留学エージェント

留学エージェント選びを失敗しないための5つのヒント

留学エージェント選びを失敗しないための5つのヒントのイメージ

留学やワーキングホリデーに出かけられる方の多くは、エージェントを使った語学学校の手続きなどを行われる場合がほとんどとなりますが、「どの留学エージェントを使うべきなのか?」「どのエージェントが良いのか?」と言う事について、留学生の立場から詳しく説明されているのは見たことがありません。

そこでココア留学では、留学やワーキングホリデーを考えていらっしゃり、留学エージェントを探している方々のために「留学エージェント選びを失敗しないための5つのヒント」と題しまして、サービス対応の良い留学会社を選ぶ方法と、ココア留学しか公開できないような“海外留学斡旋業者の裏事情”も交えて詳しく紹介していきたいと思います。

ここで、注意が御座います。このページで紹介する内容に関して、留学生やそのご家族にとって有益な情報であっても、留学エージェントやワーキングホリデー斡旋業者にとっては、面白く無い内容が非常に多く掲載されておりますので、留学業界関係者の方はここでお引き取りください。

また、読み進めていくに当たり、ココア留学では「安い留学・ワーキングホリデーの方法を知りたい」「最高の留学を作りたい」「留学生活で成功へと進みたい」と言う方のための留学情報を掲載しており、特定の業者やエージェントを批判する目的で作られている訳ではありませんので、これらの前置きを再度ご確認の上で読み進めて頂ければと思います。

※ このページで紹介している内容は留学エージェントの選び方については、深い内容まで踏み込んでおりますので、留学エージェントについての基礎的な知識をまだ持っていらっしゃらない方は、最初に 留学・ワーホリのエージェント選びに必要な基礎知識 をお読みください。

留学エージェント選びの際に質問するべき問い

留学エージェントに対する問いのイメージ

まず始めに、留学エージェント選びを失敗しないために留学業者とのコンタクトを持たれた際に、「是非、聞いておきたい質問」についてご紹介してみたいと思います。

ここでご紹介する質問は、エージェントにとって頻繁に質問を受ける“一般的な質問”から“少しだけ突っ込んだ質問”までとなりますが、「これらの質問に答えられない」もしくは「納得のできる回答が得られない」ようなエージェントであれば、かなり怪しいとお考えください。

留学エージェントのサポート範囲と対応を知る

  • 留学費用は余り無いのですが、相談させて貰っても良いですか?
  • 留学カウンセリングに手数料は必要ですか?
  • 語学学校の仲介手数料を無料で案内されているエージェントですか?
  • ビザの申請サポートに手数料は必要ですか?
  • オフィス使用料と言ったものは必要ですか?

多くの方は、特に特殊な質問は無いようにお感じになられたかと思いますが、実は、上記のような質問は、少しでも忙しい留学会社でスタッフ経験をされた事がある方なら毎週のように、ココア留学では毎日のように、お問い合わせを頂く質問集となります。

しかしながら、このような一般の留学生なら誰でも行う質問も、事前に問い合わせるだけでも困ってしまう会社が多数存在しているため、ココア留学が注意として呼びかける必要が出ております。

実は、上記の質問は単純なものですが、留学エージェント側に対して「あなたの会社とは契約する気は無いけどあなたは留学生に対して親切な対応ができるの?」と業者の対応を見ることができますし、「カウンセリング相談料を取るような業者じゃないの?」と悪質なエージェントを炙り出す効果もあります。

いくら美男美女のカウンセラーが、良い笑顔で良心的に案内をしてくれるエージェントであったとしても、留学で大切なことは、やはり現地で学ぶための学費に留学費用を使うことであり、もちろん、留学先でサポートすら担当しないようなスタッフに無駄な手数料を払う必要は一切ありません。

「“留学情報料金”や“カウンセリング料金”が必要だ」と言ってくるようなエージェントであれば、「今回相談した相手は、留学カウンセラーでは無くて、弁護士だったのか・・(笑)」と、直接、遠いオフィスまで足を運んでいたとしても「留学相談をする相手を間違っていた」と考えて、そこは引いて頂けたらと思います。

留学エージェントの運営形態を知る

次に、最初のステップをクリアした業者に対して、もう少し深くエージェントの状況について尋ねる際の質問についてご紹介してみたいと思います。

  • 現地サポートのエージェントは下請け業者になりますか?
  • ホームステイ斡旋業者は別会社となりますか?
  • 空港の出迎えはエージェントの方が来られますか?それとも下請けの方ですか?
  • 現地サポートのエージェントを実際に訪れたことはありますか?

