社会人留学

社会人が留学すると不安になってしまう3つの重大要因!

社会人が留学すると不安になってしまう3つの重大要因!のイメージ

社会人の皆さんが『よし!今年こそ留学に出よう!』と思い立ったとき、やっぱり不安になるものは『お金』『将来』『恋人』などが浮かびますが、実は、100人の社会人から留学相談をお受けすると100人とも全く違って様々だったり、不安の大きさが違っていたりします。

それもそのはず、学生の頃とは違って社会人の方が留学に出ようとすると、「留学中は学生になるから、無収入になるのが不安・・」「帰国後、仕事に就けるのだろうか・・」など、留学への憧れはあるものの、今のステイタスや生活環境を失った時におこるであろう漠然とした不安が学生時代とは違って非常に大きいためです。

しかし、余り知られていないことになるのですが、実は、社会人の留学の不安やリスクと言ったものは、留学前の準備を徹底することで大幅に削減することが可能だったり致します。

そこで今回は、社会人留学を考えていらっしゃる皆様へ、「そもそも、なぜ社会人留学は不安が大きいのか?」と言う不安の原因と、「どうしたら不安やリスクを減らして留学を成功させられるのか?」と言う不安を抑える対策についてご紹介させて頂きたいと思います。

是非、お読みいただきながら「なるほど!!そういうことだったのか!!」と通勤電車の中で、『うん、うん』と、うなづきながら読んで頂けたら嬉しいですw

社会人のストレスの原因TOP5はコレ!

世界中の人たちが楽しく働く様子

社会人のストレスの原因TOP5は、1位「仕事のプレッシャー」(51.4%)、2位「将来への不安」(49.1%)、3位「お金に関する悩み」(45.7%)、4位「職場での人間関係」(41.4%)、5位「恋愛に関する悩み」(23.5%)となっています。

きっと、何かしらの項目について『あぁ、自分もそうだな・・』と感じてしまう方がいらっしゃいますよね?

ただ、この社会人の悩みのTOP5をご覧になって頂いてお分かり頂いたように、社会人が留学に出ると1位の「仕事のプレッシャー」と4位の「職場での人間関係」は、完全に解決してしまうんですね!

もちろん、その理由については、留学に出ると忙しい日本の仕事のプレッシャ−からは開放されますし、職場から離れることによって煩わしい職場での人間関係からも解き放たれるかたちになります。

つまり社会人は「留学をすると社会人のストレス要因を大幅に減らすことができる!」はずなのですが、それなのに実際に留学しようと考えるとなぜ不安になってしまうのでしょう?

留学した社会人の中で巨大化する悩みと不安!

慌ただしく働くデスク

「留学に出た社会人はストレスから解放されて自由になる!」と思っている方もきっと多いですよね!!でも、実際に留学中の社会人の皆さんに「悩みは無いですか?」と聞くと、「何を言ってるんですか!?めちゃくちゃ在りますよ!!」と返ってきてしまいます。

実は、社会人が留学に出ると不安になるのには次のような気持ちのメカニズムが有ったりするんです!

まず、留学に出ることで、1位の「仕事のプレッシャー」と4位の「職場での人間関係」については留学に向けて退職をした時には解決してしまって、気持ちは「留学先で頑張ろう!」と段々とたかぶっていきます。

次に、5位の「恋愛に関する悩み」についても留学先でのこれまでに経験したことの無い新たな出会いによって、多くの方々が解決するのですが、問題は残った不安要因になります。

人間、本当に不思議なことなのですが、これまで自分を悩ませてきたはずの悩みが無くなると、なぜか新たな悩みが生まれると言う状況が発生します。

特に社会人留学の場合、2位の「将来への不安」と3位の「お金に関する悩み」については、退職した時に初めて、「社会人・会社員としてのステータスが自分を守ってくれていたこともあるんだ!」と気づかれる方も少なく、この2つの不安が恐ろしいほどのペースで大きくなっていきます。

その結果大きくなった悩みは、いつの間にか社会人としての悩みであった「会社行きたくないな・・」と言う思いや「あの上司に会うの嫌だな・・」と言った悩みを持っていたころを大幅に上回るようになり、不安がいつの間にか恐怖へと変わっていきます。

これから留学しようとしている社会人の方々は「なんで知っているの?」と思われるかと思いますが、『ズバリ!』となってしまった方は、このような症状について「不安障害・パニック障害・恐怖症」などという病名を付けて呼ばれてしまうこともあるので注意が必要になります。

社会人のストレスの原因TOP5
  ストレスの種類 割合
1位 仕事のプレッシャー 51.4
2位 将来への不安 49.1
3位 お金に関する悩み 45.7
4位 職場での人間関係 41.4
5位 恋愛に関する悩み 23.5

※ 社会人のストレスは全てが人との関係に集約してます。
(Rakuten Kobo Inc.調べ:2017年度調べ)

社会に出たから留学が将来への不安になる!?

