留学エージェント

留学・ワーホリのエージェント選びに必要な基礎知識

留学・ワーホリのエージェント選びに必要な基礎知識のイメージ

留学やワーホリ(ワーキングホリデー)に行こうと考えていらっしゃる方のほとんどが、留学エージェントやワーホリ斡旋協会等を活用しての渡航計画を立てられます。

しかし、その一方で「失敗しない留学エージェントの選び方」や「留学エージェントの種類・特徴」と言った事について詳しく調べられる方と言うのは意外に少ないのが現実です。

その原因として、「正確なエージェントの情報」や「留学エージェントの真実」と言った留学エージェント選びの参考になるような、正しい情報や知識が一般に広まっていない事が挙げられます。

個人的にインターネット等を利用して調べてみた結果、「エージェントの評判や評価」などは紹介されていましたが、沢山の「留学エージェントに関する嘘やデマ」まで含まれており、中には「10数社に問い合わせた」等の御意見番のようなものも有り、一見参考になりそうに思えますが、それは残念ながら外側の人間が知る事のできる限界の知識であり、「留学業界側の本音や真実」は一切外に出てきていませんでした。

そこで、「留学費用・準備のココア」では、「留学生やワーホリ参加者が絶対に知る事ができない留学エージェントの本当の選び方」について、業界側の知識を交えてバッチリと紹介させて頂きたいと思います。

しかしながら、ここでは"留学・ワーホリ業界のかなりディープな内容”も含まれているため、「安い留学・ワーホリを実現させたい」と言うココアの考えに賛同されない方はブラウザの「戻る」を選び、これより先は読まないようにして頂ければと思います。

日本と現地エージェントとの大きな違い

まず、「留学・ワーホリエージェントについての失敗しない選び方」について紹介する前に、しっかりと「留学・ワーホリエージェントとはどう言うものか?」についてしっかり学んで頂きたいと思います。

留学エージェントの主な仕事と言うのは、留学生やワーキングホリデー参加者に対しての「語学学校の紹介やサポート」で、多くの場合においてホームステイの斡旋や仲介と言った業務もこなしています。

しかし、留学エージェントと言っても、実はその中身は大きく2種類に分かれており、その目的や使い方を間違ってしまうと必要の無い費用を20~30万、多い人では100万円程度持って行かれてしまうので注意が必要となります。

日本と現地のエージェントの違い

タイトルにあるように、留学・ワーホリエージェントは大きく分けて「日本国内の留学エージェント」と「現地(留学ワーホリ先)の留学エージェント」の2種類が有り、一般的に日本のエージェントが大手企業により運営されており、現地エージェントは零細企業(中小企業)により運営されています(良く「現地最大留学エージェント」と言ったキャッチコピーを耳にしますが、実際にオフィスを訪れてみると、1フロア、大きくても、せいぜい2~3フロアの中小企業です)。

日本国内の留学エージェント」は、その名の通り、日本の企業により運営されている留学・ワーホリ斡旋企業で、一般的に雑誌やコマーシャル等で宣伝を見かける業者のほぼ100%がこれに当たり、その宣伝効果や企業看板による留学生の収集力は高く、経済力を持っている企業が多いです。

一方、「現地(留学ワーホリ先)の留学エージェント」と言うのは、日本国内で企業登録はされておらず、オーストラリア・ニュージーランド・カナダと言った留学・ワーホリ先で企業登録がされているエージェントの事で、主にインターネットによるホームページで宣伝・広告活動を行っており、比較的小規模な留学業者が主流です。

また、この2種の留学業者は深い関わりを持っている事が多く、例えば、日本の留学エージェントが、留学先にエージェントを持っていないため、「現地サポートの下請け」として現地の留学エージェントを使っていたり、逆に現地の留学エージェントは日本での留学生収集能力が無いため、「日本のエージェントに生徒を斡旋して貰う」と言うケースも有り、中には「大手の看板だけ名借りしている現地エージェント」も有り、その関係は切っても切れません。

ここで、少し話が難しくなってきていると思うので、留学・ワーホリ参加者の立場から「エージェントを利用した語学学校紹介」を例にした流れを表にまとめてみたので、以下の画像をご覧ください。

留学エージェントを使い語学学校の申請をする流れ

留学エージェントが語学学校に申請する流れ

上の表を見て頂けると、同じ留学エージェントを使う語学学校の申請でも3種類のパターンが用意されいる事が分かると思いますが、一番左が日本の留学エージェントが直接現地サポートも行う最も大手留学エージェントが行うサポート体制で、中央が現地留学エージェントを下請けとして使うケース、一番右は留学生が直接現地留学エージェントへ申し込んだ状況を示しています。