このような質問を事前にしておく理由は、留学・ワーキングホリデー先で、エージェントまたはホームステイなどでのトラブル発生した場合に、「誰に責任を追及をするのか?」「私の留学サポートに対して誰が最も責任を握っているのか?」を明確することはもちろん、「私は留学に対して知識があります」としっかりアピールしておきたいからです。

特に日本の留学エージェントに相談をされる場合、結局は海外現地の下請けエージェントに対して「現地サポートを完全委託しているケースがほとんど」となりますので、「日本で受けた説明と現地で受ける対応とでは大きな違いがある」と言うケースも多数報告されており、その際のトラブル時の責任について、「日本のエージェント側が持つのか?」それとも「現地サポートエージェント側が持つのか?」をハッキリさせておく事で、万が一の時にも安心です。

また、「現地サポートを完全委託」しているケースでは、その多くの場合、留学先についての“本当の知識”を全く知らないで、マニュアル通りに話すカウンセラーも沢山いるので、カウンセラーの知識の幅を知る上でも効果的な質問と言えます。

留学エージェントの力量を知る

最後に、語学学校を決める際のポイントも紹介しておきます。

  • 語学学校のスペシャルオファー等は来てませんか?

実は、留学エージェントと言うのは、語学学校から「特別割引料金などのスペシャルオファー」を持っている場合が有り(ココア留学の提携先は常に何処かしらの学校からののオファーを持っています)、「語学学校の学費が10%OFF」や「入学金無料」などの特典が付く事があります。

注意点として、こう言った語学学校の割引オファーは、「日本人の留学生の人数が少なく学校全体の国籍のバランスを保つ場合」と「全体的に留学生が少ないので増やしたい場合」、または「学校側から特定のエージェントに対して特別割り引きを出している場合」の3つのタイプから発生するのですが、「学校側から特定のエージェントに対して特別割り引きを出している場合」が最も影響力を持つエージェントを示しています。

後の2点については実際に学校を見てみない限りは分からない事なのですが、実際に入学してみると「日本人が学校の半分以上を占めていた」なんて言うケースも無いことも無いので、割引が有ったとしても、カウンセラーに対して“割引の原因”について聞いてみるのも忘れないでください。

トライアルレッスンを紹介しないエージェントに気を付けて

トライアルレッスンのイメージ

留学エージェントを選ぶ際、「どの語学学校に通うか?」と言うのもエージェント選択材料とすべき点なのですが、留学エージェント(留学カウンセラー)によっては「トライアルレッスン」について紹介しないと言うケースがしばしば見受けられます。

「トライアルレッスン」とは、その名の通り「お試しで無料レッスン(無料授業)が受けられる」と言う、ほとんどの語学学校によって提供されているサービスで、「トライアルレッスン」を用意していない学校の場合は、無料レッスンの変わりに「先生とのマンツーマンでのカウンセリング時間」などが設けられています。

また、専門学校などの一部の特殊な学校の場合には、「トライアルレッスン」の代わりに、「在校生のデモンストレーション(成果発表)」などを見る機会を設けており、そう言った学校提供の行事に参加し、「実際に校風を確認した上で学校を決める」と言うのが学校を決定する上で最も失敗しない確実な方法となります。

しかしながら、日本で語学学校を決定する場合、そう言った「トライアルレッスンが有る」と言う事について、留学エージェントは知っていて言わないか、それとも知らないで言わないのかは定かではありませんが、ほとんどの場合において留学生側にこれらの情報(トライアルレッスン等の情報)を提供される事は有りません

そこで、是非エージェントとの語学学校決定のカウンセリングを受ける際には、エージェントに対して「トライアルレッスン」の話をこちら側から切り出し、エージェントの出方を見る事で、そのエージェントの本質を知る事ができます。

もしも、トライアルレッスンについて“ビザの問題(観光ビザでも通常の語学学校はトライアルレッスン受講が可能です)”や“地理的問題(現在日本にいるから・・)”等を出し、トライアルレッスンを受ける事に対して“出し渋るようなカウンセリング内容”であった場合、そのエージェントは「留学生の事を本心から考えてくれていない」と受け取っても良いでしょう。

そのようなエージェント(カウンセラー)ならば、ココア留学は“大金を注ぎ込む留学”を正直なところ任せられるとは考えません。

しかしながら、初めての留学や半年以下の短期留学の場合、トライアルレッスンの受講が決まるまでに現地で英語力が全く無く何をして良いか分からなくなる方が続出したり、2週間程度の留学期間が無駄になりますので、そう言った方は日本で学校を決めてからの渡航を推奨させて頂きます。

