My Story

刑務官が現地企業で就労!?カナダ・キャリアアップ留学!

写真1-外国人との3ショット

どこに居たって、楽しい事や辛い事は絶対にある。だったらやりたい方をやったほうが良い。

日本で刑務官として働いていた知弘さんの留学インタビューをお届けします。

「キャリアアップに繋がる留学がしたい!」そんな夢を持って旅立った知弘さんに、現地での出来事や語学学校・カレッジ等のお話しをたくさん伺って参りました!

将来のことを心配して、留学への一歩を踏み出せていない方は必見!早速、知弘さんの留学ストーリーをご覧ください。

留学前のできごと ~留学のきっかけは?~

写真2-夕暮れの海

知弘さんの留学ストーリー・旅立ち!

Q.日本では何をしていたの?そのきっかけは?

A.日本では5年半、刑務官として働いてました。

正直もともと将来の夢があんまりなくて、これといったきっかけは無いんですけど・・

でも、行ったことがない国とか場所に行ったり、経験したことない事をしてみたい!っていう思いはずっとあったんですよ。

なので刑務官の仕事はすごい面白そうだなって思って、経験したことないからやってみたいかも!って思ったんですよね。それが働き始めたきっかけだと思います。

Q.刑務官としての仕事はどうだった?

A.正直、人に注意したりするのが得意な性格じゃなかったので、最初はその部分が一番大変だったんですけど、慣れてきたらなんとか出来るようになりました。

普通だと経験できないようなことばっかりでしたし、塀の中に入ったら普段の生活とは全く違うような環境で、自分にとってすごく刺激的で、いい経験になりましたね!

Q.じゃあなぜ留学しようと思ったの?

A.さっき話したように、行ったことがない国とか場所に行ってみたい!っていうのはずっと思ってたんです。

でも「留学行くんだったら仕事辞めなきゃだめか・・。」とか、そういう仕事とか将来のことを考えちゃって、ずっとためらってたんですよね・・。

だから、“行きたい気持ちはあるけど進めない”っていう状態だったんです。

でも、ちょうどそう思ってる時に、自分の周りとか知り合いで、本人が思ってもいなかった事が突然起きる場面を何度か経験したんですよ。

それがきっかけで、これはすぐに行動しなきゃマズイ!将来何が起こるか分からないから、その為にためらうよりも今やりたい事をやっていこう!って思って、留学をしようと思いました。

Q.留学の目的は?

A.今の仕事を辞めて、次どういう仕事に就けるかもまだはっきり決まってなかったので、そういう所はすごい不安だったんですけど・・

かと言って刑務官の仕事をずっと続けるつもりも無かったので、次のステップアップになる留学にしたいなと思ってましたね。

なので目的は、色んな国の人や文化の事を知った上で、今後の仕事に繋がる経験がしたいということですね。

Q.今回の留学プランについて教えて!

A.ココアさんに相談したときに、「今の自分だと、帰国後の就職に繋がるような資格や経験が無い」っていう風に相談したら、CO-OPプログラムを勧めてもらって、それを選びました。

プランとしては、最初の7ヶ月を語学学校に通って、その後カレッジのビジネスコースで6ヶ月学んで、そのあと現地の企業でインターンさせてもらうプランです。

Q.留学が決まってから出発までの気持ちは?

A.不安とかはほぼ無かったですね。カナダに行くって決めて仕事を辞めた時点で「カナダの良いところや悪い所を全部経験してやろう!」って気持ちでした。

Q.留学前にやっていたことは?

A.仕事は留学に行く1ヶ月前まで働いてましたね。あと、今まで本当に英語を勉強してなかったので、中学校の教材をもう一回読み直してました。

ココア留学の公式インスタグラム
インスタグラムフォローボタン

ココア留学のインスタグラムには、留学の最新情報はもちろん、現在留学中のココア留学生の皆さんから届く、お写真やレポートをたくさん投稿しております!これから留学に出られる方はぜひ参考にしてみてください!

ココア留学の公式インスタグラムをフォローする

現地のことをたくさん教えて!

写真3-カナダの山

知弘さんの留学ストーリー・留学中のできごと!

Q.留学に行ってみてどうだった?

A.着いた瞬間、聞こえてくる言葉が全部違う言葉だったので、違う世界みたいに感じました!

そもそも海外に行ったのが初めてだったのでワクワクでしたね。

Q.カナダに来て良かったと思う所ところはある?

A.環境で言ったら全部良かったです!!

運が良いのもあったんですけど、ホームステイも語学学校もシェアハウスも、できた友達も仕事も、全部ホントに最高で・・。

ほんとうに運が良かったなと思ってます。

Q.ホームステイはどうだった?

A.めっちゃ良かったです!

