オーストラリア銀行口座

【帰国前】オーストラリアの銀行口座を解約するときの注意!

留学・ワーホリでオーストラリアの銀行口座を開いたら?

オペラハウスの夜景

オーストラリアで銀行口座を開設した皆さま、そして、これからオーストラリアで銀行口座を開設しようと思っている皆さま。ところで「オーストラリアの銀行口座を解約する方法」についてはご存知でしょうか?

銀行口座の「開設方法」については聞いたことがあるかもしれませんが、実は、解約方法についてご存知でない方が多いです。ココア留学でも過去に、帰国された後の生徒さんが「あ!そういえば銀行口座を解約し忘れました!」と仰られることがあり慌てたことがあります。

留学やワーキングホリデーに出ると分かるのですが、帰国する直前は荷物をまとめたり、友達に会いに行ったり、ちょっと旅行に行ってみたり・・と、何かと慌ただしくなるものです。そうした中で、銀行口座の解約は後回しにしてしまい、帰国ギリギリになってから「忘れてた!」「どうすればいいかわからない!」と混乱してしまう方がいらっしゃる訳なんですね。

そこでここでは「これさえ読んでおけば安心!」な銀行口座の解約の方法をご案内させて頂こうと思っております。

なお、こちらのご案内はココア留学生が実際に体験された体験談をもとに作成致しております。活きた海外情報も、是非、ご一緒にお楽しみください。

銀行口座の解約する際の注意

オーストラリアの世界地図にピンが刺さる様子

知っている方も多いとは思いますが、オーストラリアで銀行口座を解約する際、解約前には必ず銀行口座のお金をすべて引き出して、口座残高を0円にする必要があります。

こちらは日本の銀行でも同じことなのですが、その際の注意点として、あらかじめ現地の銀行で発行されたカード(デビットカード)の使用を止めておかなければいけません。

それは、カードで支払いをした場合、実際に銀行口座からお金が引き落とされるまでにはどうしてもタイムラグが発生してしまい、Pending transacion(カードで支払ったが銀行口座からまだ引き落としされていない分。未決済分。)という状態になってしまうためです。

この状態ですと、まだ引き落としが行われていない代金があるため口座残高を0円にすることできず、銀行口座の解約を進めることができなってしまいます。そのため、事前にカードの使用を止めておく必要があると言うわけです。

万が一、日本に帰国する直前にカードを使用したら、Pending transactionが残ってしまいますので、オーストラリア滞在中に銀行口座の解約を終わらせることができなくなってしまうので、注意しておいてください。

また、コモンウェルス銀行の場合、日本に帰国してから電話にて口座解約を確定できますが、あらかじめ現地にいる間に

  • パスポート
  • 銀行のカード
  • 銀行で最初に受け取る書類一式

を銀行へと持参して、セキュリティコードを発行してもらう必要があります。

この時、Pending transactionがない状況であれば、口座に残ったお金を引き出し口座残高を0円にした時点で口座解約することができます。

ココア留学生Nさんのケース

Nさんは、日本へ帰国する1ヶ月前から口座解約に備えてカードの使用を止めていました。

しかし、帰国の直前に留学先のシドニーからケアンズへと短期旅行へと出かけることとなり、インターネットにて予約をして、カードにて代金を支払うことにしました。

こちらのたった1回のカード利用ですが、この1回のために、Nさんは本当に苦労します。留学中に銀行口座の解約を終わらせることができず、日本帰国後も解約手続きを続けることになります・・・。

銀行口座のお金をゼロにする際の注意

オーストラリアのドルの束

冒頭で、口座を解約する前に、口座に残っているお金をすべて引き出す必要があるとご説明しました。

この場合、キャッシュ(現金)で引き出しても、オーストラリアから日本の銀行へ海外送金しても、どちらでも口座解約が可能です。

※ Pending transactionがある場合は、まだ口座から引き落とされていない分のお金を必ず銀行口座に残しておく必要があります。

ただし海外送金の際には、銀行によっては“中継銀行”といって海外送金を仲介する銀行を挟まなければならないケースがあります。この場合$30~50ほどの手数料が必須となり、この手数料分を口座に残しておかなければいけないのでご注意ください。

また、海外送金先として日本で利用されている外貨預金口座を検討されている場合、中継銀行によっては豪ドルを扱っておらず日本円へ強制両替されてしまうケースがあります。そのため為替状況によっては多少の誤差が出る可能性もあります。

加えて外貨預金口座が無い場合、送金したお金がオーストラリアの口座へと戻ってしまう場合もありますので、海外送金を行う際は必ず日本の銀行口座をご確認の上、慎重に行ってください。

キャッシュ(現金)引き出しの際の注意点としては少額であればドンドンと引き出して頂いても問題無いのですが、100万円以上のキャッシュを日本へ持ち帰る場合は税関に申告が必要になりますので、お気をつけください。

また、キャッシュにて大金を持ち歩くと危険ですので、金額が大きい場合は手数料がかかっても海外送金されることをおすすめします。

日本に帰国してからオーストラリアの銀行口座解約

オーストラリア留学・ワーホリから帰る飛行機

さて、続いては留学中にPending transaction(カードの未決済分)があり、銀行口座の解約ができなかった場合のお話です。

日本に帰国してから、まず行うことはスマートフォン上の銀行アプリ等でPending transactionを確認します。この段階で既に支払いが完了していれば、電話で銀行口座の解約を進めることができます。

コモンウェルス銀行の場合、銀行口座を維持するための「口座維持費」という費用がかかり、毎月1日に$4が自動的に引き落としされますので、もし解約できるのが翌月以降になりそうな場合、問題がないか現地スタッフに電話で相談しましょう。

尚、コモンウェルス銀行は日本にも支店がありますが、日本国外の口座については、銀行口座を作った現地(オーストラリア)に直接問い合わせる必要があります。

ココア留学生Nさんのケース

Nさんの場合、旅行でカードを使用したのが7月中旬。

コモンウェルス銀行で解約申請をして、日本から解約するためのセキュリティコードを受け取ったのが7月24日。そして、日本に帰国したのがその2日後となる7月26日でした。

その後、日本からコモンウェルス銀行アプリをチェックしたところ、Pending transactionになっている旅行代金が、7月31日になっても引き落としされていません。

このままだと、銀行口座にはすでに旅行代金のお金しか残していないのに、翌日の8月1日には口座維持費の$4が追加で引き落とされてしまい、口座残高がマイナスになってしまいます。

「あ!不味い!!」と思ったNさんは、オーストラリアのコモンウェルス銀行の店舗へと電話を掛け「口座解約における事情や旅行で少額使ってしまったと言う状況」を説明しました。

すると、現地スタッフが柔軟な対応をしてくれて、「8月分の口座維持費$4は支払わなくていい。Pending transactionになっている代金が引き落とされた後に、こちらであなたの銀行口座を解約しておきます。」と言われたそうです。

このように現地の銀行スタッフも海外留学生慣れしているので、臨機応変に対応して頂けることが多いのでご安心ください。

銀行によって分かれる対応方法!!

銀行と紙に書かれている様子

今回、紹介させて頂きましたコモンウェルス銀行は、オーストラリアの大手銀行4社のうちの1つであり多くの留学生に利用されている銀行になります。

銀行の中には口座維持費を必要としない銀行もありますが、帰国前に解約申請をしていない場合は書類のやり取りによる解約になる場合もあるなど、解約方法がさまざまとなっております。

口座を使わないからといって放置するのではなく、将来におけるオーストラリアへの再入国やトラブルまでを想定して、できるだけ現地にいる間に銀行口座の解約を済ませから帰国してくださいね!!