笑顔の綺麗な女性

次に、社会人留学が仕事を辞めて悩みから解放されたのに今度は『将来への不安』や『お金に関する悩み』につながっていってしまう要因について探ってみたいと思いますが、実は、悩みが大きくなるのには3つの理由があります。

社会人留学に不安な理由その①

まず1つ目の理由は、社会に出た大人だからこそ分かる「留学が、自分のキャリアでブランクになる恐怖」です。社会人になってからほぼ毎日当たり前のように働いて積み上げたキャリア。ある日を境に仕事を辞めることになります。

例えば、数ヶ月から1年くらいの産前産後休暇や育児休暇でも、「職場の上司が変わっていないか?」「部署がなくなってしまわないか?」「仕事の勘どころを取り戻すことができるのか?」「仕事を通して得た職場の情報や業界の知識がもう古くなってしまっているのでは?」など、職場に戻るのが怖いと感じる社会人女性はとても多いです。

では「社会に出た後に海外へと旅立つ留学を考えたらどうだと思いますか?」

社会人留学は育児休暇や産前産後休暇以上に、日本を離れる期間が長かったり、『育児』と言う「多くの方から理解がある理由による職場からの離脱」では無く、完全にアウトローと呼ばれる立場での離脱になります。

妊婦さんでもそんなに不安に感じる方が多い訳ですから、留学で自分の将来を不安に感じるのは当然といえば当然と言えます。

社会人留学に不安な理由その②

2つ目は、再び学生に戻ることによる収入が無くなってしまうことへの恐怖です。

これまでは普通に毎日会社に通って仕事をしていることで定期的な収入を得ることができ、その定期収入を得ることに気が付いたら慣れてしまっている方もきっと多いはずです。

そうした方の大多数は、金銭感覚が学生の頃とは大きく違って社会人レベルになってしまってますので、「学生に戻っても生活レベルを落とせないんじゃないか?」とか「貯金が減り続けて、老後の生活に影響がでないか?」などと言う心配が押し寄せてきてしまいます。

また、収入の覧に数字が入ることが完全に無くなって減っていくだけの預金を見ていると、「その不安や恐怖がどれほど大きいか?」体験したことがある人は分かりますよね?

社会人留学に不安な理由その③

3つ目は、当時、就職活動をしていて内定を貰った自分は、周りにいる『いつまでもアルバイト生活をしている人』や『夢ばかり追いかけて全く成果を出せていない人』に対して、「大丈夫?将来困ったりしないのかな?」と言った冷めた感情を持って見ていたのに、気づいたら自分がその立場になってしまうと言う恐怖です。

これまで自分が心配していた立場の人たちと全く同様のステータスになるわけですから、「逆に自分がこれからどのような目線で見られてしまうのか?」と言う状況が想像できてしまうため、恐怖しかない訳ですね・・。

留学の不安に打ち勝つ3つの攻略方法とは?

海外で一人で買い物する女性

さて、このままでは留学が怖くて夜も眠れなくなってしまわれる方が出てしまいそうなので・・・これからは、「どうしたら留学への不安に打ち勝つことができるのか?」と言う本題へと入っていきたいと思います。不安に打ち勝つ攻略方法は全部で3つあります!!

社会人留学の不安に打ち勝つ攻略方法①

1つ目は単純ですが「留学計画を少なくとも3年ベースでしっかりたてること!」です。

例えば、留学に出られるかたの目標として海外に行って「様々な国籍の人と交流をしたい」「生きた英語を習得したい」というものがありますが、これでは中高生が行っている留学目標と全く同じで、さらに余りにも漠然としすぎています。

そこでどうするかというと、「3年後に〇〇と言う外資系企業の営業で△△を売る職業に就くため、まず最初の1年では海外で友人や知人を通して英語力アップと人脈の形成を行い、2年目には世界で通用する資格を習得するためにカレッジ進学をしながら△△の販売ノウハウを学ぶために企業インターンを経験します。そして、3年目にはワークビザ(ワーホリビザ)を利用して現地企業で正規社員として就職しキャリアまでも持ち帰る」と言う形にします。

