My Story

オーストラリア人は冷たい?2カ国留学経験者が語る!

オーストラリア人は冷たい?2カ国留学経験者が語る!のイメージ

2ヶ国留学を体験した美紀さんに独占インタビュー!
“カナダとオーストラリアって、何が違うの!?”

留学を考えている人の中でも、「カナダ」・「オーストラリア」の2カ国で迷われている方はよくいらっしゃいます。そこで今回、そういった方々のために、その2つの国を体験した美紀さんにインタビューをして参りました!各国の良さや特徴、留学中のエピソードなど、美紀さんの2ヶ国留学ストーリーをお届け致します!

カナダ留学について

キッズからもらった本

カナダ編

Q.美紀さんがカナダへ留学したきっかけは何ですか?

A.私が初めて海外に行ったのは高校生のときです。短期の交換留学プログラムがあり、カナダのトロントに行きました。のちにカナダへ再度行くことになったのは、その短期留学がきっかけですね。

そのときは現地の高校に通ったのですが、友達の中にはカナダの現地校が気に入ってしまいそのまま編入した子もいました(笑)

私は編入さえしなかったですが、間違いなくそれがきっかけで「もう一度ぜったいカナダに来たい!」と決めました!その後、留学のためにまずは大学の英文科に入学して英語力を身に着けて、卒業した後の9月に、再度カナダへ渡航しました。

Q.カナダ留学ではどんなことをしたんですか?

A.私が大学卒業後に行った留学は『インターンシップ留学』です。インターン内容としては、カナダの小学校で日本のことを教えるプログラムで、小学生におりがみやお箸の持ち方などを教えたり、日本特有のイベント行事を教えたりしました。

もちろんカナダの自然や人柄は、高校留学のときと変わらず良かったですし、子供とふれあうことが好きなので、とっても楽しかったです!

ココア留学の公式インスタグラム
インスタグラムフォローボタン

ココア留学のインスタグラムには、留学の最新情報はもちろん、現在留学中のココア留学生の皆さんから届く、お写真やレポートをたくさん投稿しております!これから留学に出られる方はぜひ参考にしてみてください!

ココア留学の公式インスタグラムをフォローする

Q.インターン留学で、大変だったことは何かありますか?

A.留学先がバンクーバーから離れた田舎の方にある学校だったのですが、日本人はもちろんゼロ、アジア人もほとんどいなかったんです…。なので、初めはやっぱりホームシックになりましたね。

あとは、英語のギャップもありました。というのも、英文科を出ていたので「私は英語できる!」って変な自信があったんですけど、実際に行ってみたら聞き取れないこともあったり、言いたい事がすぐに出てこなかったり、ニュアンスを上手に伝えられなかったりすることがあって、はじめは落ち込みました。

Q.逆に、インターン留学を経験して良かった点はありますか?

A.私のインターンは『子供に日本のことを教える』というプログラムだったので、もちろん子供たちと関われることは楽しかったですし、逆に子供たちから気づかされることもありました。たとえば、「このひな祭りって何のためにあるの?」って言われたとき、そう言えばなんでだっけ?となって…(笑)

“私、日本人なのに全然日本のこと知らないんだなぁ”ってなりました。でも、それが日本のことを改めて知ろうと思ったきっかけになれたのですごく良かったです!


その後、カナダでのインターン生活も無事に終わり、日本に帰国した美紀さん。帰ってきてからは就職活動を経てお仕事にも就き、日本で何事もなく暮らしていたそうですが、心の中には「もう一度留学に行きたい」という想いをずっと持ち続けていたそうです…。

大学生の皆様には!
大学生のための留学情報 - Webシラバス【2020年度版】

ココア留学では大学生のための短期留学から長期留学まで、超が付くほどの格安留学についてもご案内を行っております。良かったら以下も合わせてご覧ください!!

