カナダ移民・永住権

カナダ永住権の取得費用はいくらですか?

カナダ永住権の取得費用はいくら?イメージ

「カナダで永住権を取得しよう!」と思ってもやっぱり気になってしまうのは『お金』のことでは無いでしょうか?

そこでここでは、カナダへの移民・移住を考える人のために、永住権の取得にどれくらいの費用が必要になるのか?ビザの種類と申請方法によって比較しながらご案内致してみたいと思います。

カナダで永住権を取得するためのに必要なビザ申請料

まず始めに、やはり最も皆さんが気になっているであろうカナダ政府に対して支払うことになるビザ(許可証)の費用、つまり「ビザ申請料」についてご紹介いたします。以下のビザ申請料一覧表をご覧ください。

カナダ政府へのビザ申請料(カテゴリー別)
申請カテゴリー 単位: カナダドル
就学許可証(学生ビザ) 125ドル
就労許可証 155ドル
永住権(州推薦プログラムへの申請料は州で違い有り) 1040ドル
電子渡航認証(eTA) 7ドル

※ 就労許可証を取得する時には申請プログラムによって加えて以下の費用がかかる場合があります

  • Working Holiday participation fee: 126ドル
  • Employer compliance fee: 230ドル
  • LMIA processing fee: 1,000ドル
  • Open Work Permit holder fee: 100ドル

※ LMIA(Labour Market Impact Assessment): 労働市場影響評価書(LMIA)は、カナダの雇用主が外国人労働者を雇用する前に取得する必要のある文書です。

意外に安いビザ申請料金

ビザと言うからは「高い申請料金」と言う風にイメージされたかたもいらっしゃると思いますが、実は、永住権取得に掛かる申請料金は意外にも安かったりします(円換算で10~25万円)。

しかしながら、ここで気を付けなければいけないのは、上記はあくまでもビザ申請者自身がカナダ政府に対して申請を行った場合のもので、実際には、政府が発行するビザ(許可証)や永住権と言ったものの申請は非常に複雑なため個人での申請は困難を極めます。

そのため、ビザの申請時には「弁護士」もしくは「移民コンサルタント」による申請サポートを依頼することになり、そのサポート費用も考えておく必要があります。

弁護士・移民コンサルタントのビザサポート費用の違い

世界各国の国旗

カナダ政府へのビザ申請手数料については分かって頂けたかと思いますが、続いては「弁護士や移民コンサルタントを利用する際に必要なビザサポート費用」についてご紹介してみたいと思います。

まず、ビザサポート費用については、弁護士・移民コンサルタント共に「会社の実績」や「サポートされる方のキャリア」によっても大きく費用が違ってきますので一概には言えないため、サポートを依頼する際には必ず自身でのリサーチを行う必要があります。

しかしながら、弁護士に依頼する場合と移民コンサルタントに依頼する場合では、一般的に弁護士に依頼する方が移民コンサルタントにサポート依頼するよりも高いと言う傾向があり、「ビザ関係の手続きを行う」という場合には、比較的に移民コンサルタントの方がリーズナブルに行えると言う特徴があります。

そこで、両者のビザサポート費用についてもう少し分かりやすくするために、ビザ項目別に一覧表を作成してみましたのでご覧ください。

弁護士と移民コンサルタントのサポート費用比較表
  弁護士 通常移民コンサルタント
ビジネスビジター 1,200 - 3,500ドル 1,000 - 1,500ドル
ワーキングホリデー 1,700 - 2,500ドル 1,000 - 1,500ドル
就労許可証 2,500 - 6,500ドル 1,500 - 2,000ドル
労働市場影響評価書 + 就学許可証 4,500 - 8,500ドル 4,000 - 4,500ドル
就学許可証(学生ビザ) 2,000 - 3,000ドル 1,500 - 2,000ドル
就学許可証 + 一時滞在ビザ 3,000 - 6,000ドル 2,000 - 2,500ドル
Express Entry + 永住権(Federal) 3,800 - 6,500ドル 3,500 - 4,000ドル
市民権 1,200 - 3,500ドル 1,500 - 2,000ドル