また、トライアルレッスン受講による留学を目指される場合、基本的に留学会社にデポジット(保証金)として授業料の一部を留学前に送金してからの留学になります。

エージェントが薦めない語学学校のトライアルレッスン体験記

余談ですが(笑)、私がオーストラリアで実際に体験した「エージェントとトライアルレッスンに関する話」について少し紹介させて頂きたいと思います。

私はその当時、既にトライアルレッスンの存在を知っていたため(オーストラリア留学2回とカナダ留学1回を体験していた)、オーストラリアの某現地エージェントの受付で「トライアルレッスンを受けたい」との旨を伝えました。

※ その時、私はその某現地エージェントを利用した留学をしていたのでは無く、ビザを片手に単身オーストラリアに乗り込んでいたのですが、就職のために「イギリスの英語資格(ケンブリッジのテスト)に向けて勉強するコース」を受講したくて、そのコースを専門で扱っている語学学校を手っ取り早く見つけるためにエージェントへと飛び込みで入っていました。

しばらくして、受付からカウンセリングルームへと案内された私は、「最低でも3校のトライアルレッスンを受けた上で決定したいんですが・・」と言う内容を再度カウンセラーに伝えたところ、カウンセラーからビックリするような返答が返ってきました。

「あなた、さっき外で外国の友達と話しているのを見ていたけど、英語の勉強する必要無いわよね?何処のエージェントの雇われ?何が目的なの?」と、カウンセリングを受ける私に突然厳しい表情で話始めました。

実は、そのエージェントに入る前、偶然同室に泊まっていたバックパッカー仲間の1人(カナダ人)と出会い、「これから語学学校に通う準備をしている」と言った話をしていたのですが、それをカウンセラーに目撃されていたようで、何を思ったのか、私の事を「英語が既にできる人間だ!」と勘違いしたようで、どうやら「企業スパイ」だと判断したようなのです。

驚いた私は、「え!?私は何処のエージェントにも入っていませんよ!既に留学経験者なので簡単な英会話はできますが、読み書きが全くダメで・・それでライティングのレッスンが受けられるケンブリッチコースの語学学校を探しているんですが・・。」と恐る恐る言いかえしました。

すると、カウンセラーは「あなたみたいなのが多いのよ、トライアルレッスンだけ受けて学校には通わないって人が・・。どうせ冷やかし半分で来てるんでしょ?」と、肘を付き不機嫌そうに私を見ながら話す様子を見て、私は「分かりました。さようなら。」とそのエージェントを後にしました(当時は若かったので怒りマークが出てたかも知れませんが(笑))。

このエージェントは、名前を出したらビックリするような“オーストラリアでは有名なエージェント”で、日本でも比較的名前も通ったエージェントなだけに、「私がなぜこう言った仕打ちを受けたのか?」、当時は本当に皆目見当が付かなかった訳なのですが、「私が貧乏そうに見えたのか?」などと1人悩んだ事を覚えています。

ちなみに、トライアルレッスンをエージェントが薦めてくれなかったのは、「トライアルレッスンだけではエージェントに対して語学学校側からの留学生対応費用が出ないから」です。

相談時に直ぐに手数料を請求するエージェント

手数料を払う様子

留学エージェントはNPO法人などでは無く(NPOでも怪しいところが多いですが・・)、完全に利益を追求している企業なので、「契約が欲しい」と言う気持ちは理解できる事ではありますが、エージェントの中には“度が過ぎる場合”も有るので特に注意をしておきたいところです。

私の知人の1人は、「留学に行こうかな?どうしようかな?」と言った軽い気持ちで留学エージェントに相談に出かけたところ、その時に、「留学相談をするだけで“情報料金”として数千円の請求」を受けました(※ かなり有名な斡旋業者です)。

現在のように情報が山のように溢れている時代に、“情報料”をアッサリと請求してしまうようなエージェントの体質に、正直、笑いが起こってしまう訳ですが、こう言った事を請求された場合には特に注意をして頂ければと思います。

例えば、車を買おうかどうしようか迷っていて、ディーラーに車を見に行くとしますよね?その時に、「車についての情報料や試乗に手数料が掛かりますか?」普通そんなディーラーから買おうと思う人はいないはずです。

さらには、今契約してくれるならば「通常は○○万円ですけど、○○のオプションを付けて、○○万円にさせて頂きます」など、逆に“お客さんを逃がさまい”と、「大きな値引きやサービスまで提供してくれる」と言った事例の方が一般的だと思います。