カナディアンのお父さんとフィリピンのお母さん、小さい子供が3人いるファミリーで、ルームメイトにメキシコの女の子と日本の男の子もいました。

子供が部屋に来て毎日一緒に遊んでましたし、ご飯もめっちゃ美味しかったです!

休みの日も家族みんなで水族館に行ったり、教会に行ったり、結構色々連れて行ってもらえて、すごい楽しかったですね。

やっぱり最初はホームステイの方がオススメですね!

その国に暮らしてる家族と一緒に住むっていうのは絶対経験したほうが良いと思います。

Q.家族とのコミュニケーションはどうだった?

A.最初は全くでしたよ。家の注意事項も聞き取れなくてめっちゃ困りました(笑)

子供とは一応コミュニケーションは取れるんですけど、お父さんお母さんと話すときに聞きたいことがあっても聞けないし、何か言ってくれてても理解できなくて、最初はちょっと悔しかったですね。

Q.今もホームステイしてるの?

A.今はシェアハウスです。カナディアン5人とシェアハウス生活をしてるんですけど、すごい快適です!

オーナーもめっちゃ気さくな人で、ほぼ毎日オーナーが遊びに来て、僕ん家でご飯作って帰っていったりとかしてて(笑)すごい良い人です。

あと、仕事とかもオーナーが色々紹介してくれました

Q.印象深い思い出を教えて!

A.一番は、カナダで親友が出来たことですね。

友達の誕生日パーティーに行った時に、別のグループのカナダの男の子がいきなり話しかけてくれたんですよ。

日本が好きみたいで、仲良くなりたい!と思って連絡先交換して、そこからちょくちょく連絡取ってたんですけど、そのあと「遊びに行こうよ!」って誘われた時に、ちょうど別の友達の集まりがあって断ったんですよね。

けどその集まりに行った時に、偶然同じ店にその子が居て!(笑)そこからすっごい仲良くなったんですよ!

結果、今カナダに来て一番仲良く遊んでくれてる子なので、今の思い出としてはそれが一番印象深いですね。

現地の学校・日本のカナダの違いについて

写真4-VGCの生徒たち

知弘さんの留学ストーリー・日本との違い&学校

Q.日本とカナダの違いは?

A.日本に比べてカナダは、キャンプとかアウトドアのスポーツだったり、ホームパーティやバーベキューとか、そういう時間が多いですね。

日本って夜ずっと遊べる所があるじゃないですか?でもカナダは、そういう日本のような娯楽とはまた違って、人との時間を大切にしてるなって感じました。

家族同士が公園で遊んでたりとかもしてますよ!

Q.日本とカナダの違いは?②

A.あとは、人と会った時に「何歳ですか?」って誰も聞かないですね。

職場に学生の子が居るんですけど、そう言う子とかでも年上とか年下とか関係なくて、気が合ったらすぐ友達みたいに「Hey」みたいな感じになるので、そういうのが新鮮でしたね。

Q.働く上での日本との違いは?

A.日本だと上司の人に、尊敬するじゃないですか?もちろん、カナダの人も尊敬はしてるんですけど、友達みたいというか・・上司に対してもみんなフラットに対等に喋るんですよ。

なので、働きやすいところだなって思いましたね。

Q.学校はどうだった?

A.VGC(語学学校)はとにかく多国籍です!

クラス一緒じゃなくてもアクティビティがあったり、休憩中に友達の友達とかが急に話しかけてきたりとかして、すぐ友達ができるような学校ですね。

基本、学校が終わって外に出ると学校の前に何人もグループが出来ててそこでみんなで話してて、「じゃあこのあとみんなで遊びに行くか~!」みたいな感じで、どんどん友達が出来ましたよ!

毎回別のグループが合体してどんどん友達が増えていってすっごい楽しかったです!

あと学校すっごい綺麗ですね。ビジネスの方のキャンパスは本当の職場みたいです。

Q.クラスの内容は?

A.日本の授業とは違って、先生か生徒のどっちかが必ず話してるって感じでした。なので日本みたいに黙々とやる感じは全くなかったですね。

授業内容はいろいろですけど、お互いの国のことを発表したりスピーチみたいなのをしたのは印象にあります。

クラスはレベルが変わっていくんですけど、どのクラスになっても自分が一番成績が下で・・(笑)でも、そのたびに隣の子が教えてくれて、本当に助かりましたね。みんな優しい子ばっかりでした。

Q.カレッジはどんな感じ?