大学生のための留学情報 - Webシラバス【2020年度版】

オーストラリア留学について

メルボルンの建物

オーストラリア編

Q.3度目の留学!オーストラリアへ行くことになったきっかけは何ですか?

A.実は、カナダ留学を終えて日本に帰国したあとも、ホームステイ先のお父さんとはずっと連絡を取っていたんです。それで、ある時お父さんが上海に行く予定があって、「じゃあ上海で待ち合わせして、久しぶりに会おうよ!」ってなったのがきっかけです!

お父さんと会ったらやっぱりまた海外に行きたくなって、2度目の留学を目指すようになりました!

でも、2回目の留学は、『学ぶ』という勉強重視よりも、ちょっと気分転換もしながら楽しみたかったので、「カナダよりもオーストラリアのほうが合ってるよ」とオススメされ、オーストラリアへの留学を決めました。

Q.オーストラリア留学について教えてください。

A.オーストラリアのメルボルンに行きました。語学留学プラス気分転換!というかたちで留学をしたので、学校に通いつつ、お菓子教室に行ったりして楽しみました!

Q.オーストラリア留学で楽しかったことは?

A.楽しかったことは、海外の友達と一緒にその子の国のレストランに行って、色々教えてもらったことです!例えば、イタリアの子とイタリアンレストランに行って、イタリアのことをたくさん教えてもらいました。イタリアでは必ず1人1枚ピザを頼むそうです。

3人でご飯食べてるセルフィー

あと、「なんでピザの上にパイナップルがのってるの!?ピザにパイナップルはおかしい!!」って言ってました!最近カナダだと、炙りサーモンの上になぜかハラペーニョがのっていますが…(笑)その感覚と似ているんでしょうね(笑)

Q.語学学校での生活はどうだった?

A.楽しかったです!とくに楽しかったのは、月に1回ある『クラス対抗アクティビティ』です。月ごとにテーマが出されて、そのテーマに沿ってクラスごとに競うんです。

たとえば、10月はハロウィンなので「教室のデコレーション対決」があったり、バレンタインデーのテーマは、くじを引いて、そこに書いてある映画のタイトルでイメージする写真をクラスメイトと撮る!というテーマでした。ちなみに私のクラスは“ロミオとジュリエット”で優勝しました!

あとは学校でクリスマス会をやって、自分の国の料理を作ってみんなで食べたりしたことも楽しかったです。

Q.他には何か楽しかったことはありますか?

A.あとはやっぱりカフェ巡りですね。『カフェの町』と言われるだけあって、おしゃれなカフェやコーヒースタンドがたくさんありました!

Q.オーストラリア人はコーヒーが大好きって本当??

A.本当です!!オーストラリア人は毎日コーヒーを飲むそうですが、本当にその通りでした!

午前だけでも3回コーヒーを買うそうです。その分コーヒーショップ、コーヒースタンドはいたる所にありますし、物価は日本よりもオーストラリアのほうが高いのに、なぜかコーヒーは安かったです。

海外の食事

あと、メルボルンオリジナルの『マジック』っていうコーヒーもあったりします!メニューにはないけど言ったら伝わる裏メニューみたいな感じですね。

オーストラリアに行ってからはコーヒーが前より好きになりましたし、多分ちょっと詳しくもなりました!(笑)

社会人の皆様は!
社会人の留学 - 転職・キャリア留学情報【2020年度版】

美紀さんもそうだったのですが社会人の皆様の留学はプランニングが命!と言っても良いほど留学計画を作るのが難しいです。特に転職キャリア留学のように高度な留学をお作りするのは難しいのですが、良かったら社会人留学についても合わせて知っておいてくださいね!!

社会人の留学 - 転職・キャリア留学情報【2020年度版】

カナダとオーストラリアを比較!

ワラビの写真

カナダ&オーストラリア編

Q.留学に行く前に「これはしてて良かった!」ということは何かありますか?

