する『レベル3の警報』が出されており、「重要でない中国への渡航はやめるように」との発表が行われました。
    また、2月15日に入ったバンクーバーおよびトロントの現地スタッフの情報によりますと、町ではコロナウイルスによる影響は全く見られず『マスクをしている人もいない』という状況で、目立ったアジア人を対象にした差別も確認されていないとのことです。
    カナダのコロナウイルスに関する状況は、日本よりも感染者が圧倒的に少ないため「日本よりもカナダが安全」と言える状況となっており、カナダ政府による『日本からの渡航拒否』が無い場合には留学やワーキングホリデーによる大きな影響は出ないと考えられます。

世界のコロナウイルス情報

アメリカ留学に関するのコロナウイルス・インフルエンザ情報

コロナウイルス・インフルエンザのアメリカ留学情報

オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関するのコロナウイルス情報

コロナウイルスについてオーストラリア留学【最新情報】

カナダ政府サイトリンク

日本政府サイトリンク

ニュースサイトよりコロナウイルス引用記事

NHK News Web

NHK NEWS WEBの公式サイトTOP

外務省のまとめによりますと、日本からの渡航者に入国制限を実施しているのは、17日午前6時の時点で、中国、韓国、ロシア、インド、カナダなど75の国と地域に上り、16日から19増加しました。

また、入国できても、指定場所での一定期間の隔離を義務づけるといった行動制限を設けたり、自主的な健康観察を要請したりしている国と地域も、台湾、アメリカのグアム、オーストラリア、ポーランドなど85に増えました。

NHK NEWS WEB(2020年3月17日)

Global News

Global Newsの公式サイトTOP

カナダのトルドー首相が外国人旅行者に対して入国制限を設けることを発表しました。

Trudeau closes Canadian borders to most foreign travellers amid coronavirus outbreak

Global News(2020年3月17日)

BC Gov News

BC Gov Newsの公式サイトTOP

カナダBC州で確認された『最初のコロナウイルス感染者が回復した』とのニュースが州政府が発表しました。

Adrian Dix, Minister of Health, and Dr. Bonnie Henry, B.C.'s provincial health officer, have issued the following joint statement regarding updates on the novel coronavirus (COVID-19) in British Columbia.

“Today, we are announcing the first individual confirmed to have COVID-19 in B.C. has recovered. This is indicated by the resolution of symptoms, followed by two successive negative test results 24 hours apart.

BC Gov News(2020年2月24日)

カナダのバンクーバーからのニュースで、カナダの中国系のビジネスが風評被害で大きな損失を出してしまっていることが報告されています。

70%の経済的な損失は、カナダにとって非常に大きな被害になりますので、今後のコロナウイルスと現地経済との関係についても注意して頂ければと思います。

バンクーバーの中国系カナダ企業は、ウイルスへの恐怖の中で最大70%のビジネス低下を報告

Vancouver's Chinese-Canadian businesses report up to 70% business drop amid virus fears

Global News(2020年2月19日)

カナダの学校・ホームステイ等のキャンセル情報

滞在先・ホームステイ情報

現在ホームステイ探しがカナダでかなり難航しております。特に、自主的な隔離を行う留学生を受け入れることになったホームステイ先もまた隔離対象になるため、ホームステイ側からの突然のキャンセルも発生しております。

カナダの学校状況

留学生(旅行者を含む)の自主隔離措置が政府より要請されたことを受け、休校やオンラインレッスンでの対応など様々な対応状況になっております。

留学生に対しては、カナダ国外から入国した人に対して14日間の自己隔離の自主的な実施するようにバンクーバーのあるBC州がアナウンスを行っております。また、トロントに関しては、公立学校が春休み1週間+2週間のコロナウイルスに関する休暇が発表されました。

飛行機に関するキャンセル情報

現在、カナダ渡航に関してコロナウイルスによる影響で、日本だけでなく世界中の外国人旅行者の入国が禁止となりました。

そのため、カナダ行きの航空券についてはキャンセルとなるはずなのですが、現状、航空会社によっては欠航とはなっておらずフライトが通常通りに行われているため、航空会社によってはキャンセル料が発生してしまう状況となっております。