A.まず当たり前ですけど、語学学校じゃないのでもう英語を教えてくれないじゃないですか?なので、今はまだ付いていくのが精一杯ですね・・。

クラスの内容で言ったら、先月は“目標を達成するための方法”をテーマにしたプレゼンテーションをしたり、今は職場でのリーダーシップについてとかを学んだりしてます。

そういう内容を全て英語で学んで、それについて自分たちで話し合うっていう形でなので、かなり大変ですね。

先生の喋ってることはまだ何とか分かるんですけど、その質問に対しての答えとか自分の意見を生徒同士で話すのが速すぎて聞こえなくて・・。やっぱり語学学校とは全然違うなぁと思いましたね。

なので難しいのは難しいですけど、カレッジが始まってからはまだ1ヶ月半なので、これからって感じですね!頑張ります

知弘さんのスクール!
VGC International College ~VGCの魅力を徹底解説!~

知弘さんが一生懸命学んだ学校はカナダのバンクーバーにあるVGCというマンモススクールです!とても素敵なキャンパスを持つVGCの魅力を少しだけ感じて頂けたら嬉しいです!

VGC International College ~VGCの魅力を徹底解説!~

留学を経験して・・

写真5-友達とドライブ

知弘さんの留学ストーリー・学び!

Q.留学をしてよかったと思う? Yes or No

A.Yesです。やっぱり日本に居たら出来ない経験が今出来てるっていうだけで、来てよかったなって思います。

こっちに来て、日本の良い所もいっぱい感じるし、逆に「日本のこういう所って不便だよな」っていう部分も見えてくるので、そういう事も日本の中に居たら何も気づかないんだろうなぁと思って。

なので、そういう新しい経験ができて、留学して良かったなって思いますね。

Q.留学を悩んでいる人に伝えたいことは?

A.海外に行ったとしても日本に居たとしても、きっと、どこに居ても楽しい事とか辛いことは絶対にあると思うので、だったらやりたい方をやったほうが良いかなって思います。

Q.これからの留学生に伝えたいことは?

A.朝起きて、「何か今日楽しいな」って思いながら生活してると、楽しいことが起きますよ。

全部「楽しい!」って思いながらやったら、不思議と本当に楽しいことが起きてくるので、これから来るみんなもその気持ちでたくさん楽しんでほしいですね!

あとはそんな不安に思わなくても、なんだかんだ生活はできるので、あれこれ気にしすぎないほうが絶対に得だなって思います。

僕は本当にトップクラスで英語喋れないんですけど、それでも生きていけるので(笑)それは伝えたいですね。

Q.自分の留学にタイトルを付けるなら何?

A.なるようになれ」ですね!

先のことは・・考えるようにはしてるんですけど、心配とかはあんましないようにしてて。

今はもう仕事を辞めてこっちに来てるので、なるようになれって!思いながら、今出来ることだけをするようにしてます。

Q.最後に、これからの意気込みをどうぞ!

A.自分のやりたいインターンシップ先に合格できるように、頑張ります!

あとは彼女を作ります!それが一番のこれからの意気込みですね!(笑)これからもたくさんカナダを満喫しようと思います。

社会人が転職やキャリアのために留学!
社会人のための転職キャリア留学

社会人が留学に不安を感じることって本当に沢山あります。転職・キャリア構築ができる本当の意味での留学を、是非、知って頂けたら嬉しいです。良かったら以下の職業リストをご覧ください!

社会人のための転職キャリア留学

知弘さんの留学インタビューまとめ

写真6-クラスメイト

皆さま、知弘さんの留学インタビューいかがだったでしょうか?

ステップアップになる、今後の仕事に繋がる留学をしたい!」と言って旅立った知弘さん、今まさに新しいステージへ向けて着々とステップを積み重ねていますね♪

そして、知弘さんが仰っていた「あれこれ気にしすぎないほうが絶対に得」ということ、本当にその通りです。

もちろん、仕事やお金や恋愛・・そういった将来のことを不安に思う気持ちは、誰にでもありますよね。特に何年も働いてきた社会人となると、その不安はより大きなものだと思います。

ですが、知弘さんが仰っていたように、

きっと、どこに居たって楽しいことや辛いことは絶対にある。だったらやりたい方をやったほうが良い。

そう考えられることが出来るか出来ないかで、そのあとの人生は一段と面白いものへと変わります

ですので、皆さまもぜひ、“やりたい”と少しでも思った自分のその気持ちを大切に、尊重して、知弘さんのように新しいステージへのチャレンジに踏み出してみてくださいね。

改めて知弘さん、この度はインタビューのお時間をいただきましてありがとうございました。

そして、皆さまへの素晴らしいアドバイスと素敵な考え方をお話しいただきありがとうございます!

カレッジでの授業そしてインターンシップ、さらにプライベートでの時間もめいいっぱい充実させて、これからのカナダ生活もたくさん満喫してくださいね!お仕事もプライベートも・・嬉しい報告を頂けるのを楽しみにしております♪