留学・ワーホリのエージェントを使う際、自分が申し込もうとしているエージェントが「一体どの位置づけとなるエージェントなのか?」を事前に理解しておく事は非常に大切で、例えば、中央の形態を取る留学業者の場合には「日本で説明をする会社と現地で実際にサポートをする会社が全く別物」となっているため、「説明と対応が一致するとは限らない事」も頭に入れておく必要があります。

日本と現地留学エージェントの比較

次に、もう少し細かい点で「日本と現地にある留学・ワーホリエージェントの違い」について紹介していきたいと思います。

まず、日本の留学エージェントは、「広告宣伝費に多額の資金」を使用しているケースが多いため、「語学学校の仲介や現地サポート(オフィス使用料)など全てが有償」でのサービスとなっており、同じ留学エージェントでも現地エージェントでは「語学学校の仲介や現地サポート(オフィス使用料)など無償(ホームステイ斡旋・空港送迎は有償)」となっている事を比べると、留学費用に大きな差(10万円~30万円)が生まれる事になります。

しかしながら、日本の留学エージェントは、「日本において事務所を構えている」事から、「カウンセラーと対面形式にて留学に関する話を聞けたり、英語講習や現地情報の講習会などが随時開かれていたりと、「出国前に留学生同士の触れ合いの場を作ることができる」と言うのが利点になります(留学現地でのカウンセラーは別の人になります)。

一方、現地留学エージェントは、基本的に日本には事務所やオフィスを構えていないため、「留学までの対応のほとんどがメールもしくは国際電話」となり、中には日本で出張説明会などを行っている業者も有りますが、そう言った業者の多くは何かしらの手数料を取っているのが現実です。

留学費用面においては、先にも紹介しましたが「語学学校の仲介手数料無料」「現地でのオフィス使用など無料」と言った節約留学者にとっては非常に嬉しい料金体制が用意されており、「安さが最大の利点」と言えます。

また、少し話が長くなってきたので(汗)、これまでの流れをもう一度表にまとめてみましたので以下をご覧ください。

日本と現地留学エージェントの比較表
  日本の留学エージェント 現地(渡航地)の留学エージェント
会社規模 小(下請け専門の場合も)
語学学校申請手数料 有料(かなり高額な場合も) 無料
日本でのサポート 事務所で直接話ができる メールのみ(電話対応業者も有り)
現地でのサポート料金 サポート代として有料 オフィス使用・学校カウンセリング無料
現地サポート体制 現地エージェントが引き継ぎの場合も そのまま現地継続
留学先の情報量 ○(日本エージェントに比べて圧倒的)
利点 ・日本でのサポートが充実
・日本で学校カウンセラーに直接相談ができる
・無駄な出費が抑えられる
・現地の生の情報が得られやすい
・現地在住のプロによるカウンセリング
欠点 ・サポート料や手数料が高い
・現地の情報が少ない
・留学経験が無い人がカウンセリングをしている事もあるので注意
・日本ではメール・電話対応が主
・小企業が多く安心感に欠ける
・日本の大手の看板を使用している場合もある

あくまで、ココアは「中立的立場」「留学生・ワーキングホリデー参加者の立場」から両留学エージェントの状況を紹介しているのであって、実際に留学・ワーホリに行かれる本人の判断により、どちらのエージェントを選択されるかは委ねたいと考えていますが、端的に「エージェントを使って費用を抑えたい」と言う場合には、現地留学エージェントを使う方が効果的です。

現地留学エージェントの学校紹介手数料が無料な理由

次に、先ほどから「現地留学エージェントが安い」と言う表現を連呼しておりましたが、「なぜ現地の留学エージェントは、NPO法人のような非営利団体では無く、企業として“カウンセリング無料”や“学校申請代行手数料が無料”と言った事ができるのか?」と言う点について、現地留学エージェントの構造の解説を組み込みながら分かりやすく紹介してみたいと思います。

まず、頭において頂きたいのは、留学エージェントの主な収入源のとして挙げられる「語学学校に留学生を斡旋した事による紹介料(コミッション)」と言う存在についてです。

現地留学エージェント・日本の留学エージェントに関わらず、留学エージェントは生徒を学校側へと紹介することにより、「“紹介料”や“謝礼金”と言う形で学校側から報酬」を受け取っています。

日本にある留学エージェントの場合、企業規模が大きい(大企業による運営)ため、一般に名前が通っている事が多いことから、ネームバリュー(企業ブランド)だけで比較的容易に留学生を送り出す事ができるのですが、運営が大手で有るが故に裏では「多額の宣伝広告費と人件費」を使うことにより留学生やワーキングホリデー参加者を集めています(テレビCMやラジオCM等)。

そのため、語学学校の紹介料だけでは運営ができず、留学出発前の「カウンセリングやサポートオプション(10~30万円)」などを付け、サービスに付加価値を与える事で資金回収を図っていると言うのが本筋となります。