弊社では、飛行機が欠航となってしまった留学生へと個別連絡を入れ、必要に応じてキャンセルして新しい航空券の手配案内を行っております。

また、留学・ワーキングホリデー参加者に対して「直行便を手配するように」とのアナウンスが行われているため、航空券の急激な値上がりが発生しております。そのため弊社の留学生は欠航を待って再手配をするか?先にキャンセルを行うか微妙な判断が必要になっております。

航空会社の対応状況

手配した航空券が欠航になった

各航空会社のホームページの情報を参考にして返金手続きに入ります。コロナウイルスの影響が余りにも大きいため、便の振替等にはなかなか対応ができていない状況です。

返金の対応の期間は?

返金までには各航空会社によって違いますが時間が現在時間が掛かっていることが報告されています。特に往復航空券の内、日本への帰路便が欠航となった場合、約2~3ヵ月のお時間が必要になっているのでご注意ください。

カナダ滞在中に日本へ帰路便が飛ばなくなった

特にビザの問題が生まれて参りますので、政府チャーター便による帰国や速やかな第三国への渡航を介した帰国が必要になる可能性があります。

欠航になった場合には、新たに取得した帰路便のチケットとの差額が保険対象範囲内になりますので、欠航証明書の取得を行う必要があります。

各航空会社によるカナダ便に関する情報【直行便】

Air Canada(エア・カナダ)

Air Canadaの公式サイトTOP

エア・カナダへのお問い合わせがかなり旅行代理店からも入っているようなのですが、欠航などの予定は発表されておりません。

急速に変化している現況下における、皆様のご理解とご協力に心から感謝しております。

エア・カナダにて直接ご予約いただいているお客様は、下記の該当する質問に従って最新情報をご確認ください。

旅行代理店またはオンラインの旅行代理店(ExpediaやPriceline等)にてご予約のお客様は、変更またはキャンセルの場合、直接、旅行代理店までお問い合わせください。

各提携代理店は、予約を調整するうえで弊社がアクセスできない独自の予約システムを使用しています。

COVID-19に対する取り組みについて(2020年3月17日)

All Nippon Airways(ANA)

All Nippon Airwaysの公式サイトTOP

ANA便は4月5日までのカナダ行きの便に欠航が発生しています。

ANA便就航地における日本人が含まれる入国拒否について

以下の国では日本人を含む外国人の入国が禁止される等の措置がとられています。
対象地域:カナダ、マレーシア、ロシア、フランス(2020年3月17日現在)

新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応について(2020年3月17日)

Japan Airlines(JAL)

Japan Airlinesの公式サイトTOP

JAL便は4月5日までのカナダ行きの便に欠航が発生しています。それ以降のカナダ行きも次々と欠航しているようです。

各国での検疫体制の強化に伴い、入国条件が厳格化されるなど、日々状況が更新されております。

従来であれば入国が許可されていた渡航書類をお持ちの場合でも、入国が不許可となったり、乗り継ぎ航空会社で搭乗を拒否される事象が報告されています。最新の渡航条件につきましては、渡航先各国の大使館・領事館および保健機関関連情報などをご確認ください。

なお、これに伴い、特定の路線においてWebチェックインの一部機能および自動チェックイン機の使用を停止させていただく場合がございますのでご了承ください。

COVID-19に対する取り組みについて(2020年3月17日)

各航空会社によるカナダ便に関する情報【経由便】

大韓航空(Korean Air)

大韓航空の公式サイトTOP

カナダに関しての特記された情報はありませんが、実質、日本人が韓国の経由便の利用ができなくなったので、ココア留学では手配を行っておりません。

すべての外国人はカナダ入国禁止(3/18付)
[例外]カナダ市民権者、永住権者、市民権者および永住権者の直系家族、カナダ経由第3国行きの乗客、外交官(入国後自己隔離)

新型コロナウイルス関連の主な出入国制限(2020年3月18日)

