留学からの帰国

留学から帰国後にぶつかる5つの悩み

留学から帰国後にぶつかる5つの悩みのイメージ

留学やワーキングホリデーを希望される多くの方々は、“ついつい”「留学に出かけること」だけに気を取られてしまい、「留学が不安です」や「ホームステイはどういった感じなのか?」または「ワーキングホリデーには費用はいくら必要なのか?」と言った悩みをココアに相談されますが、意外な事に質問をお受けする機会が少ないのが「留学から帰国した後の生活について」です。

ココア留学では、実は、こう言った「留学からの帰国した後のこと」について余り質問をお受けしないことについて、正直なところ“驚いている”と言うのが本音です。

と言うのも、留学に出かけられる方のほとんどが、留学後は日本で生活されることになる訳ですから、普通に考えるならば、長くても「1年2年程度」の留学先の話よりも、帰国後に何年も続く日本での生活のほうが明らかに大切だからです。

そこでここでは、「留学から帰国後にぶつかる5つの悩み」と題しまして、これから留学予定の方はもちろんのこと、現在留学中の方や既に帰国された方のために、「留学から帰国した後の悩みにどう対応していくか?」と言うお話を「5つの例」を交えながら紹介させて頂きたいと思います。

留学してたのに英語が話せない

留学していたのに英語が話せない様子

まず、「留学から帰国する直前」や「帰国直後」の方々が最も悩まれる事柄として、長期留学をしたにも関わらず「英語が話せない」と言う“理想と現実との葛藤”についてです。

ココア留学を読んでくださっている方は「1年程度の留学では英語は上手に話せるようになれない」と言うことを、既にご存知かと思いますが、これがまた、「留学や海外に全く興味が無い人」または「英語(言語)について学習されたことの無い人」と言うのは、皆口を揃えて「1年も留学してたのだから、英語はペラペラでしょ!」と言う考えを持たれています(周囲から日常的に言われます)。

しかし現実は、1年程度の留学を経験したところで、英語がドラマや映画のように“ペラペラ”に話せるようになる訳も無く(日本滞在時から必死に勉強された方の中にはペラペラになる方もいらっしゃいます)、周りからの「自分の英語力に対する過剰評価」だけが専攻し、その“ギャップ(評価と現実の差)”の大きさに悩まれるのです。

ココアの場合、高校生の内から「2回の留学経験」や「海外での就業経験」それに「外国での会社運営経験」があるため、そう言った「過剰期待の傾向」はさらに強く(涙)、こうやって皆様に留学情報を提供している今現在でさえ、「自分自身の英単語力」と「英文法力」の低さと「周囲からの期待のギャップ」に悩まされることがあります。

「なんだ、ココアも同じなのか、折角アドバイスを貰おうと思ったのにガッカリだよ!」と言う落胆の声が聞こえてきそうですが(汗)、こう言った周囲の期待を裏切ってしまうような状況を、ここにいらっしゃるほとんどの皆様も帰国後に経験されることになる訳です。

さぁ、今現在留学先からココアを読まれている方は、思わず“身震い”をしてしまったのでは無いでしょうか?(笑)

しかし、ご安心ください。ココア留学では決して皆様の悩みを放置するようなことは致しませんし、ココア自身も経験し、悩んだり苦しんだりしてきたことですので、対処法は既に編み出してあります(笑)。

帰国後の周囲とのギャップを埋めるには?

「帰国後の周囲とのギャップを埋めるには?」と言う大それたタイトルになってしまいましたが、「方法」と言うよりも自然体でいることで、周囲とのギャップが少しずつ埋まっていくことから紹介させて頂きます。

実は、現在留学中もしくは帰国直後の皆様が考えていらっしゃるよりも、皆様が「1年間の留学中に学ばれ鍛え上げられた英語力」と言うのは、決して馬鹿にできるようなものではありません(日本国内において)。

と、言うのは、友人・知人、それに日本人大多数の英語力が低過ぎて、「留学中に当たり前のように交わしていた英語での挨拶」だけで、周りからは“やっぱり留学をしてきた人は凄い”と言う扱いを受けることになるからです(笑)。

ましてや、外国の友人と英語を使っての“メールや電話”で連絡を取り合っていることに、友人等が気付いた場合の反応は「○○、英語でコミュニケーションなんて凄いな!?(驚愕)」と言う反応になります。

そして、そうした周囲からの扱いを受けている間に、「英語の勉強をさらに積む」ことで英語力の維持も可能になりますし、留学中に自然と身に付いた「英語の学び方」は、日本国内においても英語力を伸ばすことも可能にします。

特に留学中、「1年英語を勉強したけど全然ダメだった!」と思われている人は、帰国後に更に学習を重ね、「TOEIC」や「TOEFL」それに「英検」と言った英語資格検定を受講し「自分が納得できる成績を取ること」で、周囲からの期待と自分の英語へに対するコンプレックスのバランスが取れるようになってきますのでご安心ください。