それが、一部の留学エージェントでは信じられない経営体制を作っているのですから、日本で留学者数が近年伸び悩んでいる理由も頷けてしまいます。

ココアを読まれた方は、相談時に「手数料を請求するようなエージェント」と出会ってしまった場合には、少し時間が無駄になってしまっても、後々の事を考えて「エージェントから帰るくらいの気持ち」を持っていただければと思います。

そうしないと、最初は数千円の話かも知れませんが、その数千円惜しさに「更に高額な留学プログラムを組まれてしまう可能性」だって否定できませんからね。

数万円の手数料を払ってしまった留学生

続いて、私がカナダで出会ったある留学生から聞いた話なのですが、その子はあるエージェントに相談に行ったところ、「悩んでいる暇は無い!」などと数時間に渡り散々説得されて、気が付けばその日の内に「数万円の手付金を支払い」、更には「契約書にまでサイン」をしてしまったそうです。

家に帰って落ち着くまでは、それが何処のエージェントに依頼しても「当然支払う必要のある手数料だ」と思っていたそうなのですが、落ち着いて考えてみると「もしかして騙されたんじゃないかな?」などと言う強迫観念に襲われたそうです。

その後、エージェントには手付けとして一部資金を支払ってしまっているので、仕方なくその手付金を支払ったエージェントへと足を運ぶようになっている内に、結局、留学をする前にも関わらず「250万円もの留学費用をエージェントに支払ってしまっていた」そうです。

私は、カナダでその留学生から「ホームステイ期間が後5ヵ月残っているけど、もう家を出たいんです。この払い戻しをする方法はありませんか?」と相談を受けたのですが、その時の私は、残念ながら「現地NPO法人の無料相談が可能な弁護士の電話番号」を教える事しかできませんでした。

数万円の手付金が後々大きく膨れ上がるのは、“留学業界の得意の方法”となっているので、エージェント選びの際にはこうした事にも十分注意をして頂ければと思います。

語学学校の費用はエージェントを通しても変わらない?

続いて、先ほど「エージェントが薦めない語学学校のトライアルレッスン体験記」で“後で説明をする”と言ったお話になりますが、「かなり上級の留学節約術」となるため、恐らく「90%以上の留学生には達成は難しい」お話となりますが、「エージェントの裏側を知って頂く」と言う意味も込めて紹介させて頂きたいと思います。

質問サイトやココア留学の一部のページでは「留学エージェントを通しても通さなくても語学学校の学費は変わらないよ」や「実際に直接学校に聞いてみたらエージェントと同じ学費だった」などと言う内容がしばしば記載されています。

しかし、実は、これらの情報は『正確では無い』、もしくは、『真っ赤な嘘』が含まれている場合があるので、ココアを読んでくださっているような、留学についてしっかりと調べている方は決して騙されないようにして頂ければと思います。

※ これから説明する内容は留学・ワーホリのエージェントについて基礎の知識が無ければ、意味が全く分からない内容となるので、このページの最初にも紹介していますが、 留学・ワーホリのエージェント選びに必要な基礎知識 を先に読まれてからお読みください。

エージェントを通さなければ語学学校は安くなる?

まず、先に紹介したような「エージェントを通しても通さなくても学校の費用は変わらない」と言う話が流れる原因として、「語学学校に直接問い合わせても安い学費を提供してくれない場合がほとんど」と言うことが要因となります。

これは、語学学校側と留学エージェント側が持ちつ持たれつの関係にあるため起こっているのですが、この関係は非常に強固なものとなっているため、一般の人が軽く問い合わせた程度では語学学校側がエージェントを通さないことを理由に簡単に値引きをしてくれることは正直言ってありません。

それは、語学学校側からすると、今後エージェントの関係を悪化させる問題へと発生する可能性もあるため、一部の例外者(エージェントを通さない留学生)のために特別措置を設けるほどのリスクを取りたくないからです。

エージェントを通せば安くなるのが当然?

語学学校と留学エージェントの関係を、電化製品を扱うような「生産メーカー(語学学校)と小売業者(エージェント)」と言う風に考えてみてください。

メーカーは、通常メーカー希望価格(定価)と言う価格で物を販売し、小売業者は、メーカーから大量に注文を入れるなどし、商品を安く仕入れては定価よりも価格を抑えた販売を行っています。

実は、この関係は「語学学校と留学エージェント」との間でも成立し、留学エージェントによっては、生徒を紹介した語学学校から得られる紹介料の一部を留学生側へと還元させる事で、授業料や入学金などの割引を行っています。

そのため、まだまだ競争が激しくないとは言え、留学エージェント同士で価格競争が行われているので、時に、語学学校側に直接申し込むよりも安価で語学学校へと通えるようになるケースもあります。