キャセイパシフィック(Cathay Pacific Airlines)

キャセイパシフィック航空の公式サイトTOP

キャセイパシフィックに関しては経由便になっておりますので、以下のより公式サイトをご覧になって頂きながら状況をご確認ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する状況の変化に鑑みて、多くの政府が外国人旅行者の入国について制限を課しています。

新型コロナウィルス関連のお知らせ(2020年3月18日)

エバー航空(EVA Air)

エバー航空の公式サイトTOP

カナダに関しての特記された情報はありませんが、航空会社よりカナダ行きの便が欠航していると報告が出ております。

新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大防止のため、台湾は中国・香港・マカオからの入境もしくは乗り継ぎを全面的に見合わせる措置を開始しました。また、一部の国では「中国に14日以内に入境または滞在していた外国人の入境見合わせ」措置を発表しています。出発前に、到着地の入境または乗継に関する規定を確認し、地上職員へ滞在履歴をお伝えください。

新型コロナウイルス関連肺炎対応(2020年3月18日)

フィリピン航空(Philippine Airlines)

フィリピン航空の公式サイトTOP

カナダに関して、すべての国籍(カナダ国民、その近親者、永住者およびアメリカ国民を除く)は、2020年3月18日12時01分(米国東部夏時間)(12時01分、フィリピン時間)からカナダに入国できません。

CANADA:All nationalities (except Canadian citizens, their immediate family members, permanent residents and American citizens) will not be allowed to enter Canada starting from March 18, 2020 at 12:01 AM EDT (12:01 PM Philippine time). Canadian citizens, permanent residents and American citizens will be advised to self-isolate (self quarantine) upon arrival after undergoing enhanced health screening at the border control. They may enter only through four gateways, namely the airports of Vancouver, Toronto, Calgary and Montreal.

NEW ENTRY RESTRICTIONS : SINGAPORE, MALAYSIA, CANADA, VIETNAM(2020年3月18日)

デルタ航空(DELTA)

デルタ航空の公式サイトTOP

カナダに関しての特記された情報はありませんが、日本人を含む外国人はカナダへの入国が制限されているのでご注意ください。

2020年3月1日~2020年4月30日の期間にご旅行予定のお客様は変更手数料無料

  • 対象となるお客様:2020年3月09日以前に発券されたすべての航空券
  • 影響が及ぶ旅行日:2020年3月1日~2020年4月30日
  • 航空券の再発券期限:2020年12月31日
  • 再予約の出発期限:2020年12月31日

新型コロナウイルスについて(2020年3月17日)

コロナウイルスによる保険のカバー範囲

下記は弊社の留学生に加入して頂いている旅行保険(留学保険)会社にお問い合わせを行った内容の要約になりますので参考にご覧ください。また、留学時期を延期される方は、一度、保険をキャンセルして頂いて再加入になります。

滞在先の補償について

突発的な事由により搭乗予定の便が遅延・欠航になった場合の緊急宿泊費などは補償対象になります。

飛行機が欠航してしまった場合の振り替えや差額について

コロナウイルスによるトラブルを含む突発的事由により遅延・欠航となった場合、代替えの差額航空代金・交通費・宿泊費・食事代・交通費・着替えなどの身の回り品などは2万~5万円を限度の(加入された保険により限度額や支払い条件が異なります)補償があります。

こちらは帰路便を対象にした保険になりますので、出国の際に保険対象となるのは出国当日の遅延や欠航が出た場合に限られます。

日本に一時帰国してる際のコロナウィルス感染による治療費

コロナウイルスに限らず国内のあらゆる基本的治療は、健康保険が使用できますが、3割自己負担分の費用にいては海外旅行保険の使用が可能です。
※コロナウイルスは1/28【指定感染症】に認定されたので、国内における治療費等は原則国費負担になり基本的に治療費はかかりません。

渡航先で入院した場合の日本からの親族駆付け渡航費用

コロナウイルスを含めた傷病で医師の指示により3日以上入院した際、救援者の往復航空交通費など社会通念上妥当な金額が対象。