※ 単位は全てカナダドル(CAD$)です

上記の比較表ご覧に頂いたように、移民コンサルタントは弁護士と比較してかなり安価なビザ申請が可能になっていることにお気づきになられたかと思いますが、その差となるのは、やはり資格取得難易度とその専門性によるところが大きいです。

やはり日本と同じように弁護士資格の取得は難しく保有者は高給となるため、または、移民やビザ関係を専門的に行っておらず申請の効率が悪いケースが多いため、どうしてもビザ申請が複雑なものになればなるほど人件費が高くなり費用が割高になる傾向があります。

ココア専属コンサルタントと移民弁護士事務所の費用を比較!

続いて、ココア留学の専属移民コンサルタントの上田先生が運営する「YuPass Canada」のビザサポート費用も付与致しましたので、併せて比較してみてください。

YuPass Canadaと一般的な大手移民弁護士事務所でかかる費用との比較
  弁護士 通常移民
コンサルタント
YuPass
Aコース
YuPass
Bコース
ビジネスビジター 1,200 - 3,500ドル 1,000 - 1,500ドル 550ドル 1,000ドル
ワーキングホリデー 1,700 - 2,500ドル 1,000 - 1,500ドル 550ドル 1,000ドル
就労許可証 2,500 - 6,500ドル 1,500 - 2,000ドル 650ドル 1,500ドル
労働市場影響評価書 + 就学許可証 4,500 - 8,500ドル 2,000 - 2,500ドル 950ドル 3,800ドル
就学許可証(学生ビザ) 2,000 - 3,000ドル 1,500 - 2,000ドル 650ドル 1,500ドル
就学許可証 + 一時滞在ビザ 3,000 - 6,000ドル 2,000 - 2,500ドル 650ドル 2,000ドル
Express Entry + 永住権(Federal) 3,800 - 6,500ドル 3,500 - 4,000ドル 950ドル 3,500ドル
Express Entry + BC PNP 3,800 - 6,500ドル - 950ドル 3,500ドル
ファミリースポンサー 3,000 - 6,000ドル - 950ドル 2,500ドル
PRカード更新 850 - 1,500ドル - - 850ドル
スーパービザ 1,500 - 3,000ドル - - 900ドル
市民権 1,200 - 3,500ドル 1,500 - 2,000ドル - 1,200ドル

※ LMIA(Labour Market Impact Assessment): 労働市場影響評価書(LMIA)は、カナダの雇用主が外国人労働者を雇用する前に取得する必要のある文書です。
※ 単位は全てカナダドル(CAD$)です

上記のようにココア専属のカナダ移民コンサルタントである上田先生のYuPass Canadaを利用すると、かなり安く申請ができることをご理解頂けるかと思いますが、実は、これには大きな理由があります。続いては、上田先生の実体験を交えて「なぜYuPass Canadaのビザサポートが安いのか?」について解説してみたいと思います。

ココア留学専属のカナダ移民コンサルタント

カナダの山々

ココア留学専属のカナダ専門移民コンサルタントを担当されていらっしゃる上田先生もまたカナダ移民を経験されましたが、以下のような移民時の体験から安価な移民コンサルタントをプロとしての立場からご提供されていらっしゃいます。

私がカナダに来る前には、今と比較できないほどカナダの永住権取得には大きな壁がありました。

当時の私は20代。永住権に対する強い思いだけで「カナダに住みたい」と弁護士事務所を訪ねると、「ビザ取得には10,000カナダドル(約100万円)かかります」と言われ、途方に暮れてしまいました・・。

それは、そんな金額を軽く払えてしまうほどの余裕は当時の私には全く、自力で移民申請を行おうと大量の申請書類を集めて記入しようにも英語力が足りずにどうしようもなかったためです。

