外貨両替

留学の外貨両替は安く無駄な手数料を無くす

留学の外貨両替は安く無駄な手数料を無くすのイメージ

留学生やワーキングホリデー参加者だけで無く、海外旅行者にも余り知られていない事ですが、“安い留学・ワーキングホリデー”を実現するためには「外貨両替手数料」について、簡単な知識を持つ事は必要不可欠です。

「お金の話になるので難しいから嫌だ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、少し自分で行動しただけで「10万円以上の留学費の節約になる」としたらどうしますか?

留学される生徒さんの中には「そんなの気にしない」と言う方もいらっしゃるかも知れませんが(笑)、留学されるお子さんをお持ちの留学費用の出資者である“お父さん・お母さん”それに、“お爺さん・お婆さん”は無視するわけにはいきませんよね。

そこでここでは、そんな節約留学を目指す方々のために、「最新で最安の外貨両替方法」と、「私の場合では、一体どれくらいの留学費用の節約になるの?」と言う疑問に回答するつもりで「外貨両替」について解説をしてみたいと思います。

外貨両替にはこんなに両替手数料がかかる

両替手数料が高すぎるイメージ

海外留学やワーキングホリーをされる方は、必ず「日本円を渡航先の通貨である外国通貨(外貨)へと両替する」事になる訳ですが、その両替は何処で行いますか?銀行ですか?それとも両替所ですか?

こう言う質問をされると、その多くの方は、「銀行である程度のお金は両替して留学先へと持っていこうと思っている」と、お答えになられるのではないでしょうか?

次に、「いくら両替して渡航先へと持って行く予定ですか?」と質問をすると、多くの方は「少なくても10万円かな?たぶん、どうせ留学中に現金が必要になるから20万円から30万円くらいは両替しておくかも?」とお答えになります。

そして最後に「両替には幾ら手数料が掛かるか知っていますか?」と質問をすると、口を揃えて「知らない」もしくは「金額によると思うけど、2,000円から4,000円くらい?」と言う回答を受けます。

さて、そんな手数料で外貨両替が実際に可能でしょうか?答えは“NO”です。

例えば、オーストラリアに留学に行かれる事を仮定して、3,000オーストラリアドル(為替レートにも寄りますが、1ドル90円なら27万円分)の両替を銀行で行った場合、その手数料は驚く事に「約3万円」です。

正直、「おいおい、いくら手数料を取るって言っても、これは取り過ぎじゃない?」と思われる方がほとんどでは無いでしょうか?

しかし、これが現実の外貨両替に掛かる手数料で、「多くの留学生達が見落としている大きな費用」です。

以下の三井住友銀行で外貨両替を行った場合の両替手数料一覧表を見てください。

留学先別の外貨両替手数料(3,000通貨)一覧表
  アメリカ
ドル
カナダ
ドル
ヨーロッパ
ユーロ
イギリス
ポンド
オーストラリア
ドル
ニュージーランド
ドル
両替通貨 3,000ドル 3,000ドル 3,000ユーロ 3,000ポンド 3,000ドル 3,000ドル
三井住友銀行
両替手数料
3円 8.5円 5円 11円 10.5円 8.7円
両替手数料 9,000円 25,500円 15,000円 33,000円 31,500円 26,100円

「3,000通貨でこれなら、実際に1年で使う留学費用200万円や300万円を両替したら・・・。一体手数料はどうなってしまうんだよ?」と驚きになった方がほとんどでは無いでしょう?(気になった方は10倍の掛け算をしてみてください。思わず涙が出ます・・。)

しかしながら、どうぞ安心してください。ココアはここからが本番です(笑)。

実際の留学時には、さすがにこのように10倍の掛け算をした手数料を支払う必要は無く(中にはやってしまう方もいるので注意)、もっと節約する方法がありますのでこれから紹介してみたいと思います。

留学前が勝負!!外貨両替の超節約術!!

外貨両替を証券会社を通じて自ら行っているイメージ

実は、近年に入りインターネットが世界的に普及した事を引き金にして、外貨両替のシステムは大きく変化しています。

例えば、留学に出かける際には必ず「飛行機のチケット」の手配をする必要が有りますが、皆様はどのようにして飛行機のチケットを手配する予定ですか?

多くの方は、「インターネットを使って“安い航空券を探し出し”、その会社からチケットを格安で購入する。」とお答えになられるでしょう。
留学・ワーキングホリデーで得する安い航空券の活用術

ここでもう1つ質問させて頂きます。「皆様は航空券を“インターネットを使って購入する”と言われましたが、ではなぜ、空港や旅行代理店などの受付窓口を使って飛行機チケットの手配をしないのですか?」

答えは簡単ですね。そうです。「断然インターネットで購入した方が安いから」ですね(笑)。

しかしながら、この航空券と同じように「インターネットを使い自分で注文を出す事で外貨両替が安くなる」と言う事について、多くの方は御存知ではないでしょう。

これが「最新の外貨両替方法」です。

最新の外貨両替では証券会社を使う

それでは、勿体振らずにココアが「安い留学・ワーキングホリデー」のためには、ほぼ必須と断言する「最新の外貨両替方法」について紹介してみたいと思います。

「最新の外貨両替方法」とは、「証券会社の外貨両替システムを利用し自ら外貨両替をする事で、外貨両替の手数料(費用)を一気に安くする」と言うものです。

「証券会社?」「自ら外貨両替?」と、聞き慣れない言葉が突然飛び出してきて、不安に思われた方もいらっしゃると思いますが、この外貨両替は、日本の東証一部上場会社であるマネーパートナーズが行わっている外貨両替サービスで、現在では非常に多くの方々に利用されるようになっています(私も海外旅行時には100%利用しています(笑))。