一方で現地留学エージェントと言うと、運営が“中小規模のエージェント”となるため、そもそも“派手な宣伝活動”をするような広告費を捻出する余裕が企業側に無い事と、沢山の留学生を一度に集めてしまうことによりサポートの手が回ら無くなってしまう事から、大きな宣伝活動は行っていません。

もちろん、「人材不足によるサポートの低下」は「エージェントの評判の低下」を引き起こす危険性があるため、広告を出す行為自体が“自滅的行為”とも言え、主な宣伝・広告活動はインターネットのみに集中させ、非常に安価で済ませています。

また、人件費についても、海外では「安い基本給に歩合制が取り入れられている」ところがほとんどなので、優秀な人材で有ったとしても「日本の企業より圧倒的に安く済んでしまっている」ため、“カウンセリング無料”や“学校申請代行手数料が無料”と言う日本の常識では考えられない“サポート代無料”と言う状況が可能になっています。

現地留学エージェントの学校紹介手数料が無料になる流れ

それでは、先ほどまでの話を元にして、「留学エージェントが、どのようにして語学学校側から紹介料を受け取るのか?」と言う一連の流れを、分かりやすく表にしてみたのでご覧ください。

留学エージェントと語学学校の資金とサービスの流れ

現地留学エージェントの学校紹介手数料が無料になるフローチャート

上の表を見て、「うん?現地エージェントの“サポートが無料”な事と“無料になる理由”は分かった。でも、語学学校に申し込んむ時、エージェントを通さなかったら学校側がエージェントに支払う紹介料が無くなるので、授業料が安くなるのじゃないの?」と言う疑問を持たれた方、・・かなり鋭いです。この留学エージェントの本質に気付かれるような方とは、是非とも一緒にお仕事をさせて頂きたいくらいです(笑)。

しかしながら、実は、この「エージェントを使わなければ授業料が安くなる」と言う考えは、留学エージェントと語学学校の関係が非常に深く出来上がってしまっているので、なかなか簡単には話は運びません。

と言うのも、語学学校と言うのは、そもそも「英語を教える」と言う活動を行う専門機関であり、留学生を集めるプロでは有りません。

そのため、語学学校は“講師の質の向上”や“学校環境の改善”と言った、学校内での授業環境の向上に尽力を注いでおり(注ぐべきであり)、生徒は「評判を聞きつけた留学エージェントが勝手に送り込んでくる」と言う形を取っています。

つまりは、生徒を集める事を、生徒集めやプロモーション活動のプロである「留学エージェントに委託している」状況と言えます。

また、語学学校は、エージェントを使うことにより、言葉が得意でない留学生からの「学校での悩みに対する相談・トラブル」や「学生ビザ延長申請の代行」と言った、語学学校にとっては“費用対効果の悪い仕事(エージェントでは通常無料なため)”を受けずに、雑務を「留学エージェントへと丸投げできる」と言うメリットが生まれます。

語学学校の中には、「エージェントを介さない直接の申請を拒否している学校」や、「直接申請時に留学エージェントを紹介する語学学校」が、数多く存在しているのはそのためです。

さらに、裏では語学学校と留学エージェント側との間で、「どの留学エージェントを使っても学費については統一料金とする」「エージェントを介さず直接申請が来た場合にも料金は変わらない」と言う話が既に付いてしまっており、高い英語力があり(あれば語学学校に通う意味はありませんね(笑))、直接、語学学校経営者との交渉ができない場合には、「学費が安くなる」と言う事はまず有りません。

留学エージェントによって学費が違うカラクリ

「あれ?でも待ってよ。留学エージェントによって提示される学費が違うんだけど?それはどういう事?」と思われた方、本当に良く調べてらっしゃいますね(笑)。そのような方の留学は“必ず成功する”と今から太鼓判を押してあげたいくらいです(笑)。

実は、この「留学エージェントによって学費が違う」と言うカラクリについては、先ほどから紹介している「留学エージェントの利益」、つまり「語学学校から紹介料」が大きく関わってきます。

語学学校側から留学エージェントが受け取る「紹介料」と言うのは、そのまま“留学エージェントの利益”となるため、紹介料の一部をエージェント側から留学生側へと還元する事によって、つまりは「エージェントが企業努力により利益を減らす事」によって、エージェントの中には「語学学校の学費が他社と比較して安くなっている事」もあります。

そのため、“単に安い留学エージェント”を探すのであれば、「数社のエージェントに対して学費を問い合わせをする」と言う事は必須と言えます。

留学・ワーホリエージェントでのトラブル

「留学・ワーホリのエージェント選びに必要な基礎知識」の最後に、留学・ワーホリエージェントでのトラブルについて紹介させて頂きたいと思います。

実は、留学生やワーキングホリデー参加者とエージェント間でのトラブルは、意外にも“かなり多くの数”が報告されており、その理由の大半となっているのは「金銭的なトラブル」と「留学カウンセラーとのトラブル」です。

