留学全般

留学で学校選びに迷わないポイント【学校選びまとめ】

留学で学校選びに迷わないポイント【学校選びまとめ】のイメージ

「留学に行くことを決意したけれど、どうやって海外の学校を選べばいいの?」「語学学校がたくさんありすぎて、何を基準に選べばいいのか分からない」「どんなにインターネットで調べても同じような情報しか出てこない!」と悩んでいませんか?

最近、そういうお問い合わせが増えているのも事実ですが、実は「学校選び」とは、そもそも迷う必要のないものなんです。

「え?学校について迷う必要がないってどういうこと?」と思いますよね?

そこでここでは、学校選びに迷わない方法について具体的にご案内させて頂きますので、是非、最後まで目を通してみてください!

語学学校は世界中にたくさんある?

笑顔で笑う海外の女性

「よし!留学して英語を学ぼう!」と決めたとき、実際に英語を学べる語学学校は世界中に数えられないほどあります。

しかし、インターネットで得られる情報には限界があるうえに、実際のところ各学校のクオリティにはそこまで大差がないため、自分で調べてみても学校選びの決め手となるような情報が得られないのも事実です。

では、留学している人たちはどうやって選んでいるのでしょうか?

留学の行き先をどこにする?

そもそも留学する国選びに迷っている方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

留学する国は何処が良い?が留学を失敗にする!!

語学学校を選ぶときに迷ってしまう理由

ファッション雑誌を読む女性

実は、語学学校に迷われる方にはある共通点が挙げられます。

それは、「学校選びの基準が定まっていない」ということです。

一般的なインターネットの語学学校情報では「地域」や「規模」、「国際比率」などを中心に書かれていますが、そういったものが本当に語学学校選びに重要であれば、皆さんは学校選びに迷わないはずです。

だってインターネット検索すれば出てきますからね!

では、何が重要になるのでしょうか?

それは、「そもそものあなたの留学の目的」です。

  • なぜ英語を話せるようになりたいのか?
  • どのような英語スキルが必要なのか?
  • どんな環境で英語を学びたいのか?

こういった質問に、みなさんはすぐに回答できるでしょうか?

「目的とか言われても、あまりピンと来ません!!!」という方は、高校や大学、専門学校を選んだときのことを思い出してみましょう。

「スポーツに強い学校に入りたい」「興味のある学問を勉強ができる学校がいい」「こんな素敵なキャンパスで学びたい」

そういった具体的な目的を基準として、学校選びされていたはずですね!

もしかしたら「とにかく自宅の近くが良い!」なんて方もいるかもしれませんねw

つまり、皆さんが学校選びに迷っているということは、「なんのために英語を学びたいのか」「身に付けた英語スキルを何に生かしたいのか」「どういう環境で語学を学びたいのか」がはっきり定まっていないということなのです。

とはいえ、わざわざ留学をして語学力を身に付けたいと思ったのには何か理由があるはずです。

その目的によっては留学期間や渡航時期、かかる費用などにも大きく影響しますので、ぜひ一度しっかり時間をとって「なぜ留学したかったんだっけ?」と考えてみてくださいね。

また、インターネットで出てくる情報は表面的なものになりますので、一般公開されている情報はあくまで一般的な内容であることを頭の片隅に置いていただけたらと思います。

先程、「語学学校のクオリティには大差はない」と申し上げましたが、クオリティの差が少ないともしてもそれぞれの学校の特色、カラーの差は確実にあります

自分の留学の目的が明確になったうえで、それぞれの学校の特色を知ることができれば、学校選びは自然に決まりますよ。

ただし、未成年の場合にはちょっと注意が必要です。

「海外の学校だから年齢とか関係ないよね?飛び級とかあるぐらいだし!」とイメージされる方もいらっしゃるかと思いますが、実はほとんどの語学学校では年齢制限を設けています。

自分の年齢が条件を満たしているかどうかも併せて確認したうえで、学校を選択してくださいね。

高校生が大学を選ぶ理由は?

余談になりますが、以下のグラフでは高校生が大学を決定した理由についてのアンケートを表示していますが、実は、高校生たちの約70%が大学を決定した理由として『学校の特徴を挙げている』ことがわかります。

特に、ここで注目していただきたいのは、逆に『先生や親から薦められて決めた人の割合』は、全体のたった2.5%しかいないと言う点です。

つまりは、学校選びに迷った際の参考材料としては、周りの意見が主軸となるというよりも、『学びたい内容』『就職活動』『資格』の3つのポイントを考慮した自分の意見が主軸になって決定していることが多いようです。

※ グラフを選択すると詳細のデータが表示されます。

大学進学における学校の決め手は?(単位: %)
  割合
ある学問が学びたいと思った 39.0%
就職に有利だと思った 24.4%
資格を取得したかった 7.3%
先生や親に薦められた 2.5%
周りのみんなに従った 24.4%
その他 2.4%

※ 大学生の傾向は学問・就職に有利という理由で学校選択をしている。
(大学受験パスナビ:2017年度調べ)

留学を考えてた時にまずやるべきこと!