その理由として、手数料が怖いほど安くなるためです。

マネーパートナーズの外貨両替手数料一覧比較表
  アメリカ
ドル
カナダ
ドル
ヨーロッパ
ユーロ
イギリス
ポンド
オーストラリア
ドル
ニュージーランド
ドル
両替通貨 3,000ドル 3,000ドル 3,000ユーロ 3,000ポンド 3,000ドル 3,000ドル
銀行での
両替手数料
9,000円 25,500円 15,000円 33,000円 31,500円 26,100円
マネー
パートナーズ
約1,100円 約4,100円 約1,100円 約1,100円 約4,100円 約4,100円

※ カナダ・オーストラリア・ニュージーランドドルについては銀行引き出しが必要で、銀行により手数料が掛けられますが、上の一覧表では「みずほ銀行」を利用した例です。

特に「アメリカ」「ヨーロッパ」「イギリス」に留学やワーキングホリデーで出かけられる方ならば、両替手数料は「驚きの1,100円」となってしまうので、外貨の海外からの調達リスクを考えた銀行や両替所では、正直なところ、これは一切太刀打ちできない安さです。

特に、留学先では「ホームステイ延長の支払い」や「ホームステイ後のシェアハウスの支払い」などでは、「現金払い」となる事がほとんどで、中には「学校の授業料」についても「キャッシュにしてくれ」と言ってくるところもあり、これほど安い両替手数料ならば、是が非でも事前に両替をして持参しておきたいところです。

このマネーパートナーズによる外貨両替については、以下のサイトで登録から両替方法まで詳しく紹介されているので参考にして頂ければと思います。

外貨両替が安い!お得な手数料にする方法

また学費や生活費を海外銀行に送金する安い海外送金の方法については以下を参考にしてください。

海外送金を安い手数料(無料)にする方法

支払はクレジットカードが基本

さて、外貨両替で手数料を安く両替したとは言え、まだまだココアは安さを追求します。

まず、「海外で現金の調達をすれば良い」と考えておられる方もいらっしゃるかと思いますが、正直、この考え方を持っておられる方が、最も高い手数料を支払う可能性高いです。

国際カードがあるから現金はいつでも引き出せる」と言う方がその代表です。

「国際カード(国際キャッシュカード)」は、シティバンク・新生銀行・楽天銀行などを代表とする銀行が発行している、日本円で預けた預金を海外で外貨両替して引き出す事ができる非常に便利なカードです。

つまりは、海外のATMを使って、そのまま現金を現地通貨で引き出す事が可能な訳ですが、残念な事に、その「両替手数料が高い」と言う弱点を持っています。

国際キャッシュカードで外貨両替をすると、10万円で「約4,000円 + ATM使用料(200円~500円)(為替レート・通貨により誤差が有ります)」必要になります。

正直なところ、「1年留学したら一体いくら手数料を支払う必要になるのだろう?」と不安になってしまいますよね・・。

ただし、留学時の旅行や帰国時に他国を経由して帰る場合には、大変重宝しますので、旅行がお好きな方は以下の国際キャッシュカードを事前に作って留学に出られることを推奨いたします。

国際キャッシュカード(キャッシュパスポート)利用法・公式サイトへ

そこで、買い物や学校の授業料支払には、「クレジットカード」を使用して頂きたいと思います。

海外でクレジットカードを利用した時の手数料

さて、先ほどと同じように10万円をベースにして紹介してみたいと思いますが、クレジットカードで10万円分の支払いを行った場合、手数料は「約1,700円ほど(為替レート・通貨により誤差が有ります)」で抑える事ができます。

これは、「現金を引き出さない」事を条件にしているためできる、クレジットカードならではの「格安手数料」です。

海外でのお買い物には、クレジットカードは欠かせない物だと認識して頂ければと思います。

ただし、ここで注意すべき点として、「間違ってもクレジットカードを使って海外のATMでの外貨引き出しを行わない事」です。

実は、クレジットカードを海外のATMに差し込み外貨引き出しを行う事は可能なのですが、クレジットカードを使った引き出しは「借金」です。

短期の海外旅行などでは、帰国後直ぐにクレジットカード会社へと借金を返すから安く外貨調達ができる事も有りますが、実際、短期留学などでこれをやってしまうと、その利息は「18%(年利)」と留学から帰国して明細を見た時には、泡を吹いて倒れてしまいますからね(笑)。

とりあえずは、「30万円程度の外貨を外貨両替」をして持ち出し、買い物や飲食代は「クレジットカード」をメインとして使用し、どうしても現金支払いが必要な場合には持ち出した外貨から使う。

ただし、30万円程度では、やはり足りない事もあるため、その時の為に「国際カード」を持参したり、外貨預金口座を作成しマネーパートナーズを使用し両替した上で「海外送金」を行ったりするのが得策となります。

これだけで、1年留学をしたならば手数料だけで軽く10万円ほど節約になってしまいます☆

また、クレジットカードは、短期留学の際に「旅行保険」としての効果も持っているので、詳しくは以下のページを参照してください。
短期留学の場合にはクレジットカードの保険で節約