もちろん、仲良くなった友達達は私の申請を手伝ってはくれはしましたが、やはり素人が手を出すには余りにも目の前の壁は高く、まさに暗闇を手探りの状態での申請だったことを今でも思い出します。

カナダ政府公認移民コンサルンタント(Regulated Canadian Immigration Consultant=RCIC) の国家試験に合格してからは、「この時の私のように困っている人をサポートしたい」と言う思いを常に持ち、移民法の専門家として尽力を尽くしています。

カナダ移民コンサルタント上田由美先生

2003年
バンクーバーに単身で移住・仕事をスタート
ブリティッシュコロンビア大学移民法コース(University of British Columbia Immigration Practitioner course)へと入学
2005年
ブリティッシュコロンビア大学移民法コース卒業
2007年
大手法律事務所・Davis LLPに勤務開始
2009年
カナダ政府公認移民コンサルンタント(Regulated Canadian Immigration Consultant=RCIC)の国家試験に合格
2015年
Davis LLPが世界最大級の弁護士事務所DLA Piper(Canada)LLP[世界55か国100以上の事務所を持つ]に統合
日系企業を含むする国際企業間の転勤者用就労許可証と永住権申請を専門とする
27か国1,000人以上の個人および法人のビザ取得を専門的にサポートする

上田先生とYuPass Canadaのビザサポートが安い理由

カナダだけに限らずビザは、どうしても「プロに申請手続きの全てを依頼するとお金が必要」が掛かってしまいます。

しかし、実はその一方で、大切なポイントを1つ1つ不備無く押さえた申請さえできれば、意外なことに申請者自身でも申請ができてしまう場合もあります。

これが私がYuPass Canadaを作る大きな切っ掛けとなります。

従来型のビザサポートサービスには問題点があり、それは、言うまでも無くビザ申請手続きに掛かる「膨大な書類と申請に掛かる時間」です。

移民申請にはどうしても資格保有者の時間を長時間拘束することになるため高い人件費が必要になり、言うまでもありませんが、それがそのまま高額な依頼料へと繋がるため、ビザサポートを受ける方が経済的に余裕のある方々に限定されているのが現状です。

これはカナダだけで無く、世界の移民業界が抱える最大の問題と言っても良いかも知れません。

そんな中で、私が運営しているYuPass Canadaがご提供するビザサポートサービスは、主にWeb講座サポートが主軸となっており、「移民局のウェブサイトのどこを見ればよいか?または、申請用紙やサポートレターの書き方や詳細」を、ビザ申請マニュアルとして分かりやすく解説しています。

Web講座にすることにより、これまで業界の問題点であった人件費を抑えることができるため、先にご覧いただいたようにコンサルタント費用は大幅に安くなっています。

また、Web講座の副効果として、専門家がサラリと流すように説明してしまう申請者にとって分かりにくい内容も、申請者自身のペースで映像や資料を照らし合わせながら繰り返し確認することができるため、ビザ申請に対する理解度がかなり高くなります。

また、もちろん講座は、就労許可証、ワーホリ、就学許可証、永住権など、カナダで申請したいビザのカテゴリーごとに申請用紙や申請方法が違ってくるため、申請内容に合った講座を全て最新の情報を盛り込み分かりやすく解説したものとなっております。

しかしながら、中には「申請はやっぱり不安だし、細かいことを聞きながら申請したい」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そうした方のために、詳細をコンサルタントに質問できるコンサルテーションサービスもついています。

つまりは、申請者も申請について事前に知識を得て頂くことで、移民コンサルタントのサポートを分からない部分だけに集中させ、業界でも群を抜いた安価なビザサポートをYuPass Canadaは実現しています。

カナダは、多くの人に助けられて今の私があるように、「夢を持ってカナダに来たい」と言う思いさえあれば何歳からでも再スタートが切れます。そして、そんな強い意志を持った方の移民・ビザの書類申請を応援していくのが私の幸せであり使命でもあります。もし、少しでもカナダ移民やビザ申請について興味を持ったら、是非、ご相談ください!私は心から応援致しますので。