友達と一緒に語り合う外国の女性

ここまでお読みいただいて「じゃあ、わたしはまず何をすればいいの?」と思ってしまった方も多いと思います。

留学が決まった学生がまずやるべきことは、上記の通り「留学の目的を明らかにすること」です。

スマホやパソコンの画面に向き合ってインターネットの情報を収集する前に、まずは自分と向き合うことが最初のステップなのです。

「自分はなぜ海外に行こうと思ったのか?」「なぜ英語を身に付けたいのか?」「英語を身に付けることで、どんな自分になりたいのか?」といったことや、「海外で挑戦してみたいことがある!」「海外でホームステイじゃなく寮生活をしてみたいかも」「語学だけじゃなく趣味もやりたいなぁ」「実は・・海外で進学したい。」などなど、人の数だけ留学の目的があって良いのです。

これらを明確にすることで、数え切れないほどあった学校やプランの中から、自分に合った学校、向いている留学プランは自然に決まっていきます

プロの留学カウンセラーに相談すると?

連れ添うカップル

目的ははっきりしたけれど、で、この後はどうすればいいの?」と悩んでいる方は、ぜひ一度プロの留学カウンセラーに相談してみましょう。

「自分で学校選びでも手続きでもなんでも全部できます!」という方でしたら、おそらくこちらのページにはたどり着いていないのではないかと思いますので。

何から手をつければいいかまったく分からない場合は、「留学はしたいけれど目的が分からないんです。。」というご相談もアリだったりします。

カウンセラーの度量が試されるご相談ではありますが、きちんとした留学会社であれば実りある留学プランになるようにしっかり相談に乗ってくれますし、その対応で信頼できる留学エージェントかどうかも分かりますので、何も不安に思わずに気軽に相談してみてくださいね。

また、最近は、留学会社はたくさんあって選び放題といっても過言ではありませんが、金銭的なマッチだけで無条件に語学学校を提示される場合にはちょっと注意をして頂けたらと思います。

なぜなら、学校のクオリティは、どの学校を選んでもある程度は補償されるものの、相談者のことを何も知らないままに学校を推奨するなんてこと絶対にできませんもんね?

プロのカウンセラーであれば、まずは相談者のことを短時間でできるだけ深く知り、その方の目的と学校をうまくマッチさせ、次のステップとして余分な部分を削って、本当に生徒に合った学校をご紹介することになります。

そのため、あなたの話に親身になってくれて、「やりたいこと」「目指す英語レベル」「予算や時期・期間」などを総合的に伝えたうえで判断してくれる、豊富な知識や経験を持っている留学エージェントに依頼、そして必ず経験のある留学カウンセラーに相談するようにしてくださいね。

そして、間違っても『責任感の全く無い学生やアルバイトのカウンセラーに相談』してしまうようなことは無いようにしてください!

留学で学校選びに迷わないポイント【学校選びまとめ】まとめ

自由を感じている女性

学校選びに迷わない方法として、「まず決めるべきなのは、学校ではなく留学プランや目的である」ということをお分かりいただけたでしょうか?

留学が決まった後に「学校を選ばなきゃ」「何を基準に選べばいいの?」と焦ったり悩んだりするのではなく、「自分は海外に行って何をしたいのか?」「英語を使ってどうしたいのか?」「どの程度の英語力を身に付けたいのか?」といった留学の目的が明確になると、自分に合った学校やカリキュラムは自然に決まります。

ただし、目的が決まった後でも、インターネットで得られる情報だけで、本当に自分にマッチした学校を見つけるのは難しいので、学校の表面的な情報だけでなく、学校の特色や性質を熟知しているプロのカウンセラーに相談してみましょう。

留学は皆様にとって最初で最後の可能性がある大切なものになります。

ここにいらっしゃる皆様は、人生の内で何度も経験するようなお家の引っ越しであったとしても『ネットの情報だけを鵜呑みにせずに必ず専門家に相談』しますよね?

留学の選択肢には、『学校』だけじゃなくて『滞在先の設定』や『将来の設計』『コースの設定』『航空券の選択』『滞在中の旅行や計画』『現地での仕事の設定やイメージの構築』『出国前の役所の手続き』『銀行口座の設定』『携帯電話の手続き』『帰国後のサポート』『転職・進路相談』などなど、不動産の選択肢の何万倍にも膨れ上がります。

そのため、「留学ほどプロの力の知識とノウハウが必要になるものは無い!」と言いきれてしまいますので、もし自分の判断に少しでも迷ってしまうことがあったなら、先ずは留学相談からはじめてくださいね。

きっと、皆様にとっての最高の留学カウンセラーさんが見つかりますので!!