さらにこれには年齢や具体的な数字などを織り込むとさらに良い計画を立てることができます。

社会人留学の不安に打ち勝つ攻略方法②

2つ目は、留学を考える際に『ライフワーク』と『ライスワーク』を分けて考えることが留学の不安攻略法になります。

これは、「今回の留学の目的はライフワークなのか?それともライスワークなのか?」と言う留学の位置づけを明確にして留学のゴールを設定することを意味します。

まず「ライフワークってなに?」と思っていらっしゃるかたも多いと思うのですが、ライフワークとは「仕事とプライベートに境目がない、自分のやりたいことや興味など、趣味に近い部分の活動のこと」を指します。

一方、ライスワークとは『自分が生きるため、または生活のための活動』つまりは『仕事』のことです。

そこで皆様に考えて頂きたいのは「今回の留学はどちらなのか?」と言うクエッションです。

もし、今回の留学目的が『ライスワークを向上させること』や『ライスワークがターゲットになっている』とするならば、その留学は直接自分の生活へと関わってきますので、成果や結果が確実に得られる形でしっかりとした計画を持って進まなければいけません。

一方で、留学がライフワークと言うのであれば、自分のやりたいことの延長線上になっているだけですので、自由に作ってしまったとしても不安や恐怖が起こることは決して無いはずです。

ただし、社会人留学を考えていらっしゃる方の大部分は『ライフワークが60%・ライスワークが40%』と言った中途半端な形になっていらっしゃる方々で、こうした方々の場合は、後で不安が大きくなりますので、たとえライフワークの割合がライスワークの割合を上回っていたとしても、しっかりと計画を立てるようにしてください!!

社会人留学の不安に打ち勝つ攻略方法③

3つ目は、社会人留学が終わった後、社会からは『英語ができて当たり前』と見られるので、『英語にプラスして何ができるのか?』と言った英語力以外の武器を身に着けておくことも考えておいてください。

特に、最近の日本への外国人観光客の増加の影響もあり、中高生の英語力や留学人口は凄い勢いで伸びており、社会人が英語を目的とした留学に出ることについて段々と向かい風になってきています。

例えば、英語力にプラスして留学先の国の現地企業で正社員などとして勤務経験を得ると言ったところまで行くことができると安心ですが、注意点としては日本企業で得た知識や資格が海外で通用しない・使えないと言うケースがほとんどなので、就業までたどり着くルートを作る際には頭に入れておくようにしてください。

社会人が留学すると不安になってしまう3つの重大要因!まとめ

自分の不安についてメモを取る女性

いかがでしたでしょうか?

社会人の留学はどうしてもキャリアや収入にダイレクトに響いてしまうので、悩みや不安はつきものですが、それを乗り越えていくには、やはり高校生や大学生ではできないレベルまでの留学を作り込んでおくことで、少なくとも留学先から帰ってきた後のことを考えて計画に具体例を入れておくと安心感が違います。

また、留学のためにまとまった費用がたとえ必要になったとしても、それを簡単に返せるほどのキャリアさえ身に付けられたら、将来のお金の不安も無くなるので、英語プラス『何ができるか』の部分を留学に行くまえに、しっかりとさせておくことも忘れないようにしてください。

そして、社会人の留学生に一番気を付けて頂きたいポイントは、「留学の計画を留学に行ってから考える!と言う曖昧なものには絶対にしないこと」です。

社会人の留学生は「全て日本で決めてきた自分の将来の設計図をなぞるようにして留学生活を進めていく!」くらいがちょうど良くて、「渡航中の計画変更は有りですが、無計画での渡航は絶対にNG!」だとお考え下さい。

特に良く相談されるケースとして、渡航前の留学目標を「英語を覚える!」と言うレベルで留学を作っていた方が、留学中に自分の人生に対して不安を感じるようになり、急遽、留学の到達ポイントを大幅に引き上げて「海外企業に就職してキャリアを積んで帰って来る!」と言うプラスを求める場合です。

これをすると、「皆様が思っている以上に難易度が高く、留学期間は当然ですが留学費用が何倍にも膨れ上がってしまう」ので出来れば避けるようにして頂ければと思います。

留学目標の難易度については、「現地で下げることは可能ですが、上げることはかなり難しい」とお考え下さい。

最後になりますが、自身が視覚と聴覚の障害を持ちながらも、教育や福祉に大きく貢献した私の大好きなヘレンケラーさんと言う方がいらっしゃいますが、彼女は次のような言葉を残しています。

人生はどちらかです。
勇気をもって挑むか、棒にふるか。

ココア留学一同は、ここにいらっしゃる全ての社会人の皆様のように『勇気』を持っていらっしゃる方々を、心から尊敬いたしております。