直接語学学校へ問い合わせ学費は安くした例

エージェントに話を通すことを止めた私は、「自分で学校を調べて直接語学学校へとトライアルレッスンを申込み(英語)」、「入学したい」と思った学校では、受付け担当では無く校長先生(語学学校運営者)に直接会いに行き、学費の交渉を行いました。

30分程度の話し合いの結果、私には特別に「通常の20%OFFの学費」が適用され、大満足の語学学校生活がスタートしました。

「20%」と聞くと、中には「努力の割には大した違い(金額)ではないよね」と考える方がいらっしゃると思いますが、3ヵ月(授業期間)で30万(授業料)の20%ですから、1ヵ月の学費は8万円となり、3ヵ月では6万円の節約になっています。

6万円あれば、安い語学学校のコースなら1ヵ月受講することもできますし、マンツーマンレッスン(チューター)なら、1時間3000円の少し高めの場合でも20時間分、つまりは平日毎日1時間の特別授業が受けられるほどの節約となるので、学生にとっては大きいな違いと呼べるかと思います。

上記は、留学エージェント割引を自身で勝ち取ったものです。当時は勝ち取ることが大変でしたが、ココア留学に依頼して頂ければ、当然のように適応される割引になっています。

語学学校の学費交渉術

次に、私が「学費交渉に成功した理由」について紹介しておきます。

まず絶対条件となるのは、「校長先生(学校の最高責任者)と直接学費交渉を行う場を作る」事が挙げられますが、その機会を作ることができたならば、次に交渉に当たり、事前に「条件を提示内容」を用意しておく事で、相手の信頼を勝ち取りやすくなります。その時に私が示した条件とは以下の通りです。

  • ビザの期間は十分あるので、ビザの延長について相談しない
  • 学校の授業に関する問題が無い限りは語学学校に付いてクレームを出さない
  • 今後一切エージェントは使わない
  • 割引を付けてくれた学費について他の生徒(クラスメイト等)には漏らさない

このような条件をしっかりと提示して、校長先生と色々と話している内に「これほどアグレッシブ(攻撃的な)な日本人も珍しいな(笑)」と意気投合し、割引を勝ち取る事に成功しました。

しかしながら、本音を言うと、これは留学エージェント側に流れる紹介料分が安くなっただけで、「語学学校としての儲け」と言う意味では一切変わっておらず、語学学校側から割引を勝ち取ったとは言えません。当時の私には「これが限界だった」と考えています。

上は特別な体験ですが、交渉相手がエージェント側であったとしても「学費について安くならないか?」と問い合わせをする事で、時に思わぬ収穫が得られ、「この留学エージェントにして良かった」と思える切っ掛けにも繋がることもあります。

頭の片隅にこの事を、どうぞ置いて頂ければと思います。

上記のような交渉も無く、ココア留学に依頼して頂ければ、当然のように割引が適用されます。

最も重要な留学エージェント選びのポイントは相性

留学エージェント選びを失敗しない5つポイントについて紹介してきましたが、最後に最も重要なポイントとして「カウンセラーとの相性」を挙げさせて頂きたいと思います。

どんなに優秀なカウンセラーでも、「この人と相性が悪いな」と感じたら、もうそのエージェントを通すのは止めておいた方が、後々、後悔が無くて良いです。

実は、留学カウンセラーの多くは、基本的には契約が取れた分だけ昇給する歩合制が導入されているため、留学生によって、ある程度「専任のカウンセラー」が決められてしまいます(ココア留学は歩合ではありませんが導入しております)。

特に、カウンセラー同士が仲の悪いエージェントとなると、「留学生の取り合い」まで起こるのが現状で(知人から怖い話も沢山聞きましたよ(笑))、そう言ったカウンセラー関係の“イザコザ”に巻き込まれないためにも、最初に付いたカウンセラーとの相性が合わなかった場合には、「エージェントの変更」についても考えておいて頂きたいと思います。

最悪の場合、相性の悪いカウンセラーが専属のカウンセラーとなってしまい、「そのまま1年間・・」なんてケースになったら、エージェント選びどころでは無く、もう最悪ですからね(笑)。

また、エージェントを変更できない場合には、エージェントの責任者に直接「担当者変更希望の理由(相性が悪い等)」を説明することで、直ぐに担当の変更を行ってくれるので、気兼ねなく変更を申し出る事も「後で“エージェント選びに失敗した”と思わない秘訣」と言えます。

※ ココア留学でも、「留学に関するご質問」や「安い留学に関するお問い合わせ」などをお受けしておりますので、何かありましたら以下のメールフォームよりご相談頂ければと思います。

ココア留学お問い合わせフォームへ