なお、英語の学習法については 留学・ワーホリに役立つ英語勉強法 も参考にして頂ければと思います。

帰国後の欝(うつ)との戦い

近年、留学から帰国後に「逆カルチャーショック」と言って、日本の文化に対して溶け込むことが難しく、「鬱病(うつ病)」を発症される方がたくさんいらっしゃいます。

こうした「うつ病」を発症される方の多くが、真面目で、「留学中、必死で努力してきたのだから日本ならもっとやれるはず」や「留学で失った日本での時間を早く取り戻したい」と言った「強いやる気(決意)」や「強い責任感」を持たれている傾向にあり、日本社会において「留学の成果を認められなかった時」や「周囲対応が留学について冷ややかだった時」に、その「やる気」や「責任感」が大きな反動となり、病気の引き金となってしまうようです。

ココアも同じように日本社会と折り合いが付けにくい時期もあり、当時、若かった私は「何も新しいことに挑戦していない人たちには言われたくない!!」と言う思い、それに“焦り”や“イラダチ”を感じることも数多くありました。

そうした時には、“怖い”と感じるかも知れませんが、一度、ゆっくりとお休みください(焦っている事が日常的になっているので休むことが怖くなっている可能性があります)。

そして、スッキリとした頭で自分の置かれている状況について考えてみて、「ゆっくりと日本社会に溶け込んでいけば良いんだ!」と思うようにして頂ければと思います。

彼氏・彼女との関係が上手くいかない

留学帰国後に彼氏・彼女と上手くいかない

2つ目として、「帰国後、彼氏(彼女)との関係が上手くいかなくなってしまった」と言うことについて悩まれている話を、本当に良く聞きます。

例えば、留学中に付き合っていたカップルの内、どちらかが先に帰国してしまい「彼氏(彼女)の対応が帰国後変わってしまった」と言う話や、留学を待ってくれていた彼氏(彼女)と一緒にいても「どこか違和感を感じてしまう」と言ったものです。

留学は、“新しい経験や体験”をすることになるのですから、少なからず、そういった「経験や体験」が留学生に影響を与え、人物構成をしていきます。

そのため、気が付かない間に「日本での常識が非常識」へと変わってしまっていたり、「留学先ではできたことが日本ではできない」と言った「意識のずれ」が生まれてしまうことがあります。

もし、「彼氏(彼女)とこれからも交際を続けていきたい」とお考えであれば、ご自身が変わってしまったたことを再認識し、そして受け入れ、「相手に対して合わせていく」よう心がけて頂ければと思います。

帰国後、半年~1年もすれば、以前のように日本社会に対して馴染めるようになってくるので、その時には「彼氏(彼女)との関係は完全に修復している」と言うのは良くあることですので。

ダイエットしなくちゃいけない

帰国後にダイエットしなくてはいけない様子

特に、多くの女性が悩まれているのが、「留学に行っている間に、かなり太ってしまった!!」と言うダイエットに関する深刻な悩みです。

ココアの友人も留学中に気をつけていたものの、“かなり”太ってしまい、「帰国後、空港へと迎えに来てくれた、ご両親や友人に全く気付いて貰えなかった!」と言う事件がおきた話を聞きました(涙)。

留学者が女性の場合、「帰国前にダイエットをしてから帰る」と決意される方もいらっしゃいますが、「留学からの帰国前」になると、“パーティー”やら“お別れ会”などが多数開催されることになり、残念ながら「帰国前のダイエットについて途中挫折される方が大多数」と言うのが現実です(涙)。

しかし、帰国後は食生活が元に戻るため、基本的に日本で1~2ヶ月の生活をされると、「特に意識をしないでも再び出国前の体形へと戻られる方がほとんど」ですので、余り無理をなさらないようにして頂ければと思います。

また、ココアの場合には、留学後には決まって「数ヶ月の旅」に出かけてから帰国していたので、「出国前よりも痩せて帰ることばかり」でした(旅行は太りますが、旅は重いバックパックを背負って歩くので痩せてしまいます)。

帰国後の就職・職業に関する不安

留学から帰国後した後の就職・職業に関する不安

これから語学留学に出かけられる方や帰国されたばかりの方々が、最も心配されているのが「帰国後の再就職や職業」についてです。

悲しいことに日本社会は「中途採用」や「留学でスキルアップされた方々」に対しての対応が厳しく、海外での留学や仕事経験が「就職に対してデメリット」となってしまうことも決して珍しいことではありません。

そのため、多くの方々が帰国後に就職や職業の問題で悩まれている姿を良く目にするのですが、実際、ココアも日本に帰国後、自らの経験のためを思い就職活動を行ってみたことがあるのですが、「企業側からの対応は非常に冷たいものであった」ということを今でも強く覚えています。

「なぜ君は留学をしたのか?」「この会社で英語が必要無い部門に配属されたならば、君は必要無い人間だ」「海外の常識は日本では通用しない」「海外で企業を経営していたような人間は我々には扱いにくい」。

正直、こうした日本の企業体質に悩み、「海外の面接対応はもっと自分のことを評価してくれたのに、なぜ日本ではここまで徹底的に頭を打ちこむのだろう?」と悩んだこともありました。

そこで、少しでも多くの留学経験者に「ココアが感じたような辛い思い」をして頂きたくは無いので、「留学経験者が日本の企業体制に悩まず対応できる方法」と言うのを幾つか紹介させて頂きたいと思います。

外資系企業の就職を模索せよ!