留学エージェントとの金銭的なトラブル

留学・ワーホリでのエージェントとのトラブル

どこの業者とは名前を出しませんが、過去に「多くの留学生の資金を集めたまま大手留学エージェントが倒産する」と言う出来事が発生しています(会社について知りたい方は「留学業者 倒産」と検索すれば直ぐに分かります)。

「将来の日本を背負っていく有力な人材から資金を奪い倒産する」と言う、個人的に非常に許しがたい話なのですが、それも大手エージェントがやってしまったのですから私の怒りは収まりません。

中には「数百万円と言う留学費用をそのまま持ち逃げされた」と言う話も当時聞きましたが、現地でも倒産に困り果てていた方と出会い、「別のエージェントを紹介するしか手助けする方法が無かった」事を今でも覚えています。

また、日本の円安誘導政策を受け、かなりのペースでの円安が進んでいる(これからも円安が継続すると考えらえる)事から、留学生やワーキングホリデー参加人数自体が少なくなることが考えられ、その煽りを受けて倒産する業者も現れてくる事が予想されます。

その対策として、できるだけ留学前に留学エージェント・語学学校に対して支払う資金を小さくして、1年間と言う長期留学の場合においても“短期の学校契約”にするなどの対処をとり、リスクの回避をされる事をお勧めさせて頂きます。

また、留学エージェントは「運用が上手く行っていない」とは絶対に口が裂けても言わないので、「留学生側が気を付けて行動する必要が有る」と言う事を十二分に御理解頂ければと思います(「大手だから大丈夫」は昔の話です)。

留学カウンセラーとの誤解から生じるトラブル

留学カウンセラーとのトラブルについての話は山のようにあり、その多くは「人間性の不一致」や、「カウンセラーの態度」、または、「日本のカウンセラーと話が違う」と言ったものです。

これらのトラブルは何とか避けて通りたいところなのですが、この問題の根源にあるのは、「現地留学エージェントに勤務するカウンセラーの性格」が大きく関係しています。

現地留学エージェントのカウンセラーと言うのは、その多くの場合において「既に海外で数年間は生活されている女性」となります。

海外は日本とは違い「主張する事で自分の立場を作っていく」と言う文化が強く、それはそのまま「自分の利益を主張をしないと利が無くなる」と言う事にも繋がり兼ねません(主張が無ければ給料も上がりません(涙))。

そのようなガツガツした競争意識の強い場所で日本人女性が生き抜こうとすると、「人間性を変えていかなければ乗り越えられない」と言うケースが多く、気が付けば日本人から見ると「かなり気の強い女性」となってしまっている事が多くあります(こればっかりは仕方ありません(涙))。

そのため、日本では当たり前の「ちょっとした気遣い」が出来なかったり、海外生活が長いため「状況に応じた適切な言葉(日本語)」が使えなくなってしまっている方も沢山いらっしゃるので、トラブルが絶えないのが現状です。

このようなトラブルは、ハッキリ言って留学生活に必要の無い部分、つまり「マイナス」でしか無いので、そんな留学エージェントなら直ぐに止めてしまう(変更してしまう)のが得策だと言えますが、もしも、語学学校費用などを支払い済みの場合には、エージェントの社長に直接掛け合うか、もしくは現地NPO法人などに相談することで現地の法的な話も無料で聞けるため、一気に話が解決する場合が有るので覚えておいてください。

また、日本の留学エージェントと現地の留学エージェントとで、対応が全く違うと言うような場合が無いように、できる限り、日本でのサポートと留学先でのサポートが「同一会社となるエージェント」を探す事をお勧めさせて頂きたいと思います。

ココア留学の無料留学エージェント

ココア留学では、毎月約1万人の「留学希望者」や「ワーキングホリデー参加希望者」の方々や留学を希望されるご両親に対して、「格安留学」のテクニックや「留学生活の知恵」、それに「安全な留学・ワーホリを実現する方法」など、他の留学エージェントでは決して知ることのできない“びっくりするほど細かい留学話(笑)”などを紹介しております。

そんなココア留学では、皆様の「ご意見・ご感想・留学体験談」はもちろんのこと、「こんなことを教えて欲しい」や「こんな事を書いて欲しい」と言ったことから、「留学・ワーキングホリデーに関する質問」や「無料留学エージェントに関する質問」まで、様々なお問い合わせを“個別に”お受けしております。

「ココア留学でしか聞けないです!!」と「留学・ワーホリ時の恋愛事情」についても相談をしてこられる方も沢山いらっしゃいますので(笑)、些細なことでも気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

ココア留学のお問い合わせフォームへ