A.英語を勉強することはもちろんですよね。私の場合は英会話に通っていましたが、家でもよく海外ドラマを見たりして、少しでも英語に触れるようにしていました。

あと、オーストラリアに行く前はガイドブックを買って、イメージをたくさん膨らませてから行きました!それはやっていてすごく良かったなと思います。行く前からその国について調べることでもっと行きたい気持ちが大きくなり、留学が待ち遠しくなりましたね。

Q.カナダとオーストラリアの違いは何かありましたか?

A.『人が違う。』これがまず初めに思いついたことですね。私の場合、カナダ留学をしてからオーストラリア留学でしたが、正直初めは、オーストラリアの人が冷たく感じました。多分カナダ人のフレンドリーさに慣れちゃっていたんですよね(笑)

カナダの人たちって、公園とかですれ違ったら絶対ニコってしますし、知らない人とでもたわいもない会話をしたり、話しかけてくれる人が多かったので、オーストラリアに着いた初めのうちはカナダからのギャップがありましたね。でも途中からは慣れました!(笑)

Q.他に違う点はありますか?

A.英語はもちろん違いますよね。オーストラリアにはオージーイングリッシュという独特のなまりがあって、そもそも使われている単語が違ったり意味が違ったり、「今まで習ってきた英語と違う!」なんてことがよくあります。

あと、オーストラリアの人たちは英語を省略して話したりしますね。スラングでも短くしているものが多いです。逆にカナダは、実際に行ってみて“ゆっくり話す”というのが印象的でした。

Q.各国の良かったところを教えてください。

A.どちらの国も同じく良かったのは、自然が多くて綺麗だったことです。馬を散歩していたり、お庭にリスが来たり、日本ではなかなか見ない光景がたくさんでした。

国別に、カナダの良いところでいうと、人が優しいことが一番ですね!あとは、英語が分かりやすいので勉強する上で良かったです。オーストラリアの良いところは、天気が良くて過ごしやすいところです!1日雨の日はほとんどないですね。あとはやっぱり「カフェ巡り」ですね!メルボルンにはおしゃれなカフェがたくさんあって、いろんなところに行くのが楽しかったです。

Q.2カ国留学を終えて、美紀さんはどっちの国が好きでした?

A.私的にはカナダですね。やっぱり人の優しさだったり、フレンドリーな感じが私には合ってました。もちろんオーストラリアも楽しかったです!

2カ国留学について!
留学から帰国後にぶつかる5つの悩み

ココア留学では2カ国留学をお作りさせて頂く機会がかなりの数ありますが、それもまた他社とは一味も二味も違ったものになっておりますので合わせてご覧ください!!

エージェントが教えない2カ国留学のデメリット

美紀さんの留学インタビューまとめ

海外のスクールのみんなと美紀さん

2カ国の留学を体験した美紀さんの留学インタビュー、いかがだったでしょうか?

美紀さんのおっしゃる通り、カナダとオーストラリアの国柄・人柄は全く違います。ですので、今この2ヶ国で迷われている方は是非一度、『自分が留学する目的は何なのか?』を考えみてください。

そうすると、どの国が自分に合ってるか?自然と見えてくると思います。英語を学びに行きたいのか、気分転換も兼ねて海外に遊びに行きたいのか、あるいは何か特定の資格を得るために行きたいのか、それともTOEICのスコアを上げるために行きたいのか…理由をあげればあげるほど、もっと明確に国が定まってくるはずです。

また、『留学をする上で自分が優先したいこと』を考えることもポイントです。例えば、日本人がいない環境を優先するのか?やりたいプログラムがある所を優先するのか?などでも、もっとたくさんの候補の国が見えてくるはずです。

ココア留学カウンセラーより!

改めまして、最後まで読んでいただいた皆さま、お付き合い頂きありがとうございました。

もしも今、「自分はどこの国が合ってるのか分からない!」と悩んでいる方がいましたら、まずは一度ココア留学のカウンセラーとお話ししてみてください。ココア留学と一緒に、あなたにとってベストな留学プランを作りましょう♪