日本で、「最も日本の企業体制や企業体質に悩まず、留学生に対して快く受け入れてくれ易い企業」と言うのは、やはり「外資系企業」となります。

面接に関しても、英語力次第では簡単に社長面接まで漕ぎ着けることができ、従業員の方々も、そのほとんどが「国際交流経験を持っている」ので、留学生やワーキングホリデー参加者について理解があります。

「英語に対する自信を持てない方」からは、こうして外資系企業を薦めるココアに対して、「どうしても外資系企業は敷居が高く感じてしまうので無理」と拒否されてしまうことが多いのですが、外資系企業のほとんどが「英語力に段階を設けた求人」を行っており、実は、「英語が初級レベルの人」でも求人が多数出ています。

注意点としては、英語レベル初級者~中級者レベルの社員を募集しているところの多くは、「海外とのメール対応や外国人用の書類作成」の仕事が主で、「英会話力よりも“英語読解力・英作文能力”」が必要となります。

また、外資系企業は「“人材を育てること”よりも“即戦力を期待している”」という傾向が強いので、面接時には「ハッキリと自分ができる人間である」と言うことを示す必要があります。

帰国後直ぐにアルバイトを始めよ!

留学後、日本企業で面接を受けると、「あれ?“○○年に帰国”って書いているけど、君は今まで何をしていたの?」と言う、就学・就業期間が空いていることに対する厳しい質問を受けることが数多くあります。

その対策のため、帰国後直ぐに「アルバイト(特に英語関係だと英語維持にも役立つ)」などを始めておくことで、「はい。帰国後について、私は“急な就職は難しい”と考え、アルバイトを通じて生計を立てながら仕事探しをしておりました」と言う回答を用意することができ、企業側へと好印象を与えることが可能になります。

また、日本でアルバイトとして働いていることにより、「私は日本で働くことができる」と言う証明にもなりますので、「帰国直後から始めるアルバイト」はかなり就職活動にお薦めです。

留学中・帰国直後に資格を習得せよ!

日本企業の傾向として、「会社を退職し留学した人」について、どうしても「仕事を辞めて海外で遊んできた人」と考えがちで、留学の成果を提示することができなければ、「自分だって会社を辞めて海外で遊びたいよ」と考えているような面接官がほとんどなので、対応は厳しくなってしまいます。

そこで、できることならば、留学中に「TOEIC・TOEFLのハイスコア」や、帰国直後に「英語検定の取得」と言った目で見て分かる留学の成果が欲しいところです。

また、留学先では「幼児の英語教育の資格」や「英語を教える資格(J-SHINE)」などが取得できる学校があるので、留学時に帰国後のことを意識して資格習得の勉強をしておくと、帰国後の就職活動が楽になります。

留学・ワーキングホリデーから帰国前・帰国後の就職活動については、以下のページも参考にしてください。

帰国後の就職で英語を使う仕事を見つける方法へ

帰国後に向けた準備はこうしておくべきだった

本当に帰国する準備はできた?

これまで帰国後に悩まれることの多い4つ例を紹介して参りましたが、最後は「帰国後に向けた準備はこうしておくべきだった」と言う、「留学中の生活に対する後悔の念」です。

「あの時、もう少し頑張っておけば学校で良い成績が取れたはず」や「あの時、仕事を辞めなければ、今はもう少し楽な生活ができているはず」というような「“留学に出掛けたこと”や“留学中の生活”に対する後悔」が、帰国後しばらくして生まれてくる方がいらっしゃいます。

こうした悩みは、結局、「たら・れば」の段階を脱することは無く、「留学が正しかったのか?」それとも「留学が間違っていたのか?」と言った「正確な解答」を示すことはありません。

ココアもまた、こうした思いから「自分の人生に立ち止まりそうになった」時もありましたが、最終的に、「留学に行って良かったのかどうか?」について悩んでいる時間の方が、「明らかに無駄」であることに気が付きました。

「留学に失敗した」と思ったならば、その経験を今後に生かせば良いですし、「あの時○○にすれば良かった」と言うのであれば、その時の選択以上の成果を追い求めれば良いだけです。

ココア留学が、ここまで留学の“裏事情”や“闇の部分”を隠すことなく全てを紹介しているのは、留学やワーキングホリデーを通して「自分の将来を考え、そして判断し、自分自身で未来を切り開いていく力を持って頂きたい」と言う思いも込められております。

最後になりますが、最近のココアの悩みについてですが、「ココアさんカッコいい!!」と思って頂けるような内容を自分の体験談として紹介しようとして、後で読み返してみると、「かなり“ダサい”ココアがそこに居た」と言う、理想と現実の大きなギャップです(涙)。